FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

エデンの東 1話出生の秘密

TBS公式
全56話もある長いドラマ。過去に取り換えられた二人の少年。そしてその兄という構図。復讐あり、権力闘争ありの大作。↓見てもらえばわかりますが、主演出来る役者さんがずらりと並んでます。韓国MBC公式サイトで相関図と設定見ただけでお腹いっぱい。
個人的には、噂のチル姫のハナムを演じたパク・ヘジン君が悪役に挑戦してるっていうのに期待してます。しかしTBSchの放送はかなりカットされてる模様です。


ソン・スンホン(イ・ドンチョル役:カジノ経営者の右腕でマフィア)
ヨン・ジョンフン(イ・ドンウク役:ドンチョル弟。実はテファンの息子)
イ・ダヘ(ミン・ヘリン役:大韓日報のミン会長の娘)
ハン・ジヘ(ジヒョン役 おさななじみファンジ駅長の孫)
パク・ヘジン(シン・ミョンフン役 ドンチョルの実弟だがテファン息子として育つ)
イ・ヨニ(クク・ヨンナン役 クク会長の娘

イ・ミスク(ヤン・チュニ役:ドンチョルの母)
チョン・ミソン(ジョンジャ役:ドンチョル父の愛人)
ユ・ドングン(クク会長役:カジノ経営者)
チョ・ミンギ(シン・テファン役 テソングループ後継者)
キム・ソンギョム(オ会長:テソングループ会長)
シン・ウンジョン(ミエ:看護士)


冒頭は現代のマカオ。
シン・テファン(チョ・ミンギ)を追い詰めてボコボコにするイ・ドンチョル(ソン・スンホン)。「お前だったのか・・・」と言うシン・テファンに、「久しぶりだな。父を殺した敵。殺す価値するない屑め。死ぬ前にお前が俺の父を殺した告白しろ」と言って殴り合い。「マカオのゴロツキが偉そうに」とテファン。ボコボコにしたけど、「真の勇敢な男は、いい人も悪い人も抱きしめるんだ」という父の言葉を思い出して、とどめを刺せなかった。警察だと言われて逃げようとしたところ、トレーラーにぶつかってしまった。

1961年炭鉱都市黄地(ファンジ)。
幼いイ・ドンチョルは、鉱員である父イ・ギチョル(イ・ジョンウォン)、母ヤン・チュニ(イ・ミスク)と貧しいながらもそこそこ幸せに暮らしていた。
黄池(ファンジ)駅で父を待つドンチョルを見つけて抱きしめてくれる父。ギチョルは全国の炭鉱労働組合を主導し鉱業所内で大きな影響力を持っている。ギチョルは「最後の機会だ。これ以上は悪くならない」と決起を決断した。

父はドンチョルに「男の方は世界を担ぐものなんだ」なんて語る男らしい男で、ドンチョルのあこがれ。でも、生活は母親のチュニの商売が支えてる状態。中には「鉱山で死んでくれれば、補償金で楽出来るのに」なんて悪口をポンポン話すような威勢の良い女。現在、妊娠中。

さらに、ギチョルは初恋の相手ジョンジャ(チョン・ミソン)が、ギチョルに会いたくて追いかけて来て、愛人になっている。夫が死んだ時の保険金をジョンジャに半分残すという遺書を書いたと聞いて、チュニはジョンジャを罵倒する。ジョンジャは「ただ、同じ空の下にいたいだけ」とか語る。しかし、ドンチョルは、ジョンジャになついちゃってるよ。

そのころ、教会で一心に懺悔する太白病院の看護士ユ・ミエ。「お腹の子を十字架として受け入れろ。敵を許し、愛せ」と神は語る。しかし、彼女は教会の外でさらわれてしまう。不倫相手でお腹の子の父親、シン・テファンの命令か。
目撃した神父がシン・テファンを訪れて「どこにいる・・・」と言うけど、そのころすでにお腹の子は取り出されて殺されていた。
鉱山を経営するテソングループに婿入りしてるシン・テファンの妻オ・ユニ(ナ・ヒョニ)は現在妊娠中だった。シン・テファンは鉱山の田舎くらしはうんざりだが、後継者になるには鉱山を知るのが必要で仕方ない。

シン・テファンは、鉱山での影響力が強いギチョルを疎ましく感じていた。ギチョルは。ドンチョルが育てた鳥をガス検知代わりに持って働きに出てる。
シャワーを浴びながら、炭鉱アリランを歌う炭鉱夫達。皆、肩が重荷のせいで黒く傷土てしまってる。そこに入ってきたテファンが、ギチョルの傷ついた肩を叩く。「鉱山夫の肩は勲章だ。触るな」とギチョル。「誰の陰で食えてる」と言うテファンに、「炭鉱夫の血と汗が所長を食わせてやっているんだ」とギチョル。テファンは転ばされて、シャワーをかけられてしまう。喧嘩になる。
ギチョルを倒したテファンだが、そこにドンチョルが入ってきて、テファンの足に噛みついた・・・。ドンチョルは「なぜ、父さんがあんな目に?」と涙する。「あの人が父さんを怖がってるからだ。心がとても弱くて、自分のことしか考えない弱虫だ。自分が怪我したくないから、他人に怪我させる。遠くのテベク山を見てごらん、真の勇敢な男はあの山を抱きしめるんだ。いい人も悪い人も抱きしめるんだ。」と父。

陣痛が始まり入院するドンチョルの母チュニ。口が悪くて「こんな生活ならいっそ死んで生まれてほしい」なんていうチュニだが、それを聞くミエ看護師の苦しみを考えるとなあ。意図せず傷つけちゃってる。ちょうど、そのころテファンの妻ユニも陣痛が始まる。二人とも、無事出産。

ミエ看護師がテファンを訪ねる。テファンは「金は渡した。消えろ」とミエを罵倒しまくり。「あなたは人間じゃない。殺人鬼。」とテファンをメスで切り付け殺そうとするが失敗し、「復讐してやる」と言い放ったミエ看護士。テファンの赤ん坊を殺そうとするが、出来なかった。そして、テファンの赤ん坊とドンチョルの弟をすりかえた。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| エデンの東 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

百万長者の初恋 백만장자의 첫사랑. 2006

百万長者の初恋 スタンダード版http://1000000.jp/
監督: キム・テギュン(オオカミの誘惑)
出演: ヒョンビン(ジェギョン役)、イ・ヨニ(ウヌァン役)
封切り: 2006. 2月 9日

べたべたの韓国メロドラマストーリーによるアイドル映画です。ヒョンビンの見慣れた「ダメダメ御曹司キャラ」も、高校生はチト無理があるか?って気がしますが、キャラクタにはハマってます。
しかし、この映画は美しい自然の中で輝くイ・ヨニちゃん(当時18歳)の可愛さを見る映画!私が、ヨニちゃん凄く好きなせい?
冒頭の、植物で爪を赤く染めるとかも、本当に素朴で美しくて、これ見ただけで満足できます。表情もクルクルかわるしサ。
お母さんに会いに行って、「息子の彼女?」って追い返されちゃうのとかも、ホント可哀想で。「ずっと恨んでた。大人になったら懲らしめてやると思ってたのに、私が病気になった。許してあげる。だから、私も許して。だって、もうすぐ天国に行くから」ってシーンは泣けました。

あらすじ↓
わがままで傲慢な財閥3世のジェギョン(ヒョンビン)。
日々ケンカと遊びに明け暮れ、18歳の誕生日に手に入る住民登録証のことだけを考えていた。そして、それを機に、彼は亡き祖父が遺した莫大な遺産を相続するはずだった。しかし、住民登録証が発行された翌日、突然読み上げられた祖父の遺言状には、“ある条件”が書かれていた。それは、ジェギョンが遺産を相続するには、都会から離れた田舎にあるポラム高校の卒業証書がなければいけないというものだった。さらに、もしも彼が自主退学をした場合、相続金は社会に還元されること、そして全ての権利を放棄した場合には、相続されるのは0.1%だけであることが告げられた…。
そこで、ポラム高校に通わずして遺産を全額手に入れるには、強制退学しかないと考えたジェギョンは、贅沢な暮らしをしていたソウルを離れ、学校があるカンウォンド(江原道)にしぶしぶ向かうことになった。登校初日、クラスで最も体格がいいミョンシク(イ・ハンソル)にケンカを売り、いきなり彼をブン殴るジェギョン。しかし、思い通りに退学にはならず、なぜかミョンシクの家の夕食に招かれ、もてなされてしまう。さらに、校長(チョン・ウク)に裏金を渡して強制退学を頼みこむが、逆に教育者としての信念が詰め込まれた教訓を聞かされる羽目に。結局、どんな過ちも許されてしまいそうな、美しい自然に囲まれたのどかな村でジェギョンに残された道は、ただ黙って高校に通うことだけだった…。
そんななか、ジェギョンは同じクラスの委員長であるウナン(ヨンヒ)のことが気になり始めていた。暇さえあればガソリンスタンドでのアルバイトでお金を貯め、卒業公演となるミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を計画する天真爛漫な彼女に対し、これまで心の扉を閉ざして生きてきたジェギョンが恋に落ちるのには、あまり時間はかからなかった。
孤児で、校長の経営する恩恵園で育ち、さらに心臓病を患ったウナン。「可愛そうという目で見られるのは慣れている」と笑う彼女。自らも両親が居ないジェギョンは、結局は彼女やクラスメートと一緒に恩恵園に通うように。
しかし、ウナンはドンドンと悪化して入院。俺が花になってやる!って、となりのベッドに入院しちゃうジェギョン。病名は知らないふりで、傍に居てあげる。いいやつだ。でも、怒っても泣いても、恋してドキドキしても危険だって・・・。

お母さんに別れの挨拶をしにいったウナン。今の家が奪われそうだからって、必死にバイトしてるウナン。恩恵園はジェギョンの会社の持ち物。家賃が払えないから、現在管理してる弁護士が追い出しにかかってる。「相続放棄したら追い出さない」とか言われちゃって、ジェギョンは混乱しつつ、相続放棄して恩恵園を買うことに。

ウナンは園長を説得して、ジェギョンと一緒に居たい・一緒に暮らすと言い出した。ジェギョンもそうしたいんだけど、医者が「恋愛はウナンのためにならない」というから、彼女を追い返しちゃう。
しかし、ウナンの描いたミュージカルの脚本で、何かを思い出したジェギョン。彼は、幼い日にここで過ごし、ウナンと友達だった。10日だけソウルに行くと言って、両親と事故にあって記憶をなくしてた。

初雪をみてから行きたい。あなたのくれた毛糸の靴下をはきたい。でも、間に合わないというウナン。(く~カワイイ!!)結局、一緒に暮らし始める二人。
誕生日まで待てなくてって、誕生日会をしてあげるジェギョン。お薬だって、薬みたいにした小さい巻物に、ウナンへの愛の言葉が書いてある。ウナンが「一日一つじゃ読み切れない気がする」って沢山呼んでボロボロ泣いちゃうんだ。綺麗なシーンだった。
ミュージカルの日。相手役は俺だって交代するジェギョン。毛糸の靴下を履かせてあげて、舞台へ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ある素敵な日 1・2話

前に途中で挫折したんだけど、またWOWOWでやってたので、もう一度見直しました。 感想は、前の奴と変わらないかなあってことで、転載。

1話兄と妹
オーストラリアで偽装結婚してるチンピラ&下働き労働者ソ・ゴン(コン・ユ)。養父とその娘ヒョギと暮らしてる。ヒョジュはゴンが好きだけど、ゴンは妹としか思ってないみたい。ヒョジュは心臓病で手術代が必要で、そのためにデカイ山の金を奪い取ったけど、海に落としちゃった。当然、ギャングに捕まって、父とヒョジュに助けられる始末。
ゴンの実の妹ハヌルは、両親を亡くした後に離れ離れ、今は財閥の家に引き取られてる。。今は高校生(家が貧乏で年休学したので、年齢はもっと上)って嘘ついて、水族館にアルバイト。でも、水族館のチーフにはすぐばれちゃいました。どうも、死んだヘウォンという女の子の身代わりとして育てられているようで、母はへウォンと呼び続け、溺愛してます。裕福だけど、辛いみたいですね。
二人の境遇を書きつつ。最後に、ゴンの妹が見つかった!ってところで終了です。
ところで、コン・ユ君って声が見た目と違いすぎない?スカスカで苦手な声だ。芯がないんだよねえ。もうちょっとウェットだと、好きなんだけどさ。顔はカッコ良いと思うのに、惜しい!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ある素敵な日 | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン) Disc1(1-3話)

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 1 チュモンが面白かったので(前半だけでレンタル待ちだけど)、レンタルで見始めました。が、全51話。先は長い。
しかし、話の展開は早いです。まずは少年時代からですが、グンボクをやってる少年が、なかなか表情が良いです。ちっとアイドルちっくな表情の作り方だけど。

Disc1(1-3話)
派手な戦闘シーン。見ごたえあるなあ。砂漠でってのが面白いねえ。

チョンへ(清海)で船大工の奴隷として生きるグンボク。海賊に街が襲われて、お母さんを目の前で失ったのね。そして弟分ヨンと役人の息子スンジョン。蔑まれ、殴られ続ける日々に絶望し、

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |