FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

アイルランド 7・8話

アイルランド DVD-BOX2 7話 知られた秘密
グクとシヨンが出会いました。シヨン、みじめすぎて、アメリカに行くと決断しそうに…。やけになってるけど、家族との会話で思い直しました。
「研修医をやって専門的な医者になる気はない。家で一人でいて嫌なことを考えたくないから、仕事をしている」と言ったジュンア。院長に、私は仕事を好きでやっているんだから、お前は辞めろと言われてしまいます。
シヨンは、ジュヨンの所に相談に。二人とも、今は辛い時期なのよって、自分もシヨンも慰めるジュヨン。そこにグクがジュヨンを迎えにきてものだから、シヨンがグクを殴っちゃった。???なグクの代わりに、シヨンをなぐるジュヨン。グクが大事ではあるのねえ。
ジュヨン、院長に言われたことで、グクがやっぱり正しいって言いだします。「グクは正しいけど、私は間違う。」ってことを、本当は認めてほしいジュヨン。でも、弱っているから「私の出番がないから詰まんないけど、あなたに従うわ」って言ってしまいます。なんか、危うい状態だなあ。グクと居るのが楽しいって頃には戻れないのかな?グクは、ジュヨンの不安定さに不安を覚えながらも、ちゃんと付き合ってくれてる訳で、「それに甘えるのは嫌。でも、好き勝手させてほしい。」って、どっちにすれば好いんだ?ってことだろう。
グク、「成功する人はいない。耐えるのみだ!」ってジェボクに助言。厳しい言葉だなあ。でも、ジェボクは「グクみたいになりたい」と、グクにくっ付いてます。しかし、それはジュヨンに好かれたいからなんだよなあ。複雑だわ。
グクは社長に帰ってこないか?と言われます。でも、社長の遊び相手をしていると、堂々とは生きられないと断ってしまいます。社長、かわいいよねえ。憎めない。正式に依頼してきたから、断りきれません。
シヨン父が便秘で倒れて、ジヨン&ジェボクはジュンアの病院へ。ジュンアが病院に来てないと知って、ジェボクは心配になってしまいます。グクに体調を訪ねても詳しく教えるわけないしなあ。家で退屈なジュンアがグクにかけてきた電話に勝手に出ちゃう。それを取り上げたグクは、ジュンアがジェボクに話しかけるのを聞いて、ジュンアの相手はジェボクだと気が付いてしまいました。イ・ナヨンちゃんが可愛いから、ジュンアは憎みきれないし、いつまでも子供で夢見てるキャラと理解はできるけど、やっぱりグクが気の毒すぎるわ。
グク、耐えきれなくて、会社の近くで絵を描く牧師&元同僚のもとへ。泣きだしたいのを我慢してるグクの顔見てたら、思わず泣いてしまいましたよ。泣いていいんだぞ~。あんたには、泣く権利がある!力を抜いて、自分の重みに苦しまないで、羽根みたいに楽に生きるんだ。牧師の言葉が、心にしみます。
しかし、グクはジェボクが許せず、冷たく当たってしまう。ま、当たり前だ。
ジュンア、母に会いに行きました。抱きしめても良い?って不安そうに聞くお母さんに、やっと応えたら、ジュンアもお母さんと一緒に子供みたいに泣きました。これで、彼女が大人になれれば、グクとも上手くいきそうなんだけどな。
シヨンにチャンスが巡ってきました。苦労症な彼女だけど、幸せになってほしいなあ。

8話 真実の手前
グクに拒絶されて、知られたか?と不安なジェボク。シヨンのオーディション合格の話題にも反応できません。
ジュンアは、お母さんとずーっと手をつないで、果物貰ったりして過ごしてます。なんとなく、テレくさくて気まずいジュンア
グクは、ジュンアを一人で不安に待ってます。母に会えた事をジュンアは感謝するけど、それどころじゃないグク。ジュンアを手放したくないグクは、「ジェボクを好きになったのは、ジュンアがまだ正常じゃないからと信じたい」と言います。手を取ろうとしても拒絶するグク。「彼のことは忘れて。寝てもない」っていうんだけど、グクは信じられない。ま、信じられなくて当然だと思うよ。
ジュンアは自転車でこけて、院長の所へ。「アイルランドのこと、今でも悲しいけど、もう痛くはないはずだ」という院長に、「痛くなくちゃいけない。忘れちゃいけないのに」というジュンア。うーん、それが、どれほどグクを傷つけているのかってことに、気が付いて欲しいよ。
結婚1周年。グクに呼ばれて会社に来たジュンア。グクに、君が向き合わないとジェボクを助けられないっていうグク。グク、まじめで一生懸命なんだねえ。しかし、ジェボクが倒れたと聞いて、即座に反応しちゃったジュンア。うーん、まずい。そんなに好きか?ってグクに聞かれて、「もう謝らないし、グクだけを見つめるから、会社に呼ぶなんて卑怯なことしないで」ってジュンア。いや、義務で愛してほしい訳じゃないんだよねえグクは。このスレ違いが修復できるのか。
シヨンは、自分の明るいキャラとは違うシリアスな役を振られたことで、不安になってしまいます。どうしても関係者に媚びてしまうシヨン。監督と飲んで、ホテルまで送ることに。そこで、ホテルの警備に戻ったグクと再会。部屋の前で、監督と寝なきゃダメか?って迷いながら寝てしまったシヨンを、グクはおんぶして警備室に連れて行きます。翌朝、洗顔セットも貸してあげるグク。監督の部屋に行こうとするシヨンに「汚い人生ですね。清掃員でもした方が」って言ったグクに、「私は女優になるの。無難な仕事じゃ無難なん暮らしも危ういのよ」とシヨン。この二人、どっちも必死に誰かのために生きてて、それでも報われないところが似ているわ。
ジュンア、最後の別れにジェボクに会いに。「あなたを見ていると自然に笑顔がこぼれるわ。」って、そういうこと言うから、いつまでも別れられないんだよ~。泣いたって許されんぞ!
ジェボク、無視し続けるグクにイライラしてきました。殴られてやる!って喧嘩を売ります。ま、まともにやったら、グクに勝てるわけないわな。しかし、ジェボクに放つグクのセリフは、滅茶苦茶さみしくて、悲しくて、グクの寂しさが伝わってきます。
ジュンアは、お母さんとDNA検査して、サウナで仲良くなったり、すこしづつ改善の方向か?と思われたのに、母が倒れてしまいました。ジェボクが駆け付けたために、ジュンアとジェボクが兄妹ではないかということが判明。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイルランド | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

アイルランド 5・6話

5話 友情の芽生え
窓ふきのジェボクに雑巾かけられたグク。喧嘩になっちゃいます。しかし弱すぎのジェボク、なんか憎めない性格のジェボク相手だと、なんか調子が狂っちゃうよな。分かるわ。
ジュンアは掃除ばっかり。でも、グクはジュンアが心配で、仕事をするのは反対です。「血を見てジュンアが驚くだけで、俺は死にそうになるんだ。」って言うけど、ジュンアは「驚いたり倒れたりしても死なないわ。心配は分かるけど嬉しくない。祝ってほしい」と言って出て行ってしまいます。ジェボクに電話して「祝って」とお願いするジュンア。気持が通じて嬉しいかもしれないけど、心配してくれるグクを大事にしようよ~。
シヨンは両親が商売を始めると言い出した。シヨンを助けようという気持ちだけど、どうせ失敗するだけだから辞めてと言うシヨン。さらに、監督がAV辞めると言い出した。監督についていくといったけど、アメリカでもっと過激な奴を撮るって話で、本番ありのネット上のエロサイト。そこまではやりたくないシヨン。
ジュンアの病院の帰り、なぜかシヨンが待っていて、甘えてくる。家族を養うのは大変だけど、退屈しないから皆が好きって絡むシヨン。こんなお姉さんが欲しかったとかいってるよ。面倒だなあ。でも、ジェボクの彼女がシヨンとはジュンアは知らないんだよね。この、互いが互いの関係を知らない感じ、ハラハラするね。ジュンアは、シヨン家のからの帰りにジェボクに会って、白衣着せたり、抱きついたり、好き勝手やってるよねえ。だけど、なんか憎みきれないのは、イ・ナヨンちゃんの演技が良いからなんだろうな。
ヤンスクが、ジェボクを鍛えて護衛にすると言って、教育係を受け持たされたグク。ジュンアの好きなのがジェボクと知らないとはいえ、気の毒な展開だなあ。
グクと運転を変わってやけどを追ったチョ部長が、グクを訪ねてきた。再就職は駄目で、道端で似顔絵描いて暮らしてる。犯人を殺してやりたいが、俺に殺せるかな?っていうチョ部長。何度も謝るグクだけど、物凄く落ち込んでしまいました。本当は、こういうときにジュンアが癒してあげられるといいんだけどなあ。
ジュンアに早く母に会えというグク。ジュンアは「やっと、あなたの背中を降りて、自分で歩き始めたんだから、喜んで。あの人は喜んでくれたわ」だって。グク、当然、怒るよねえ。「仕事をするのはいいが、母親には会え」と粘るグクだが、「過保護な今のグクは嫌い」って言われてしまいます。一人「俺は間違ってない。俺は会いたくても母に会えないのに、贅沢だ」っていうグク。確かに、ジュンアはグクへの思いやりが足りないぞ。
イライラしてるグクが警護中に見かけた男。両親がいないグクを育ててくれた牧師さん。大学の入学金を払って、消えてしまった牧師。ジェボクが「アホを卒業したいんだ。医者に恋したから!」って、それはグクの妻なんだけどなあ。無邪気に、グクを信じる!っていうジェボク。憎めないよねえ。っていうか、グクに2度もキスするな!
グクが母親に病院を教えたので、ジュンアに母が会いにきた。ジュンアは冷たく対応。人違いですって、母を認めようとはしません。

6話 繋がり始める糸
グクによるジェボク特訓開始。ジュンアも血を見ても倒れずに仕事を頑張ってます。
ジェボク母はジュンアにキムチを届けたりしてきます。DNA検査を進めるグクに、私は人間じゃない養子だから、私が自分で私を作りだして、そうして人間になったら会う。グクに頼り過ぎてきたというジュンアに、頼られるのは嬉しいのにというグク。暗闇を見つめ続けるジュンアと、明るい方を見ようとするグク。互いに違うから愛し合ってたはずなのにね。
シヨン&ジェボク。「愛してるならタバコ。違うならライターって言って」と甘えるシヨン。この二人、凄く似合ってるのに、ジェボクはシヨンじゃなくてジュヨンを見ちゃってるんだよね。「俺にも道が見えてきた。堂々と生きたい。出て行く前に、お前にお返しするよ。」って言われても!って感じだわ。そもそも、ジュヨンとジェボクって、何がそれほど良くて惹かれあってるのかねえ。タイミングが良い、つまり縁があるってことなのかもしれないけど。
ジェボク、現場で足手まといだけど、たまたま暴漢に気がついた。でも、喉絞められちゃいます。出血がひどくて、ジュンアの病院に連れて行ったグク。ジェボクは、ジュンアとグクが夫婦であることを知ります。そして、ジュンアはジェボクがグクの同僚であることを知る。ジェボクは、仕事を辞めると無断欠勤。一方、ジュンアは家で一人でいると死にたくなると、風邪引いてるのに仕事に出てきます。
しかし、何も知らないグクは、ジェボクを迎えに来ます。「俺の好きになった人は、みんな俺から去っていくんだ。俺から何か匂うのかな?」だってよ~。寂しいことを言うなよ~。そして、「生き方を教える」って言ってくれるグク。どこまで良い人なんだ、あんたは。
ジュンアが病院でうたた寝してる所に、ジェボクがやってきます。仕事を続けるというジェボクは、寒いからって、ジャケットと傘を置いて行きました。ジュンア、ジェボクを愛してるって…。うーん、上手くいかないねえ。
グクは、女優に指名を受けて、警護を担当してます。牧師さんを見かけたグク。子供みたいな顔して抱きついた!かわいいなあグク。ニコニコして、ずっと顔を見てて、こういう笑顔をジュンアの前で出来るといいのになあ。
ジェボク母は、ジュンアの病院に通っては、万年筆を届けたりしてます。ジュンアがジェボク母を訪ねた。
シヨンは、ジュンアに励まされて、AV出身は嫌われると知っていながら、オーディションを頑張って受けてます。子役だったのを覚えている人もいる。でも、与えられる役は酷いもの。テレビ局から出ようとしたとき、グクの警護する女優とファンの人だかりに混じってしまい、もみ合いの中で投げ飛ばされちゃいました。思わず、グクと平手打ちしたシヨン。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイルランド | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

アイルランド 3・4話

アイルランド DVD-BOX2 3話 再会した二人
グクとジュンア結婚したんだ。ジュンアはまだ不安定で、朝からトンカツ作って、トイレに置き忘れちゃうような状態。グクは、それを優しくフォローしてくれる良い旦那だ。ジュンアは幼稚園バスの暴走運転手として働いてます。
窓掃除しているジェボクとジュンアは3度目の偶然の出会い。ジェボクが赤いリボンのピンを止めてのが、めっちゃ可愛い!これを運命と感じたのか、ジュンアとジェボクは、仲良く手をつないで食事に。しかし、そこにはシヨン両親が居て、ジュンアは急に冷たくされちゃいます。怒ったジュンアは、貰ったピンは投げ捨てて壊すわ、バス暴走させて電信柱にぶつけるわ。面倒な女だなあ。そんななか、仕事に疲れたジヨンからジェボクに電話。「今日は帰ったら優しくしてね」っていうけど、その時、ジェボクはジュンアを抱きしめてます。ええ~。不味いんじゃないの~。でも、シヨン母に釘をさされて、ジェボクはシヨンに優しくしなきゃと思ったみたい。
グクは、ジュンアの持ってた靴下と一緒に、家族探しのテレビ番組に出演。それを見てたジェボク母が気がついた。ジェボク義父が、グクに連絡してきて、会えることになりそう。
グク、仕事の付き合いでゴルフしてるけど、それもカッコイーわあ。でも、そこに社長の元女ジヨンを就職させていて、社長に怒られてしまいます。殴られて落ち込むグクに、「怪我しないで。グクが怪我すると申し訳なく感じる。心の傷には触れないから」っていうジュンア。しかし、ホテルにジヨン父がやってきて、金が欲しいっていう。タクシー代を渡した所を社長に見られて、グクは首になっちゃいました。
シヨンとぶつかったジュンア。この間、バスでシヨンの乗ったタクシーとニアミスしたこともあって、シヨンに喧嘩売られちゃいます。でも、怪我してるシヨンを自転車にのっけて送ってあげるジュンア。彼女、アイルランドでは医者だったのかなあ?
ジェボクを見かけたジュンア。あそぼ!って近づくけど、ばれたら困るって断られちゃった。一生遊んでくれると思ってたのに~。って、ジュンア、あんたグクの事は?
帰ってきたグクに、「私、浮気してるみたい。頭が痛い。男の人が頭の中に家を建ててるの。その家に住むみたい。グクは優しいのに、私は悪い女だ。でも、ずっと頭は痛いままだと思う」うー、酷い!そりゃ、グクも怒るって!

4話 動き出した運命
ジュンアに振られて、グクはランニングしまくってイライラ解消しようとしてます。後輩のペク・ギウン呼び出して柔道したけど、あっさり一本負け。投げられ続けて、なんとか自分を取り戻したか?ジュンアに凄く尽くしてたのに、やっぱり寂しいよなあ。
帰ってこなかったグクに会いに、ホテルまで行ったジュンア。辞めたと聞いて、社長に訴え、喧嘩を売ります。「私はグクを信じてる。あんたの都合で追い出したんでしょ」って、それは、ジョンアがやってるのと同じ事だけとなあ。自分への怒りを、社長にぶつけてるんだな。靴跡をつけた所に行って、「グク優しくするわ。ジェボクのせい。ジェボクどうしてるかな。ジェボクが悪い」って、ジュンアは本当に不安定。でも、グクを大事にするって決めた見たい。
グク、ジュンア母=ジェボク母と面会。いい人すぎるぞ!ジュンアに心の準備が必要だからって、まずはグクだけ会ったんだけど、ジュンア母はガッカリです。グク、「ジュンアは養子先で愛されて、だから愛情がいっぱいで、愛することを知っている人です。でも、お母さんに会うには時間がかかる。待ってあげて。」グクがどれほどジュンアを愛しているか伝わってきましたね。
グクが家に帰ると、ジュンアはあのマフラーをして立ってます。グク、「これを見つかったのはヤバい気がする。羽根になってジュンアを持っていってしまいそうだ」って、マフラー抱きしめて寝るなよ!かわいいじゃんか!ジュンア、グクのそばにいるって決めたって言った。嬉しいよってグクは答えたけど、「決める」んじゃんくて、「傍にいたい」って言ってあげないと、グクも不安なままじゃないかなあ?
次の日から、今の私に出来ることって、家事を頑張るジュンア。かわいいけど、戸惑うわ。グク、お願聞と言って「母親に会って」と言い出しました。分かった、でも「もう優しくしない」って、ジュンアは怒っちゃった。グクは、ジュンアのためを思ってしてることなのになあ。
待ち合わせ場所に言って声をかけられたけど、「私に似てない」と思ったジュンアは「違います」って言って逃げてきちゃった。でも、何時間も待ってる母を、店の外から何時間も見てるジュンア。これはグクが付いていかないと駄目だったんじゃないかあ?
ジュンアと喧嘩して落ち込むジェボク。それをシヨンが可愛そうって見てるのが、なんか悲しいなあ。次の日はジェボクの誕生日。家族に愛されて、シヨンも大事にしてくれて、なのに浮かない顔のジェボク。バイクを買ってもらえることになって、浮かれてます。しかし、バイク店で会った昔馴染みのやくざに、シヨンがAV女優ってことで嫌味言われちゃいます。反論しようとしたけど、喧嘩して周りに知られるのが恥ずかしいって泣くシヨンに、ジェボクは何もできません。眠ったシヨンに、子役時代の王冠をくっつけてあげる位しか出来ないのね。
翌日。ジュボクはヤクザのバイクを壊しまくって、復讐です。当然、見つかってボコボコです。家に帰りづらいジェボク。やっぱり家に帰りづらいジュンアが、家の近くで待ってます。なんとなくおしゃべりする二人。ジュンアは、ピーターの形見のコインをジェボクに上げました。二人して、また働こう!って話しあったり、気持ちが通じ合ってるけど、二人は兄妹なんだよ~。って教えてあげたくなりますな。
ジュンアはシヨンの通っていた病院で働こうと、面接に行きました。ジェボクは窓ふきに戻ります。グクは、会社の後輩ヤンスクが始めたボディガード会社に、ギウンと一緒に勤める事に。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイルランド | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

アイルランド 1・2話

アイルランド DVD-BOX1 HDDに貯めまくっていたこのドラマ。昨日、チョナン・カンでヒョンビン見たし、ちょっと勇気づけられて、見始めましたよ~。
イ・ナヨンちゃんは好きです。個性的な衣装も似合ってる。だけど、キム・ミンジョンちゃんの口元が苦手なんですよねえ。あと、演技に媚びがある。ま、今度はそういう役だからいっか。
音楽は凄く良いと思う。セリフも印象的で、上手くエピソードに絡めながら、いいこと言わせてます。


1話 4つの魂

アイルランド人に養子に出されたイ・ジョンア(イ・ナヨン)はジョージア・ショーとして育てられる。ヒョンビン演じるボディガードか秘書のカン・グクと帰国の飛行機で出会いました。ジョンアはポロポロ泣いていて、自分を責めるように頭を窓に打ち付けて「私の顔は汚いの」って意味深なことを。パスポートの入ったカバンを亡くしたジョンア。グクが見つけて届けてあげるけど、愛想が悪い!
イ・ジェボク(キム・ミンジュン)は、AV撮影現場で女優のハン・シヨン(キム・ミンジョン)と出会います。ジェボクは母親が年取った男と再婚して、そこで一緒に暮らしてるけど、家庭ではみ出してしまってます。妹のジョンアを養子に出したことで、ジェボクはずっとお母さんと自分を責めていて、これが親子の溝になっている。
グクの社長に、卵を投げつける男発生。どうやら、グクの知り合いで、社長に恨みがあるみたいだ。
ジョンアの過去。兄ピーターの鞄を投げ捨てて、喧嘩になるジョンア。ジョンアは、恋人を含む数人の男が撃たれて死んでる所に、銃をもってたってる。ピーターのポケットから落ちたコイン。うーん、何があったのか?その後精神病院に一年いて、今も薬を服用中。精神安定のためなのか、編み物を趣味にしてる。
ジョンアとグク社長が泊ってるのは同じホテル。怪我してたのを見てたジョンアが、グクの手当をしてくれる。でも、子供の水鉄砲にジョンアが過剰反応。泣きながら仕返ししてしまいます。薬をなくしてパニックになってるジョンアを見て、「殺したんじゃなくて、助けられなかったんですよね。僕は弱い人に惹かれる。だから僕の腕につかまれば良い。救いたい。」って、グクめっちゃカッコイー。
シヨンは5人兄弟と両親で暮らしてる。貧しいながらもダラダラみんなでテレビ見たり、仲良しな家族。でも、AV女優のシヨンが養ってるのね。胸と目を整形したけど、子役時代の彼女を覚えてる人もいるんだね。ジェボクもその一人。しっかし、金がないからって、かつあげで彼女に食わせるのはどうなのよ?
横断歩道で、それぞれ分かれちゃったふた組。兄妹のジョンアとジェボクがとなりあってるシーンで終わり。小銭を落としたジェボクとそれを拾ったジョンア。髪の一部を白くしてるジョンアを見て、「雪が降ったの?」と聞くジェボク。

2話 過去の呪縛
ジェボクは、「妹も小麦粉で雪を被ってたなあ」って思いだしてます。
ジョンア、コンクリート塗りたてのところにハマっちゃったけど、記念よ!とか気楽だわ~。一緒に嵌ってくれたグクにほっぺチューです。ま、アイルランド人なら挨拶か?しかし、次の日グクが尋ねるとジョンアはホテルも退室して行方不明。
昼間から酒飲んで、夏なのにマフラーしてるジョンア。絡まれたら、なんと韓河に飛び込んだ。死ななかったけど、汚なくないのかね?都会の河なんて飛び込んだら、病気になりそうだ。
ピーターはIRAだって疑われて、両親とともに殺された。ジョンアは「私はアイルランド人ではない。関係ない」ということで助かった。お母さんは編み物をして、ピーターはハープを弾いて、お父さんは本を読む。そんな幸福な日常の崩壊。
ジェボクはシヨンの家に押しかけて住み着こうとしてます。家事は上手いジェボク。「あれはあの子の運命」というお母さんに、一緒にシヨンを癒してあげようよとか言いながら、小言も結構言ってます。義父の誕生日だからって、花と魚と炊飯器をとどけてやったり、優しいところのあるジェボク。なんか、上手くいかないのが寂しいねえ。
シヨンは、私が養ってあげるから、私の涙を受け止めてって、ジェボクを頼ってます。
グクの社長はホテル社長で、妾の子だから苦労したのね。今でも、兄に脅されている。面倒な人だけど、憎めない性格の社長。
仕事もぶっちしてジョンアを追いかけたグク。しかし、顔を見ても「薬を探しに来ただけ」って言われて、買ってあげた靴投げつけて帰ろうとする。でも、シヨンが靴を履いて「大きいよ」って文句いったので、靴を触ってみたグク。頭をなでられてしまいました。「僕の仕事はボディガードだから、あなたを守ってあげたい」とか、グクはかっこいいな。ジョンアが死ぬために編んだマフラーをくれて、「夏には暑すぎた。冬まで預かって」って言いました。少し元気になったかな?
なんと、グクが運転を変わってもらった車が、グクの目の前で爆発して、チョ部長が重症に。。社長はまだ乗ってなかったけど、社長を狙うにしても、派手すぎるわ。社長は、犯人は「イ・ジヨンの父で、卵をぶつけた男だ」というけど、グクは「それは間違いです。社長の兄が犯人だ」と。しかし、雇い主のいうことは聞かないとな。

一年後…。
シヨンとジェボクは未だに仲良く喧嘩中。喧嘩して捻挫したシヨンとジェボクは病院へ。
グクは栄養失調で入院中のジョンアを見舞います。こっちも、とても仲良しです。ジョンア、食事できなくて、退院したがらない。
病院で、ピーナッツをのどに詰まらせたジェボクを見て、ピーターの死亡シーンを思い出して、パニクって人工呼吸したジョンア。再びあった兄妹。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイルランド | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

フー・アー・ユー?

フー・アー・ユー ? DVD フー・アー・ユー ?

販売元:メディアファクトリー
発売日:2004/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


監督:チェ・ホ 原案:カン・スヒョン
脚本:キム・ウンジョン、チェ・ホ、オ・ヒョンニ
出演:チョ・スンウ、イ・ナヨン、チョ・インジ、イ・ジャンウォン 他
2002年 / 韓国

ストーリーは単純です。ネットコミュニティをリリースした若い経営者と、それに参加した彼女の間のかわいい恋愛。イ・ナヨン演じる女性の背景がとても彼女にマッチしています。チョ・スンウ君も、あいかわらず純真そうな子供みたいな表情を見せてくれてます。青春映画としては、良くできてるんじゃないの?俳優の魅力頼りの映画っていうか、若い俳優の魅力を切り取るための映画という印象。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

小さな恋のステップ

小さな恋のステップ DVD 小さな恋のステップ

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する


恋人から突然別れを切り出されたうえに、医者から余命3ヶ月と告げられたプロ野球の2軍選手のチソン(チョン・ジェヨン)。なじみの女バーテンダーイヨン(イ・ナヨン)。微笑ましくもかわいい純愛描写で贈るコミカルかつポップなラブ・コメディ。 2004年度韓国作品  出演者:チョン・ジェヨン、イ・ナヨン他

二人で見た映画、イヨンが片思いしてた時期のエピソード、チソンがやった大きな失敗のきっかけとなったカップル、泥棒さん。数々のエピソードが、なんとなく上手いこと絡み合って、奇妙なバランスをとっている映画です。不思議な浮遊感があります。ストーリーとか破たんしてると感じるんだけど、不思議と心地よい気分になりました。イ・ナヨンはつくづく柴咲コウちゃんに似てる。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT |