FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

彼女は最高 1・2話

彼女は最高 DVD-BOX 1彼女は最高 DVD-BOX 1
(2005/08/05)
カン・ソンヨンリュ・シウォン

商品詳細を見る

KBSWORLD
出演アン・ジェモリュ・シウォンカン・ソンヨン
【あらすじ】
外国の名門大出身の美貌の女ハ・ヘギョン(カン・ソンヨン)。ヘギョンは江南を中心に活動する巨大な組職のボスの娘。知性と美貌を兼ね備えた彼女には組職の血が流れている。
ヘギョンが大学講師として初めて授業に出た日、不良の学生たちがヘギョンに手を出す。それ以来ヘギョンのボディーガードを引き受けることになるホテ(イ・ジュンムン)とドンギ(アン・ジェモ)。一方、ヘギョンが教える大学の近くの修道院の梨畑では、ミカエル(リュ・シウォン)が梨泥棒を捕まえる為に待ち伏せしていた。学生を探しに来たヘギョンを梨泥棒と勘違いしたミカエル。2人は運命的な出会いをするのだが…
【登場人物】
★ユ・ホミン=ミカエル役:リュ・シウォン
クリスチャンネームはミカエル。イエズ会所属修道院の修士として修道院図書館で働いている。静かで口数少ない純粋な青年。
★ハ・ヘギョン役:カン・ソンヨン
ボスの一人娘で大学の時間講師をしている。突拍子もない行動が巷の話題になるくらい恐れを知らないが最も恐れる父ハ・チュンシクの跡を継ぎ組織のボスになるとは…テッコンドー、柔道、クンフーもかなりの腕前で理不尽なことは許せない性格だ。その反面漫画や映画を見ては大泣きする分別のないおてんば娘。
★イ・ドンギ役:アン・ジェモ
組職のナンバー3で、頭を使わずにまずは手が出るタイプ。貫禄があるように見えるがそれは上辺だけ。正義感は強いが女に弱く、ボスの娘ヘギョンに手をつけたと誤解されて追われている。
★イム・ホテ役:イ・ジュンムン
イ・ドンギという兄貴が口で女をナンパするなら彼は体を使う。体つき、顔、筋肉は言うまでもないイケメン男で兄貴ドンギの子分役。いつももめごとを起こし事を複雑にするが決して憎めない奴。


リュ・シウォンはボケた役だと割と好きなんですよねえ~。で、ボケキャラっぽいので楽しく見られそう。
カン・ソンヨンさんも、お嬢様と気の強い「アニキ」っぷりとがギャップがあって楽しいし、テンポよく見られました~。
しかし、あらすじとなると、「書くことない」って感じがしちゃうんんだよな~。まあ、韓国ドラマの序盤は設定説明なので、そうなりがちっすね。簡単なあらすじと感想で、進めていこうかな~と思ってます。

ドンギとヘギョンの「どっちが強いか対決」が2つ。テコンドーとマラソンっすね。あとは、ナンバー2のベ室長がドンギを潰そうと色々と画策していること。さらに、ヘギョンを国会議員のダメ息子と結婚させようともしてる。そして、それは組織乗っ取り計画でもあり、孤独な父を哀れに思うヘギョン。いっそのこと、自分が後を継ぐか?なんて思うこともあるけれど、それよりは、組織から引退して欲しい。「お前が結婚したら」なんていう父に、「じゃあ、明日にでも結婚する」といって、相手に指名したのはドンギ!!「私を好きじゃないってところが気に入った」って!!

梨泥棒騒動で出会ったミカエル。表向きは大人しい宣教師ですが、一人でいるときは普通の青年ですね。ヤクザにあってもビビらないのは、鈍感なのかなんなのか?ヘギョンにキツイ言葉を使ったことを懺悔してたけど、「女には見えない」といいつつも、ドギドギしちゃっているみたいです。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼女は最高 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スキャンダル! -新良妻賢母- 1話

スキャンダル!-新良妻賢母- DVD-BOXスキャンダル!-新良妻賢母- DVD-BOX
(2009/05/08)
カン・ソンヨンキム・ホジン

商品詳細を見る

シネマート公式
kntv公式
演出:イ・ジェウォン
脚本:ユン・ヨンミ
出演:カン・ソンヨン キム・ホジン キム・ナムジン キム・テヨン イ・ヘウン オム・スジョン
2007年(全10話)
【あらすじ】エリート新聞記者のミョンピョルと結婚したグッキは、良妻賢母になるべく、家事に育児にパートにと大忙しの毎日を送っている。だが、夫のミョンピョルはそんなグッキに感謝するどころか、経済力のない女は無能だと見下すばかり。あげく悪びれもせずに昔の恋人と浮気を楽しむ。グッキは同じマンションで知り合った主婦仲間らと憂さ晴らしに夜の海へ出かけるが・・・。良妻賢母になりきれない妻たちの痛快な復讐劇!!
【登場人物】
★カン・ソンヨン(キョン・グッキ役)32歳、専業主婦。男ヤモメの父に育てられた一人娘、“良妻賢母”を夢見て成長した。栄養士の資格がある。真面目で大人しく、小市民的な夢を抱いて暮らす存在感の薄い人物であるが、彼女には所信があった、 「基本に忠実であれ」。 大学時代、コーラス部の部長だった先輩“ホ・ミョンピル”と出会って結婚。夫はデキる男で、社会的なポジションも悪くはないが、家では粗大ゴミ。 夫婦ゲンカが増えストレスは募るが、夫にはけなされてばかり、辛抱すればするほど夫が憎らしくなるのだが…。
★キム・ホジン(ホ・ミョンピル役)32歳、3大日刊紙の一つ、中東日報文化部の記者。小学校から首席をキープし続けた秀才でソウル大学法学部に首席入学。リーダーシップがあり、度量が広く、豪胆で目立ちたがり屋なので、いつでもどこでも常にリーダー。器用で芸達者、遊びも大好き、スポーツ万能でもある。 しかし司法試験に失敗し、新聞社の入社試験を受けて見事合格!サークルのスターだったテランとの恋もあきらめ、グッキと付き合う。

★キム・テヨン(イム・テラン役)32歳、人気シナリオ・ライター、グッキと同い年。独身。カンナム出身、名門中学、外語高校を経てソウル大学法学部に入学した、家柄も美貌も能力もバッチリ備えたダントツの女王様。まさに、21世紀が求める“新 良妻賢母”像、理想の花嫁候補ナンバー1。大学時代サークルの部長だった最高のモテ男ピョンピルと付き合っていたが、ミョンピルが司法試験をあきらめると、失望し別れる。

★キム・ナムジン(パク・ソクドゥ役)26歳、ソウル大学外交学部4年、“愛され男”。父親が外交官で、幼い頃からイタリア、アメリカ、日本、アフリカなど、外国を転々としながら育った。豊かに育ったため、ひねくれたところがなく、楽天家で自由奔放。 グッキと“あぶれクラブ”の面々とは、海で知り合い親しくなる。グッキのマンションの子供たちに英語を教えている。主婦たちのアイドルスター。 家庭を大事にするグッキに、自分と同じ孤独を感じ取る。

★サガン(ナム・ジャンミ役)34歳、バツイチ…で通っているが、実は夫から逃れて隠れて暮らしている。 マンションに越してきて3年目。婦人会からもハブられている。 他人のことに関わるのが大嫌いな利己的な性格。何に対しても冷笑的でシニカル。
★クォン・ヨンウン(キム・マンソク役)40歳、ジャンミの元夫。本能的な嗅覚が抜群、猟犬のような男。元刑事、現在は“お使いセンター”の社員。不正刑事のぬれぎぬを着せられ、退職に追い込まれる。敗北感で酒びたりとなり、妻のジャンミを病的に疑いだし、結局はジャンミに離婚訴訟を起こされる。

★イ・ヘウン(キム・スドク役)34歳、専業主婦。ぽっちゃり型で年より老けて見える。 太っていることでいつも自信がない。“あぶれクラブ”の仲間入りをして、自信を取り戻す。
★イム・デホ(オ・ボング役)44歳、スドクの夫、タクシー運転手。あだ名は“女さえ見ると奇人列伝”。 自分のような平凡な男と結婚して一所懸命やってくれる妻を、心の底では愛しく思い感謝しているのだ。

★オム・スジョン(イ・ヨンシル役)38歳、銀行に勤めながら二人の子供を育て、内助の功もバッチリのワーキングママ。 長女コンプレックスの完ぺき主義者。慎重で、一度心に決めたら果敢に、徹底的に実行する。 100億の資産家だという夫のロマンチックなプロポーズを受けて結婚したが、夫はインチキなサラ金業者で、女好き、バツイチで、生意気な息子二人が愛の荷物として残された。
★パク・ヨンギ(キム・ジョハン役)39歳、“雨の日に白ズボン”。ヨンシルの夫、資産100億と大ボラを吹く、サラ金業者。キザで、金遣いが荒い。銀行員のヨンシルに利用価値がありそうで再婚したが、常に愛人がいて、罪悪感のカケラもない。


1話落ちこぼれの主婦たち
グッキ。息子のウンソクやギソクを塾にもやらず自分で教育し、パートを頑張って、マイホームの契約にこぎつけた。引っ越し先の幼稚園の申し込み。でも抽選にもれちゃった。
愛情深く、親切で、明るく、元気な主婦。夫が急に同僚を家に招待しても、慌てて部屋をかたずけて、料理を準備・・・できないから出前を頼んでごまかそうとしたけど、バレチャッタ。
夫は、元彼女(グッキの友人でもある)のテランまで自宅に招待し、男どもにちやほやさせる・・・。グッカは照らんが大嫌い。美人で男にもてて、気取った女・・・。
夫ミョンピルとイチャイチャするテランを見て、殴ってやりたい気持ちになるグッカ。「家族のだんらんが最高の幸せ」と独身のテランに見せつけることしかできない。

グッカのマンションは、エコマンションでゴミの分別にうるさい。子供にゴミ出しさせたら、ちゃんとやってなかった模様で、ごめんなさい・・・と謝りにいくしかない。うるさい班長と揉めてるところを、夫や同僚に見られちゃった・・・。アチャー。夫に愚痴られて凹みまくり。

翌日、家の契約をしようとしたけど、「開発計画ができたから2000万アップ」とか言われてしまう。どうしよう~と夫に電話するけど、忙しいって言われちゃう。さらに「6000万にあっぷ」とか言われちゃう・・・。買えなかったと説明したら、夫には怒られるし、値上がりしたとよろこんでた姑にも怒られる。がっくり・・・。夫が昨日友達を連れてこなければ良かったのに・・・。

夫のミョンビルは、テランを呼び出して酒飲んで愚痴ってる。「男だったら友達になれる女性と結婚すべきだ。でも、俺はグッキを見てるとイライラするよ。美人で気さくで良いと思ったけど、ドジばかりだ。君と結婚すれば良かった」と愚痴る。聞いてしまったグッカ。涙が・・・。
ゴミ出し問題で怒られて仲良くなる住人達。スドク、ヨンシル、ジャンミ。「息が詰まってやってられない・・・」な皆さんに、「これから海に行かない?」なグッキ。4人で出かけます。

大騒ぎして笑って・・・。17歳の時の夢を語るジャンミ。引きこもって4年。スドクは太るのがなやみで客室乗務員になりたかった。グッキは良妻賢母になること・・・。上手くいかない・・・。子供をしかる時につい叩いちゃうのが悩みにヨンシル。
そこで出会った青年のソクドゥ。ジャンミを痴漢から助けてくれた。グッキが大学時代のサークルのTシャツ来てたから、「大学生なの~」とかいう4人です。キム・ナムジン君は年下男の役なんですね~。優しくて、まだ若くて、疲れてない。1日も休めないというぐったりする日常にある、女性4人とは違う。

トイレに行ったヨンシルとはぐれてしまって、探し回る。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スキャンダル!新良妻賢母 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いかさま師~タチャ 1・2話

公式
チャン・ヒョク(コニ役)幼少時は明るくて温厚。賭博に天性の素質がある。父が賭博で破滅したため、意図的に避けてきた。高校時代、初恋の人だったナンスク(ハン・イェスル)と再会。友達ヨンミン(キム・ミンジュン)の祖母の手術費のために、賭博をして敗北。放浪の旅に。
キム・ミンジュン(ヨンミン役)鋭い目つき、素早い身のこなし、鋭い拳。孤高のたリスマ。組織に誘われるが祖母のために断っていた。祖母の死後、冷酷なイカサマ師の道を選択し、コアグィのもとで冷徹ないかさま師になるための訓練を受け、コニと対立。ナンスク(ハン・イェスル)を賭博場に招き入れ、コニにとって父親のような存在だったテホを死に追いやる。
ハン・イェスル(ナンスク/ジナ役)冷たいながらも神秘的な魅力を持つ女。またコニ(チャン・ヒョク)とヨンミン(キム・ミンジュン)の初恋の人。兄クァンテがアグィの賭博場にかかわったせいで、ケ・ドンチュンに売られる。チョンマダム(カン・ソンヨン)に気に入られ、昼は学校に通い、夜はミナとしてチョンマダムが経営するハウス兼ルームサロンで働きながら花札を学ぶ。ナンスクは自分の不幸の背後にアグィとヨンミンがいるという事を知り、コニのため、そして歪んだ自分の幸せを取り戻すための緻密な復讐を始める。
カン・ソンヨン(チョンマダム役)20代後半に見えるが、実は35歳。華やかで悩殺的な美女。


1話
感情的でプライドの高い男はカモだと言い切るコニ。賭博天国の韓国。ハウスでは、タチャと女がカモを調理する。勝ちすぎて刃物で脅されたり・・・。抗争に巻き込まれたり。しかし、チャン・ヒョクさんはチンピラがはまり役ですよね。

子供時代のコニ。適当に嘘をついて金持ちからビー玉をせしめるなどのチャッカリした子。集めてるビー玉を落としちゃって凹んでると、ナンスクが探すのを手伝ってくれる。
テホ叔父さんという優しい叔父さんがが、優しいが酒好き、ギャンブル好きな父から庇ってくれる。テホ叔父さんは、過去に一緒にギャンブルを習ったアグィの手下ドンチョンに追われている。
アグィは、テホを追い込むために、コニ父をカモにしてボロボロにする。すがった父は交通事故で死亡。最後に、テホに家族のことを頼み、コニに「負けるな」と言い残した。
コニは「負けるな」という言葉にこたえるように、友人との「眼隠しかけっこ勝負」で勝利。
テホは、アグィのアジトに殴りこみに。自分の手首をかけての花札。怖い~。テホ勝利。「そんなはずない」と叫ぶアグィだが、テホも負けてない。「やめたかったのに」と言って、テホの手首を切りつけた。怖い怖い怖い。(こんなのがフツーに流れてるんだね韓国。裏番組に押されて低視聴率だったらしいけど)
コニは母と引っ越して行った。最後に、ナンスクにビー玉をあげて「今度会ったら首飾りを作ってあげる」と約束して・・・。

高校生になった皆。コニには、クンミョン派のビリヤード場でヨンミンという友人ができた。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いかさま師~タチャ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シングルパパは熱愛中 14-16(最終)話

シングルパパは熱愛中 [DVD]シングルパパは熱愛中 [DVD]
(2008/10/31)
オ・ジホホ・イジェ

商品詳細を見る

うーん・・・。最終回まで来ましたが、ハリっていらなかったんじゃないかな~。まず、プンホとの恋愛がまったくもって恋愛になってなかった。どっちからも相手に対するLoveを感じませんでした。特にハリの愛情表現って凄く独りよがりじゃないですか?なんか、勝手に恋愛してるって感じでした。
プンホーサンーソイの親子の関係の方がとてもドラマチックだった。愛と憎しみがありつつも、節度ある表現をしようとするところが、とても切なかったですね。恋愛感情はないけど、愛はあるって感じでしたね。

14話
サンはソイが自分の母親だったという事実を知ってから一時的な視覚障害になってしまう。ショックは大きくて、周りの人が自分から離れる事もすごく恐れるようになる。
食事もしないと言うのを心配したソイがサンを訪ねるが、サンは“大嫌い”と言いながら泣いてしまう。
目は見えるようになったが、相変わらず話そうとしないサン。ハリが自分の母親が守護天使だと聞かされた話をして、サンの守護天使はアッパだよと話す。ソイは、「お父さん」のことを書いた絵本を差し入れ。それを読んだプンホは、「お父さんは色んな役目がある。サンはアッパに何になってほしい?」と聞いてみます。サンが「守護天使になって」とお願い。やっと、気持ちを口にすることが出来た。
元気になったサンを見て、プンホは「サンのために最強のお父さんになろう」と、アジア選手権に出場することを決心し、訓練を始める。でもな・・・。サンのためっていうなら、治療して生き残ることが大事じゃないかな~。サンが退院してから入院するとか言ってるけど、退院しちゃったらそれこそサンは家で独りになるわけで・・・。
あと、ハリよ・・・。あんたは海外行くんじゃなかったのかい!
このあたりは、本当にハリの存在が邪魔。ハリも「プンホが如何にサンを愛しているか」ってことばかり伝えようとしているけど、サンの問題は「母に捨てられた」って不安だよね。それなのに、母親のソイは徹底排除なんだもん。反感があるのは分かるけど、医者の卵なんだし、もうちょっと冷静に対応できないもんか?
周りの心配を押し切って、試合をしたプンホ。その日、ハリも病気を知ってしまい、止めようと駆けつけたけど、すでに試合は始まってしまっていた。大丈夫か?

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シングルパパは熱愛中 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シングルパパは熱愛中 1話

Mnet公式
2008年韓国KBS作品 全16話
★カン・プンホ役(オ・ジホ):昼は害虫駆除、夜はアマチュア格闘技選手。孤児だが生まれつきの楽天家。妻ソイに捨てられ、自ら育てた息子サニだけが唯一の血縁。
★チョン・ハリ役(ホ・イジェ。宮のヤンスニ):外科医の父と、 ピアニストの母を持つ。父が6年前にハリのピアノの先生だったソイと外国へ。
★ユン・ソイ役(カン・ソンヨン):ピアニスト。親戚の家で肩身のせまい思いをして育った。スポンサーであるハリの父ギソクに出会い、愛する夫プンホと息子サニを捨て留学。
★チルグ役(シンドン):害虫駆除の仕事をし、プンホを実の兄のように慕う。
★カン・サニ役(アン・ドギュ):プンホの出来た息子


初回は、人物紹介って感じで、小間切れのエピソードが沢山並んでます。これらが上手く一つの流れに乗ってれば、もっと面白く見られるんだろうけど・・・・


昼は害虫駆除、夜はアマチュア格闘技選手をして生計を立てるプンホ(オ・ジホ)は、7歳の息子サニを持つシングルファーザー。忙しくて、大変ですな。でも、幼稚園のお母さんには、イケメンだし大人気。

ハリは、人は良いけど、ドジで怒られてばかりミンセン病院の研修医。同期の彼氏ヒョンギ役に、イム・ジュファン君(雪の女王のゴヌ)です。指を怪我してピアニストを諦めたけど、まだピアノは弾いてます。
プンホは、ハリ(ホ・イジェ)が落とした人体模型の頭がい骨を車でひいちゃった。気がつかないで行っちゃったけど、ハリはしっかりブンホの店の名前をチェック!

プンホとヒョンギは同じ病院でぢの手術。ハリは、ヒョンギと間違ってプンホを叩いちゃった~。
病院の演奏会。準備中のピアノをハリが弾いてると、ピアノを習いたいサニがやってきて、ハリが弾かせてあげます。でも、プンホは「ダメだって言ってるだろ」と怒ってサニを連れてった。「知らない人と一緒にいっちゃ駄目!」ってことか~。ハリは「あんなに叩かなくても・・・」とプングを叱るけど、プングは冷たい。
駐車場でプンホの車を見たハリは「頭がい骨の弁償してよ」っていうけど、逆に「叩かれたせいで手術後に悪化した。損害賠償しろ」って言われちゃった。

ハリの父は、ピアノの先生だったユン・ソイと一緒に渡米しちゃってて、ハリは韓国に1人で残されてる。

ヒョングに誘われて、格闘技を見に行ったハリ。プンホの試合をたまたま見ます。善戦してたのに、相手の高校生の事情を聞いたら戦闘意欲が薄れて気を抜き、ノックダウン!されちゃった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シングルパパは熱愛中 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |