• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

その女 1話

その女 BOX-I衛星劇場
(SBS 2005年 全20話)
演 出 イ・ヒョンジク 脚 本 ソ・ヒョンギョン
★ユン・ジス(シム・ヘジン):12 年前に結婚したチョン・ジェミンとの間に娘一人をもうけた専業主婦。鼻を育て、掃除も料理も完璧にする“良妻賢母”。夫のジェミンは、貞淑な彼女が不満で、退屈してた。
★チョン・ジェミン(チャン・ドンジク):ジスの夫、国文科助教授。大学院時代、ジスの家を間借りしていた。ジスを気に入った父親の説得に負け、彼女と結婚する。
★オ・セジョン(オ・ユナ):パーティー企画社“レッド・パーティー”のプランナー。美しく、洗練されていて、セクシー。恋愛経歴は華やかだが、決して二股はかけない。
★ク・ドヨン(チョン・ソンファン):ケーブルテレビ局・ドンソ放送のPD。カンナムでインテリアショップを営む両親のもとに生まれ、1男1女の長男。写真が趣味で、野生の花に魅せられている。放送の撮影で知り合ったジスの純粋なイメージに惹かれる。
★カン・ソクジュ(イ・スンヒョン):チョンソンの夫。事業家に生まれて、当たり前の手順のように貿易学科を受け継いた
★ハ・チョンソン(キム・ジョンナン):カン・ソクジュ社長の妻。セジョンの大学の先輩で、ジェミンの高校の友達。
★ハン・ソンニョ(ユン・ミラ):ジスの母。娘二人育てたが、夫が女と出て行ってしまう。夫が戻るのを待ち続けている。
★ユン・ミンス(キム・ジウ)ジスの妹。大学女性学講師。
★チョン・ダイン(チョン・ミナ)ジスとジェミンの娘。
★チャ・ミョンジン(キム・ジュンソン)チョンソンの年下の恋人。早く親を失って工事現場で働いた。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| その女 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

カムバック!スネさん13-16(最終)話

カムバック!スネさん DVD-BOXカムバック!スネさん DVD-BOX
(2008/04/23)
シム・ヘジンパク・ジニ

商品詳細を見る
面白かった~。今みてるストックのヨンジュを演じてるパク・ジニさんが、ナイスボディなチョウンなんですよね。全然違う役なので、面白かったです。


13話
事故をやってみる!ってギリギリでスネが根性なしに。迷っているうちにトラックに充てられて軽い鞭うちに。
どうすべきか??チョウンは一人で暮らしたい。スネは息子と暮らしたい。元に戻ったふりをして元に戻る。互いに協力し合って、チョウン(外見スネ)はチョウンの姿のスネとチャンとの間を取り持つ・・・。外側チョウン(スネ)は「離婚する」と夫に言わせるように動くと・・・。中身が違いすぎるから、演技が大変そうだけど、頑張れ。
チョウンは消しゴム投げと料理の勉強、韓国語なまりの下手な英語も。チャンには厳しく、夫はボコボコになぐってやる!!ご近所さんとも歓談。スネは毎日の体操、カロリー計算、家ではだらしなく、しかし、美容のための作業は欠かさない。役者志望の弟には厳しく!

スネとチョウンとジュンスクとで、チャンつれて遊びに。チョウン姿のスネを嫌がるチャンを、スネ姿のチョウンが「友達なの」ってやって、なんとか同行させたけど、難しいよね。食べ物、そして叩かないってことで、段々とチョウンになつき出したチャン。

ヒョヌと飲みに行ったチョウン(外スネ)。心に合わせてカクテルを作るというバーテンが作ったのは、チョウンのために出していたオリジナル。ヒョヌはかなり驚いてます。しかし、「今のチョウンは昔と違うけど、凄く楽しい。」っていいつつ、始めて会ったときからの思い出を語る。「彼女の心や考え方を愛したんだ」って、チョウンは揺れちゃうよね。

ヒョヌはチョウンのグループをディナーに招待。そうやってでも会いたいっていうヒョヌに、もうやめてというスネ(外見はチョウン)。それでも、しつこいので、夫が「彼女は、お前のせいで自殺までしたんだ!」と殴った。それでも、めげないで夫なぐってチョウンを連れ出す・・・。「記憶の中のチョウンでなく今のチョウンを愛してる」と言い出すチョウン。チョウンが「私がチョウンなのよ。私がここにいるのに」って言いだしちゃった。なんで、チョウンがヒョヌに名乗るのはダメなの??スネが得するだけじゃん??
ヒョヌは、「おばさん、僕たちを別れさせたいんですか??」とチョウンを責める・・・。チョウン可哀想すぎるよ。「愛してるのに、どうして見えないの??私がチョウンなの。体が入れ替わったの」と言っちゃった。

チョウンのサムチュンは、デスクのチキン屋でバイト。文句いいつつ、がんばっとります。


≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| カムバック!スネさん | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

カムバック!スネさん 1・2話

カムバック!スネさん DVD-BOX
Mnet公式(全16話)
スネ(シム・ヘジン)は結婚10年目、すっかり韓国の典型的なおばさん。
若くて美人なチョウン(パク・ジニ)が現れ、夫イルソク(ユン・ダフン)との離婚を求めてきた。しかし、二人は事故で魂が入れ替った!
チョウンの姿になったスネはゴルフ財閥2世のヒョヌ(イ・ジェファン)に出会う。
<登場人物>
シム・ヘジン(ホ・スネ役)
典型的なおばさんスタイルでさばさばとした性格。夫、姑、息子と平和に暮らしている。ある日、夫に愛人がいることが発覚。
愛人、チョウンと乱闘の末事故に遭い、彼女と魂が入れ替わってしまう。愛人の姿になり戸惑うが、ゴルフ財閥2世のヒョヌと出会い、チョウンとして生きる道を探す。
パク・ジニ(ハン・チョウン役)
几帳面でしっかり者、女性らしさと完璧な美貌まで兼ね備えている。傷ついた心を癒やしてくれた上司、イルソクと愛し合う関係に。スネに離婚を求めたが乱闘の末事故に遭い、魂が入れ替わってしまう。おばさんとして生きていくことに絶望を感じ、自分の罪の重さを悟る。
・ユン・ダフン(ユン・イルソク役)
自己中心的でお調子者の男。夢だった航空機の機長に就任し、順風満帆なはずが人生の目標を失い、若くて美しいチョウンと愛人関係に。ところがある日、妻のスネと愛人のチョウンが入れ替わってしまい痛い目に遭う。2人の心をつかもうと努力するが空回りする。

えーっと、毎日放送で、あらすじを追ったレビューするのは無理!なので、簡単に感想だけ書いていこうと思います!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| カムバック!スネさん | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。