FC2ブログ
  • 11月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 01月

≫ EDIT

威風堂々な彼女1話

FBS公式
MBCjapan公式
【概要】
ある夫婦の元に、子供を身ごもった女性が現れる。その女性は、女の子供を産むと同時にこの世を去ってしまった。夫婦は仕方なく、その子供を同時に生まれた子供と双子として育てることにする。
たくましくて元気が良いウニ(ペ・ドゥナ)と、勉強が出来て大人しいクミ(キム・ユミ)、ふたりは自分達が双子であることを疑わず成長する。 ウニがはじめて好きになった男の子がジフン(カン・ドンウォン)。二人の思いは通じかけるが、自分もジフンを好きになってしまったクミに邪魔されてすれ違ってしまう。
そんなある日、テソン食品の会長が現れ、ウニかクミのどちらかが自分の息子の子供であると言う。母ギルリョは、クミが会長の孫娘だと言って手放すが、本当の娘はウニであった。ウニは、事実を知らずに貧しいながらもたくましく成長する。
ウニはひょんなことから、つぶれそうな会社カイン食品に就職することになる。しかし、カイン食品の後継者インウ(シン・ソンウ)は、つぶれかけた会社を自分に押し付けた父を憎み、会社を再建させようという努力を見せない。みかねたウニは、あの手この手で営業作戦を開始。インウは、そんなウニの姿を見て心を動かされる。
ウニこそが本当の孫娘だと知ったクミは、自分の座を奪われまいと、ウニを妨害する。シングルマザーとしての子育て、母の病気、借金、クミの妨害にも負けず明るく逞しく生きるウニだが、しかし、とうとう自分の出生の秘密を知ることに…。
【キャスト】
ペ・ドゥナ(ウニ)
キム・ユミ(クミ)
カン・ドンウォン(ジフン)
シン・ソンウ(インウ)


ペ・ドゥナちゃんは大好きなんですが、作品選びは謎なんですよね。当たり外れがでかいというか・・・。カン・ドンウォンさんも、マジック挫折したことあるし、ちょっとキャスト的には不安。ふたり、ドゥナちゃんの方が目が可愛いけど、顔立ち似てるよね。だから、割合「お似合い」にはなるかなと思ってます。

ただ、ドゥナちゃんは本当はシンデレラって構図なのが不安なんだよな~。主人公持ち上げドラマって好きじゃない。
色々と不安がありながらも「無料なんだし・・・」と見始めました。
1話は血のつながりのない二人が双子として生きていく経緯って感じ。亡くなった母が沢山のお金を持ってたから、それで引き取る気持にもなったという感じ。実はお嬢様だったのね。

ペ・ドゥナちゃんはやっぱり可愛いっすよね~。元気いっぱいで明るくて、問題児ではあるけれど・・・。クミの方は体が弱いのと、ウニのフォローしてるうちに、優しい優等生になっちゃったという感じなのかな。お母さんにしてみたら、クミにやるべき乳を分けたせいでクミの体が弱くなったと感じちゃうのかもね。愛情がないわけじゃないけど、へこたれないから気軽にポンポン言ってしまうって暗示かな。お父さんは「見た目は汚くても肥料になるフンや大地のような人に」と暖かく包んでくれる。

高校生になると、それぞれが「双子の片割れ」と友達になるんだよね。「子猫にお願い」でも共演してた双児ちゃんです。いじめっこで出てくるのは個性派脇女優のチョ・ウンジちゃんですね。
お父さんが事故にあって、二人は学校にやれなくなる。商業科に移って就職するが退学するか・・・。成績がクミまで大学を諦めさせたくない。農作業が好きなウニなら、一緒に農業やるというのも悪くないと思うお母さんの現実的な判断。



あらすじ(公式から)
1979年冬のある日、一人の男が、雪が積もった田舎の道で陣痛に苦しむ女性を見つけ家に連れて帰る。彼の妻もまた陣痛が始まり、二人は並んで一緒に出産を終えた。彼女は子供を生んですぐに亡くなり、遺族からの連絡もないため、男は一緒に育てる決意する。高校生になったグムヒとウンヒ。グムヒは優等生、ウンヒは問題児として全く似てない双子として成長していくが…。

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 威風堂々な彼女 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

日韓共同テレシネマ 結婚式の後で 前篇

監督 : キム・ヨンチョル
脚本 : 横田理恵
出演 : シン・ソンウ イェ・ジウォン ペ・スビン コ・アソン ユン・ヒソク イ・ヘヨン
ごくせんや一リットルの涙の脚本家さん。ホテリアーの日本版も担当されてるし、割と韓国ドラマは知ってる人なんだろうと思わます。
ここでも子役のコ・アソンちゃんが頑張ってます。3作とも子役大活躍ですね。韓国のドラマは、3世代・4世代が出るのが当たり前なんですが、これは短編と言うこともあるので、青年・中年世代(脚本家の世代)とその子供という二世代に絞って構成されているのかな??でも韓国の脚本家だったら、「楽園」の給食調理員のわけあり女性をお婆さんにしたりするんじゃないかな~とか思ったりしますね。

ジョンヒと付き合ってたソンホは、今はアナウンサーと結婚。でも相手から離婚を切り出されてる。ミレからしたら父親の大本命。
ヒョンウは硬物って感じだけどロンドンで酔った勢いで・・・。
ユン・ヒソクさんはやっぱりちょいトボケた音楽プロデューサーのギョンホ役。こちらもコンサートのあと酔った勢いで・・・。堅気ではないし、空気は読めないんだけど、優しい感じもあります。交際相手ではなくて相談相手だったというけど、泣いてしまったミレにチョコレートをくれるの。それが母親とおんなじで、ミレからしたら父親????と判断付かない感じ。
その他のメンバーもそれぞれに問題を抱えてる。事業をしてるソンジュは若い彼が浮気してるのを知ってしまうし、主婦のミニにも生活の苦労や、好きだったソクホをジョンヒに取られたってのが傷として残っている感じです。
ジホンのペンションと周辺に限定されてるとは言え、自然の中での撮影によって、「非日常=休暇」での出来事だということを強調してます。頻繁に入ってくる仕事や家族からの電話=日常があることで、それが際立っている感じ。



あらすじ
大学時代にバンド仲間として一緒に過ごしたジホンとユリの結婚式の日。郊外の教会には彼らのバンド仲間だった大学時代の旧友たちが次々と集まってきた。そんな日に、新郎のジホンは突然前妻から幼い息子ジェウォンを預けられてしまう。式が終わり、ジホンとユリの経営するペンションに集まったかつての仲間たち。だが、バンドメンバーの一人ジョンヒだけが姿を現さなかった。その夜、彼らの元にミレと名乗る15歳の少女がやって来る。彼女はジョンヒがシングルマザーとして生み育てた娘だった。ミレからジョンヒが交通事故で亡くなったことを聞き、一同は愕然とする。だが、ミレが皆のもとを訪れた理由は、実は父親を探すためであった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 韓流未分類 | 19:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

BS11公式
新入社員が途中で録画ミスがあったりして中断しているので、こっちも見続けられるか不安だけど、設定はまったく違うみたいなので、見てみます。
出演者・スタッフ
チェ・ガン・・・ムン・ジョンヒョク(エリック
コン・ジュヨン・・・ハン・ジミン
カン・ウニョク・・・シン・ソンウ
エリス・ジン・・・ユン・ジミン


1話
チェ・ガンは高校時代の喧嘩相手(いまヤクザ)に呼ばれて、部下になれと言われたけど断った。その帰り、なぞの黒装束の女と出会います。
ガンは、三流大学を卒業後、就職できずにいた。弟ソンは出来が良くてLKの社員なんだね。何かの間違いで大企業のLKの筆記試験に合格する(ここは前作と一緒)。LKの2次面接にいったものの、面接官に無視されたまま会社を後にする。

その帰り、途方に暮れていると、「あんたは体を張った仕事をしろ」と謎の占い師に言葉を語りかけられる。
その後、高校時代の友人と名乗る女性・ダリムに話かけられてついて行くが、詐欺に遭いマットを買うはめに。そんなガンが通りがかりと喧嘩してるのを見てる謎の黒服女。「なぜ、いつもアイツは出てくる?何もの?」とガンに不審を持っている。

マットを返品するよう叱られて返しに行く途中、ガンは高校時代の初恋の相手ジュヨンに会う。彼女を追いかけようとした時、車に轢かれそうになったお婆さんを助けると、いきなり、黒服に取り囲まれた!車に乗っていたのは韓国の大統領だったのね。
官邸に呼ばれて、感謝されるガン。表彰するって言われたけど断った。

ジェヨンは変装して、ホステスに就職。素晴らしい頭の良さで、ママを驚かせる。
このクラブの元常連・カン・ウニョク。奥さんを亡くしたのかな?一度は引退して牧場で働いてたけど、戻ってこいと頼まれて、特殊班に職場復帰。後を任されてたチーム長は、怒ってるな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 無敵の新入社員 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

12月の熱帯夜 17(最終)話

12月の熱帯夜 DVD-BOX 2 一話むりやり伸ばしたのかな?ちょっと短かったですね。案外あっさりしてるなと思ったら、最後の日記で涙がドバーっと出てしまいました。


姑は、家事に翻弄されてます。それでも、ヨンシムのありがたさを素直には感じないのが、この人らしい。ジファンは「家を出る。ヨンシムと結婚する時と同じように、今度も母さんは認めてくれると信じている。彼女を胸が痛いほど愛している」と宣言です。
ジョンウとムジュへ旅に出たヨンシム。暗くなりがちなジョンウに「どれだけバカっぽいこと出来るか競争よ!」って言ったり、明るく振舞います。でも、ジョンウは運転も大変なので、ヨンシムが交代したけど、運転下手すぎ。これで小言言われたりしているうちに、元気が出てきたジョンウ。こうやって遠慮しないでなんでも言えるってのが、病気も忘れて楽しく過ごせるってことなのかな

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 12月の熱帯夜 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |