FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

総合病院 1~3話

BS日テレ公式
【ストーリー】
ある“復讐のために”医療訴訟弁護士を目指し、そのステップとして医者になった無鉄砲な女性チョン・ハユン、患者を思う心は誰よりも熱いが成績は万年最下位、トラブル連発のドジなチェ・ジンサン、優等生のペク・ヒョヌは外科レジデント1年。
ともに日々激務に励んでいる。そんな彼らを厳しく指導するのは先輩ベテラン医師たち。
中でも患者第一の温情派医師キム・ドフンと常に冷静沈着なスター医師のハン・ギテは対照的で、彼らのよき目標であり指針となっていた。
医療の現場では様々な患者や問題が彼らを待ち受ける。救えなかった命にとめどなく涙を流し、患者の心に寄り添い、時に患者に支えられ、現実の壁にぶち当たっては悩み、ひとつひとつ乗り越えていく若き医師たち。
「なぜ数ある職業の中で医者だけが完璧を求められるのか。人間味、実力、良心…どれも欠いてはならないという。医者もただの人間なのに…」彼らの真の医者を目指す日々が続く。
©MBC



1話
ハユンというキャラクタがあまり好きになれない。キム・ジョンウンさんのコロコロ変わる表情は好きなんだけど、常に自分のペースで動く元気な女の子という彼女のいつものキャラが、優秀な女性と言うキャラ付けで、「私は正しい!」と行動すると嫌味が出てしまう感じがします。救急車止めるとか、アリエナサすぎだしな~。

(あらすじ)
司法試験をパスし医療専門弁護士を目指しているハユン。
インターン課程を修了し、ソンイ大学病院へ外科レジデント試験を受けに行く途中、急いでいたため救急車を止め、乗る。

大関嶺牧場地域出身のチェ・ジンサンはいつもトラブルが絶えないレジデント1年次。
実験用豚を逃がし、先輩に散々叱られた後、再び豚を持ってくるために救急車に乗って行く際、チョン・ハユンと出会う。
結局、虎から一目散に逃げ、崖にまで追い詰められてしまうが…。


2話
ハユンはなんでジンサンにあんなに構うの?惚れたの?いつの間に??
ありえね~の連続でしたね。犯人のヒントあるなら、警察にまず言おうよ!!って感じ。
学生でもないのに、犯人だからと患者としてみないハユン。あんた弁護士じゃなかったのかよ??加害者を庇う立場にもなる人間だろうが!!
心臓マッサージも酷かったね~。汗ぽたぽたとか分かりやすすぎる演出にはちょっと笑った。でも、レジテンドだし、一人ひとりの患者相手にビービー涙してる場合じゃないだろう!!とか思ってしまう。
(あらすじ)
外科レジデントに合格したジンサンとハユン。
合格の喜びも束の間、鬼のようなチーフヨンハンにどやしつけられ、皆怯えてしまう。
初関門のタイテストで、ジンサンは言うまでもなくビリ、優劣を争うヒョヌとハユンの対決では、結局ハユンの勝ちに…。
この時、病院には銃傷を負った誘拐犯患者が運び込まれ、緊迫感が高まる。


3話

勝ちたい!勝ちたい!とそればかりのハユン。先生に「あなたの基準で患者を選別するなら、法廷に帰ったら?そこでは法がルールだ」と言われてたけど、この他人への共感のなさじゃ弁護士としても大丈夫なのかな~。強引なことをして、かえって依頼者を傷つけたりとかしそうな感じ。
ジンサンの方は、重症の担当患者さんのおもちゃにされている。こっちも「治らない」という前提で「もうすぐ死ぬ人に冷たく出来ない」というセリフが合ったけど、「治す!」という気持ちがないのか~って感じ。
(あらすじ)
ジンサンは誘拐犯患者から誘拐された子供の居場所を聞き出し、その功を立てて警視庁から感謝の牌を送られ、鼻を高くする。
医局申告式の宴会に参加したジンサン、ヨンハン、ハユン達。2次会でジンサンは酔っ払ってチーフヨンハンに突っ掛かり、その様子を見たレジデントたちは唖然とするが…。
翌日、ジンサンはまたもやトラブルを起こしたと、事態の収拾を図ろうとするが、急にお腹に痛みを感じて倒れてしまう。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 総合病院 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

私たちの生涯最高の瞬間

私たちの生涯最高の瞬間 初回限定スペシャル版私たちの生涯最高の瞬間 初回限定スペシャル版
(2008/08/08)
オム・テウンムン・ソリ

商品詳細を見る

オリンピック中ということで、アテネ5輪の女子ハンドボールチームを題材にした映画です。オム・テウンさんが監督役で出演。
アジュンマ達、それも自分の選手時代を知る同年齢の選手を抱えて、欧州リーグ帰りの監督はその先進的・能率的なやり方で反発されます。選手たちはそれぞれの事情を抱え、所属チームも解散になってたりと、本当に苦しい状況。借金苦に悩むもの、日本から監督代理として招聘されたのに離婚を理由に選手として復帰したもの、ポジションを取られたくなくて生理を調整し続けて不妊症に悩むもの、コレが最後の試合だと思っているもの。そんな中で、若い選手との交流が始まります。アジュンマはジュニア選手にとっては憧れの人であり、ポジションを阻むライバル。韓国のオリンピック選手は各競技の選手が「テルン選手村」に集まって。合宿生活しながら訓練してたりするので、他競技の人間との衝突やら、同じ部屋で暮らすことで、自然にアジュンマは選手たちの支えになって行きます。
プライドを捨てても夢を実現したいという、アジュンマ選手たちの情熱。一々、新しいやり方に文句を言うアジュンマに手を焼きつつ、さらに結婚の話まで出たことがある元・監督代理とは微妙な関係もありつつ、監督は彼女達の実力は正当に評価し、力を最大限に引き出そうとします。しかし、色んな事情で練習をリタイアしかかるものが出て、「切り捨て」ようとする監督に、元恋人でもあり日本の実業団で監督をしている選手が食らいつきます。「貴方は自分の成功しか見ていない。結婚から逃げて、選手として渡欧したときもそうだった。選手を信じてなくて、何が監督か?」と。結局は、監督が折れ、選手も戻ってきて、オリンピックを目指します。
女優陣は、何か月も前からトレーニングを積んで、スタントなしで撮影に挑んでます。口々に「こんなに苦しいとは!」とその大変さを語ってましたね。その分、団結し、チームとしてのカラーができあがったのではないかと。特に、ムン・ソリさんは流石というか、顔がしまっててスポーツ選手!って顔になってましたね。キム・ジョンウンさんも比較的メイクが薄くて感じが良い。
競技シーンは、相手チーム役にオランダの実業団チームが参加しており、コレがでかい!韓国の女優さんは基本的に体が大きめなんですが、それでも大人と子供。この体格差で戦うのか~。延長、再延長となっていく決勝は、なかなかの見ごたえです。

演出的には、泣かせにくるポイントで押してこないで引くスタイル。韓国映画では主流ではないスタイルな気がしますが、これが暑苦しくなく、ドキュメント的な効果を発揮して、感動を増してたと思います。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イヴのすべて 1話

LaLa公式
テレ朝公式

韓国からイギリス留学している財閥の息子・ヒョンチョル(チャン・ドンゴン)。母を捨てた父を待ち続けたまま、死亡したと連絡を受けて帰国。父親に対して背を向け続けるヒョンチョル。財産目当てで結婚して母を捨てたと思いこんでるヒョンチョルに、「物乞い扱いする親戚の前で自尊心を保てなかった」という父。再婚した妻や幼い弟いる家には居たくないと、ヒョンチョルは出て行ってしまう。

アナウンサーになったユ・ジュヒ(キム・ジョンウン。面影あるけどメイクと整形で顔が違うわ。これは2000年作品)と、アナウンサーの先輩ソンダル。ジュヒとヒョンチョルは幼馴染で、ソンダルも共通の先輩。

美しい娘・ヨンミ(キム・ソヨン)。幼いころに母親は家出、酒に酔って暴力を振るう父親と二人で地方のスラム街に暮らしていた。が、建設現場の事故でその父親も亡くなり、天涯孤独の身になってしまう。
貧しく惨めな暮らしから這い上がるために必死で勉強してきたヨンミ。良い思い出以上に、辛い思い出ばかり。実は、父の事故死の補償金で大学の入学金が払えると、内心喜んでいた。まとわりついてくる腐れ縁のチンピラ・インス(チェ・ジュニョン)も含め、一切の過去を捨てようと、思い出の品を整理して、転居しようとするヨンミ。

建設現場の工事責任者で根っからの善人ギソン(ヒョン・ソク)は、ヨンミが自分の娘のソンミ(チェリム)と同じ歳だと知り、深く同情。
ソンミは明るく誰にでも愛される娘。除隊してきた近所の幼馴染ウジン(ハン・ジェソク)に恋してる。ハン・ジェソクさんとチェリムは共演多いですよねカメラマン志望のウジンは妹としか見てないんだな。でも、浮気者にはやれません!って言ったり、果物食べさせようとしたり、なかなか保護な兄貴だな~。

ヨンミとソンミが同じ大学に合格していると聞いて、ソウルでの下宿を世話することを約束したギソン。入学式を前にソウルにやって来たヨンミは、ギソンの紹介で、ウジンと先輩ジュンモの写真の作業室に寝泊まりさせてもらうことに。そこで、ギソン・ソンミ父子の写真を見て、羨ましいヨンミ。

アナウンサーのソンダルはギソンの後輩で、ウジン母子も含めて、家族くるみの付き合い。ソンミの入学式には、皆でお祝いです。
ジュンモに付き合ってもらって入学式にきたヨンミと、ソンミは初めて出会います。二人はアナウンサーを目指して、放送学科・・・。ヨンミは科のリーダーに立候補。父親を国会議員って嘘ついたりして、気の強さを発揮します。チョジェという友人。ヨンミ・ソンミは、ウジンに迎えに来てもらって、ジュヒの中継の見学。ソンダルの紹介でスタジオ見学したのに、しっかりアナウンサー席に座る図太いヨンミ。
それでも、ウジンと親しく暖かく包まれているようなソンミに、ヨンミは嫉妬します。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イヴのすべて | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |