FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

≫ EDIT

パスタ~恋が出来るまで 1・2話

パスタ ~恋が出来るまで~ DVD-BOX1パスタ ~恋が出来るまで~ DVD-BOX1
(2010/12/22)
コン・ヒョジンイ・ソンギュン

商品詳細を見る

BS-J公式
★ソ・ユギョン役(コン・ヒョジン
★チェ・ヒョヌク役(イ・ソンギュン
★オ・セヨン役(イ・ハニ
★キム・サン役(アレックス


1話
美声なイ・ソンギュンさんと演技派コン・ヒョジンさんの大人同士のラブコメですね。

父は中華料理店経営でシェフになるのが夢のユギョン。
出会いが最悪っていうのが良くあるパターンだけど、初対面のヒョヌクは金魚を助けてくれたいい人。ナンパな人間か?と思われる、女性に対する優しさやユーモアがあって素敵。明後日11時にデートの約束をしました。しかし、新人助手だと思いきや、新しいシェフ。ウンスと言う新しい助手も入ったから、少しはましか?
前のシェフは食材を安いものにして差額を懐に入れてたりして、それをユギョンは気が付いてしまってたのね・・・。
あ、ユギョンにはいつも応援してくれる客キム・サンがいて、いつもお勧めメニューを聞いてくる。でも、「先輩の料理を私が評価してるみたいだから辞めて・・・」な気分。
オ・セヨンはテレビで料理番組ももっっている。キム・サンの知人。
2話
首にしておいて、その夜のデートで「俺と付き合おう」なんていうヒョヌク。調理場に女性はいらない!というヒョヌク。強引なところに反発するユギョン。
どうやら、セヨンとヒョヌクは一緒のレストランに居て付き合ってたこともあるのね。調理場でのイチャイチャも経験済みかよ!その失敗から「女はいらない」なのかな??
出会いのきっかけになった金魚が上手く使われて、2秒で忘れるという金魚なみだといわれるユギョン。でも、何言われても根性でついていこうとする。
キム・サンに「準備中なのは分かってるけど出前して」と頼まれたユギョン。規則違反なのもわかってたけど、調理したいという気持ちもあって作ろうとして見つかった。そこで「調理場はシェフのものでも私のものでもなくて、お客様のもの」といったユギョン。「じゃあ、腕比べだ」と言われます。でも、実際に出来あがったものは雲泥の差。ユギョンなりに工夫もしてあるんだけど、ヒョヌクのレベルには及ばない。自分で食べて、それを痛感したユギョン。
で、そのキム・サンのところで出前を食べたのは、ヒョヌクの元彼女セヨンなのよ。イライラしちゃって、子供だなあ。
しかし、ソンギュンさんの声で怒られると迫力あるなあ。



あらすじ(公式から)
1話 オレ様シェフの登場
ラスフェラでパスタ助手として3年間、働いてきたユギョン。やっと後輩が入り、助手を卒業することになった日、イタリアから一流のシェフ、チェ・ヒョヌクが入ってくる。優しく、素敵なイケメンシェフの登場に浮足立つ女シェフたちだったが、翌日から、ヒョヌクが本性を現し始める。

2話 女はいらない!?
クビになったユギョンだったが、やっとコックになれたのに辞められないと、しつこく出勤することに。しかし、ヒョヌクはそんなユギョンを無視し続ける。ある日、準備中にやってきた常連客キム・サンに、パスタを作って欲しいといわれたユギョンは、ヒョヌクに黙ってパスタを作ろうとするが…

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| パスタ~恋が出来るまで | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マイスウィートソウル 16(最終)話

マイ スウィート ソウル DVD-BOX IIマイ スウィート ソウル DVD-BOX II
(2009/01/28)
チェ・ガンヒイ・ソンギュン

商品詳細を見る
最終回です。すごく好きでした。
チェ・ガンヒさんのほんわかしてて芯の強そうなところが魅力的だった。そして、優しすぎる男性たち。特に超美声イ・ソンギュンさんのかたる言葉は、本当に「心のおくすり」というのにピッタリだった。そして、ジェイン・ユヒの友人たちもそれぞれに魅力的だった。女性陣でだらだら話してるときの会話とか、何気ないけど良かったです。カットされてたから、彼女たちのシーンがもうちょっと見たかったかな?DVDでたらレンタルして、カットなしを見たいです。
とにかく、細部が丁寧で、エピソードが魅力的に描かれてます。なんてことないことでも、文章の良さで読ませる小説みたいに感じました。
最終回は時に、おとぎ話みたいでした。凄い重いことが起こってるのに、穏やかに感情を丁寧に味わってる感じ。

過去の重すぎる罪を背負っていきる男がここにも出てきて、そうするとやっぱり魔王を思い出してしまいます。
「幸せにも不幸にもなるな。だが生きろ、あの草のように」という言葉を信じて、ただ生きる。何をしたって罪は償えない。それを分かっているから、「罪を償えるのか?」とは考えない。
復讐する側は「罪を償ってない。罪は許されてない。」と思うものだ。被害者は、許すことで前に進んでいきたいから、彼らが何らかの罰をうけることで区切りをつけようとする。でも、罪を背負って生きる側は「許すとか許さないとかの問題ではない。罪は一生消えずに残る。許されることはないと知っている。でも生きていくしかない。」という覚悟で生きている。そして、その覚悟とは別に「許されたい」という感情は絶え間なく湧いてくる。そんなことを思いました。


では、あらすじに沿ったレビューを

列車の中であった二人。ヨンスは「こっちを見ないで」っていって、事情だけを説明する。美声イ・ソンギュさんだから、こういうのは凄く効果がある。「自分には絶対に起きないと思ってたことが、ある日起こった気持ちが分かるかと聞きましたよね。ええ、分かります。僕はキム・ヨンスではない。ユ・テギョンです。あれは、夏でした。川辺で少し酔って行って、理由は覚えてないけど喧嘩をした。そして、僕はジョンファンを、僕の親友を殺した。20歳を少年院で過ごした。」あの本「人間の大地・夜間飛行」を貸してくれたのが本物のヨンスさん。命あるものはすべて危険の中で生きてるというのも、ヨンスさんが書いた言葉。「あいつに会いたかった。でも、何も変わらない。生きるべきか死ぬべきか分からなかった。その時に出会った。”俺をやる。幸せになりすぎるな。草のように、風のように、木のように、ただ生きろ・・・。”そう生きた。幸せか不幸せかでなく、そのことをまるで知らないかのように。でも、あなたに会った時から、時間が巻き戻せるなら、ジョンファンとの時間に戻りたかった。でも、今は、本当に一瞬だけでも巻き戻せるなら、雨の日のカフェに戻りたい。次は見ない。窓の外を見つめるウンスさんの姿を。あなたを見てしまった。諦めることは出来なかった。幸せだったから。本当は幸せになりたかった。ウンスさん。なぜ、僕は僕なんだ。
差し込まれる、ウンスとの幸せな瞬間の映像が、本当に幸せで泣けた。あの雨の日、ウンスと一緒に駅まで歩くと言ったヨンス(テギョン)の気持ちを思うと・・・。
そして、二人はそのまま別れた。なんていうか、この列車の中の出来事は夢みたいだよね。

ウンスは、スクーターを買いました。本当は、結婚するはずだった日。ユヒの初舞台を見に出かけます。ジェインやユジュンもいて、黒豆君もいて「何もの??」です。
こっそり、ニコチンも見に来てたよ~。ユヒ、輝いてたもんね~。がんばれユヒ。
ジェインはユジュンもバレバレなのに「付き合ってない」といいつつラブラブじゃん。可愛い女。

「ヨンス(テギョン)からは連絡はない。やるべきことや考えるべきことがあるはずだから・・・。でも、あの人のことをずっと考えてる・・・」そして、一人の時間を楽しんでるウンス。そして、方位磁針(仕事を辞めた日に買ったものだね)の写真をメールにして、手紙を。「元気だと信じてる。心配はしてない。元気かと気になる時は本を読みます。」”どこにいるか分からず、どこにでもいて、とても地味な存在だが、非常に・・・”というヨンスさんに貰った本。
ウンスは自分の会社を作って社長になった。菜っ葉ワールドも開店。世の中を味わい尽くし、楽しむつもり。
封印したテホとでた映画も見てみた。地球は丸いから、「危険で楽しい」スクーターでどこでも行ける。テホが働く撮影現場も見に行ってみた。ADだからひたすら忙しく働くばかりだけど、ウンスは知らない大人の顔。ウンスのあげたスニーかーが履き古されて、テホに馴染んだ、彼らしいものになってる。「監督のサインをもらってあげる」というけど、「あなたの監督作を見に行った時に。元気で」と・・・。言い残してウンスは去る。

両親は離婚。母は弁当屋で働いて、人生を楽しんでる。ユヒもジェインも幸せを感じてる。”時には自分が嫌になるけど、体の隅々まで生きていると感じる。私が私で良かった・・・。”ソウルの街には、幸せな思い出が沢山あって、それが私を作ってる。

手紙は届いてくれるかな?方位磁針を受け取ったヨンス(テギョン)さん。それを持って、大好きな動物園に。「神様がいたら、聞きたい。誰がここに連れてきたのか」と言ってたヨンスさん。
ウンスは、名前のつけられない感情を心から味わってる。「テギョンさん。あの人に会えたら、そう呼ぶ・・・。」
そして、動物園で再会。はじめましてから始める二人。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マイスウィートソウル | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

テルン選手村 7・8(最終)話

久々です。イ・ソンギュンさんがフラレル展開がなんとなく見たくなかったのだ・・・。
7話
怪我してしまったマルとの出会いを思い出すミンギ。意地っぱりだけど、ミンギにくっついてくる可愛い妹分。
「一年以内に歩ける・・・」って言われても、オリンピックには間に合わない。きついリハビリを拒否するマルに付き合って、一生懸命に支援するミンギだけど、マルの気持ちが後ろ向きになってるもんな。少しづつ前向きになったマルだけど「どこにも行かないで」と寂しそう。

スアは、疲れ切ってるミンギが心配。久しぶりに会えて、「結婚しようってドンギュンに言われた」と告げます。スアは「努力することにした」とドンギュンの方へ気持ちが。
しかし、ミンギはドンギュンに「スアを自由にしてくれ」とか言いに行く。別に無理に引き止めてないし!!「俺はどうしたら?忘れられない。クールになれない」なミンギ。いや、ドンギュンには「引いてくれ」って言っといて、自分は「出来ない」って、かなり自分勝手だろ。「割り込んだ自分でも、好きになる資格はあるよね?」とか、はあ???って感じだ。ドンギュンにも感情があるってのが、分かってないんだな。

マルは「スアを呼んで」とミンギにお願い。スアは、マルに「ミンギが好きだけど忘れようとしてる。好奇心か、ただの浮気か、恋か。見極めるためにも距離を置く。案外、平気」と話す。「それでもダメだなら、他人のことを考えすに付き合うから」というスア

マル。夢の中で、良い治療法を見つけて、ミンギとデート。これは辛いなあ。夢をあきらめるってことを受け入れて、リハビリを決断したマル。

ドンギュンは、プールで映画を見ようってスアを誘って、「愛してる。引き留めるために言ってるんじゃない。愛は二人で作っていくものだ。それを伝えたいんだ」ってドンギュン。正論すぎるっていうか、スアのって浮気心でしかないように見えるんだよね~。ミンギと似合わないしさ・・・。

スアはミンギを無視してるんだけど、矢にかかれたメッセージ見て、ミンギとの思い出を思い返す。で、結局はミンギに会いに行っちゃうんだ。うーん。ドンギュンさんとの思い出は?って感じが。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| テルン選手村 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

テルン選手村 1・2話

テルン選手村 DVD-BOXテルン選手村 DVD-BOX
(2007/06/29)
イ・ミンギチェ・ユンジョン

商品詳細を見る

イ・ミンギ(ホン・ミンギ役/柔道選手 26歳)
柔道選手になっていなければ、間違いなく組員になっていたであろう、生まれつきの熱血人間。補欠生活をしている国家代表選手の予備軍。今は辞めたい気持ちでいっぱい。
最終的には悪戦苦闘の末、生まれて初めてオリンピックの舞台に立つことになるのだが。
チェ・ユンジョン(パン・スア役/アーチェリー選手 26歳)
アーチェリーの国家代表選手で、金メダル保持者。一見クールで優雅な良家のお嬢様タイプだが、実際には元気いっぱいでドジな面もある。水泳のイ・ドンギョンと長くつき合ってきたが、ミンギに出会ってからは2人の間で葛藤する。
キム・ピョル(チョン・マル役/体操選手 17歳)
100年に一人と言われる天才体操選手。 自分が天才であることを知っているので、生意気で鼻にかけている。負けず嫌いである上、自分を客観視することもできて、努力を怠らないまめな面もある。ミンギにぞっこん。オリンピック初出場にすべてをかけたのに、ケガで途中下車するというハプニングに見舞われる。
イ・ソンギュン(イ・ドンギョン役/水泳選手 27歳)
2004年のオリンピックで最終戦まで残った期待の星。再びオリンピック出場の夢を見るものの、人気のない種目に対する差別待遇と未来に対する不安、なかなか伸びない記録に対して葛藤し思い悩む。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| テルン選手村 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マイ・スウィート・ソウル1・2話

スタートに気がつかなくて録画し忘れてて、ちょっと見る気を失ってましたが、1話は人物紹介だろう!ってことでアラスジ探して2話から見ます!チェ・ガンヒさんは本当にカワイイですよね~。神話のミソンみたいな心の強い古風な女性も良かったけど、
彼女の魅力でドラマは楽しく見れそうです。
Mnet公式
★オ・ウンス(チェ・ガンヒ):31才。編集代理店代理。身長普通、体重普通、顔普通、バストサイズ普通、ファッションセンス普通、学歴普通、職場普通、人間関係普通、恋愛経験普通、どこを見ても鳴かず飛ばずの、大韓民国50%のフィルモを持った「灰色に近い」女。だけど時には赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、鮮やかな原色になりたい女オ・ウンス。うんざりするような平凡が、私が持っている全てで、守らなければならない全てである。だから、どれ一つ簡単に捨てることなどできないということを…昔の恋人コ・リラの結婚式の日、久しぶりに世の中が苦々しく見える。何かがひどくウンスを衝動的にした数日後、3人の男に囲まれることになる。31才、冬の入り口に立つオ・ウンス。低い声で自身に尋ねてみる。「オ・ウンス、まだ死んでなかったの?」
★キム・ヨンス(イ・ソンギュン):36才。親環境有機農業者CEO。職場の上司アン理事が準備した「見合い」で、ウンスと出会う。ウンスは名前の通り全てが極度に「平凡」だ。ある瞬間から、裏側の「本当の魅力」を表わし始める。思慮深くて穏やかなことは知っていたが、この男それとなく変っていておもしろい。ミステリーな過去を全く公開しない男。いつもドアの隙間から覗き見しているような感じを与える男。愛を始めようとする瞬間に、消えてしまう蜃気楼のようなこの男、果たして誰なのか?
★ユン・テホ(チ・ヒョヌ):24才。映画監督志望の工大生。コ・リラの結婚式の日偶然にウンスと出会って、ワンナイトラブをする年下のイケメン。言葉と行動にいつも自信が溢れ出るテオは、いつのまにかウンスの生活の中につかつかと歩いて入ってきて「同居相手」になっている。爽やかで愉快だが、思慮が深い。人を愛することができる男。いつも夢を見て、夢のために前進する男。
けがれなく生まれ育ったこの男は、ときどき限りなくウンスを魅了するが、一度も「男」として認めることができない。
ウンスにとってテオは「男」ではなく、「魅力的な子」というだけだから。いつかは終わらせなければならない愛、ということをすでに知っているから。
★ナム・ユヒ(ムン・ジョンヒ。幸せな女のジスク姉さん。恋愛時代のドンジンの婚約者など)ウンス友人
★ハ・ジェイン(チン・ジェヨン):ウンス友人。ジュエリー・デザイナー
★ウンス母(キム・ヘオク)


1話
ジェイン (チン・ジェヨン)はウンス(チェ・カンヒ)とユヒ(ムン・ジョンヒ)に今まで付き合っていた男と別れて 20日前に会った男と結婚するという爆弾宣言をする。昔の恋人コ・リラが結婚することで憂鬱だったウンスは、呆れて言葉も出てこない。
業務関係の飲み会に参加したウンスは、偶然年下のテオ(チ・ヒョヌ)と出会う。ウンスはテオの笑顔とマナーに引かれて心を開く。酒に酔ったウンスは、テオの魔術のような‘指で覚える’九九段に笑う。甘い誘惑に、ウンスはテオと口づけをする。昔の恋人が結婚した日、ウンスは新しい思い出を作る。

【追記】再放送で初回が見れたので感想を。いやあ、イラストでの状況説明がかわいいよね。
元彼の結婚式の日、「やるべきは海外旅行だよな~」とか妄想するウンス。(チェ・ガンヒさんの表情がくるくる変わってとにかくカワイイ!!)

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マイスウィートソウル | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

白い巨塔(韓国版) 20話

白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)
(2008/05/09)
キム・ボギョン、チャ・インピョ 他

商品詳細を見る

最終回。チャン先生の最後を見届けました。ちょっと駆け足だったかなあ?とか、チェ先生やイ元外科長と娘などの正義の人側の問題が掘り下げ切れなかったのが残念ですが、チャン先生にはやはり感動しました。

手術は出来ない。チェ先生は抗がん剤治療を主張するが、チャン先生の性格、そして病状、体力を考えると、告知すると一気に進行する恐れがある。それでも、体力回復を待っての抗がん剤治療をチェ先生は主張。
外科スタッフの落胆は半端じゃない。ホン先生が、「気持を顔に出すな」と言って、チャン先生が手術の結果を見たがるだろうと、組織をハ先生に準備したりしてます。舅は何か出来ないのかと副院長に。妻には話すべきだとチェ先生は言うけど、彼女はまだ幼くて無邪気で、支えられるか心配だ。でも、結構、頑張ってるよね。
チャン先生は「術後がみたいからCT取ろう」とか言って、油断ならないなあ。イ元外科長も明日も見に来るとか言うし、チャン先生も腕は信じてますとか言うし、穏やかに話してるけど、絶対ばれるよな。チャン先生は、イ外科長に言われて安心できたと患者の気持に思いを馳せます。でも、私はチャン先生に自分の「理」をちゃんと話してほしいな。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 白い巨塔(韓国版) | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

白い巨塔(韓国版) 19話

白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)
(2008/05/09)
キム・ボギョン、チャ・インピョ 他

商品詳細を見る
チェ先生の所に行ったチャン先生。チェ先生は、対策会議をしているホン先生に密かに連絡。検査結果をホン先生に教えてくれるという。チェ先生、同じ結果だと嘘をついたけど、組織検査をしないっていうのに不信を抱かれた。お前が検査しろと拘ったのが裁判の原因だろと責めるチャン先生。信じていいんだな?って言われちゃって、チェ先生ちゃんと言わなきゃだよ。チャン先生、チェ先生の仕事を気遣ったりして、悪い人じゃない。そして、名前で呼んでくれる友人としてチェ先生を信じている。
裁判の対応なんかも続けているチャン先生だけど、痛みが酷くて、車の運転も出来ない。母親に珍しく電話したりして。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 白い巨塔(韓国版) | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

白い巨塔(韓国版) 18話

白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)白い巨塔 DVD-BOX1(韓国TVドラマ)
(2008/05/09)
キム・ボギョン、チャ・インピョ 他

商品詳細を見る
ドンイル証言。良心の呵責と他の人に自分のような思いをさせたくなくてと説明するも、裁判官は証言の信用性を審議するという。チャン先生、失敗したなあ。嘘をつかせて速く処理しようとしたことが裏目に出た感じ。
ドンイルは「もっと早く言えば、今になってチャン先生を裏切るなんて」と落ち込んでるけど、チェ先生はいつか分かってくれるとチャン先生を信じてる。うーん、結局チェ先生は、チャン先生の理由を説明して遺族を癒すことよりも、チャン先生に自分のやり方を認めてほしいんだな。正義の人では決してなくて、方法論のぶつかり合い。それに巻き込まれるクォンさんがちょっと気の毒。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 白い巨塔(韓国版) | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT