FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

ピアノを弾く大統領

ピアノを弾く大統領 [DVD]ピアノを弾く大統領 [DVD]
(2005/10/28)
アン・ソンギチェ・ジウ

商品詳細を見る


アン・ソンギさんは素晴らしい俳優さんですが、ジウさんが苦手なので見てなかった映画。無料ってことでギャオで見てみました~。
まあ、筋立てとしては平凡な話ですが90分とコンパクトに纏められていて良かったとおもいます。ジウさんは、「大統領にも堂々と意見する教師」みたいなベタ~な役すると、独善的で鼻に付く感じになるタイプの女優さん。今回も「生徒のため」というよりは、「馬鹿にされて気に食わない」から親の大統領に罰を与えるわけだよね。生徒にちゃんと反省させるだけの力も情熱もない先生なんだな~と序盤で感じてしまった。
でも、嫌味な部分が気になる前に映画が終わった。やっぱ、この人はドラマで長々見るより、軽いラブコメ映画で一瞬で観終えたほうがイヤミがなくていいかな~。
後は、何よりもアン・ソンギさんの存在感に救われました。アン・ソンギさんが暖かく受け止めてくれるからこそ、嫌味が軽減されてたと思います。暖かさがじんわり伝わってきて、ホント凄いひとですね。この人の子がグレるなんて有り得ん!とか思ってしまうほどの父性を感じる。



あらすじ(公式から)
問題児の父親を呼び出したら大統領だった!? チェ・ジウ主演、ラブ・コメディ。
「冬ソナ」でおなじみメロドラマの女王チェ・ジウと韓国の国民的俳優アン・ソンギが共演したロマンティック・ラブコメディ。監督には著名な喜劇作家チョン・マンベ。そして、大ヒット作「猟奇的な彼女」の監督クァク・ジェヨンが脚色を担当する“韓国版シンデレラ・ストーリー”と注目を集めた話題作。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

光州5・18

光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/12/05)
イ・ジュンギキム・サンギョン

商品詳細を見る

公式
監督:キム・ジフン
出演:アン・ソンギキム・サンギョンイ・ヨウォンイ・ジュンギ

アン・ソンギさんの作品を見たくて、借りました。
お兄ちゃんはテワンセジョンで世宗を演じてるキム・サンギョンさんです。
「今日、弟が殺された。俺の目の前で」というのが宣伝として使われてたけど、その弟ジヌを演じるのはイ・ジュンギ君。そして、彼をおぶって育てたたった一人の家族のお兄ちゃんミヌをキム・サンギョンさんが演じてます。
彼が好きになる女性をイ・ヨウォンさん。アン・ソンギさん演じる彼女の父は、軍での争いかなにかで退役して、お兄ちゃんの勤めるタクシー会社をやってます。

終盤近くにヨウォンさんが「私たちの兄弟が戦っています。私たちを忘れないでください」と市民に訴えかけるんだけど、それが映画そのもののテーマになっていると思います。
彼女は生き残ります。ラストに「ミヌとの結婚式」というイメージシーンがあります。記念写真に映る死んだ人たちはみんな笑顔なのに、生き残った彼女だけは「父をミヌを救えなかった」という悲しみの表情をしています。こういう「非現実のシーン」は韓国映画ならではって感じがしますが、良い効果をあげていたと思います。

非常に感情に訴えかける映画になっています。ずいぶん泣いてしまいました。実際に会ったことを描くという意味では、書ききれていないことも沢山あると思いますし、ドラマチックに処理されすぎているという点もあります。特に、まだ事件から時間が立ってないだけに、「当時の人たちの気持ちはいかばかりか・・・」という気持ちにならなくはないです。

しかし、「自国の軍に巻き込まれるように家族を殺される」ということを契機として、戦うようになるミヌの心理は非常に丁寧に描かれていたと思います。軍・市民デモの両方が、昼の国家斉唱の放送を一緒に聴いた直後の市民軍への発砲のシーンは、印象に残りました。

キム・サンギョンさんは、ぼんやりした顔だちなのが、温かくてちょっと奥手の青年という序盤で生きてます。そして、後半は彼の体の大きさが「兵士」としての要素に説得力を持たせているように感じます。表情も険しいというよりも、なすべきことがあるという決意に満ちた顔になっていきます。なかなかの好演。

目当てのアン・ソンギ先生も、相変わらず素晴らしい。

あとは、ジヌの担任の先生も印象に残りましたね。子供たちを守りたいとデモをしようとする彼らを止める。次には「コレを塗ったら目が痛くならないからな」って、全員に薬を塗ってあげる。そして教室の殆どの机に手向けの花が飾られたころ、彼は最後まで戦う市民軍に志願してくる。

私は、5・18事件についての映画は「ペパーミントキャンディー」が初めて見た映画。なので、軍にいる「兵役中」の兵士たちにも思いを寄せてしまいます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラジオスター 라디오 스타

ラジオスター [DVD]ラジオスター [DVD]
(2009/06/05)
パク・チュンフン

商品詳細を見る

いい映画だったなあ~。ウェルメイドっていう言葉があってる。

アン・ソンギは、やっぱり凄い俳優なんである。子どもの時から演じてきて韓国映画界の重鎮ともいえるひと。でも、映画の中では、愛情あふれる、名もなき人として存在してる。
でも、この映画はアン・ソンギの存在感によって、大きな愛に包まれた映画になっていると思う。なんというか、あったかいお風呂に入ったような、幸せな気持ちになれる映画に仕上がってます。

どんなときも、傍にいて励まし続け、夢を指し示してくれる人。大衆にとってのスターは歌手でも、歌手にとってもスターはこのマネージャーなんじゃないかと思う。

ダメ人間になってしまったスター。でも彼は弱みを持ち、痛みを知る人。それが地方の人に受け入れられる。
そこに、若い東川バンド君たちや、ディレクターの女の子の持つ「若いからこそのエネルギー」が上手くあわさって、番組が成功していく過程もワクワクした。

【あらすじ】
名曲<雨とあなた>で,1988年の歌手王の座を獲得したチェ・ゴンだが今は落ち目。小さな店でのステージの仕事をするのがやっと。そんな彼をスターとして扱ってくれるのはマネージャーのパク・ミンスだけ。
喧嘩を起こして和解金が必要になったチェ・ゴン。旧知のテレビ局部長から、江原道のヨンウォルでDJをすれば,合意金を渡すと言われて、DJをすることに。

番組「チェ・ゴンの午後の希望曲」が始まったが、DJではなく歌手だと思うチェ・ゴンは、やる気なし。トラブル続きのスタートとなる。
チェ・ゴンは,コーヒーの配達に来たキム嬢を即席ゲストで登場させる。母を思って語る彼女のメッセージは多くの人々の心を打って、番組は人気になっていく・・・。
【脚本】 チェ・ソクファン
【監督】 イ・ジュニク (王の男)
【出演】パク・チュンフンアン・ソンギチェ・ジョンユンチョン・ソギョン
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

真実ゲーム

真実ゲーム 出演: ハ・ジウォン, アン・ソンギ 監督: キム・ギョン
検察官アン・ソンギvsアイドル追っかけの殺人犯ハ・ジウォンの、ガチンコバトルが見もの。若いはずなのに、物おじせず、彼女特有のある種の品のなさを全開にせまってくるハ・ジウォンの強さが印象的。完全に狂っていて、「危ない魅力的な女」を演じてます。演出の助けもあって迫力あります。あの「訳しり顔」の語り口(他のドラマで見てもそうなので、癖なのだと思うけど)も、子どもならでは全能感みたいなのを上手く表現していると思います。個性的で面白い女優さんです。
ただ、物語り構造上は、どっからみても純真な女の子として見せて行った方が、面白かった気がするんですよね。彼女を使う以上は、この選択はベストだというのも分かるけど、そのあたりが惜しい感じがしますね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

デュエリスト

デュエリスト デラックス版

デュエリスト デラックス版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD

序盤のスローモーションは、芝居もアクションも丁寧につけられていて、スローで見る意味が一応感じられた。しかし、10分も見ると、これはアニメでも良かったなあと思い出す。世界設定、構図、カメラワーク、キャラクタ、演技。そんな漫画的設定でも、アン・ソンギ先生は、しっかり生活感と奥行きをだせるのが、やっぱり凄いです。
主役二人は、まあアクションは頑張ったんだろうな~以上のものはありません。演技はあまりにも記号的だが、監督の意向がそうなんじゃ?って気もするので、役者は責めては駄目だろう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |