FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

快刀ホン・ギルドン 24(最終)話

快刀ホン・ギルドン BOX-I [DVD]快刀ホン・ギルドン BOX-I [DVD]
(2009/09/02)
カン・ジファンソン・ユリ

商品詳細を見る

終わりました。
ギルドンにあんまり共感できなかったな~。
「理想の世」ってのが絵空事すぎる上に、ギルドンは「平等な世はない」とたびたび口にしている。実際に、彼の作った根城も、平等ではないよね。ギルドンと言うリーダーが突出した力を持っていて、王となっている。それに、両班のウネは受け入れないなどの、差別が存在しているわけで・・・。
理想の国はないといいながら、理想じゃない世は壊すという手段をとるというんじゃ、それは常に破壊者でいるということ。だから、破滅への道を歩むわけで、当然の結末だったんじゃないかな~。
若いならまだしも、演じるのがソコソコの年のカン・ジファン君なので、「いつまで子供みたいなこと言ってんだか・・・」って気持ちになってしまった。彼は好きだし、コメディ色にはあってたと思うけどね。

チャンフィが王として格闘しているのに、「理想の世を作ろうとする歩みを止めてしまった」とか批判してるけど、あんたこそ持続しない勝手なことだけやって投げ出したじゃん!!って気もしたし、「俺は弱者のための戦う」とか自分で言っちゃうのもえ??って感じがした。
世の中変えるなんて簡単じゃない。それを辛抱できないなら、王子を担いだりすんなよ!!ギルドンも「王子」っという地位を利用した一人のくせに!って思うんだよね。

ギルドンは「村」を作ったり「党」という派閥を作って、「自由を制限することになる社会組織」を作るから、王と実は変わらないんですよね。「完ぺきな自由」を求めての破壊者・風来坊として描いた方が、共感はしやすかったかもしれない。

ソン・ユリちゃんは、可愛かったね~。グンソク君も頑張っていたと思います。



イノクは、ギルドンとチャンフィの道が別れてしまったことが理解できない。「たた、ギルドンが心配だ」といって飛び出していく。


「俺たちが望む 世界の始まりは 王でなくこの場所だ。ここを守ろう」と、ギルドンは、活貧党のメンバーにいって、官軍と戦い始める。

そこにイノクがやってうる。チャンフィは一時攻撃を中断。
イノクの説得に「あいつは、自分の世界を守るために俺を攻撃している。俺はその世界を変えるために戦う。あいつは立ち止まったが、俺たちは立ち止まれない」とギルドンは闘うことを宣言。
そして、「闘いを辞める方法が書いてある」と書状をもたせてイノクをチャンフィの所に送ります。でも、その手紙は白紙。つまり、戦いを止める方法はない。イノクは巻き込みたいくないから、返すという意味。


その休戦中にウネがギルドンを訪ねます。「あなたを殺せば私も自由になれると思った。でも、それではダメだ。あなたを手離すから、ココから旅立って自由になってくれ」という。彼女にとって、ギルドンは「自由」の象徴なんだろうね。でも、ギルドンは「この世界は俺たちの国だ」といって、ココに残るという。ギルドン本人は「自分が好きに生きられ、かつ自分を組織の一部として受け入れてくれる”不自由な世界”」を選んだんだね。だから、「ウネの憧れの人」とギルドンの実情はかなり違う。

帰りたがるイノクを惹きとめるチャンフィ。残酷だというチャンフィに、「守りたいもののために、残酷になるのは王さまも同じよ。この国を守るためにギルドンを攻撃する。それなら、私は守りたいギルドンのため、王様の心に剣をふるいます。私が選んだのはギルドンがいる世」と、イノク。
人であることを捨てなければならないのがチャンフィの立場。情に流されては「本当の弱者」を守ることは出来ないからね。

チャンフィはイノクを手離すことで「ギルドンの世」をある意味では認めている。それが出来るチャンフィは、ただの無謀な王ではないんだよね。

イノクは「私の知ってるいい若君が壊れていくわ。守ってあげて。ノ尚宮にも知らせて。私はここでギルドンを守ると。」と、お付きの人に言い残してたけど、別にチャンフィは壊れてないと思うけどね~。

チャンフィは「最後の夢を見させてやりたい」と、春まで攻撃の手をゆるめます。そこで、イノクとギルドンは幸せに過ごします。

最後に会いに来るチャンフィ。「私は決して お前を裏切ったと思わない。お前のことは忘れない」という。ギルドンは「民を恐れよ。俺たちが描いた夢を忘れるな」と言う。その夢を短くても良いから強烈に描くことが、ギルドンが選んだ道なんだね。短くしか続かない世だし、少数の人しか救えない方法だけど、その夢が人の心に残れば良いと思ってるのかな。
それを伝える次代のものとしてコムと和尚を外に出します。

そして、根城陥落。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 快刀ホン・ギルドン | 17:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

快刀ホン・ギルドン 1話

快刀ホン・ギルドン BOX-I [DVD]快刀ホン・ギルドン BOX-I [DVD]
(2009/09/02)
カン・ジファンソン・ユリ

商品詳細を見る

KBSWORLD公式
KBS(韓国)公式サイト

全24話
カン・ジファン ソン・ユリ チャン・グンソク
【演出】イ・ジョンソプ
【脚本】ホン・ミラン、ホン・ジョンウン
【あらすじ】庶子に生まれてあらゆる虐待と蔑視を受けながら育ったホン・ギルドン(カン・ジファン)は、気がつくといつの間にか町のならず者になっていた。胸の中にたまった鬱憤を晴らそうと遂に清に発つ決心をする。大志を抱いて朝鮮に帰ってきたチャンフィ(チャン・グンソク)は、船内でイノク(ソン・ユリ)と最悪の出会いをする。
一方、清から運んできた秘伝の薬で一山当てようと夢見て帰ってきたイノクは、予想外の危機に瀕し、偶然拾った皇室かんざしにより、ホン・ギルドンと共に見覚えのない連中に追い回されるのだが・・・
【出演】
★ホン・ギルドン役(カン・ジファン)時代は朝鮮王朝初期の世宗大王の治世下。名門権勢家・洪大臣の庶子として生まれたホン・ギルドンは、当時の厳しい身分制度のために、卑しい召使であった生母と同じ身分扱いを受け、父親を父と呼ぶことも許されなかった。幼い頃から文武両道に優れた才能を見せたが、父親のような官僚や武官になる道さえ閉ざされていた。不平等な身分制度に反感を持ち、権力を乱用して庶民を搾取する汚い官吏たちを懲らしめるために、全国至る所に神出鬼没の義賊となるのだが・・・
★ホ・イノク役(ソン・ユリ)本来の身分はチョン兵曹判書リュ・グンチャン大監の一人娘。自分の身分や過去を知らないまま、医者で詐欺師のホ老人の孫娘として自由奔放に生きてきた。いつも男装をしている。男物の服が気楽だという理由で、おじいさんの綿入れズボンや上着を拾って着ている。一つのことに夢中になると他のことが見えなくなる単純な性格で少し間が抜けているが、さっぱりした気性で白黒をはっきりさせたがる。イノクと出会ったホン・ギルドンとチャンフィは彼女の純粋さに癒される。
★イ・チャンフィ役(チャン・グンソク)先王の唯一の嫡子の大君。すでに跡継ぎの座にいたチェ淑嬪の子の兄グァンフィが王位にあがり、7才で殺されそうになる。しかし大妃である母が自ら犠牲となり、火の中から忠僕のノ商宮と彼を助け出す。朝廷を始め、体外的には彼は死んだ王子だ。ノ商宮と共にヨンムンという客主を中心に再起を狙いながら生きていく。いつも復讐のチャンスを狙っている人物。

ホン・ギルドンは、韓国では有名な話らしいので、話をしってる前提で作られてるのかな~ってことで、wikiってみました。
ウィキペディアのホン・ギルドンのページ


1話

いきなり、ヒップホップダンスで、現代アレンジ時代劇ってのを感じます。そこに、盗賊が・・・。ギルドンも登場。あくまでお気楽な感じってのが、カン・ジファン君に似合ってますね。

数年前。
娼館で目を覚ますギルドンは、女、博打と遊び人。漢陽・ホン判書の妾で使用人チュンソムの子。町の人にも恐れられる迷惑もの。正妻の子であるイニョンの科拳の前で、実家では法事の準備中。…食事をつまみ食いするギルドン。しかし、「何も出来ない身分。何もするな!」といわれた思い出が・・・。息子ではなく、奴婢が生んだ下僕だという父。

清国から朝鮮に戻ってきたイノクとハラボジ。船でチャンフィに会います。チャンフィは火事のなか大妃である母を残して、ノ尚官につれられて逃げた。母の形見のかんざしを握りしめる。しんだことになっていた王子だが、3年ぶりに朝鮮に戻ってきた。荒れ果てた故国。「事実をこの世に知らしめてやる。弟を殺そうとしてまで守った王座なのに、何をしておられるのか、兄上。」と、チャンフィ。

ギルドンの師匠は、生活が苦しくて泥う棒をして首を吊られた罪人を弔っている。「貧しさと飢えにより、民の嘆きは頂点に達した。今は乱世だ。乱世には、不世出の英雄があらわれる。」とギルドンを焚きつけてる。

イノクがチャイナ服を着て「誰でも私に勝てば、夫として迎え、我が家の秘法を伝授しましょう。」と言って客寄せするのを見かけます。強いイノク。だけど、清の言葉を習いたいギルドンが挑戦!見事にギルドン勝利!「夫になったんだ~」と迫るギルドンに焦るイノク。(ユリちゃんは、こういう訳が似合ってるね。美人だから、はじけても下品になりすぎないし、可愛く見える)ギルドンに事情を説明して、言葉を教える代わりに薬を売るように頼む。でも、暴力で売りつけようとするギルドンに「それじゃ、先の商売ができなくなる~」なイノク。

そのイノクは、町でチャンフィにぶつかって、彼が落とした簪を拾います。

ギルドン、父・ホン判書の屋敷に戻る。父のキセルに火をつける。「私ににて両手ききだな。」と、いわれるギルドン「だんな様」と、答える。「父上」と、呼んでる自分を想像、「未練があるのか」と、自問自答しつつ、清へいく決意のギルドン。

娼館に入るチャンフィと部下のチス。イノクが自分の簪をつけているのをみてビックリ。
ちょうどその時、イノクはイニョンにぶつかり、絡まれてしまう。「ヤツらの手に渡れば、面倒なことになる。取り返さねば。いざとなれば皆、殺す。」と、かんざしを取り戻そうとするチャンフィ。そこへ現れたギルドン、イノクの手をとり逃げる!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 快刀ホン・ギルドン | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花よりも美しく1・2話

花よりも美しく DVD-BOX1花よりも美しく DVD-BOX1
(2008/07/09)
キム・ミョンミンコ・ドゥシム

商品詳細を見る

コリタメ公式
脚本、ノ・ヒギョン(グッバイソロ)で、優しい話って感じです。
【登場人物】
コ・ドゥシム(イ・ヨンジャ役)早くに両親を亡くし、無学だが気持ちだけはピュアな女性。彼女を知る人は、その純粋さが心を和ませるという。兄の紹介で口減らし同然に結婚。彼の子供を産み、仲睦まじく暮らしたいと願うが、その夢は結婚とともにはかなく破れる。妻を家政婦程度にしか思わない夫は、自分の母親が亡くなると、さっさと家を出て女のもとに。
ペ・ジョンオク(キム・ミオク役)ヨンジャの娘。大型スーパーの魚屋で働いている。3年間別居した夫とようやく離婚し母と暮らす。母親を苦労させる父を恨む。純粋さだけが取柄の母には経済力がなく、高校生の頃から家計が重くのしかかっていた。食堂のアルバイト、新聞配達などで働き、大学も途中で諦めざるを得なかった。家族の犠牲になるしかなかった自分とは対照的に、奔放に暮らす妹のミスとケンカを繰り返す。
ハン・ゴウン(キム・ミス役)ミオクの妹。チャントゥ社のキャピタリスト(投資審査役)。理性的で几帳面な性格。大学在学中は奨学金を受け、ミオクが反対する留学も経験し、有名なシカゴ社で認められる。すべてが順調で、自分に出来ないことはないと思い込んでいたが、人生が平坦な道のりではないことを、恋愛を通して学んでいく。家庭のある男を好きなった自分を責め、時には腹を立てて、傷つきながら成長していく。
★キム・フンス(キム・ジェス役)クラブの客引きでその日暮らしをする問題児。母を恋人の用に慕う家族思いの末っ子。亡くなった兄を殺した犯人を探すことに固執している
カン・ジファン(キム・ジェシク)一家の大黒柱として頼られる存在だったが、クラブで起きた不慮の事故で命を落とす。チャン・インチョルとは親友だった。
チュ・ヒョン(キム・ドゥチル役)男気だけを頼りに威張っていたが、年を取るごとに過去を振りかえり後悔する。妻のヨンジャに申し訳なく思いながらも、もう少し可愛げがあれば他の女と暮らすこともなく、子供たちにも軽蔑されずにすんだのだと、自分には甘い。チャンヒが生んだジェゴンという子を戸籍に載せることに反対され、ヨンジャに八つ当たりする。
パク・サンミョン(パク・ヨンミン役)地方出身で、貧しい家庭で育った長男。大学で教育心理学の講師をしている。消極的で恥ずかしがり屋。ミオクの叔父の後輩で、叔父の家に下宿している。ミオクに想いを寄せる。周囲からはバツイチなどとんでもないと反対される。
キム・ミョンミン(チャン・インチョル役)個人投資家。資産家の家庭で育つ。世間には"親の七光り"と見られがちだが、実力があり、業界ではその手腕を認められている。浮気性の父親が2度、3度と再婚を繰り返すのを見て、愛とは価値のないものだと達観していたが、親の勧めで結婚した妻を狂おしいほど愛してしまう。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花よりも美しく | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

90日、愛する時間

ユン・ヒソクさんに興味が出て、これも録画してあったのを一気に見た。カットされたBS放送を見ました。前からカテゴリだけ作ってみる気だったのに、飛ばし見してしまってレビュー挫折してたんですよ。各話ごとのレビューはしませんが、全体を通して見ての感想を・・・。

これ、日本でドラマ化された「恋文」も見てるけど、やっぱり前提の「家庭を置いて初恋の人と余命を過ごす」っていう設定に説得力を持たせるのが大変なんですよねえ。
余命90日という期限、そして韓国ドラマが大好きな初恋、さらに過去の罪と重ね合わせてありますが、逆にそれで説得力を感じなくなった原因かもしれません。
初恋にこだわるのはなぜなのか?って部分には、単純に「最も愛した人だから」とは別の心理があると思うんですよね。そこら辺をもっとガッツリ掘り下げてたら、もっとグンと面白くなったんだろうなあと思います。個人的に、韓国ドラマにおける初恋至上主義は本当に疑問なんですよ。作っている側にはあまりそういう部分に疑問がなくて「当たり前」的になってる気がします。その当たり前のことを、「なぜ、初恋にこだわるのか?」って部分を、心理的に掘り下げる作品が見てみたいなあと思います。

注目のユン・ヒソクさんは、明るく優しく優秀な夫。妻が過去の傷を持っていて、忘れられない人がいることも分かっていて、いつか自分を見てくれると思って待ってきた。それが、突然のことで、妻が奪われるという経験を・・・。妻は「傷をなめ合う兄妹の様な相手。あの人がいたからあなたを愛した」というけれど、どんどんと妻は自分から去っていく。アイツが死ねばと願ってしまったり、妻のために同僚を傷つけてしまったり、悪い部分が出てきてボロボロに。それでも、妻に譲歩し続け、待ち続ける。彼もまた、「凍った世界を幸せにしてくれた初恋」にこだわってる。でも、彼はまだ初恋を終わらせてないからねえ。一度は終わらせてたくせに、死ぬときになって「終わらせてはなかった。中断してただけだ。死ぬ前に終わらせたい」ってのは、やっぱりかなり無茶。これは、凄いエゴなので、奇麗に描こうとしてはダメなんだと思います。どこまで「汚くかけるか」って意味では、ドラマ向きじゃないんじゃないかなあと思います。

こういう愛の形を追及するドラマにおいては、「愛」「愛してる」という言葉を使わない方が、「本当の愛とは何だろうか?」という問いかけになる気がします。個人的には、主役カップルが愛しているのは、過去の自分でしかないと思う。
ただ、選択として「愛ではなくても、過去を選ぶ」ことがあるのは分かる。そして、追体験することで過去への執着を捨てて行くってことがあるのは分かる。そうすることが必要だと思うから、傷つきながら待とうという夫の気持ちも分からなくはない。
自分の過去を癒せるのは、過去の住人しかいない。だから、夫を捨てて過去をやり直す。ならば、このドラマが終わった後、この件で傷ついた「夫の過去の90日間」を癒せるのは、傷つけた本人しかいないのだから、夫が傷を癒すために過去を生きなおすことにも、最後まで付き合ってあげてほしいなあと思います。
「愛するということは傷つけあうこと。傷という痕跡を残すこと。」というのであれば、この90日間、もっとも傷つけた=愛したのは伴侶なんだしなあ。
傷を癒していく中で、もう一度、愛するということの意味を問い直してほしいなと感じます。本当は、「死後」をもっと丁寧に書いて欲しかったけど、これはあくまでも主役二人の愛を至上のものとして描いて、途中で「結婚相手への愛はまったくない」みたいに見えてしまったのが失敗だった気がします。

カン・ジファン君は熱演してましたね。苦手なキム・ハヌルさんも、この作品では奇麗に撮ってもらってると思います。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 90日~愛する時間 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

京城スキャンダル 15・16(最終)話

京城スキャンダル DVD-BOX1途中から衛星劇場に乗り換えて、一日2話だったので、後半は一気に見てしまいました。ちょっと勿体なかった。もっと長いこと楽しみたかった!!カン・ジファン君の明るいキャラクタ、カッコつけてもちょっと笑いを誘う感じが、上手くドラマにハマっていたんじゃないでしょうか?革命というイデオロギーの問題になってしまう部分を「愛のためなんだ」と置き換えるって部分で、彼の明るさはかなり貢献してたと思います。
ま、色々と???な部分がなかったわけではないですが・・・。

15話あなたは生きて きっと…

ワンをボコボコにするガング。イデオロギーとか関係なく、裕福な家庭に育ち、他人を国を食い物にするだけ遊蕩家のワンが許せないというガング。「ウリアボニ(お兄ちゃん)やめて、死んじゃう。目を覚まして、その人を痛めつけても恨みは晴れないでしょう?賢くて優しくて誠実な人だったのに・・・。」と思わず語ったヨギョン。

イ・ガングがヨギョンを連れ去ったとソンジュから通報を受けたスヒョン。山下は、「ガングとスヒョンが対立するのは何故か?同じ民族同士でいがみ合ってバカだな。ガングは利用する猟犬だ」と釘を刺された。ガングが聞いちゃってて、ビミョ~な気持ちに。

ワンは倒れたままで、ヨギョンが必死に「死んじゃ駄目」って呼びかけてる。スヒョンが救いにきた。「こんな姿見せたくない。痛いともいえない」とヨギョンを先に帰して病院へ行くワン。
ヨギョンは感情的になって銃を持ち出そうとする。スヒョンが「危険の中でも幸せになる方法を探すことが革命だ」と言って説得。これは、なかなか説得力のある言葉でした。
ワンを見舞いに行くヨギョン。まだ蒲団がどうとかいってるワンに、ヨギョンからキス。

美幸がワンがそっけなくなった・・・と不安になり連絡してきた。ワンは「いつも短期間で燃え上がり冷めてしまうダメ男なんです」と説明したけど、美幸は「一緒に勉強したい。あなたの留学生活を支えたいんです。私は植民地化に反対です。しかし、朝鮮が力を付ける必要があります」って、聞いてね~。
サチコも相変わらずだしな。

ワンの父がスヒョンを招いて食事。密かに応援する人もいるからと、運営資金も出してくれる。ヨギョンもソンジュに「オンニと呼んでよいですか?」などど、4人の結束は強くなっていく。

イノは完全に心を閉ざし、部屋の隅っこで膝を抱えるばかり。「辛いなら辞めても良い。頭が良いから勉強して別の道を探せ」と本を差し入れする付き人グンドウ。ヨギョンも訪問するが、会ってもくれない。そこに、妹から「お兄ちゃんの知り合いってひとから住所を教えてもらった。」って手紙が・・・。

暗殺が激化。後は最終任務を待つのみ・・・。次はボスが実行するという投げ文が。ワン達には別動隊が前日に合流すると伝えられた。スヒョンが来て、ちらし編集部の面々はオットケー。

スヒョンがやっとソンジュに愛を語りましたね。共寝して、そのまま任務へ。捜査を外されたから単独捜査するとアジトへ。ソンジュ・ガンドウとともに相談しているところに、ガングが・・・包囲されている。イノがとうとう口を割ったんだね。
ソンジュがスヒョンに銃を向けた。「あなたはバレてない。これからは私がボス。あなたが死ぬ時は皆の前で堂々と・・・」と言って、スヒョンを人質に出て行った。しかし、ガングはソンジュの足を撃って銃をそらせる。ガンドウが「愛論団の名で処罰する」と銃を向ける。スヒョンも銃を向けるしかない・・・。ガンドウが目で「撃て」と指示・・・。スヒョン、ガンドウを撃った。ソンジュがスヒョンの足を撃つ。「こんな失態を演じるなんて・・・。最後の標的はあなただったのに。昨日は楽しかった。簡単に落ちたわね」と言ってから立ち上がり、包囲した警察に銃殺される。
スヒョンがどんなに苦しむか分かってる。でも、あなたは生きて幸せになって・・・。泣けるぜ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 京城スキャンダル | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

BS JAPANで放送がはじまりました。
京城スキャンダル BSJAPAN公式

カン・ジファン&ハン・ジミンによフュージョン時代劇。カン・ジファン君は、「俺ってイケてる!」とやった時に、「ハイハイ、分かった分かった」と微笑ましく見てしまうキャラっすよね。クムスンとかでも、なんか憎めない感じ。他人の目に関係なく、自分が好き!って感じの明るいナルシストぶりが、キャラクタにあってると思う。
ハン・ジミンちゃんは、いつ見てもカワイイ。カワイイからこそ、強い役が似合ってます。彼女に叱られたい!!萌え!!と女なのに思っちゃうよ。


で、お話の方は、京城の財閥おぼっちゃまソヌ・ワン(カン・ジファン)が「故郷のために」なんて嘘言って女と別れ、一か月ぶりに京城に帰ってくるところから始まります。
そこには、独立運動の新政府のための資金を受け渡す役目を担ったナ・ヨギョン(ハン・ジミン)が。朝鮮時代最後の女・チョマジャとあだ名される堅物の彼女は、亡き父の意思をついで、独立運動に密かに協力している本屋の娘。
取引相手と衣装がそっくりだったため、ワンを取引相手だと思ったヨギョン。向こうから声をかけてくると言われたように、ワンは彼女の肩を抱いて歩きだした。でも、実は集まってきた女性たちから姿を隠すのが目的だったのよ!!
ヨギョンはそうとも知らずに、彼のトランクを取って歩いて行っちゃった。ええ??なワンだけど、女に追いかけられて、彼女を見失っちゃった。

ヨギョンの本屋「講和堂」は見張られていて、彼女のトランクは警察にチェックされることに。「教科書が入ってる」といいつつも、トランクを開けられずに困るヨギョンです。
そのワンのトランクの中身は、彼が暇つぶしで働く3流ゴシップ紙月刊ちらしで扱う予定のポルノ!バレたら大変だと諦めかけたのに、執事が「おぼっちゃま警察に届けましたよ~」だと。仕方なく警察に行くと、ヨギョンの目の前にトランクが開けられて所だった!!
ワン父の尽力もあって、事なきを得たワンとヨギョン。声をかけたワンに「失せろ!」なヨギョン。ムッとして言い返したワンはヨギョンに殴られちゃった!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 京城スキャンダル | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |