FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

四月のキス1・2話

公式
【あらすじ】
絵を描くことが好きだったチェウォン(スエ)は芸大卒業後、講師として美術を教えている。彼女には、中学の同級生であり、いつも献身的に彼女を支えてくれる心優しい恋人、ジェソプ(チョ・ハンソン)がいた。貧しい家庭に育ちながらも、努力家で、学級委員を務める優等生でもあったジェソプ。そんな彼の愛情に心惹かれたチェウォンであるが、なかなか結婚にふみきれずにいた。それは、今でも時々中学の転校生、チョンウ(イ・ジョンジン)を思い出してしまうため。そんなとき、彼女に運命的な再会が訪れる…そして、それが嵐のはじまりだった。



途中まで見て、最高にイライラする話だった気がするんだけど、レビューもしてないみたいだし、無料配信なので見てみることにしました。
スエさんと、イ・ジョンジンさんは、「9回裏2アウト」では名コンビぶりをみせてくれるんだけど、こっちでは「初恋にこだわってウザイ迷惑な恋愛する二人」って感じなのよね~。スエさんは、役柄のせいで嫌われがちで気の毒。

1話

序盤は子供時代ですね。苦労人ながら級長のジェソプと、裕福な家庭で育った明るいジョンウ、二人に好かれながらジョンウとキスをしてしまうチェウォン。
でも、ジョンウの転校+ジェソプ妹が手紙を隠したことで連絡が途絶えてしまいます。
ジェソプ役のユ・アイン君が、結構いい感じに少年時代を演じているんで、なんでチョンウなの??って思うんだよねえ。お気楽で、他人の痛みに鈍感そうなチョンウより、ずーっといいよね。

大人になって、父と二人暮らしで美術講師のチェオンは、まだ文鳥をかっている。そして、と、優秀さを生かしてエリート街道を進むジェソプと交際中。
ジョンウはジェソプの会社に中途採用の応募をしてきます。スーツに小鳥入れてる男なんかどう考えたって嫌だろ~と思うけど、面白がられます。
ジョンウは社長令嬢のジナ(ソ・イヒョンさん、可愛いよね)ともぶつかって、ちゃんと出会ってます。でも、会長は、ジナの婿にジェソプを考えてるんだね。こういうの断るの難しいけど、ジェソプはきっぱり。

しかし、過去のことがあるからって、変人すぎるジョンウを恐れるジェソプは、ちょっと情けなさすぎです。普通にジェソプのがかっこいいって・・・。
アル中ぎみの父親のこととか、色々と抱えてるものがあるせいなのかな。

2話
ジナはチェウォンの後輩で仕事を依頼中。ジナに頼まれて資料を届けたジョンウとチェウォンは再会。これ、ジェソプが黙ってたのが問題になるんだろうなあ。なんとか誤魔化してたけどね。
ジョンウはバードウォッチングに夢中で家庭をかえりみない夫にイライラする母や、バンド活動をする妹などと暮らしてる。就職はしたものの、ジェソプとの階級差や、自分に似合わないサラリーマンというものへの不満がありそう。

チェウォンは穏やかで安心できるジェソプとの関係に満足しながら、ジェソプが自分に向けるような、初恋のようなドキドキがないので、結婚に踏み切れないでいる。いつまでも待つというけど。

ジナの部署のジョンウは、チェオンの作業場を訪ねて、文鳥に再会。でも、親しげなチェオンとジェソプの電話で、ジョンウはがっくり。
あ、一緒に働いてるスンミンも絡んでくるのかな?
ジナはハッキリした性格だし、育ちの良いジョンウと合うと思うので、こっちに素直に行ってほしいわ・・・。でも、会社任せるには頼りないかなあ。ジナが頼りになるからいいじゃんって気もするけどね。

父の入り浸るバーは、ジョンウの父もなじみ(互いに知らない)で、さらにご近所の自動車工場の彼とジェソプ妹恋愛??も展開され、もうひとつの拠点となる感じ。ジェソプの妹はチェウォンのところに就職しようとしてるけど、今はこのバーで仕事してるんだね。



あらすじ(公式から)
1話
ジェソプ(ユ・アイン)とチェウォン(ソン・ジヒョン)のクラスに鳥博士の父を持つチョンウ(キム・ギボム)が転校してくる。
山で偶然出会ったチェウォンとチョンウは、フェニックスを見かけ、うれしさのあまり自然にキスを交わす。
チェウォンに恋するジェソプは親しげな2人を見てショックを受ける。だが数日後、チョンウはチェウォンにつがいの文鳥をプレゼントして再び引っ越してゆく。
チェウォンはチョンウからの手紙を待つが、ジェソプの妹が手紙を盗んだために消息が途絶えてしまう。月日は流れ、チェウォンはジェソプとつきあっていたが…。
2話
チェウォン(スエ)とチョンウ(イ・ジョンジン)の再会を恐れるジェソプ(チョ・ハンソン)だったが、とうとう2人は出会ってしまう。うれしそうな2人の様子にジェソプは不安に駆られる。
仕事でチェウォンの作業場を訪れたチョンウは、自分がプレゼントした文鳥を見つけてうれしさを隠せないが、ジェソプからチェウォンと結婚すると宣言されて動揺する。
一方、ジェソプをチェウォンから奪えと父に命令されたジナ(ソ・イヒョン)は、父の合理主義に反発しつつもジェソプに近づくが…。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

特殊捜査日誌 -1号館事件- DVD BOX風呂敷広げた割りに、あわただしく畳みましたね~。でも、ユン・テヨンさんとソ・イヒョンちゃんの刑事は嵌ってました。ユン・テヨンさんは、やっぱ面白い素材だと思うな~。こういうスットボケも似会うし、カッコいいのもソコソコいける男くさいタイプは、韓国では映画では良く見るけど、ドラマには少ない気がします。日本に入ってくるのが、そういうドラマばっかりなのかな~。


ハンスは毒物の結果を聞いている。その人が、青瓦台にしか納入されない缶詰を食べているのを見て、自分が担当したトラック事故が、青瓦台の印のついたものだと気がついた。事故記録を確認し、海産物の配送車だと気がついた。さらに、血液の分析結果が出た。イノシシの血が検出された。
一方、ヒヨンは警護室長のなまりを思い出して、彼が黒幕では?と気がついた。両親を殺されて脱北してきた人物で、大統領の政治に恨みがある。ハンスを伴って青瓦台へ。しかし、警護室長を逮捕と聞いたハンスは「証拠がないのにあんな大物を?」と言う。しかし、「父も課長も大統領も狙うんだから、大物でしょ。命令よ」と突っぱねられた。銃を構えて警護室長室に。警護室長は、「軍人がくると思ってたよ。大統領はおかしい。正気とは思えない。もちろん私もだが・・・。パク警部はカントリークラブ事件に深入りしすぎた。三部グループの会長を殺して暗殺者を雇いカントリークラブで襲撃した。こんな面倒な方法を取ったのは、私は軍人だからだ。しかし、青瓦台の殺人は私ではない」と言って、自殺。

ハンスは、「大統領がヤバイ」と食事中の大統領室に駆け込んだ。そして、料理長に銃を向けて「こいつが連続殺人犯で狙いは大統領だ」と説明。密室は、先に睡眠薬で眠らせて首に縄をかけておき、アリバイを作ってから自分の部屋からウィンチで引き上げた。その後、自分で発見して縄をはさみで切って処理。二つ目も、眠らせておいてイノシシの血を秘書官に見せて死んだと思わせて、死亡時刻の操作。3つ目は、歯ブラシに毒を仕込んだ。彼しか使えないトリカブトとフグ毒で!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 11:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 1話密室の謎

特殊捜査日誌 -1号館事件- DVD BOX
BS-i公式ページ
太王四神記でホゲを演じてるユン・テヨンと、声がかわいくて好きなソ・イヒョンちゃんのドラマです。光の使い方が独特でロケっぽさが強調されてます。韓国刑事ものは一話完結ってのは殆どないですね。これも連続もの。
★スタッフ
監督:クォン・ゲホン
脚本:ユ・スンヨル
★あらすじ
南北平和協定首脳会談に全てが集中しているところに、大統領官邸で連続殺人事件が起こる。犯人はいったい誰なのか?軍と警察の配備の中で、どうやって犯行を行ったのか?そしてその目的は?夢は食堂の経営という元刑事課所属の敏腕刑事ハンス。ワケあって交通課に飛ばされた彼が事件の核心に迫っていく。
★登場人物
【キム・ハンス】ユン・テヨン:交通課・指導係の警官。元は暴力団対策の警官。
【パク・ヒヨン】ソ・イヒョン:市警の係長。
【チェ・ジュン】アン・ソクファン:首席秘書官
【チュ・ヒョヌク】クォン・ビョンギル:副主治医
【ムン・インス課長】パク・クァンジョン
【大統領(チャン・ヒョンソク)】パク・グンヒョン
【キム・ホイル編集長】オ・ヨン
【ハ・ドギィル】イ・ソンミン

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 24話(最終話)

復活 DVD-BOX 2復活 DVD-BOX 2
(2007/01/17)
パク・チャンホン; チョン・チャングン

商品詳細を見る
繰り返しみたドラマなのに、やっと全部のあらすじレビューをしました。書きながら見ることで、あらためてセリフの連動しているところに気がついたりと、なかなか楽しかったです。
このドラマを見たら、ぜひ同じオム・テウン主演、パク・チャンホンPD、キム・ジウ作家のトリオが作った「魔王」も見てください。


会長と直接対決をするシンヒョク。会長室に呼び出して「ゴナの息子・ガンヒョクです。イム・デシクの遺言状です。父を招き寄せたのはあなただ。建設省課長を自殺に見せかけたデシクを見た。しかし、それを伏せた。あなたも関連してたから。」
「お前はゴナによく似てる。私自身が自分を許せないのだから、許してはもらえないだろう。私がお前の母さんを本当に愛してたのを知っていて、ゴナはプロポーズした。本当に憎かった。汚職の調査をすると言ったとき、チャンスだと思った。その手紙は証拠にはならない。」とまだまだ余裕ありげなふりをする会長。
「シニョクを殺したと命じたのはあんただ」と、シニョクが持ってたはずのゴナの調査記録ノートを示したガンヒョクに「母さんや妹のことを考えたか?死ぬより辛い苦しみのなかで生きることになる。その復讐の刃はお前の母の心臓を刺す。それは確かに俺にも苦痛になる。俺とお前は敵同士だが、同じ目的を持っているだろう?すべて忘れてウナと去れ」と、彼の弱点を突いてくる。

「真実」は家族を傷つけるのか?(えーっと、これは魔王のモチーフとなるオイディプス王のテーマでもあります。真実を知りたいという人間の知への欲求が、人間の醜さを暴き、そして破滅へと至る)

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 16話

復活 DVD-BOX 2話しかけられて、「誰だよこいつ?」なシンヒョク。何とか切り抜けたけど、ガンジェは「誰だか覚えてなかったんでしょう?」だって。おお、ど忘れしたと思ってくれたのか。でも、ウナはちょっと不信を。
ジヌがウナを大事にするもんだからシンヒョクの機嫌は最悪。イライラしちゃって、ホント分かりやすい男。ジヌに「ウナは俺の大事な人。お前も好きなんだろう?ハッキリさせろ。ガンジェとも終わってないんだろ?」と挑発されて乗るんじゃない!ウナからガンジェには刺繍の入った携帯ストラップ。そういえばシンヒョクも持ってたよねとか言い出すもんだから、シンヒョクは「今日は忙しいからこれまでにしよう」とか言い出した。ジヌがウナを送るのも腹が立つシンヒョク。機嫌が悪いシンヒョクに、ガンジェは何があったのかって聞くけど、バレバレじゃんな。別れるとき、思わず「じゃあなウナ」とか言っちゃったもんで、「ウナさんが好きなの?」って聞かれちゃった。会議でずっと一緒だったからとか、苦しい言い訳を。ウナもシンヒョクが冷たくて、ガンジェとは気軽そうなのが、なんとなくショック。ジヌが車酔いの薬を用意してくれてたり、笑ったのを喜んだりしてくれるのは嬉しいんだけど・・・。
サングクに「ゴナを覚えているか」という手紙と当時の記事のコピーが。サングクは、ドンチャンが脅しているのでは?と不審を持ち始めます。ドンチャンはガンジュが嗅ぎつけたのでは?とイ議員に矛先を。サングクも完全にはイ議員を信じられない。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 15話

復活 DVD-BOX 1言えよ~。「きっと兄も申し訳なく思っているから、あまり苦しまないで」とか誤魔化さないでさあ。ウナは「私には記憶があるけど、それもない副社長の方が辛いでしょう」と。これは、本当に死んだのがガンヒョクで、残されたのがシンヒョクだったら、シンヒョクの苦しみたるや、ウナの言うようなの辛さがあったと思うんだ。すでに、ウナは「シンヒョクにシンクロしているガンヒョク」を理解し始めてる。何も知らないんだけど。
家に帰るとガンジェがシンヒョクを待っている。会いたかったとかカワイイなあ。「ロイヤルホテルに居たことをなんで話さなかった。そして、どうして連絡しなかったんだろう?」というガンジェ。シンヒョクは「警察じゃなくて、犯人にも追われていたから、連絡をとれなかったのでは?」と。ガンジェが、「真実をしったハウンをシンヒョクにあわせたくなかった人が犯人かも。」それに気が付いていれば、ハウンはシンヒョクに会いに行かなかったし、シンヒョクが殺されることもなかったのになあ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 14話

復活 DVD-BOX 1復活 DVD-BOX 1
(2007/01/10)
パク・チャンホン; チョン・チャングン

商品詳細を見る

ジヌに挑発電話するハウン「シンヒョクを知ったふりするな。」とか、強気です。会長は「何がシンヒョクを変えたのか?」と思ってるし、すり替わりまでは思わなくても、秘密を知ってしまったとは思ったかもね。
デザインチームの祝勝会。ウナとシンヒョクの間にある微妙な空気をアン秘書察知。踊りに行って、一緒に踊ることになったはいいけど、優しくリードしたりして、それじゃセクハラオヤジっすよ。お前はハウンじゃねーんだから!!でも、ウナはハウンの海の香りがした気がして、「お先に失礼します」って逃げだしちゃった。マズー。お兄さんにそっくりってのをアン秘書が聞いちゃったし、ばれそうだな~。それなのに、ウナの後ろをずっとついて歩いて見送ってるシンヒョク。完全にハウンの顔になっちゃって、涙目です。
途中で離脱して、立ち飲み屋にアン秘書呼び出した。アン秘書は「なんだよ、一人かよ」って思うよね。「ウナさんとは前から知り合いですよね?会うたびに辛そうですけど。」って言われちゃったよ。「俺がユ・シンヒョク副社長だから辛いんだ」っていうシンヒョクに、社員だからって躊躇わなくてもとか言ってるけど、違うのよ~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活13話

復活 DVD-BOX 2「待ってたぞスチョル!」怖!!お前がハウンを捨てた夜、俺はその名を捨てたんだ。兄を止めなかったと20年苦しみ続けた弟の気持を、親友に裏切られ弟を死に追いやった兄の後悔と苦痛が分かるか?考え抜いた。理由があるだろうと思って、許してやりたくて、お前がやってくるのを待っていた。だけど、俺はお前を許せない。」スチョルは「許してもらわなくていい。すまない。生きていてくれて、ありがとう」と泣くばかりです。許したいけど、シンヒョクを思うと許すこともできないハウンです。
ウナは、ハウンの警察バッチをシンヒョクに渡します。「私は兄から沢山のものを貰ったから、バッチはなくてもいいんです」というウナに「きっと、兄もあなたから沢山貰ったと思ってるでしょう」だって。スチョルの件で苦しんでいるから、ウナの顔を見てほっとするのが悲しい。
ガンジェはヤン・マンチョルを探して電話掛けまくり。しかし、イ議員が娘を心配するふりで、ガンジェの上司および報道局長と食事をして持ちかけた。でも、「どの記者にも親がいて、みな心配なのです」って言われて、「浅はかな親子心でした」と引き下がった。流石にボロは出しませんな。でも、ガンジェの取材内容を局長が気にしてますよ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT