FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

恋歌

KBSWORLD
FBSのサイト
原題:우리는 길잃은 작은새를 보았다「私たちは道に迷った小鳥を見た」
脚本 : チェ・ミンス
演出 : イ・ドッコン
★カン・ジンソプ役(イ・ジュヒョン):ユン家にひきとられた孤児。社会学部の学生。柔道をやっている。硬派で純情な青年。シネを心から愛するあまり、彼女の行動を過剰に心配してしまう。
(どっかで見た顔だと思ったら、ラブトレジャーの班長??韓国の正統派美男子って感じですね)
★カン・シネ(チェリム):同じくユン家に引き取られた孤児。ジンソプを実の兄と思っている。舞踊学部。明るく素直な性格。ダンスコンクールでは優勝するほどの実力者。ジンソブを心底慕っているが、ミンヒョンには複雑な感情を抱いている。
★ユン・ミンヒョン(パク・ヨンハ):ユン家の一人息子。シネと同い年。ダンスに情熱を燃やす青年。明るく憎めない性格だが、どこか孤独の影を漂わせている。
★キム・イチョル(ユ・ジュンサン):ジンソプたちと同じ孤児だった友人。スタントマン
★ソ・カヒ(キム・ソヨン):シネの同級生。お嬢様。シネの親友でありダンスではよきライバル。ジンソブに片想いしているが、いつもそっけない態度をとられてばかり。

【あらすじ】
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
ある日、チェンベが警察に逮捕されるところを目撃した二人は、その場から逃げだし、ついには行き場を失って道端に倒れこんでしまう。そこを車で通りかかった実業家のユン氏に助けられ、そのまま二人はユン氏に引き取られて、家族同様の生活を送ることに。
しかし、ユン家の一人息子であるミニョン(パク・ヨンハ)には、母親が自分以上にジンソプとシネを可愛がるのが耐えられず、何かと二人に辛く当るようになっていくのだった。やがて成長したジンソプとシネは共に大学性となり、充実した毎日を送っていた。
そこに、アメリカに留学していたミニョンが帰国し、家族は再び共に生活を始めることになるが・・・


1話
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
チュンベは、ガムを売った代金はとってもお釣りをあげるといわれても受け取らない。迷惑かけたくないという気持ちの強い子

水疱瘡?になったジンソプを捨ててしまうキム・チュンペ。だけど、ドラマ見て感激したのもあって、反省して病院に連れて行った。

親分のチュンベが逮捕される。逃げ出したジンソブとシネは、ユン家の前で衰弱しているところを発見され引き取られることに。
ジンソプは初めは嫌がってたけど、「憧れてた家」と気がついたし、シネにねだられて、受け入れた。

だが、ユン家の一人息子ミンヒョンは兄妹を歓迎できずにいた。ま、子供だから正直に「汚い。くさい」とかいうし、母親の愛情を取られる気がするよね。「やさしくしてあげて」と言われて「分かった」とは言ったけど、ミンヒョンの複雑な気持ちに配慮してあげて欲しいかなあ。

自分のせいでミンヒョンが傷ついてると思ったジンソプは、1人で出て行こうとするが、シネに泣いて止められて、ミンヒョン母にも「立派な大人になるには勉強しないと」と引き止められる。

で、年は流れて皆さん成長。
ジンソプは柔道をやる学生。超ブラコンのシネはダンスをしている。シネが組む腕をさりげなく外すジンソプ。意識してるって奴ですね。定番だ!!
友人イチョルの誕生日に会いに言った二人。ジンソプの気持ちにイチョルは気がついてるけど、「シネは妹だ」なジンソプ。いやいや、バレバレでんがな!!

シネは「こんなに幸せでいいのかな?」なんて言ってます。ママから心配して電話があったりして、愛されてるんだね~。

ミンヒョンは大学をやめてジャズダンスをすると言い出して帰国。「パパを手伝って欲しいのに」な母親だけど、シネは「ジャズダンスは良いよ。習ってる友人も多い」と庇う。
で、ミンヒョンのパク・ヨンハさんだが、でぶってるな~。

帰国便でたまたま一緒だったジャズダンサーのエリを見かけます。空港で「テレホンカードかりたいんだけど」とカヒに声をかけます。
お迎えのジンソプとシネは遅刻。ミンヒョンは私のせいで留学したから仕返しするかな~」とか心配してるシネだけど、ミンヒョンは明るく接して、気楽にシネに「マッチ売りの少女は元気にしてた?」とか額にキス。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 恋歌 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

食客 22-24(最終)話

もっと知りたい!韓国TVドラマvol.28 (MOOK21) (MOOK21)終わりました~。個人的に、このドラマはポンジュをメインで見てた。だって、ソンチャンに魅力を感じないんだもん。料理の天才性って、ドラマでは味も香りも伝達できないから、表現しにくいんだな。韓国料理になじみがあると違うのかな?調理法から味が想像できると、もう少し「おいしそう」って思うのかもしれないけど、見た目もイマイチだしな~。
ソンチャン、なんていうか無神経なところがあるじゃないですか。アボジも酷かったけど、「そりゃポンジュが正しいんじゃ?」とか、「ポンジュの気持ちは無視なのね・・・」ってのが多すぎた。

22話
税務調査。アボジは「心当たりはないのか?事業拡大にばかり気を取られて大事なものを亡くしたのでは?」とか言う。で、ソンチャンが看病するのかよ。あんたは遠慮しなよ。ポンジュが可哀そうだ。アボジも、分かってるならポンジュを大事にしてあげてよ。今さら「冷たいと恨んでるんだな・・・」って、当たり前だと思うよ~。だって、露骨にソンチャンばかり持ち上げてるもん。「昔のポンジュに戻してくれ」って、それをソンチャンに頼むのは、余計にこじれるってば。

雲岩亭は理事たちに見放されポンジュは追い込まれる。アボジは「かわいそうに。私の責任だ。済まない」とやっと言ったね。ソンチャンは、独自に理事たちに接触しようとするけど、店を投げだしたソンチャンの話を聞く人なんて居ないよな。

ジュヒも「捨てられたんじゃない」と父親に説明しなよ~。ポンジュは「なぜ、こんな仕打ちを?」とジュヒ父に問い、膝をついて赦しをこうが、「辞めろ」と要求するジュヒ父。
ジンスが、ジュヒ父に「ホテルで見かけましたよ?」と言ったのでジュヒは何かを気がついた。

松本会長を取材に行くジンスだが断られる。食欲がない様子の松本のために、「私が食べられそうなものを探してくる」という。松本会長ってのは、あの若い雲岩亭に食べに来てた人じゃなくて、もっと年齢の高いトップが居るんだね。
松本会長は、ジンスが書いた記事を見て、ソンチャンに会いたいと言い出した。雲岩亭を助けてくれるかもしれないと、松本会長に会いに行くソンチャンとジンス。エビ料理をリクエストする松本会長だが、「今は余裕がなくて、日本に帰る前に準備します」と帰ってしまうソンチャン。

雲岩亭では臨時理事会が開かれ、ポンジュの責任が問われる。厨房の皆は、なんだかんだとポンジュを支持してるんだけどね・・・。「これ以上、できることはない」といって旅に出てしまうポンジュ。ま、理事会の決定はポンジュにはどうしようもないもんな~。

厨房に入り、皆を元気づけるソンチャン。それはポンジュが傷つかないか?厨房を守るとか言ってるけど、都合の良い時だけ戻ってきてるって感じで、ホント、好きになれんな~。

ジンスが「黒幕は松本会長だ」と掴んだ。松本会長の元へ向かうソンチャン。ってお客様は放り出すんか?
「雲岩亭を通じて、韓国料理を世界に広めたい」という松本会長。「韓国料理を日本食化するのが、韓国料理の世界化ですか?」と聞くソンチャンに、「あなたが雲岩亭を担当して、韓国料理の味を守り、世界化してくれ」という松本会長。「韓国料理を日本料理にして儲けるのは間違ってる。雲岩亭は私が取り戻します。」というソンチャン。

アボジは、背後に松本が居ると知って怒ってる。過去に因縁があるんだね。松本はダメだ!と言ってる。病状悪化で「ポンジュに会いたい」アボジのために、ジュヒが探しに行きます。
急いで帰ったポンジュの手を取って「つらかっただろう」というアボジ。ごめんなさいというポンジュに、「悪かったな」とアボジ。「この味を守るのがお前達の役目だ。お前達が力を合わせれば雲岩亭の道は開けるはず」と、ソンチャンとポンジュに種醤を渡した。
横で寝るソンチャンに「3人で釣りに行こう。楽しかったな。ポンジュは釣りが得意なんだ」という誇らしげにいうアボジ。静かに息を引き取りました。
添い寝の役をなんでポンジュにやらせてあげないんだ!と思ったけど、アボジの思いをソンチャンがポンジュに伝えるって展開のために必要だったのね。


23話
アボジの葬儀。俺は最低だ。アボジが作り上げたものをぶち壊した」と自分を責めるポンジュを抱きしめて、「悪いのは陥れた人間だ。父を止められなくてごめんなさい」と謝るジュヒ。

「アボジの遺言を守ろう。兄貴と俺で雲岩店を取り戻そう。俺は、ヒョンの下で働きたい。もう失うものはない。兄貴さえ一緒にやってくれるなら出来る」というソンチャンに、「自信がない。もう終わった。お前も俺も、出来る事は何も無い。もう、終わりにしよう」と去って行くポンジュ。ソンチャンが店から逃げている間に、ポンジュはやるだけやったからね~。「俺は絶対に放棄しない」と叫ぶソンチャン。

松本会長の素性を調べるソンチャン。アボジのもとで熱心に修行してたが、「料理に命をかけた。味のために毒を使って客が体調を崩した。それで出ていった・・・。

ミヌは「協力したんだから、僕に任せてくれる」と思ってるみたいだけど、松本会長はソンチャンに会いたいと思ってる。
「エビの料理で私を感動させれば・・・」と言われて、料理を作るソンチャンだが、「心がこもっていない。」と言われてしまう。作り直しても「怒りが込められてる」と松本会長。ソンチャンは「食べる者の準備が出来ていないからではないか?」と反発。
「アボジが作ったエビ料理を食べたかったが、かなわなかった。でも、テリョンスクス様の末裔であるソンチャンに会えて良かった。私の行為が不当だと思うなら、雲岩亭で実力で証明して見ろ。勝てば手放す。負ければ私に協力しろ」と松本会長。対決する事を決意するソンチャン。料理の主題は、韓国料理の世界化。

一方、雲岩店を出て行くポンジュ。ジュヒに「辛い思いをさせて悪かった」とかいうけど、この二人はジュヒが常に一方的に傷つけてたよ。厨房を掃除して、別れを告げるポンジュのところにミヌがやってきた。「松本の思惑が分かった。雲岩亭はソンチャンに取られるぞ、松本とグルだったんだ」というミヌ。ポンジュ、かわいそすぎる。
ソンチャンに問いただすポンジュ。「立派なショーになるな。勝手にやれ」というポンジュ。確かに、ソンチャンはショー的な部分ではいつも目立ってポンジュが引き立て役になるけど、店の日常を背負ってきたのはポンジュなんだよね。「ヒョン、店を守ってくれてありがとう」ってソンチャンが言えば、かなり変わると思うんだけどね。
「兄さんのために勝つ。店を取り戻す」とか言ってるけど、それがポンジュを傷つけてるんだよ。スタンドプレーしまくりで、対決するってことをポンジュに相談してないのが悪いって。

対決前日。「兄貴、明日だ。辛い。自信がない。俺が初めて雲岩店に来た時みたいに、兄貴が孤独から守ってくれ」とポンジュの留守番電話に入れるソンチャン。(ほんと、都合良いな。あんたはポンジュの孤独をまーったく理解してないくせに)
ソンチャンは、雲岩亭から放り出されたミヌにも、「戻って来い」と説得。

料理対決が始まった。ミヌも手伝ってくれる。
ポンジュはアボジの墓に居ました。チャンイが迎えにきて説得。「松本は怖い相手だそ。韓国料理を世界に広めるために頑張ってきたんだろう?」

前菜で、エビ塩辛のソースを使ったサラダを出した松本会長チームは30点。雲岩店は29点。
メインディッシュ対決が始まるが、重圧に耐え切れず包丁を落とすソンチャン。
そこへ、ポンジュが!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 食客 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

食客 1話

「美味しんぼ」かと思ったけど、厨房物語なのね。音楽が妙に盛り上がるけど、ストーリーはイマイチかな~。ソンチャンが絶対的な才能を持った存在になってしまってるので、対決ものとして面白く出来るかが不安材料。

★ソンチャン (キム・レウォン):朝鮮末期王の寵愛を受けたデリョン熟手 ( 宮廷専属の料理人 ) の子孫。十歳の時、祖父の友達の息子:オ熟手が尋ねて来てソンチャンはソウルに上京。その家の息子ポンジュとともに育てられる。
★ジンス(ナム・サンミ):食べ物に特別な関心と造詣があり、食べ物コラムニストが夢という彼女が、ソウルで一番先にやってみたかったのは韓国最大にして有名だという雲岩亭で料理を味わうこと。
★ポンジュ(クォン・オジュン):オ熟手の息子。ソンチャンが料理をするようになってから心を入れ替えると、父親の問題は減った代わりにキッチンのドンキホーテソンチャンはポンジュの問題になる。 そんな中でもソンチャンとの友情だけは変わらなかった。
★ミヌ(ウォン・ギジュン):ポンジュ、ソンチャンとともに雲岩亭の 3 大首席料理人。韓国で一番難しいことで有名な関門を突破して雲岩亭の厨房に入城。優秀な頭脳に粘りと誠実を兼備した努力派、実力派。
★ジュヒ(キム・ソヨン):オ熟手の秘書。巨大雲岩亭を導いて行く主要メンバー、オ熟手の利き腕。
★オ・ソングン熟手:雲岩亭という国内最大の韓国宮廷料理店を営み、韓国のデリョン熟手の台を受け継ぐ待礼熟手。ソンチャンを実の子以上に心をつくして育てる。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 食客 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イブのすべて 19・20話

チャン・ドンゴン氏はひたすらにカッコ良い役でしたね~。チェリムも凄く良い子を嫌みなく好演してました。そして、悪女全開!のキム・ソヨンちゃんと、情けない男!ハン・ジェソク氏のドロドロ愛。ヨンミのやる悪だくみが、ホント浅知恵だったので、「なぜ、男連中は気がつかないんだ~」って、そればかり思ってましたね。気が付いても「愛してる」なムジンも凄かったけど・・・。


19話
ムジン、救急に運ばれるも、そのまま死亡。無表情なヨンミが悲しい。そして、間に合わなかったお母さんも・・・。 「あんたが殺したんでしょ?あんたを殺して私も死ぬ!!」気持はよーく分かる。ムジン、自分でも言ってたけど、ソンミのために狂った人生だったもんなあ。自分で望んで狂ったという感じもあるから、仕方ないけど。
局で連絡受けたソンミも愕然。ヒョンチョルが素早くフォローして、付き添って病院へ。葬儀でも、ずっとソンミを支えてくれます。「泣き虫の癖に、頑張って偉い」ってヒョンチョルに、「叔母さんを支えるのは私しかいないから。でも先輩がいると泣きそうだから、帰って」ってホントに頑張ってます。「泣きたくなったらおいで」と言ってくれたヒョンチョル。一通り終わった後に、ヒョンチョルの自宅で、思い切り泣いたソンミ。

ヨンミは「仕事がある」って葬儀にも行ってない・・・。「アレは事故。私のせいではない」といい、番組でも笑ってみせるヨンミに、周りは呆然。ヨンミなりに、苦しいし、会わせる顔がないんだろうけどねえ。社内でも批判の的。車に「殺人者」とか書かれちゃったり、カメラマン(ムジンの同僚が一緒の仕事を嫌がったり・・・。
叔母さんは、ムジンのものを「ヨンミに渡してほしい」と、ソンミに託した。「お兄ちゃんは、あなたを本気で愛してた」というソンミに、「何の意味もない。おばさんに、足を引っ張るなと伝えて」と悪ぶるヨンミ。あんたの破滅を見届けてやる!ってソンミも流石に言葉がきつい。ヨンミも、「見届けてほしい」て思ってるな。

チョジェが、うっかり、ソンミとヒョンチョルのことを記者に話しちゃった。ジスクが、友人の伝手を頼って、記事にならないように根回ししてくれた。でも、逆に確定を出しちゃったか??
ジュヒの後任。ヨンミに悪い評判もあってソンミを押すソンダルだけど、ヒョンチョルとの仲を指摘して反対するキム理事。それを聞いても、「握手しましょ」とか喧嘩売るヨンミ。悪いタイミングで、「ヒョンチョルの恋人だから選ばれた」って記事が出ちゃう・・・。結局、9時のニュースはヨンミに。どうしても、スキャンダルの件は疑われちゃうよね~。今回はヨンミじゃないけど、今までの行動が悪すぎる。アナ室でも、批判の的になってしまう。

チョジェとジンスに事情を聞いて、ヨンミに「あんたじゃない。なんで、やったかのようにふるまう?何をたくらんでる?私をわざと刺激して楽しんでる?」と問い詰める。ヨンミは「私は、ホ・ヨンミ。あんたこそ、何を考えてる?」だって。

ヒョンチョルは、スクープした記者と会って、「結婚まで協力してください。情報はだすけら、私のフィアンセを攻撃するな」と穏やかに交渉。ま、OPENになって良い面もあるからね。ヨンミにも、ちゃんと話をしてくれるって、頼れるなあ~。
ヒョンチョルを心配するソンミに、「二度と病気も怪我もしないし、運転も気を付ける。お前を一人にはしない」と、かっこいいヒョンチョル。

ヨンミにはインスが付きまとってる。しかしヨンミは、まーだインスを使って何かをしようとしてる・・・。ムジンの写真に「復讐してあげる。インスと私をを許さない。そして、一人にしないわ・・・」って話しかけてる。あのビデオテープをもう一度見たヨンミ。続きをやっと見ました。「こんなテープ捨てろ」といいつつ、二人の楽しかった時の映像が編集されてる。そこには、ヨンミの無邪気な笑顔が沢山あって・・・。ムジンが見てたヨンミは、こんなヨンミだったのか~って感じ。「結婚しよう。お前の過ちを俺は許せる。だから、お前も自分を許し、自分を憎むな。自分を愛せ。俺の愛してるヨンミを大事にしてくれ」だって~。ムジンも早く見せろよ~って感じだな。

インスは傷害罪で逮捕。道連れにしてやるって大騒ぎするインス。ヨンミは墓参りして、「傍に行こうと思ったのに、許すっていうから行けないよ・・・。何をすればいいの?」な状態に。ムジン母に、膝をついて「私が間違ってた」と謝るヨンミ。やっと分かったか~だよね。「なぜ強がりを言ったの?ムジンの愛した子を責めた私が悪い」という母は、やっぱり凄い人が良いんだな~。私なら、やっぱり簡単には許せないと思う。

ヒョンチョルの所に、ヨンミの資料が届けられた。9時のニュースはソンミに。
叔母さんの店の前のバス停に立ち尽くすヨンミ。そこへやってきたソンミと出会います。濡れてるヨンミを、自然に拭いてあげるソンミ。いい子だ~。ヨンミ「私たち似た者同士かも~」って、それは、ずうずうしいって!!ホントは優しい子と言われても、実際に優しく出来る人とは違う。「嬉しくない」というソンミに、「持ってるモノの価値が分からないあんたが憎い」というヨンミ。「欲にまみれて大事なものを守らないあんたが理解できない」というソンミ。「私が羨んでたの知ってた?」というヨンミに、「私も羨ましかった」と答えたソンミ。ソンミから握手を求めて、やっと握手したよ~。

ヨンミは、辞表とは別に、ヒョンチョル宛ての手紙を。「すべてを放り出していく私をお許しください・・・」驚いて駆けつけたソンミとヒョンチョル。だけど、消えてる・・・。自殺か~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イヴのすべて | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イヴのすべて 1話

LaLa公式
テレ朝公式

韓国からイギリス留学している財閥の息子・ヒョンチョル(チャン・ドンゴン)。母を捨てた父を待ち続けたまま、死亡したと連絡を受けて帰国。父親に対して背を向け続けるヒョンチョル。財産目当てで結婚して母を捨てたと思いこんでるヒョンチョルに、「物乞い扱いする親戚の前で自尊心を保てなかった」という父。再婚した妻や幼い弟いる家には居たくないと、ヒョンチョルは出て行ってしまう。

アナウンサーになったユ・ジュヒ(キム・ジョンウン。面影あるけどメイクと整形で顔が違うわ。これは2000年作品)と、アナウンサーの先輩ソンダル。ジュヒとヒョンチョルは幼馴染で、ソンダルも共通の先輩。

美しい娘・ヨンミ(キム・ソヨン)。幼いころに母親は家出、酒に酔って暴力を振るう父親と二人で地方のスラム街に暮らしていた。が、建設現場の事故でその父親も亡くなり、天涯孤独の身になってしまう。
貧しく惨めな暮らしから這い上がるために必死で勉強してきたヨンミ。良い思い出以上に、辛い思い出ばかり。実は、父の事故死の補償金で大学の入学金が払えると、内心喜んでいた。まとわりついてくる腐れ縁のチンピラ・インス(チェ・ジュニョン)も含め、一切の過去を捨てようと、思い出の品を整理して、転居しようとするヨンミ。

建設現場の工事責任者で根っからの善人ギソン(ヒョン・ソク)は、ヨンミが自分の娘のソンミ(チェリム)と同じ歳だと知り、深く同情。
ソンミは明るく誰にでも愛される娘。除隊してきた近所の幼馴染ウジン(ハン・ジェソク)に恋してる。ハン・ジェソクさんとチェリムは共演多いですよねカメラマン志望のウジンは妹としか見てないんだな。でも、浮気者にはやれません!って言ったり、果物食べさせようとしたり、なかなか保護な兄貴だな~。

ヨンミとソンミが同じ大学に合格していると聞いて、ソウルでの下宿を世話することを約束したギソン。入学式を前にソウルにやって来たヨンミは、ギソンの紹介で、ウジンと先輩ジュンモの写真の作業室に寝泊まりさせてもらうことに。そこで、ギソン・ソンミ父子の写真を見て、羨ましいヨンミ。

アナウンサーのソンダルはギソンの後輩で、ウジン母子も含めて、家族くるみの付き合い。ソンミの入学式には、皆でお祝いです。
ジュンモに付き合ってもらって入学式にきたヨンミと、ソンミは初めて出会います。二人はアナウンサーを目指して、放送学科・・・。ヨンミは科のリーダーに立候補。父親を国会議員って嘘ついたりして、気の強さを発揮します。チョジェという友人。ヨンミ・ソンミは、ウジンに迎えに来てもらって、ジュヒの中継の見学。ソンダルの紹介でスタジオ見学したのに、しっかりアナウンサー席に座る図太いヨンミ。
それでも、ウジンと親しく暖かく包まれているようなソンミに、ヨンミは嫉妬します。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イヴのすべて | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |