FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

≫ EDIT

シングルス

シングルス [DVD]シングルス [DVD]
(2005/07/22)
チャン・ジニョンオム・ジョンファ

商品詳細を見る


「29歳のクリスマス」のリメイク作品。山口智子の役にナナン(チャン・ジニョン)。松下由樹の役にトンミ(オム・ジョンファ)。柳葉敏郎役にジュン(イ・ボムス)。

2003年公開だから、7年前?イ・ボムスが若いっていうか髪が長いから違って見えるのかな~。眼鏡も似合ってます。チャン・ジニョンさん(昨年、若くしてがんで亡くなられました)がは山口智子さんにちょっと似てますよね。元気で明るくて、煙草も悪口も苦手な優等生タイプがハマってます。妄想シーン(韓国映画・ドラマでは多い)では結構すごいことも出来ちゃうんだけどねえ。一方のオム・ジョンファさんは、見るからに自己主張の強い女性。でも、彼女が演じるとどこか純粋な、女性らしさが見え隠れして、可愛げのある女性になると思います。
29歳という微妙な年頃。原作がしっかりしてるので、破たんも少なく気持ちよく見れました。ドラマより時間が短いけど、上手くまとめてあると想います。
韓国では、年齢を数えで言う風習が残っていて、早生まれ以外の同級生は、新年に同時に年をとるんですよね。だから、新年をラストシーンにしてるのは、とっても良いなと思いました。


【出演】 チャン・ジニョン, オム・ジョンファ, イ・ボムス
【監督】 クォン・チリン
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

最後は、すこし蛇足だったかな~。でも、可愛らしい二人らしいラストだったと思います。オリジナルを生かしつつ、チ・ジニさんの持つ愛嬌をいかした作りになっていたのではないでしょうか???



ジェヒはムンジョンを自宅に迎え入れましたが、やはり「家に他人が居る」ってのが辛いみたい。また、ムンジュンは割とアバウトな生活様式なので、一々イライラしてしまうジェヒ。
ムンジュンの方も変に緊張してしまって落ち着きません。で、ムンジュンは自分からキスして、「チョ・ジェヒ氏、最終警告です!私を追い出すか、互いに受け入れようと努力するか!」
ムンジュンが積極的に出た結果、やっと一夜を過ごしました。

一緒に生活していく中で、少しづつムンジュンとの妥協点を探していったジェヒ。子供のときには家族と暮らしてたんだから、「出来ないことはない」ハズなんだよね。
ムンジュンの方も、何でも合わせようとしないで「隣にいるけど違うことをする」という方法で、自分なりのリラックス法を見つけたみたい。

「ムンジョンのためなら妥協することもできる」そう思ったジェヒは、二人が一緒に暮らす家を設計してみます。出来た・・・。
ジェヒは、彼女を家の建設予定地に連れて行ってプロポーズ。大感激のムンジュンですが「子供部屋は??」という質問から、「え?子供は作る気ないけど??」なジェヒ。
ムンジュンは、「自分のことだけ考えて恋愛だけする」と思ってきたけど、本当は「自分が愛してるジェヒ」だけじゃなくて、「自分を愛して心配してくれる父親」のことも気になってるんだよね。だから、「子供を産みたい」という気持ちがある。
このエピは、優しいヒョングに「君が好きなジェヒのことだけじゃなくて、君を好きな人のことを大事にして」と言われて、ヒョングに感謝するだけでなく、ムンジュンとの仲を元に戻そうとするユジンのことと、上手くリンクしてたなと思います。

ムンジュンは、結局はジェヒに振り回されるのは限界だとばかりに、ジェヒの出張中に病院も止めて家も引っ越して消えてしまいます。
戻ってきたジェヒ。家に残ってたのは、ムンジュンが「一つのものを盗みました。なんだか分からないってことは必要のないものだから良いでしょ」といって、写真を一枚ぬいていったアルバム。その写真は、いつもいつも一人でいた子ども時代のジェヒの写真。「ジェヒ氏の孤独さを私が盗みます。これから孤独なことはないでしょう?」と書いたムンジョンのメッセージがアルバムに残っていた。

ジェヒは必死にムンジュンを探します。ようやくムンジョンを探し出したジェヒ。また、彼女の診察を受けに行きます・・・。「胸が痛い」だって・・・。ムンジュンも涙を流して・・・。子供のことはやっぱり完全には解決できてないけど、言い合いする二人が何時もの二人で、めでたしめでたしって感じでした。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 結婚できない男(韓国版) | 18:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

結婚できない男(韓国版) 1話

結婚できない男(결혼 못하는 남자) 2009年 全16話

オリジナルの日本ドラマが好きだったので、ちょっと二の足踏んでたんだけど、チ・ジニさんもオム・ジョンファさんも好きなので、見始めました。
空気を楽しむドラマだから、リメイクで上手く行くかな~と思うのですが・・・。

KBSWORLD
出演 チ・ジニ オム・ジョンファ キム・ソウン ユ・アイン ヤン・ジョンア
脚本:ヨ・ジナ
演出:キム・ジョンギュ

【あらすじ】 40歳独身で気難しい完璧主義者の建築家チョ・ジェヒ(チ・ジニ)の隣に明るく活発な娘チョン・ユジン(キム・ソウン)が引っ越してくる。だが、防音問題でぶつかる2人。我慢できずユジンがジェヒの家に行くと、丁度腹痛で苦しむジェヒを発見!救急車を呼ぶ。
病院で彼の応急処置をしたのは独身内科医チャン・ムンジョン(オム・ジョンファ)。
簡単な検査さえも拒否して逃げてしまったジェヒがまた運ばれてくる。40歳の誕生日の日、ジェヒは女医ムンジョンに肛門検査を受け恥辱の涙を流すのだが…

★ チョ・ジェヒ役:チ・ジニ
40歳独身、独立して事務所を運営する建築家プロ意識を持ち几帳面に仕事をするタイプだが、性格がひねくれていて相手を皮肉るのが好きだ。自分の作品の世界を信じており、確固とした美意識もあるため周囲に口出しされるのが嫌だ。問題は彼の仕事が家づくりということ。自分のお金で自分の家を建てるのに、何かと口出しされ文句を言われながら我慢できるクライアントがいるはずがない。悔しくて涙を流すクライアントも少なくないという噂だ。一言で口が悪い彼には、相手に理性を失わせる妙な才能がある。カッとするタイプだからといって周囲にきついことを言うわけではない。良く聞いてみると彼の言い分は間違ってはいないが言わなくてもいい事を平気で言ってしまうのが問題だ。自分だけのカプセルに閉じこみ、どこに行ってもまじわらず一人で楽しむ人間。一方通行の会話方式。待ち客が沢山いる焼肉屋で6人用テーブルを独り占めし平然としながら食事を楽しめる周囲への関心が全くないスタイル。豊富な知識を自慢して楽しむ彼は、自分のユーモア、そのあふれ出る才能に感嘆し自ら満足している。学生時代間違えなく仲間外れの対象だった彼だが、自分は仲間外れにされていることに気づかないくらい、驚くほどに周囲に関心がない男。


1話独身で居て何が悪い
基本的な設定は同じですね。キャラクタもプロットも同じ。お隣さんやワンコも登場しますし、建築事務所のメンバー構成も一緒。高島姐さんの付録出演としか思えないブログ男もいますよ~。1話あらすじは、上に書いている感じです。

しかし、マンションの窓越しに垣間見える「色んな家庭」はやっぱり韓国を反映してます。結婚することが重要視される(その割りに離婚が多いけど)韓国ならではの味が出てくるかもしれません。オンマ!ですね。韓国のオンマは強烈だからな~。
それと「ケンチャナ」が基本の韓国での「神経質」ってのは、私が見ると「別に普通」だったりする可能性もあるかなあ。でも、ケンチャナな周囲の中で几帳面さを貫くのは面白いかも・・・。

チ・ジニさんはにじみ出る人の良さが、偏屈ってのに似合わないのでギャップの面白さはイマイチだけど、可愛い中年にはなってると思います。少年っぽい顔をしてるので、子供のままって感じが出てるし、笑いは取れてます。あと、痔が「チ・ジニ」にかけられてるシーンがあったみたいですね~。ちょっと笑ってしまった。あと、パーティでクライアントの超悪趣味な服着てるのも、似あわなすぎ。何でも着こなす阿部ちゃんとは違う方向で笑いがとれそうです。

オム・ジョンファさんは、かわいい中年女を演じたら上手い人なので、期待。今度も、やわらかさを前面に出して、魅力的な女医さんを演じてます。いつもより、ケバさは落として頑張ってます。
ネットで知り合った子が「友達になろう。私16歳」とかって感じで、ショックなのとか笑えた。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 結婚できない男(韓国版) | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

彼女がラブハンター DVD-BOX II面白かったです~。オム・ジョンファさんは、やっぱ企画を見る目があるんかな?12月の熱帯夜も設定だけ聞くと、「うーん。どうなの?」って感じだけど、エラク泣けたもんな~。
スジョンは酷い女なんだけど、「酷いだけじゃない」っていうのが言い訳がましくなく伝わってきて、良かったです。家族たちを支える大黒柱って設定が、リアルに数年前まで脛かじりだったオム・テウン(オム・ジョンファさんの弟・俳優)を知ってると、「苦労したのね~」とシミジミしちまいましたが・・・。
オ・ジホさんは、濃い顔がスジョンの前で子供みたいになる瞬間が良かったです。
BSなのでカットバージョンだと思うけど、ラブコメは割とカットでも面白い。どうしても間延びするシーンが減ったりするからかな?


「すれ違って後悔するのは終わりにしたい」というマンスに、「試合に出て優勝して!私は最高のものじゃないと嫌。最高のもののためなら苦労しても構わない。待っただけの価値のある男じゃなきゃイラナイ」っていうスジョン。もうマンスもこれがスジョンの愛だって分かるよね。気合い入れて大会へ。

前金なしで、通販用の1000点の商品を準備してもらたスジョン。しかし、デスンが「他店が安くて良いデザインを持って来て、やはり無理」と言ってきた。「わざとでしょ。卑怯ね!」ってつい大声が出ちゃうスジョン。デスンが都合の良い言い方で説明するもんだから、スジョンがコネを使って無理に売りこんでると会社の人も勘違いして、放り出されちゃった。
性格悪~なデスンに怒り心頭の店のスタッフ。スジョンは責任を感じて、損害が出ないように対策した後に止めるとダニエルに連絡。ダニエルが「僕が社長じゃなくて、出資者は別にいるので、会ってほしい」と・・・。で、やってきたのはマンス。マンスが助けてたと知ってオットケーなスジョンだけど、仕事人の顔に戻って冷静に報告。でも、「また裏で騙してたなんて!あんたに頼らないってタンカ切ったのにさぞ笑えたでしょ」なスジョンです。マンスは「僕こそ、君あっての人生。君を信じて店を買った(実際、黒字になってるしな)。絶対優勝するから、僕を信じて・・・」と静かに訴える。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼女がラブハンター | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

彼女がラブハンター1話

彼女がラブハンター DVD-BOX I彼女がラブハンター DVD-BOX I
(2008/07/02)
出演:オム・ジョンファ オ・ジホ
演出 :パク・ヒョンギ
脚本 :パク・ヘリョン2007 韓国・SBS

商品詳細を見る


オ・ジホ君の凄いデブ特殊メイク凄い~。オム・テウンの姉ちゃんっていうか、セクシー・アイコンとして歌手として活躍するオム・ジョンファさん。彼女は、テウンさんと違って、頭が良い人なんだろうな~って思います。自分に求められるのは何か?ってのをよく分かってる人という印象。と同時に、清純ではないけど、凄く素直な演技をする人なので、こういうぶっちゃけキャラはハマってます。

というわけで、一話。実はBSのが録画されてなくて、ネットで見てきました。字幕がないんで、イマイチ分からないけど、シンプルなラブコメなので、笑えるところはシッカリ笑えました。


≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼女がラブハンター | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

情愛

出演: オム・ジョンファ, カム・ウソン #監督: ユ・ハ
原題は「結婚は狂気の沙汰」結婚に希望を持たない大学の非常勤講師ジョニョンと、結婚したいが、結婚には縛られないヨニ。結婚したジョニョンの弟妹、親友のエピソードも上手く絡められている。
なぜヨニは結婚したがるのか?そしてジュニョンはしないのか?
ヨニが残そうとする写真、他の男と結婚後もままごとのような新婚さんごっこをジュニヨンとしたがること。縛られないはずだったのに、彼女が結婚してしまったことで、彼女に取り残される不安に縛られ始める男。

カム・ウソンの声が思考をぐるぐるとしながらも、瞬間に流されていく男にぴったりとマッチ。音楽、映像もしっとりとしており、いわゆる韓国映画にありがちな興奮は一切なく、けだるく流れていく時間。しかし、そこには確実に互いを愛し、幸せを共有した時間がある。

不思議な余韻を残して終わる作品です。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

12月の熱帯夜 17(最終)話

12月の熱帯夜 DVD-BOX 2 一話むりやり伸ばしたのかな?ちょっと短かったですね。案外あっさりしてるなと思ったら、最後の日記で涙がドバーっと出てしまいました。


姑は、家事に翻弄されてます。それでも、ヨンシムのありがたさを素直には感じないのが、この人らしい。ジファンは「家を出る。ヨンシムと結婚する時と同じように、今度も母さんは認めてくれると信じている。彼女を胸が痛いほど愛している」と宣言です。
ジョンウとムジュへ旅に出たヨンシム。暗くなりがちなジョンウに「どれだけバカっぽいこと出来るか競争よ!」って言ったり、明るく振舞います。でも、ジョンウは運転も大変なので、ヨンシムが交代したけど、運転下手すぎ。これで小言言われたりしているうちに、元気が出てきたジョンウ。こうやって遠慮しないでなんでも言えるってのが、病気も忘れて楽しく過ごせるってことなのかな

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 12月の熱帯夜 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |