FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月
素晴らしかった!!ダメなところもあるけど、温かくて優しい家族でしたね~。特に、コ・ドゥシムは本当に花のようでした。やっぱ、上手い!!上手すぎる!!

ぼけてしまって、子どもたちのことも忘れてしまった母。自分が面倒をみる!と言い張って、疲れ果てて、母を見失ってしまったジェス。
自分を悔やみ、そして母を恨む気持ちも出てくるけど、ここは経験者の伯父さんが素晴らしいアドバイスを・・・。「恩返しが出来なかった俺の兄は、母を失って今でも悔いの涙を流している。恩を返すのは自分のためだ」と・・・。
それは、あの愛人にも言えることで、一生懸命尽くして、世話をしてあげられたことがとっても嬉しそうだった。
最終的に、ヨンジャさんが幸せ暮らすために、花が沢山ある田舎で暮らせるようにと、ミオク夫婦が田舎に行くことに。ヨンオクさんに、田舎の大学に職があったのも良かったね~。
最後は、花いっぱいの家でみんなで幸せそうに終わりました。


あらすじ(公式から)
寝る間も惜しんで母の世話をしていたジェスは、とうとう疲れ果て仕事帰りのバスの中で寝込んでしまう。その間に1人でバスを降りたヨンジャは知らない場所で道に迷ってしまう。ミオクとミスは必死にヨンジャを捜しまわる。やっとの思いで捜し当てた時、ヨンジャは娘の顔が分からなくなっていた。病気が徐々に進行する中、ミオクたちはこれまでとは違うヨンジャへの接し方を模索し、新たな出発をしていく…。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花よりも美しく | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花よりも美しく1・2話

花よりも美しく DVD-BOX1花よりも美しく DVD-BOX1
(2008/07/09)
キム・ミョンミンコ・ドゥシム

商品詳細を見る

コリタメ公式
脚本、ノ・ヒギョン(グッバイソロ)で、優しい話って感じです。
【登場人物】
コ・ドゥシム(イ・ヨンジャ役)早くに両親を亡くし、無学だが気持ちだけはピュアな女性。彼女を知る人は、その純粋さが心を和ませるという。兄の紹介で口減らし同然に結婚。彼の子供を産み、仲睦まじく暮らしたいと願うが、その夢は結婚とともにはかなく破れる。妻を家政婦程度にしか思わない夫は、自分の母親が亡くなると、さっさと家を出て女のもとに。
ペ・ジョンオク(キム・ミオク役)ヨンジャの娘。大型スーパーの魚屋で働いている。3年間別居した夫とようやく離婚し母と暮らす。母親を苦労させる父を恨む。純粋さだけが取柄の母には経済力がなく、高校生の頃から家計が重くのしかかっていた。食堂のアルバイト、新聞配達などで働き、大学も途中で諦めざるを得なかった。家族の犠牲になるしかなかった自分とは対照的に、奔放に暮らす妹のミスとケンカを繰り返す。
ハン・ゴウン(キム・ミス役)ミオクの妹。チャントゥ社のキャピタリスト(投資審査役)。理性的で几帳面な性格。大学在学中は奨学金を受け、ミオクが反対する留学も経験し、有名なシカゴ社で認められる。すべてが順調で、自分に出来ないことはないと思い込んでいたが、人生が平坦な道のりではないことを、恋愛を通して学んでいく。家庭のある男を好きなった自分を責め、時には腹を立てて、傷つきながら成長していく。
★キム・フンス(キム・ジェス役)クラブの客引きでその日暮らしをする問題児。母を恋人の用に慕う家族思いの末っ子。亡くなった兄を殺した犯人を探すことに固執している
カン・ジファン(キム・ジェシク)一家の大黒柱として頼られる存在だったが、クラブで起きた不慮の事故で命を落とす。チャン・インチョルとは親友だった。
チュ・ヒョン(キム・ドゥチル役)男気だけを頼りに威張っていたが、年を取るごとに過去を振りかえり後悔する。妻のヨンジャに申し訳なく思いながらも、もう少し可愛げがあれば他の女と暮らすこともなく、子供たちにも軽蔑されずにすんだのだと、自分には甘い。チャンヒが生んだジェゴンという子を戸籍に載せることに反対され、ヨンジャに八つ当たりする。
パク・サンミョン(パク・ヨンミン役)地方出身で、貧しい家庭で育った長男。大学で教育心理学の講師をしている。消極的で恥ずかしがり屋。ミオクの叔父の後輩で、叔父の家に下宿している。ミオクに想いを寄せる。周囲からはバツイチなどとんでもないと反対される。
キム・ミョンミン(チャン・インチョル役)個人投資家。資産家の家庭で育つ。世間には"親の七光り"と見られがちだが、実力があり、業界ではその手腕を認められている。浮気性の父親が2度、3度と再婚を繰り返すのを見て、愛とは価値のないものだと達観していたが、親の勧めで結婚した妻を狂おしいほど愛してしまう。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花よりも美しく | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

神話16(最終)話

面白かった~。キム・ジスさんが美人で悲しくて、ちょっと暗くて。物語にぴったりとマッチ。デウンを思い続けるホンウンの強さも、ミソンの芯の強さもカッコよかったです。


公開買い付けの前に何とか株を買おうとするソヨンたち。ミレ電子じゃなくてチョンボ電子の株を買ってるのか。
ホンウンに「特許権が降りた。これを担保に銀行から金を借りる」というデウン。市場の人たちまでチョンボ電子の株を買うようにお願いしてる。しかし、テハの側につくんじゃないか?という株主が判明して、あと3%が必要に。
チョン会長が不自由な体を引きずって、隠し財産をミソンに示してくれた。デウンがホンウンに「僕たちの名前で買おう」っていうの感動したよ。で、チョンボ最大株主として株主総会の開会を要求。
気がついてなかったテハ、アホやね~。それに、部下がうらぎってるみたいだよ~。それでも、テハは何とか株を買い戻し、隠れた味方企業のお陰で、なんとか立場を逆転できそう?

総会に出席するデウン。ホンウンがそっと寄り添って手助けしてるのが泣けます。
市場の皆さんの小額株を集めて再逆転。ミソンも、ソヨンも敵になってしまってて、テハ愕然。
テハ、母の墓参りして涙・涙・・・。

その後、すぐにデウンは手術。でも既に失明してて移植を待つしかない状況に。
ソヨンの顔に触れて「泣かないで」ってデウンは~。ま、手術を後回しにしたのはデウンだからな~。ソヨンばかりが悪いんじゃないよね。

その病院に、テハがやってきた。「満足か?なぜここまで、幸せになることもできたのに」というテハだけど、「私のせいでデウンさんが失明した。なぜ、互いを大事しなかったのか?なぜ、傷つけたの?」と泣くソヨン。「分からない。ただ、愛していた。これが愛する方法だった」とかいうテハ。

しかし、ソヨンは「不正処理の証拠集め」をしてて、これでテハを攻撃してデウンを守る予定なのね。チョン会長からテハが奪った裏金の証拠を、ミソンが手渡してくれたので、それを元に警察に告発してたんだ。
話し合う二人のところに警察が。「子供は生んでくれ」ってそれだけ行って去るテハ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 神話 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

家族の誕生

リンク: 家族の誕生 (限定版) (韓国版) DVD - YesAsia.com.
リンク: ムービー[映画] > 映画紹介 > 家族の誕生.
テウン氏出演の映画です。
出番は少ないですが、めっちゃおいしい役どころで、2006 第14回 春史大賞映画祭/男子新人賞をいただいております。
日本での公開もあるはずなんですが、待ち切れずに見ちゃいました。英語字幕だったので、日本語字幕で見ると印象変わるかな?と思いますが、とても美しい映画です。こういう佳作をもっと上映してほしい。
3つのストーリーがラストに一つになった瞬間に、家族というものの形が見えてきます。上手いって唸る構成。
そして、テウン氏ですが、純で可愛い憎めないダメ男がハマリすぎ。汚れた生活臭がする夢見がちな中年男。はぐれ者としての浮遊感と、実在してる人間のように感じさせる体温を表現しています。監督が、作品について「見終わった時に童話のように感じてほしい」と発言しているそうですが、テウンさんの演技もそんな感じがよく出てると思います。いやあ、上手いっす。腹たつけど、でも、惚れてしまう年上女性達の気持ちがわかります。親父になっても弟キャラってアリエルのねえと感心しました。
彼は描写がもっとも少ないメインキャストなだけに、彼のその後や過去が気になります。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |