FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

≫ EDIT

威風堂々な彼女1話

FBS公式
MBCjapan公式
【概要】
ある夫婦の元に、子供を身ごもった女性が現れる。その女性は、女の子供を産むと同時にこの世を去ってしまった。夫婦は仕方なく、その子供を同時に生まれた子供と双子として育てることにする。
たくましくて元気が良いウニ(ペ・ドゥナ)と、勉強が出来て大人しいクミ(キム・ユミ)、ふたりは自分達が双子であることを疑わず成長する。 ウニがはじめて好きになった男の子がジフン(カン・ドンウォン)。二人の思いは通じかけるが、自分もジフンを好きになってしまったクミに邪魔されてすれ違ってしまう。
そんなある日、テソン食品の会長が現れ、ウニかクミのどちらかが自分の息子の子供であると言う。母ギルリョは、クミが会長の孫娘だと言って手放すが、本当の娘はウニであった。ウニは、事実を知らずに貧しいながらもたくましく成長する。
ウニはひょんなことから、つぶれそうな会社カイン食品に就職することになる。しかし、カイン食品の後継者インウ(シン・ソンウ)は、つぶれかけた会社を自分に押し付けた父を憎み、会社を再建させようという努力を見せない。みかねたウニは、あの手この手で営業作戦を開始。インウは、そんなウニの姿を見て心を動かされる。
ウニこそが本当の孫娘だと知ったクミは、自分の座を奪われまいと、ウニを妨害する。シングルマザーとしての子育て、母の病気、借金、クミの妨害にも負けず明るく逞しく生きるウニだが、しかし、とうとう自分の出生の秘密を知ることに…。
【キャスト】
ペ・ドゥナ(ウニ)
キム・ユミ(クミ)
カン・ドンウォン(ジフン)
シン・ソンウ(インウ)


ペ・ドゥナちゃんは大好きなんですが、作品選びは謎なんですよね。当たり外れがでかいというか・・・。カン・ドンウォンさんも、マジック挫折したことあるし、ちょっとキャスト的には不安。ふたり、ドゥナちゃんの方が目が可愛いけど、顔立ち似てるよね。だから、割合「お似合い」にはなるかなと思ってます。

ただ、ドゥナちゃんは本当はシンデレラって構図なのが不安なんだよな~。主人公持ち上げドラマって好きじゃない。
色々と不安がありながらも「無料なんだし・・・」と見始めました。
1話は血のつながりのない二人が双子として生きていく経緯って感じ。亡くなった母が沢山のお金を持ってたから、それで引き取る気持にもなったという感じ。実はお嬢様だったのね。

ペ・ドゥナちゃんはやっぱり可愛いっすよね~。元気いっぱいで明るくて、問題児ではあるけれど・・・。クミの方は体が弱いのと、ウニのフォローしてるうちに、優しい優等生になっちゃったという感じなのかな。お母さんにしてみたら、クミにやるべき乳を分けたせいでクミの体が弱くなったと感じちゃうのかもね。愛情がないわけじゃないけど、へこたれないから気軽にポンポン言ってしまうって暗示かな。お父さんは「見た目は汚くても肥料になるフンや大地のような人に」と暖かく包んでくれる。

高校生になると、それぞれが「双子の片割れ」と友達になるんだよね。「子猫にお願い」でも共演してた双児ちゃんです。いじめっこで出てくるのは個性派脇女優のチョ・ウンジちゃんですね。
お父さんが事故にあって、二人は学校にやれなくなる。商業科に移って就職するが退学するか・・・。成績がクミまで大学を諦めさせたくない。農作業が好きなウニなら、一緒に農業やるというのも悪くないと思うお母さんの現実的な判断。



あらすじ(公式から)
1979年冬のある日、一人の男が、雪が積もった田舎の道で陣痛に苦しむ女性を見つけ家に連れて帰る。彼の妻もまた陣痛が始まり、二人は並んで一緒に出産を終えた。彼女は子供を生んですぐに亡くなり、遺族からの連絡もないため、男は一緒に育てる決意する。高校生になったグムヒとウンヒ。グムヒは優等生、ウンヒは問題児として全く似てない双子として成長していくが…。

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 威風堂々な彼女 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 8話

マジック DVD-BOXIIコンサート会場に行ってみると、ヨンジンとタニョンが一緒に。オットケーのカンジェ。今までホントに気が付いてなかったのかよ?あんだけ会社相手には調査力を発揮しておきながら!そっちのが驚いた。
呆然と帰宅したら実父が来てた。追い出そうとしたけど、養父テヘが「死んだと言った理由はあるんだろう。でも、実父に申し訳ないから、父と呼ぶな」と。カンジェは「苦労した俺が、父と成功を得たいと思う資格はないか?」と。ソンモを思って実父を思いやるテヘに「心は求めても仕方のないことを、お父さんが教えてくれた!」だと。散々優しくしてもらったのに、自分が一番じゃないと嫌!かよ。ソンモは父への思いも自分の幸せも考えないで、タニョンの幸せに生きてるのにさ。(ま、不純な気持ちもかなり入ってるけど)
カンジェとヨンジンは一緒に深層水化粧品の宣伝活動。ヨンジン、明るいし、優しいし、いい子じゃんな。いつかは会わなきゃならない訳で、カンジェは決断。タニョンを呼び出して「俺には彼女がいる。彼女はヨンシンだ。彼女を傷つけたくないから言うな。確かに魅かれてかもしれないが、そんなのは良くある感情だ」と。タニョンはここでも「私を愛してるはず」という態度なんだよね。どうして此処まで他人の感情に確信が持てるのかが不思議。この図々しさが、どうも苦手。お姉ちゃんを愛しているのか?って食いさがったりしてさ。カンジェはハッキリ「愛している」と。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 7話

マジック DVD-BOXIIかなり、引きのばしシーンが多くなってきました。もともと、カンジェの「紐」テクニックのシーンとか無駄に長かったけど。
カンジェを引っ張って旅行!というタニョン。写真撮って、でも15分で降りちゃった。15分だけだけど、15年は思い出になるでしょ!って、明るい。カンジェは「一生忘れない」だって。(しかし、どうしても好きになれないヒロイン。なんでか考えた。タリョンしゃべる時に口をとんがらせる癖があるね。それが苦手なんだ。得意気に見える
カンジェは酒に酔ってヨンジンの家の前まで行き、ショックを受けたフリを。ヨンジンは「あなたも弱いとしって安心した」と、ほんとにイイ子なんだなあ。ママにも「心配してくれるけど、私を無視してる」と説得。ママはカンジェを首にしようとしたけど、プロジェクト終了までと願った。ママ、そこで辞めさせないとダメじゃん!
タニョンは就職ゲット。でも、まずは試用期間です。トヨンとは家事分担なんかでもバッチリ息が合ってて「家族」って感じ。でも、バイト先なんかでカンジェとのデートは続けてる。就職祝いでカンジェが携帯をプレゼントしてくれた。こういう時にあなたの気持を代弁するとか言うタリョンが嫌。無神経じゃない?「あなたの気持ちとか、兄への後ろめたさとか考えないことにする」だって。嫌、考えろよ!しかし、そういう明るいところがカンジェはお気に入りなのか~??楽しい気分になるんだって。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 6話

マジック DVD-BOXIカンジェ、ヨンジンに妹を紹介したいと言われたけど、「他に祝う人がいない友人だから、今日は祝ってあげたいので」と辞退した。で、がっかりで花を投げ捨てて帰るカンジェ。
タニョンはトヨンに角帽をかぶせてあげたり、はしゃいでます。でも、カンジェが来なくてがっかり。電話したら、今から出てきたら花を買うとかいうけど、タニョンは一方通行がつまんないって拗ねてます。
トヨンは、タニョンがカンジェに会わせようとしていたと気がついて怒る。タニョンは、会えば理解してくれると思ったと言ってるけど、どうもこの子は自分の都合のいいように物事が進むと考えて、そうじゃないと拗ねる傾向が・・・。トヨンは、マジ怒りで携帯投げ捨てちゃった。
カンジェとヨンジンは深層水の化粧品の企画を始めることに。ヨンジンに屋台のトポッギ奢ったけど、彼女はちょびちょびしか食べれない。タニョンの豪快な食べ方が懐かしいカンジェ。タニョンに電話して、「明日また電話する。出なかったら終わりだ」とか言ってるけど、タニョンは携帯無くしちゃってる。
タニョンは就職先探しに苦労中。留学経験もないし、経験もないし、塾の講師の空き待ち。トヨンとの間も微妙なまま。どうして怒るのか理解できないっていうけど、友人に「仲が良いから嫉妬でしょ。優しいじゃん」て言われちゃった。確かに、無言でお茶さし出したり、優しい!トヨンは自分の携帯をタニョンに渡そうとするけど、タニョンは怒ってる。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 5話

マジック DVD-BOXII好きなるなと言われたタニョン、「慰めてもくれない恋人とは別れてよ!」とか強気だなあ。でも、お前にはないものを求めてるとか言われちゃって。それを見てたお兄ちゃんトヨンはショック。無邪気に「愚痴を聞いて」っていうタニョンに、冷たく「もう会うな。人の男を横取りするのか?」って言ってしまう。
数日後「諦める」ってメールした直後に、「驚いた?諦めるのは私じゃない」とかいうメールを送るタリョン。うーん、こういう図々しいところは好きになれないなあ。元気なのは好きだけど、「愛されてる」って確信してて、おしつける感じなのが気持ち悪いっていうかさああ。
会議の席、アイデアがあるのに言い出せないヨンジン。カンジェの目に励まされて、「水で差別化しては?」と提案するも、原価がかかると即座に却下されちゃった。カンジェが他の経費を抑えることで実現できるとフォロー。カンジェは車でまってるヨンジンに「先に帰って」とか言ったり、他の女性社員といる所を見せたり、ちょっと焦らしテクつかいまくり。その後にコーヒー奢って!とか言って、妹の話ひきだした。ヨンジンは「笑っててくれれば笑えるわ。私だけ見て」ってちょっと欲が出てきたな。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 4話

マジック DVD-BOXIトヨンとして生きるソンモ、カンジェと再会。父の消息を尋ねるトヨンに、カンジェは何も言わなかった。タニョンは待ち合わせ場所で隠れて、探す姿を見たかったのに、浮かない顔のカンジェは気が付きもしない。でも、電話かかってきて見つかった。「気が進まないから楽しませてあげられないし、会えないって電話するつもりだった」というカンジェだけど、自分で楽しむから平気って元気なタニョン。実際、元気で楽しいから、カンジェも気分がUp。いつ始めた会ったか考えろ!ってタニョンだけど、お兄ちゃんの話ばっかりするタニョンです。
トヨンは、カンジェにおびえてぼんやりしてて、ちょっと怪我しちゃった。タニョンが消毒してくれたり、良かったねえ。
カンジェは企画書持って、ヨンジン母の化粧品会社に。大検→ソウル大学を奨学金で首席卒業の経歴(嘘なのか?)や、過去の職場の推薦もあって、「マジックのように、完璧に騙す化粧品」というコンセプトを説明。父親はマジシャンだとか言って、だめじゃんなあ。マーケティング部にとりあへず入社。ここがヨンジンのところ。「はじめまして」とか言って、しらじらしいぜ。帰りに送ると言って彼女のオープンカー運転したり、髪を結んであげたりと、さっそく、ヨンジンを落としにかかるカンジェ。傍で見てると寒!!なんだけどねえ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 3話


マジック DVD-BOXIトヨンの妹タニョンを迎えに行ったソンモ。コインを持って待ってたもんだから「オッパー」っていきなり抱き締められちゃったよ。ありゃー、これは本当のことを言いずらい!また、凄い嬉しそうだからなあ。「パパが居なくて一人になった気がした。オッパがいるのにね!ずっと一緒ね!くっついて幸せでいようね!」だって。彼女のためにコインを使ってマジックしてあげるの、優しいよねえ。
8年後。タニョン、中の人の実年齢に近くなったのかな?無理な若作りがなくなって、可愛く見えるようになったよ!タニョンの誕生日に花束持って大学の教室に駆けつけるソンモ。屋台の花屋やってるのかな?教室でも「恋愛には花を!」なんてしっかり営業です。ソンモは「トヨン」として生きてるのね。凄く仲良しで、雨が降ったらお出迎えしてくれるトヨン。
カンジェはチェ室長として衣料ブランドで働いてます。人を丸めこむ交渉術が買われて部長に昇進させてもらえそうなのに、辞表を提出。こりゃ、なんかヤバいことやってんだろ!カンジェに惚れている女が引き止めるけど、「ダメ息子の尻ぬぐいに飽きた」だってよ。「あの会社で知りたいことはない!」とか言っちゃって。面倒で別れの記念のキスをするカンジェを、その喫茶店でバイトするタニョンが盗み見。あの時の男だ!って思いだした。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マジック 2話

マジック DVD-BOXI スイートを見せてもらったカンジェ。ろうそくに火を付けて、タニョンと食事。自分の武器は無関心だといかいう、女たらしカンジェ。訪ねてきたヨンジンにもたらしとして対応して追い出しちゃった。タニョン、カンジェとデート。
ソンモは一生懸命トヨンを慰める。二人で力を合わせて、兄貴になってやればいいって、そんな無茶な!散々飲んで、憂さを晴らした二人だけど、カンジェは「励ましなんて意味がない」って冷たいなあ。
テヘはカンジェにマジックを教え始めました。衣装も上げたり、本当に「気配りが足りないおやじ」ですな。ソンモが拗ねるのも当たり前じゃん。愛情をソンモに注いであげたあとで、そういうことはしなよ。ステージ中、酔った客が乱入。ソンモが怒って殴っちゃった。カンジェは「騒がずに解決できたのに。父親の邪魔するなら出てけ」ってソンモに説教。で、殴り合いしたけど、カンジェは強すぎて相手にならん。何だかんだと時間を父と共有したカンジェと違って、ソンモはまだ時間を共にするのが大事で、拗ねてるのはカンジェの方もだわな。普通にテヘは、ステージを守ろうとしたソンモの気持が嬉しかったと思うぞ~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マジック | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT