FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

恋歌

KBSWORLD
FBSのサイト
原題:우리는 길잃은 작은새를 보았다「私たちは道に迷った小鳥を見た」
脚本 : チェ・ミンス
演出 : イ・ドッコン
★カン・ジンソプ役(イ・ジュヒョン):ユン家にひきとられた孤児。社会学部の学生。柔道をやっている。硬派で純情な青年。シネを心から愛するあまり、彼女の行動を過剰に心配してしまう。
(どっかで見た顔だと思ったら、ラブトレジャーの班長??韓国の正統派美男子って感じですね)
★カン・シネ(チェリム):同じくユン家に引き取られた孤児。ジンソプを実の兄と思っている。舞踊学部。明るく素直な性格。ダンスコンクールでは優勝するほどの実力者。ジンソブを心底慕っているが、ミンヒョンには複雑な感情を抱いている。
★ユン・ミンヒョン(パク・ヨンハ):ユン家の一人息子。シネと同い年。ダンスに情熱を燃やす青年。明るく憎めない性格だが、どこか孤独の影を漂わせている。
★キム・イチョル(ユ・ジュンサン):ジンソプたちと同じ孤児だった友人。スタントマン
★ソ・カヒ(キム・ソヨン):シネの同級生。お嬢様。シネの親友でありダンスではよきライバル。ジンソブに片想いしているが、いつもそっけない態度をとられてばかり。

【あらすじ】
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
ある日、チェンベが警察に逮捕されるところを目撃した二人は、その場から逃げだし、ついには行き場を失って道端に倒れこんでしまう。そこを車で通りかかった実業家のユン氏に助けられ、そのまま二人はユン氏に引き取られて、家族同様の生活を送ることに。
しかし、ユン家の一人息子であるミニョン(パク・ヨンハ)には、母親が自分以上にジンソプとシネを可愛がるのが耐えられず、何かと二人に辛く当るようになっていくのだった。やがて成長したジンソプとシネは共に大学性となり、充実した毎日を送っていた。
そこに、アメリカに留学していたミニョンが帰国し、家族は再び共に生活を始めることになるが・・・


1話
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
チュンベは、ガムを売った代金はとってもお釣りをあげるといわれても受け取らない。迷惑かけたくないという気持ちの強い子

水疱瘡?になったジンソプを捨ててしまうキム・チュンペ。だけど、ドラマ見て感激したのもあって、反省して病院に連れて行った。

親分のチュンベが逮捕される。逃げ出したジンソブとシネは、ユン家の前で衰弱しているところを発見され引き取られることに。
ジンソプは初めは嫌がってたけど、「憧れてた家」と気がついたし、シネにねだられて、受け入れた。

だが、ユン家の一人息子ミンヒョンは兄妹を歓迎できずにいた。ま、子供だから正直に「汚い。くさい」とかいうし、母親の愛情を取られる気がするよね。「やさしくしてあげて」と言われて「分かった」とは言ったけど、ミンヒョンの複雑な気持ちに配慮してあげて欲しいかなあ。

自分のせいでミンヒョンが傷ついてると思ったジンソプは、1人で出て行こうとするが、シネに泣いて止められて、ミンヒョン母にも「立派な大人になるには勉強しないと」と引き止められる。

で、年は流れて皆さん成長。
ジンソプは柔道をやる学生。超ブラコンのシネはダンスをしている。シネが組む腕をさりげなく外すジンソプ。意識してるって奴ですね。定番だ!!
友人イチョルの誕生日に会いに言った二人。ジンソプの気持ちにイチョルは気がついてるけど、「シネは妹だ」なジンソプ。いやいや、バレバレでんがな!!

シネは「こんなに幸せでいいのかな?」なんて言ってます。ママから心配して電話があったりして、愛されてるんだね~。

ミンヒョンは大学をやめてジャズダンスをすると言い出して帰国。「パパを手伝って欲しいのに」な母親だけど、シネは「ジャズダンスは良いよ。習ってる友人も多い」と庇う。
で、ミンヒョンのパク・ヨンハさんだが、でぶってるな~。

帰国便でたまたま一緒だったジャズダンサーのエリを見かけます。空港で「テレホンカードかりたいんだけど」とカヒに声をかけます。
お迎えのジンソプとシネは遅刻。ミンヒョンは私のせいで留学したから仕返しするかな~」とか心配してるシネだけど、ミンヒョンは明るく接して、気楽にシネに「マッチ売りの少女は元気にしてた?」とか額にキス。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 恋歌 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

最終話。職業ものドラマといいつつ、鑑定部分はまったく本筋にかかわらないし、文化財への想いよりも父への思いに終始したので、お仕事ドラマとしては中途半端だった。そもそも、チュヒのいる文化庁と警察の線引きみたいなのもスッキリしてなかったし・・・。
恋愛ドラマとしては、両者とも大人ですんなりくっついたために、ドキドキワクワクと興味をもたせる感じではなかった。でも、二人の空気は好きでした。キャンキャンうるさくないしね。
でも、コメディとしても中途半端だし、全体に散漫だったかな?韓国ドラマって長いので、ネタを複数仕込んで、結果的にどれも中途半端って失敗が多い気がする。
でも、ギュン(パク・ギウン)がホ・ギルドン!の展開には驚いた。あとジェヒョンのコメディパートは好きでした~。キム・ジョンファちゃんは、こういうのはホント嵌る。シウォンもかっことかったし。


16話
ポムサンがキム・ヒョクジュンと戦っていると、シウォンが助けにきた。シウォン、かっこええ。ヒョクジュンは逃したけど、一部は逮捕。ボムサンは病院へ。連絡受けたチュヒは、病院へ(って、逮捕に協力しなくてよいの??仕事は?っていうか、文化庁の人間には出番がないってこと?)
チュヒ、思わずボムサンに抱きついちゃったよ。全然離れないチュヒに「恥ずかしい」とかいうボムサン。事情を聴きにきたシウォンが見ちゃって、複雑~。
ギュンは怪我なしだけど、ジュンピルが頭をけが・・・。ボムサンはギュンから「おとり捜査をしたんだ・・・」とあの場でやってたことの説明。ジュンピルも、チュヒにホ・テスと何があったかを説明します。「チョン会長に宝物を取られた。証言するから会長を逮捕して」とテスは言ったけど、証言だけじゃ無理なんだとジュンピルは言って、テスを逮捕しようとして逃げられたのね。ジュンピルは、チョン会長との会話を盗聴したネクタイピンがあるから今度は逮捕できるというけど、録音機を落としちゃってる・・・。ダメじゃん。

チョヒは、ギュン、ポムサンと家でゆっくり。ギュンは「明日、自首する」という。たぶん、執行猶予も付くし、チュヒもギュンも、返ってホッとしたみたい。ギュンと二人にしようと帰るボムサンに、「好きな人がいるからシウォンは断る」と言ってキスしたチュヒ。ボムサン、ニヤケすぎ。

チュヒとギュンは、父の遺品を見て思い出に浸ります。小銭しか入ってないお財布。ギュンとそっくりの字を書く父親。チュヒは「帰ってくるのを待ってるからね」だって。

翌日、シウォンに気持ちを言おうとするチュヒ。深刻になってるけど、シウォンは「分かってるよ」っとあっさり。っていうか、シウォンにはジュヒョンがいるから!しっかり聞いてるし・・・。正直、すげージュヒョンと似合ってるよ!!私は、チュヒの恋愛にはさーっぱり興味がわかなかったけど、ジュヒョンの恋愛は全面的に応援してます。かわいいんだもん!

ジョンピルはチャン会長の家を張り込み。日本人イワサキの訪問者がある。
班長達は知らないけど、どうやら「日本に持ち込めない陶器を、なんとか持ち帰れないか?」と会長に相談に来たんだね。

警察では、逮捕したヒョクジュンの手下を絞り上げてた。7年前に、ホ・テスとあったハズのバーの名刺を見せて追及中。その名刺が父の遺品だと知ったチュヒ。遺品の中に同じ店のライターがあったことを思い出して、ひらめきます。

ボムサン、チュヒと正式な恋人になって嬉しいんだね。電話貰ってニコニコしてるわ。でも、「ライターのお店に行きたい」という依頼。名刺の「オ・チャンス」を尋ねると、「昨日人が訪ねてきた後に、急に休暇をとった」という。

ジュヒョンは、「なんで、チョヒばっかりがもてるのかな?」とため息。(私もそう思う。だって、あんまり魅力的に感じないんだもん。捜査だって自分勝手に動いてるし、窃盗犯を擁護する言動が多すぎる気が・・・。妙にイジイジしてるし・・・。)
シウォンがやってきて捜査のことを聞くんだけど、「チュヒのためにそんなに入れ込むんですか??」とジュヒョン。ちょっと寂しそうだ。でも、シウォンは「娘に悪人を逮捕するって約束したから」と笑う。そんなシウォンが、「ジェンピルが落とした盗聴器のネクタイピンがあればな・・・。」というのを聞いたジュヒョンは、この間の戦闘現場で、ひとりでネクタイピンを探してる。健気だな~。かわいい。

ヒョクジュンは高跳びしようとしてるけど、会長に捕まったね。そして、ホ・テス殺害の実行犯であるオ・チャンスも一緒に捕まってる。オ・チャンスは、メガネを割って、それで綱を切ろうとしてる。ヒョクジュンよりは賢いな。乗せられたトラックの荷台が開けられた瞬間、戦ってさっさと逃げたよ~。

警察は、オ・チャンスと逮捕された男のつながりを掴んで、落としにかかります。

ポムサンは、チョヒとデートしようと待ち伏せです。でもチャン会長に会って、ボムサンは嫌味言いまくられる。チョヒは「あなたがが私の父を殺した」と宣戦布告。

チャン会長は、一日だけの展示会を予定している。そのパンフレットをみたポムサンが、高麗青磁の色がおかしいと気がついた。(っていうか、文化庁の職員のみなさん気がつけよ)。展覧会の品に混ぜて運び出す予定と気がついたポムサンが、あわてて荷物の搬入口にいくとオソングループのトラックが荷物を搬出中。
ボムサンは、シウォンに連絡。シウォンは、展示会から荷物を運びだしたトラック&出国するイワサキを追って空港に。無事、偽装した高麗青磁を発見。
張り込み組のチュヒと刑事も向かおうとするけど、そこにオ・チャンスが!チュヒはチャンスを追いかけます。

ずーっとネクタイピンを探してたジェヒョン、見つけたよ。すげー。っていうか、警察何やってんだ?

チャン会長の理事長就任式のイベントが開催される。チャン会長演説中に停電が起きる。そして、ネクタイピンで盗撮&盗聴した内容が流される・・・。
会場を後にするチャン会長に、シウォンが逮捕状を示した。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラブ・トレジャー夜になればわかること | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

Mnet公式
★キム・ボムサン役(イ・ドンゴン):古美術品鑑定・復元のプロ。一匹狼。ひどい二重人格。実体は、傲慢でおバカなマッチョ。愛国心・目上を敬う心・他人への理解・思いやりなどには無縁。
★ホ・チョヒ役(キム・ソナ)文化財庁・文化財事犯取締班。父親は盗掘師だった。父が行方不明になり、取締班に入る。父の盗んだ文化財を回収。
★ワン・ジュヒョン役(キム・ジョンファ):文化財庁・文化財事犯取締班。キャリア組の出世頭と結婚したいがために文化財庁に入る。しかし、文化財庁一のセクシーガール、ホ・チョヒが現れてしまい、彼女はすっかりかすんでしまう。チョヒに負けじと良妻賢母型のアピールに方向転換するが、運命の男はなかなか現れてくれない。
★カン・シワン役(イ・ジュヒョン):広域捜査隊・知能3チーム・文化財専門担当班長。まじめで情に厚く、まっすぐな心の彼。3年前、広域捜査隊に文化財専門担当班が発足し、班長となった。5年前、愛妻を事故で失う。幼い娘がいる。

1話
芸能人並のルックスと古美術史の博学を誇るキム・ボムサン(イ・ドンゴン)講師。今日も「テレビ珍品名品」で大活躍。だが、万年講師で、大臣の息子の同期に先に教授になられてしまった。
一方、国立中央博物館の文化財盗難防止のために模擬訓練を実施していた取締班ホ・チョヒ(キム・ソナ)は、厳重警備を誇る博物館の弱点をついて、盗難を実演しちゃって、「警備の面目が立たない!」こってり絞られた。
一年以上も追ってた密輸犯を逮捕したチョヒ。一緒に動く刑事のカン・シワンは理解があるが、下っ端刑事たちは「でしゃばるな!」といわれることも多い。

ところでチョヒの弟がパク・ギウン君です~。かわいい!

ボムサンは財閥会長の個人的な依頼によって、朝鮮戦争で消えた国宝・梅瓶を探して買ってくれといわれる。日本に密輸したんじゃないか?という噂がある。日本に渡り、鈴木花子というブローカーにあうボムサン。
チョヒの方も、新たに捕まえた密輸犯チェ・ファジャの情報から、タナカイチローが所有しているという噂がある。しかし、コレは既に田中さんの私有財産で取り戻せない。しかし、キムさんという日韓の密輸の取り次ぎ焼くの情報があるため、日本と協力して調査することに。チェヒは日本に乗り込む。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラブ・トレジャー夜になればわかること | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |