FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

雲の階段 15・16話

15話
二人で逃げ出して、別荘に行ったジョンウォンとジョンス。びしょぬれのジョンウォンのために、俺は出てるから着替えてというジョンス。で、毛布にくるまったところで戻ってきて、温かくなるようにしてくれる。で、傍に居てとかいうジョンウォン。この女は~。一晩看病して、ジョンウォンは良くなったけど、ジョンスが高熱に倒れちゃう。

ユニは、ジョンスを送り出して、一人で雨を眺めてる。母に「歌を歌って」とねだって。、静かに泣きます。ユニはイイ女だな~。絶対に幸せになれるよ!!

ドボンは、落ち着いてますね。無免許の件は、病院としては表ざたにしないで処理すると言っても、黙って受け入れてる。でも心配は心配。ユニと話したら「便りのないのは元気な証拠」って励ましてもらった。

島の所長は、ソウルの院長に会いに行きます。所長の恨みのせいだと思ってる院長に、「ジョンウォンがさらわれた。拉致だ。それに横領で公文書偽造」という院長。所長は「何か問題あったか?」というけど、問題なかったのは「たまたまラッキーだった」んじゃないの?って気がする。

ジョンウォンとジョンスは、二人で仲良く暮らす準備します。が、そのお金はどこから?引き出しりカード使ったらばれるよね・・・。つまり、馬鹿なんだな・・・。露天の指輪を買ってとねだったりさ~。
ま、その夜に、ちゃんとした指輪を貰って、一夜を共にする訳です。朝起きたら、「買い物に行ってくる」というジョンスの置き手紙。しかーし、後をつけられてるよ~。で、連れ去られた、遅いと思ったジョンウォンが、車が乗り捨てられてるのを発見。父親のところに駆け込んだ。「見逃してくれれば、静かに元の場所に帰らせる。別れても良い」と願うけど、聞き入れられません。

結局、ドボンに頼ることになるジョンウォン。優しいドボンに、「医療事故の書類をくれ」というジョンウォン。これで父親を脅すのか~。

ジョンスを見はってた男が、体調が悪くなる。心臓病の持病があるらしい(なんて都合の良い!!)。で、ジョンスが判断して病院に送るも、院長が「受け入れるな」と指示。こうして、ジョンスがする状況に追い込むのか!

ここで、録画が切れちゃって・・・。でも、治療したせいで逮捕になったのかな?

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雲の階段 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

雲の階段 1話

シン・ドンウクハン・ジヘ、イム・ジョンウン、キム・ジョンヒョン
演出:キム・ヨンギュ 脚本:キム・シヒョン、ユ・ヒョンジュ
(登場人物)
★ユン・ジョンウォン(ハン・ジヘ):ユンジュン病院院長の一人娘。ユンジュン病院広報室長。
兄的存在のドボンとの政略結婚を予定してる。
ジョンウォンは、病院の広報を兼ねて訪問したウヨン島の小さな医院で働くジョンスと出会う。急性虫垂炎でジョンスの手術を受け、親しくなっていく。
★チェ・ジョンス(シン・ドンウク):頭脳が優秀で、苦労している人を見るとそのまま見過ごせない優しい性格である。しかし母親が再婚し、父に孤児院に預けられ、つらい子供時代を過ごす。父親の居場所を探してみるが、父親の行方は知れない。
大学進学を諦め、離れ小島のウヨン島に渡った。ビョン所長の勧めで病院の仕事を始め、患者の面倒を見て簡単な手術までするようになる。
ジョンウォンを手術したことで、医者と誤解されてしまう。
★キム・ドホン(キム・ジョンヒョン):ユンジュン病院の一般外科専門医。ドンジン製薬社長子息。
★オ・ユニ(イム・ジョンウン):孤児院でジョンスと出会った友人。今は食堂を営む母と暮らしている。看護師になり、ユンジョン病院の一般外科の看護師になる。


監獄で警ら官が倒れるという事件が。獄中のジョンスが呼び出され、「当直医がやったということに」とお願いして緊急処置。
彼が出てきた日、迎えに来たのは幼い男の子とジョンウォン。ジョンスが驚きと喜びを浮かべた表情が凄くイイ!
このラストに向かうまでを描いていくみたいです。
1999年。最後の新聞配達するジョンス。再婚して離れて暮らす母親のところに配達し、取りに出てくる母をそっと見てる。
看護師を目指す、配達先の食堂の娘ユニ。高校卒業と同時に就職を目指してる。父親さがしの件で知り合った刑事さんに頼んでるけど、まだ見つからない。医大合格確実の成績でありながら、大学進学をあきらめたジョンス。
同じ高校を卒業し医大合格したドボンは、ジョンウォンの祝福を受けていた。

7年後、ドボンはユンジョン病院の一般外科の医師。ユニが看護師として就職してきた。繋がらない電話でジョンスに語りかけるユニ。ジョンスはどこにいるのか?

ジョンウォン帰国。病院広報室長となり、さっそく忙しく働く彼女はドボンを相手にしてくれない・・・。携帯のプレゼントまで用意してあるのにね。

ジョンウォンの両親は冷めきってる。移植手術回数で名声を得る夫だが、裕福な人ばかりを見る夫に妻は反発してる。サービスを充実させたのは良いが、高級すぎて診療費が高く、患者が少ない。

ジョンスは島の診療所で助手やってる。縫合の練習してる。院長が知人のお通夜で出張。事故で怪我した漁師を迅速に処置するジョンス。それを「医療環境の悪い土地の視察」でやってきたジョンウォンが目撃。撮影したりしてるから、思わず怒っちゃうジョンス。提携の交渉をするも、あっさり断られた。
しかし、帰りの船に乗る前に盲腸で苦しみ出したジョンウォン。かなり長いこと痛みを我慢してたみたい。病院を移すというけど、天候が悪くてヘリも船もダメ。ドボンが何とか行こうとするけど船がない。
一緒に島に行った職員にも、ジョンウォンにも「信じてるから手術して」と頼まれる。院長にも、「お前がやれ。できるだろ?俺は隣にいただけだろ?一人でやれ。免許より実力だ」と電話で説教されて、手術を決意したジョンス。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 雲の階段 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |