FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

彼らが生きる世界 16(最終)話

彼らが生きる世界 DVD BOX I彼らが生きる世界 DVD BOX I
(2009/09/18)
ヒョンビンソン・ヘギョ

商品詳細を見る

終わりました。独特の空気があって、嫌いじゃなかった。でも何かが足りない感じ。コショウみたいなものが利けば良かった。

ギュホや、女優さんたちは魅力的でした。
ジオとジュニョンの絡みをもっと「ドラマを撮る」という監督の仕事と絡ませて見れれば良かったかな~。仕事をもっと具体的に描けば良かったんじゃないかな。美男美女で、恋愛ドラマとしては悪くなかったと思います。


「甘くないと分かっていた。相反する多くのことがもつれあうのが人生だ。分かっているつもりだった。でも違った」というジオの言葉で始まる。

港町でドラマの撮影を行っていたチョン・ジオは、撮影中に漁師の商売道具を壊してしまう。怒った漁師と助監督のヤン・スギョンはケンカになり、止めに入ったジオはスギョンと共に留置所に入れられる。そこで、スギョンとジオはなし崩し的に和解。
示談金を払うことで釈放されたジオたちだが、迎えに来たソン・ギュホにさんざんイヤミを言われる。
ギュホ、思わずヘジンに会いに行ってしまうけど無視された直後なんだよね。それをチャンと言って、自分の傷を見せるところが、この人の慰め方なんだろうね。怒ってるだけかもしれないけどさ。私はギュホ好きだ~。

スギョンはチュ・ジュニョンを呼び出し、フラれた腹いせにジュニョンを殴って号泣する。ようやく落ち着きを取り戻したスギョンはジュニョンと和解するのだった。
だからって、スジン先生のところに愚痴りに行くなよスギョン!!

ジオは再びジュニョンの家に出入りするようになり、痴話ゲンカしたりラブラブモードになったりと恋人らしい間柄に戻る。

株価操作の件で世間に騒がれている女優ユニョンは脚本家イ・ソウの家に身を寄せるが、アルコール依存症の症状が悪化する。そんなユニョンに局長キム・ミンチョルは献身的に尽くし、酒を断つよう説得する。

ギュホはヘジンに呼び出されて、車の中にこっそり会う。そして「俺に干渉するなと父にいいにいく」とキスして去ってしまう。ヘジンも「もう別れない」という。可愛いなあ。

ある日、ドラマ「愛について」の撮影中にジオは目がかすみ、俳優が運転する自動車の距離感がつかめなくなる。結局、自動車は撮影監督のギョンネに衝突し、ギョンネは入院するはめになる。激怒したミンチョルはジオを監督から降ろすのだった。
「ドラマのように生きることは可能だ。実際の人生でも大逆転がおきることがある」とジュニョンが思った直後の不幸。

実家に戻って農業の手伝いをしていたジオのところへ、ジュニョンが会いに来る。ジュニョンは目の症状を隠していたジオを責めるが、家に戻ったジオに母親が「ジュニョンの車がまだある」と言い、ジオは再びジュニョンの車へ。結局2人は仲直りするのだった。

ジオは無理をしない程度に監督の仕事を続けることになり、ジュニョンとの共同演出ドラマは高視聴率を獲得。ギュホは女優チャン・ヘジンとよりが戻り、ミンチョルは「ユニョンとは別れない」と娘のヌリに宣言するなど、それぞれの運は上向きになりつつあった。

ジュニョンが「ジオ先輩は”現実は苦痛に満ちているだからドラマでは希望だけを描けば良い”と言った」とナレーションをしてました。これを聞いてると、この「彼らが生きる世界」というのも、現実をかいたんじゃなくて「ドラマを作る人たちのドラマ」だから上手くいったラストになってるだけってことを意識しちゃって、ハッピー描写もちょっと冷静に見ちゃいました。

1年後、ユニョンはパク・ヒョンソプが演出するドラマで新たな役柄に挑戦。一方、ギュホはヘジンと結婚を発表。ジオはジュニョンの母親とすっかり意気投合していた。結婚を前提に交際中のジオとジュニョンは相変わらず何かあるとすぐに痴話ゲンカを始める。2人のドラマや美しい世界に対する思いがナレーションで語られドラマは幕を閉じる。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼らが生きる世界 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

彼らが生きる世界 1話

公式icon_41_5.gif
ソン・ヘギョちゃん、むっちゃ美人でかわいい。それを見てるだけでうれしい。
主要登場人物が監督ばっかりってのもどうかと思うんですが・・・。韓国ドラマはプロデューサーと監督の役割分担がないのかなあ?トップの監督になるとかなり広範に権力を持っているのかな?一方で、下っ端監督は、雑用満載って感じ?何せ、70分×2話を毎週放送するわけで、数チームに分かれての並行撮影も普通ですよね。

段取りが凄く悪いっていうか、日本の現場の段取りが凄く良いっていうのは、アジア圏の俳優さんがよく言いますよね。

【ストーリー】
正義感が強く人間味あふれるドラマプロデューサーのチョン・ジオ(ヒョンビン)は、以前恋人だった新人プロデューサーのチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)と同じドラマの製作現場で働いている。お互い性格の違うジオとジュニョンは撮影方法などをめぐり時としてぶつかるものの、恋人時代の思い出を語らえるような、お互いの心を理解しあった友人でもある。
ある日、放送日当日にドラマの放送テープに傷があることが発覚する。ジュニョンは、恋人で外科医のジュンギの誕生日パーティの準備中に、局長からの連絡を受け、会社の指示で破損している後半部分の再撮影に行かなければならなくなった。
時間がなくても妥協をしたくないジュニョンの撮影現場での無理な演出によって、撮影終了直後にスタントマンが事故を起こす。
何とか放送には間に合ったが、テープの傷の件と事故の件で、ジオは上司に怒られる。ジオは夜通し病院にいてスタントマンの容態を心配をしていたが、ジュニョンは病院にも来ず、ジオからの電話も無視し、恋人の誕生日だというのにジュンギの所にも戻らなかった。
翌朝、ジュニョンが家に帰ると、いつも自分のことだけを優先するジュニョンの身勝手さに疲れたジュンギから別れを告げられる…。
【演出】ピョ・ミンス(フルハウス) キム・ギュテ(このろくでなしの愛)
【脚本】ノ・ヒギョン(愛の群像 グッバイ・ソロ)
【出演者】
ヒョンビン(チョン・ジオ役)監督
★ソン・へギョ(チュ・ジュニョン役)監督 ジオの元恋人 モンテカルロで受賞した新進監督
オム・ギジュン(ソン・ギュホ役)監督 ジオの同期。対立
チェ・ダニエル(ヤン・スギョン役)AD ジオの元部下
★キム・ガブス(キム・ミンチョル役)ドラマ局長
★ぺ・ジュンオク(ユニョン役)俳優 ミンチョルの元恋人
★チャ・スヨン(イ・ヨニ役)人妻 ジオの元恋人
★ソ・ヒョリム(チャン・へジン役)俳優 ギュホが興味を持っている

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼らが生きる世界 | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

秋の童話 最終話

ジュンソ、ユミが留学すると聞いて会いに来ました。あんなに大騒ぎしたけれど、「私は忘れるけど、たまにでよいから、私を思い出して」だって。うーん、やっぱり微妙に粘着なのは変わらないのね。
ウンソは廃校のジュンソの家に帰って二人で暮らしてるんだね。ジュンソがつきっきりでフォローしてるけど、写真撮ってと言っても、「他の人も写真は見るからいやだ」とか、ジュンソ兄ちゃんは結構わがままなのよ。ま、ジュンソの扱いかたを心得てるウンソに頼まれちゃうと、結局は言うこと聞いちゃうのがジュンソ。
喀血しちゃったウンソ。シーツをこそっと隠すんだけど、そりゃばれるわな。
テソクが見舞いに…。微妙に拗ねてるジュンソ。一番つらいのはウンソなのに、それでも笑顔で頑張ってるのに、ジュンソは頑張ってるウンソが可哀そうで笑えないし、いらだっちゃうんだよね。
テソクの、「僕も諦めるから、神様もウンソの事を諦めて、連れていかないで」という教会での祈りは、セリフも良かったですね。ウォンビンの演技はまだまだだけど。
ウンソは、死んだあとに写真をずっと持って置いて欲しいっていうんだけど、ジュンソは一人では逝かせないって方向に気持ちが傾いています。やっぱり、2度も手放してしまったから、もう手放せないって気持ちなのか。でも、写真を母親に渡したことで、ウンソはジュンソの気持ちに気が付いてしまいます。ウンソ必死の説得ですが、ジュンソは「絶対に嫌だ。お前なしで一人で生きるなんて、残酷すぎる」とポロポロ泣きます。「お兄ちゃんを殺したくない」とまで言われて、なんとか、もう考えないって約束をしてくれました。
花とウェディングドレスと、ライトアップまでジュンソは用意して、二人だけの結婚式。
死期を悟ったウンソは、海に連れて行ってとねだります。「残った人たちの心配しないよ。お兄ちゃんがいるから」ってウンソ、ジュンソも「心配しなくて良い」って言ってあげました。「人生、どの瞬間も互いを愛してた。」(って、エー、兄妹だと思ってた時は?兄妹愛ってのも含めての愛ってこと?)
昔みたいにおんぶしてもらって散歩。そのままウンソは逝ってしまいました。何度も何度もサランヘって話しかけるのが、凄く悲しかったです。「明日は何する?何食べる?散歩しようか?」って話しかけながら、何時間も散歩したみたい。
お葬式。二人の母、父、そしてジュンソ。皆、それぞれの思いを抱えて、支え合うことも出来ないのが、とても可愛そう。
ジュンソは僕のやり方で送ってあげたいからと言って、テソクに海への散骨をお願いしました。一人、二人の思い出の土地をめぐるジュンソ。「お前が呼んでくれるまで、ここで生きるよ。」と言ったはずなのに、なんと事故に会ってしまいました。これは、死んだんだよね?うーん。ウンソ、呼ぶの早っ!ってそういうことじゃないのか。
その後は回想シーン。ドラマ中は、この優柔不断野郎!って感じで好きに安れなかったジュンソですが、いい表情してるんですよね、スンホン君。ま、肩透かし食ったっていうか、「禁断の愛」っていうのが、あんまり書き切れてなかったので、がっくりでした。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 秋の童話 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |