FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

復活 12話

復活 DVD-BOX 1 ガンジェが「ユ=ゴナと班長の繋がり」をキャッチして確認してきた。ガンジェがハウンの思うように動いているのは良いけど、ガンジェはこれで傷つくんだよなあ。ガンジェは班長を見舞いに。奥さんに20年前の事件をことを聞いたけど、「ゴナは事故で死んだんじゃないのでは?」ということしか聞けなかった。
そのガンジェを父イ議員が呼び出した。シンヒョクの気持は変わらないから、付き合いを考えてみろだって。そして、さりげなく仕事の内容を聞き出そうとして失敗。自殺したという建設部の人を知らないか?と逆取材されちゃった。とぼけたけど、大事件だったろうから、知らないふりのほうがヤバいよな。
シンヒョクとハウンが会ったのでは?という疑念を持つスチョル。シンヒョクの宿泊先をチェックして、かなり確信をもってムルン建設に訪ねて行った。「あなたの正体がしりたい。班長の入院のこと。死んだ人のために誰かがしなければならない」というスチョル。だけど、逆に「兄が信じてて、隠れ家を知っていたのはあなただけでしょう?」と切り返されちゃった。連絡はあったがハウンに会えなかったとシンヒョクは説明した。「なぜ約束を守らなかったか?兄との約束を守っていれば、死なずにすんだかも」と、厳しく追及されたスチョル。ハウンの心の傷は、やっぱりスチョルの裏切りの影響も大きいよなあ。同じスタッフの魔王と違う点は、「信頼している人に裏切られる」って局面があること。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 11話

復活 DVD-BOX 1 ウナの席で、ハウンのお気に入りの歌を歌ってるのを見られたシンヒョク=ハウン。兄の写真があったのでって誤魔化したけど、く、苦しいぜ!無理やり「双子の神秘性」みたいなもので押しきってるけど、もっと慎重になってチョーダイな。ウナがどうしてもハウンにしか思えなくて、シンヒョクの腕にブレスレットがないか確認しちゃったりして、無駄に傷ついてると思うんだ。シンヒョクの切ない気持も分かるけど、ここは大人になってー。
ハウンは、ハウンとして葬られているシンショクの墓参りに。「あの時に戻れたら、会おうなんてしなかったのに。」と後悔し続けている。これは、幼少期から「あのとき兄さんを止めていれば」と思い続けて20年を過ごしたシンヒョクとソックリの心情。「謝るなよ。俺は大丈夫だよ。俺で良かった。兄さんじゃなくて俺で、本当に良かった」とシンショクの亡霊が笑顔で語りかけてくれる。確かに、シンヒョクがもう一度ガンヒョクを失うなんてことになったら、精神崩壊しかねなかったしなあ。
パク・サンチョルというヤクザとハウンが関係してたっていう警察見解が、ウナと父に伝えられます。スチョルは「何かがおかしい。パク・サンチョルを捕まえて、きっかけを掴む」って言ってる。署長逮捕の件との関連を考え始めました。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 10話

復活 DVD-BOX 1 探偵さんに「お久しぶりです。ソ・ハウン刑事」って話しかけられちゃった!薄く笑うハウンだけど、ピーンチ。「勇敢な双子の兄弟が居て、悪党と喧嘩して兄が死んだ。弟は悲しんで星になったけど、永遠に死なない不死鳥なんです。これが、双子の星の伝説。弟は兄になり、兄は弟になった。合体した」とハウン。探偵さんは「私はハウンが汚職などしないと知っています」って言ってくれた。ま、ばれても支持してくれる可能性が高いから、彼を選んだんだろうから、これは正解だな。
ガンジェは、届けられた「ハウンの出発点」について考えてます。もしかしてスチョルが出した手紙か?と考えて追求しに行ったけど違った。キョン・サンドでは?って思いだしたスチョルに、「シンヒョク」から電話で呼び出しが。ガンジュは、ハウンの最後の事件がイム・デシク事件と聞いて、調査を始めました。
ハウンは、イ議員とランチ。議員のために結婚しようとしてたという話をさりげなく非難されたけど、「議員との縁を大事にしたいからで、ガンジュの意思を尊重したかったのです。」と説明。頑固で使命感のあるガンジュを、傷つけられるのでは?と心配してみせるシンヒョクだけど、何を考えてるのかね。利用するべきか否か・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 9話

復活 DVD-BOX 1 ちょうど全24話の1/3を過ぎたところです。ここで、シンヒョクとしてウナの前に姿を現したハウン。
愛する人も、ひとつ違えば赤の他人だ。人生とは人が生きると書くように、生を美しく導くのは人です。ムルン建設の夢はみなさんにあります。現状に安住せず、理想を高く持ってください。やってみたいことは、失敗をおそれずにやってください。絶望的な状況でも諦めないで」シンヒョクらしくもない副社長の言葉を述べました。冒頭の言葉は、ウナの前にシンヒョクとして立ち、「ひとつ違う」道を歩み始めていたハウンを思うと、ウナとの縁が切れて行ってしまっているようで、切なく感じます。(このあと、この記事でもハウンをシンヒョクと呼ぶことが多くなると思います。ハウンとしての立場がドンドン消えて行き、シンヒョクとしての周囲との関わりが増えるからです。)
アン秘書は、シンヒョク=ハウンを見て立ち上がったウナと、挨拶後にこぶしを握りしめるシンヒョクを見て、心配をしています。ウナは、閉会後にシンヒョクを追いかけます。エレベーターまでおっかけたけど、ギリで間に合わなかった。会長、「ああ、あの子だろう?」とか言うもんだから、ハウンは驚きます。屋上に逃げて、一人で辛さに耐えるハウン。ウナ、副社長室まで駆け込んだけど、会えなかった。廊下で会って、「わかりませんか?ソ・ハウンという名前を聞いたことは?子供のころにいなくなった兄弟はいませんか?」と話しかけたけど、ハウンは「知りません。私はユ・シンヒョクです。私は昔から一人でした」って突き放した。この「一人だった」っていうのが、ハウンがシンヒョクを悼む気持ちの表れだよね。部屋に戻って、耐えきれなくて慟哭するハウン。仕事中も、イマイチ気が入らない。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 8話

復活 DVD-BOX 1 急に「結婚はなし」とか言われて、ガンジェは???です。「貴方に感情なんてあったの?本当に好きだったの?」ってガンジェに、「シンヒョクはガンジェと居る時が一番幸せだったんだ」。
食事会の席では、談笑するサングクやイ議員への敵意を確認するガンヒョク。特に、彼らを信じてたシンヒョクを思うと、許せない!死刑制度に賛成のイ議員に「自分の家族が不当な理由で殺されたら、数秒の死の恐怖を味わわせるだけでは満足できない。同じ恐怖を味わわせる。死ぬほどの苦痛を味わったら、許すことは簡単じゃない」というハウンのセリフはサングクやイ議員にグサグサ刺さります。「許すことが一番の復讐だ」というガンジェ。このガンジェのセリフは、最終回まで覚えていてくださいね~。結婚はしないって、ハウンは発表しました。ガンジェは「シンヒョクじゃないでしょう?言動が別人よ」って、不思議がるし、ハウンに好感持っちゃってるし・・・。「お前の知っているユ・シンヒョクがすべてじゃない」とか誤魔化してるけど、厳しいなあ。
こっそり班長の見舞いに行って、キョン・サンドと名乗って入院費を肩代わりしたり、この段階のハウンはかなり迂闊な所がありますね。でも、復讐の計画を立てる部屋も借りて、犯人達の写真を見つめて、策を練って行きます。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 7話

復活 DVD-BOX 1 ウナは、ハウンと最後に過ごした灯台の思い出を反芻して、「チェ・ドンチャンのやろう」という言葉を思い出します。警察のスチョルの所に駆けつけて、その人が兄に濡れ衣を着せた!って言ったけど、アリバイがある。泣くばかりのウナ。
ハウンは、シンヒョクとして、ソウルに戻ってきました。ウナの家の前まで言って、ウナのブレスレットを見つめます。まだ、躊躇いがある。今なら、まだ止まれる。「ウナ、今はお前にハウンを預ける。泣かないで、立ち留まらないで、ちゃんと食べて。すまない、ウナ」という心の声。
ハウン、利き手を怪我したことにして、家に帰ってきました。大きな家は、ハウンを圧迫します。でも、シンヒョクの黄色いダイスに誓ったんだから、行かなくちゃね。母が出迎えてくれる。初めて見る母に「ただいま」という瞬間。怪我した手を心配してくれる母の手を握って、照れ笑いするハウン。ハウン、泣き出しそうだよ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 6話

復活 DVD-BOX 1 シンヒョク、ガンヒョクに間違われて死亡。この時のハウンの目が充血してて、まさに、般若の目。
シンヒョクの左に横たわって、この事件のことを考えるガンヒョク=ハウン。シンヒョクと手をつないで、「俺達、また合体(ハプチェ)出来たんだな」と言ったシンヒョクを思い出し、「そうさ、俺たちは、これから永遠に合体したんだ」とつぶやくガンヒョク。
スチョルは思い直してハウンに会いにカンナンに引き返した。でも、ついたのは既に朝。死んでいたのは洋服をガンヒョクと取り換えたシンヒョクだけど、スチョルはハウンが死んだと思いこむ。
ハウンはシンヒョクの服を着て、カンナンの海へ。海に入って行くハウンは、キリスト教における洗礼のイメージ。これによって、生まれ変わる。どこにいるのですか?こんな事あっていいんですか?私をちゃんと見てくれてしますか?今まであなたに望んだのは、辛く崩れそうな時、一歩前に進む力さえあればそれで十分だと、お祈りしてきた。あなたが存在するなら、私を責めはしないだろう。これは、あなたが望んだ道です」これが、この後のハウンを突き動かすメッセージです。これは、私に与えられた試練の道である。そう、思いこんじゃった。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 5話

復活 DVD-BOX 1 この回でハウン=ガンヒョクとシンヒョクが出合います。この時点のハウンはガンヒョクの記憶を取り戻してますから、1話の時のハウンとは微妙に変わってきています。ウナとの人生で培われた人生と、事故までの間に培われたガンヒョクらしさってのうのは、基本的な性質は似ているけどやっぱり少し違う。二つの人格で揺れています。また、ガンヒョクとシンョクは正反対の性格の双子で、互いの不足点を補い合うような関係なんですが、ベースにはとても近いものを持っていて(DNAも一緒だし、兄弟で同じ経験をして育つんだから当たり前だけど)、「一人二役」と言っても、顔は似てるけど全く違う人物を演じるのとは違い、「同じ」なところを持たせつつ、違いを表現する必要があります。どんな面が似ていて、どこが違うのかという選択も含めて、このあたりのバランスのとり方が絶妙です。

ハウン、班長と父親と撮った写真と手帳を持って、カンナンのロイヤルホテルにシンヒョクに会いに。秘書と歩いてるシンヒョク発見!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT