FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

姉さん55(最終)話

最終回です。あったかい家庭で長男としての務めを果たそうとするゴヌと、強くて弟たちを引っ張る女のスンジュ。互いに長子であるってことが、色々と問題を生んだんだと思うけど、すごくお似合いだったから、くっついて安心しました。

ハラボジは「泣かないで。ありがとうございました」と言って逝きました。

ジナ父、ゴンスクさんを心配して訪ねてきたよ。ゴンスクさんは「今、順調にやってるんだから、邪魔しないでよ。釣り合わない相手と我慢して付き合うのは嫌」だってさ。確かにな~。ジナはさばけた娘だけど、なかなか手ごわそうだしな。

ゴヌ、教授に!!思えば、一話冒頭は教授になれますようにってオモニがお祈りするシーンからなんだよね。スンジュは、アボジと事業を始めます。ヒョクジュも手伝ってるし順調そうだね~。ヒョクジュが落ち着いた大人の顔になってるのが嬉しいなあ。髪型のせいもあると思うけど、ある意味、彼が一番変わったんじゃないかな~。

ゴンセは、ハラボジと別れたのが悲しくて、泣いてばっかりいるよ。

アボジは、呆然としてるスア父にも「金はだいぶ取り戻した。しっかりしろ。家なんて、言ってくれれば買ってやったのに」と言い聞かせる。で、スアの入院費なんかも出してあげるけど、まだまだ「ゴヌさんは?」とか言ってるスア。なかなか治りそうもないね。

一年後。子どもたちが生まれてます。ユスンさんは中国に輸出も始めて頑張ってます。子供たちの世話はオンマの仕事。
スアはだいぶ落ち着いたんだね。スンジュが見舞いに行っても、割と落ち着いてる。「まだ私が憎い?」というスンジュに、「理由は分からないけど憎い」というスア。スンジュも「私も憎いわ」というけど、互いに落ち着いて来てるよね。「ミアネ」って言って泣けたから、きっと良くなっていくと思うよ。

ピンクが、ハラボジとの会話を再現してみたり、懐かしんでます。ハラボジと植えた柿の木の芽が出てるのを発見。コレは泣けた。

ジナとユンジュも相変わらずかわいいカップルだなあ~。お似合いで・・・。
で、ジナ父はまだゴンスクさんにアタックしてるんかいな!!案外、粘るんですね。

スンジュの実家は元の家も買いなおして、我が家に戻って行った。ユンジュが持ってた表札をかけて・・・。よかったね。
スンジュ、デザイン展に応募したりして、美術の道も捨ててないんだね。イタリア研修の奨学金が出た。スンジュは黙ってるけど、ゴヌが結果を発見して、先回りして両親やスンジュ父に相談。「行ってきなさい」って応援して送り出した。スンジュ父に言われた「あの子は羽ばたく子だ」っていうのを覚えてたんだろうね~。
でも、ゴヌ母は心配ながらも、「スンジュが無事に帰ってきますように」って一生懸命にお祈り。「辛い思いをして心が傷ついた子です。あの子を見守って」って、こんなことされたら、スンジュ泣いちゃうよなあ~。母親を小さい時に亡くしてるから、ますます「お母さん」がありがたいだろう。
スンジュの旅たちでラスト!スンジュらしい終わりだったね。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 姉さん | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

姉さん1-3話

姉さん DVD-BOX1
オンエアーで、オモロイ女ヨンウンを演じているソン・ユナさんの主演作。美人だよね~。オンエアでは髪とかボサボサにしてるシーンとかあるけど、それでもトップスターを演じるキム・ハヌルが庶民派な顔立ちだけに、スター性で勝ってしまう瞬間があったくらい綺麗。
KNTV公式
脚本:キム・ジョンス

★ユン・スンジュ役(ソン・ユナ):自信満々。美術を専攻する大学院生。資産家の父親の失踪後、いきなり没落した家の家長となる。
★キム・ゴヌ役(キム・ソンス):国文科の時間講師。世俗的な富と名声には関心のない、気さくでおっとりした性格。スンジュを愛しているが、貧乏な家の長男の嫁に収まらせ、彼女の自由を奪うことは出来ないと考え、わざと身を引く。
★ユン・スア役(ホ・ヨンラン):物静かでしとやかな女性。スンジュへの根深い嫉妬。落ちぶれても気丈に耐え抜くスンジュへの嫉妬。
★キム・ゴンセ役(カン・ギョンジュン):カネの掛からない唯一の趣味は、近所のたくましい娘、ノ・ユスンをからかうこと。恋だの愛だのは、恵まれたぜい沢なヤツらがする、幼稚なマネだと信じている男。
★ユン・ヒョクチュ役(ペク・ヒョン):甘ったれの金持ちの息子。
★コン・ヨンジュ役(メン・セチャン):3兄弟の末っ子。虚弱体質の中学生。人への心配りを忘れない。
★ユン・ウォンジュン(チョ・ギョンファン):スンジェの父。野心ある地方の企業家。母親のいない子供たちに何でも与える。オーシャン・パーク・プロジェクトの推進中に失踪。
★ゴヌ父(パク・グニョン):建設現場の班長。連絡の絶えた先妻との間の娘ゴンスクがいる。
★ゴヌの母(キム・ジャオク):認知症の舅を大事にする、近所で評判の出来た嫁。
★ゴンスク(ユン・ユソン):親の反対する男と家を出て結婚したが、離婚。
★ピンク:ゴンスクの娘。世界でお祖父ちゃんが一番大好きで、二番目が叔父のゴヌだ。★ゴヌの祖父(オ・ヒョンギョン):軽い認知症。
★ゴヌの叔父(カン・ナムギル):ゴヌの父の同僚。お人好し。近所に住んでる。明るい!
★ゴヌの叔母(ヤン・ヒギョン):個人タクシーの運転手。ゴヌ父の妹。子供に恵まれないが、夫婦仲は良い。
★スアの父ユン・ジャンソン(チョ・ヒョンギ):スンジュが叔父さんと呼ぶ、父親の親族。欲深いが、人は良い。恐妻家。スンジュの家で暮らしてきた。
★スアの母ダルマク(ソン・オクスク):強い者にはへつらい、弱い者には威張り散らす単純な女。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 姉さん | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オンエアー 4話

とにかく、ヨンウンが見てて面白い。ずっと傍にいたら大変だと思うけど、憎めない性格してるよね。素直でカワイイ。これは、ソン・ユナさんが上手いんだな。


ギョンミンはコレという脚本が見つからなくて、ヨンウンに「修正案出来てる?」と電話してみた。「やらないって言ってなかった?」とかいいつつ、しっかり修正案を送るヨンウンは可愛いな~。で、打ち合わせ。サウナ行きたいから付き合って!!なギョンミンも、失礼なヨンウンに無礼で返す作戦なのか?
ヨンウンは、中身を修正せずに送ったのか~。「単純明快で感動的なのに、どうして修正する必要か??」ってヨンウン~。「本当に感動する?」ってギョンミンに、「私が感動するかじゃなくて、視聴者が感動するかが問題なの!」ってプロな発言。「ただ、面白くすればよいなんて、ホントに脚本家?ただの金儲け?この企画止めましょう。脚本家が嫌がってちゃ良い作品にはならないし。他の脚本を考えて」ってギョンミン。いやあ「ただ面白くする」のも難しいと思うけどなあ・・・。時間がないっていうヨンウンに「じゃ、局に泊りこんで、嫌ならホテル」とか言って、「なんであんたとホテルで泊りこまなきゃならんのだ!!」なヨンウン。ヨンウン本当に面白い性格してるわ。そりゃ、彼女の書くもの面白そうだな~って感じます。

ヨンウン「ずるい人だ」と言われたのが気になる。修業時代に使ってた、小さくなった鉛筆が入った箱を見る。中に「先輩だけのミッキーを見つけてね!作家室より」という写真が入ってる。

翌日、「何で来ないの?一緒に作業する約束だよね?」な電話掛けてくるギョンミン。約束してないよっていうヨンウンに、「やることはやるの?」なギョンミン。「あんたがOK出せばね!」と言ったら、「ここ開けて~」って家の前にいたんかい!!事務所に押しかけてきて、ソファーで寝るから!って荷物一式持ってきた。
ヨンウンは社長に泣きつくも、「他に方法ないじゃない」だって。「じゃあ、PPLは使わない。自治体の誘致もダメ。ヘリを飛ばして屋外セット。ずべて野外ロケにしてやる!!」なヨンウン。

しっかり、家でくつろいで、居ついてるギョンミン。(このキャラ、美味しいな~。パク・ヨンハ君は良い役貰ったね~)「うつ病の精神科医が財閥の娘と恋愛しない話がいい」っていうギョンミンに、「難しくて数字が取れないのが良いドラマ?」とヨンウン。「一貫性があり、面白く、メッセージ性の強いドラマ」と即答のギョンミン。ヨンウンは「あんたの作ったドラマとは大違い」と逆襲するも、去年賞をもらったギョンミンのゴールデン・チェストを見てないな~??「上辺だけ飾りたがるけど、年配の人には分かりにくい。何のために複雑にするのか?」ってヨンウンの意見も正しいんだよね。どっちも正論だから、このぶつかりあいは見てて面白いです。
気分転換に散歩に。結局は、「数字と作品性は合致しない。」って所なのね。「くだらないって言いつつも、皆、お決まりのパターンと少しのスパイスが好きなの」ってヨンウン。「じゃあ、せめてトレンディ・ドラマを辞めて、お決まりのパターンの一つのホームドラマにしてみたら?」なギョンミン。でも、ヨンウンは「家庭も守れずに離婚した女にはっホームドラマなんて無理」って泣きそうになっちゃった。ギョンミンも家庭に恵まれてるとは言えないからね~。
文句言いつつ、アイデアを練る二人。しかし、なかなかコレって案が出ない。脚本家らしく、ギョンミンにも興味を示して、色々と聞いてくるヨンウン。法学部なのになんでディレクター?って質問に、怒っちゃったギョンミン。何で???だよね。(ヨンウン元気で、コロコロ表情変わって、ホントかわいいなあ~。)
ギョンミンはお母さんに会いに行った。「勝手に生きてごめん。勉強嫌いだったんだ。司法試験受けりゃよかったよ。演出の方が難しい」だって。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オンエアー | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オンエアー 1話

Mnet公式ページ

演出家シン・ウチョル 脚本家キム・ウンス(パリの恋人コンビ)

★パク・ヨンハ(イ・ギョンミン役)韓国一流大学の法学科を卒業したが、金を稼ぐために放送局に就職。借金まみれの兄を持つために自分の給料も返済に使われる始末。
★ソン・ユナ(ソ・ヨンウン役)韓国でNo.1の売れっ子作家。作品への限界を感じている。
★イ・ボムス(チャン・ギジュン役)韓国のトップ俳優たちを育て上げた敏腕マネージャーだったが、俳優たちは彼のもとを離れ、苦境に居る。
★キム・ハヌル(オ・スンア役)韓国の「国民的妖精」と言われるスンア。演技力はゼロで自分勝手な性格。生放送の演技大賞で受賞を拒否してしまい、マスコミから攻撃を受けるはめに。
2008年度韓国SBS作品 全21話


キム・ハヌルさんって、妖精っていうよりは庶民派というか「となりのお姉さん」タイプってイメージだな。設定ミスじゃない?って感じ・・・。性格がキツイ役は上手いと思うけどね。


2007年の大みそか。2007年SBC演技大賞で大賞の候補者である女優のオ・スンア(キム・ハヌル)は、ドラマで相手役だったチュ・ヨンウと共同受賞という事実を知ると、受賞を拒否すると言い出す。
帰ろうとするスンアを止めにいったイ・ギョンミンプロデューサー(パク・ヨンハ)は、スンアに「ファンがテレビの前でまってるんだぞ」と厳しい言葉を浴びせまくってどなりまくり。「数年後にはオバサンだろ。」とヤバい所をついちゃって、スンアからビンタを食らう。
スンアが居ないので、代理受賞させようとしたところで、颯爽とスンア登場。これは、目立ちまくって場の空気をつかんだか?しかし、「共同受賞ということは、私が未熟ということ。だから受賞辞退する」とコメント・・・。
プレゼンターとしてステージにいた脚本家ソ・ヨンウンは、恥かいてしまったよ。ヨンウンを演じるソン・ユナさんは、とってもイキイキ演じてますね。美人だけど少し俗物で、普通に毎日を元気に、楽しく頑張ってる女性で魅力的。
一方、大事に育ててきた新鋭スターのチェリーを奪われたチャン・ギジュン(イ・ボムス)は、スンアの所属事務所のチン社長を探すために放送局の中を走り回っていた。

スンアの行動は話題性満点で、視聴率はアップ。ドラマの契約量もアップ?と思いきや、局長はカンカンで、干してやる!と息巻いてる。
スンア、マネージャーに売られるように、CMスポンサーに引き合わされる。ホテルに行こうとする相手に、「そんなに安くないの」と拒否したスンア。
スンアは記者から逃げて、チョ・ヨンア(だよね?顔が覚えられなかったんだけど)(再放送で確認しました。)友人でトレーナーとかもやってる俳優志望のモデル・エイデン)の家に・・・。彼は、端役で海外に撮影にでかけた。

ヨンウンは、売れないドラマ作って赤字の所属会社社長の為にも、売れる脚本を書かなきゃならない。時間が足りないと文句いいつつも5月の編成用のドラマを書き始めた。
取材で精神科を訪れたヨンウンは、待合室でギョンミンと出会います。ギョンミンは患者じゃなくて、兄さんのことで友人の意志に相談に来たのね。兄さんの冷麺屋が潰れて、給料差押さえ・・・。友人が助けてくれた。
演出家がソン・スチョル(このドラマの演出家の名前からとってますね~)と聞いて、あいつは嫌!!なヨンウン。局へ会議に行くと、またまたギョンミンと再会。Bチームの演出家らしい・・・。企画案すら知らない代理らしい。
勝手にスンアを女優に決めちゃって、ヨンウンは「あの子は女優じゃないタレントよ」ときっぱり。それに、まだシノプシスも決まってないうちに役者を決めるなんてな。
スンア同席の打ち合わせに、イヤイヤながらも出席。実は、5年前の駆けだし時代に、スンアを予定して書いた脚本があった。それなのに、「まだ読んでない」とスンアに言い放たれたことがあって、ヨンウンはスンアを嫌ってる。今度も「どんな話?読んでない」というスンアに、嫌み言いまくりのヨンウン。スンアも覚えてて、「視聴率悪かったよね。数字が全てよ。断って良かったわ。いつも同じストーリー。アメリカのドラマ見て勉強すれば?」と嫌味言い返してきた。
スンアも「ドラマ出たくない」と拗ねてて、ヨンウンにも「出ない」と言った。ヨンウンは「良かったわ~」と言い残して退席。

ギジュンは、奪われたチェリーがグラビアやらで無茶な売り方されてると知って、事務所に文句言いに。「大事に育ててやるべき素材だ」というけど、「自分が望んだし、整形もしてるし、そんな純朴じゃない」と言い返された。チェリー本人に「タレントでなく女優を目指すって約束しただろ?」と詰め寄ったら、「スターになれば勝ちよ!!」とチェリー。「ファンに愛されるのでなく、憧れられるのがスターだ」と最後の言葉を残すギジュン。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オンエアー | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |