FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月
五か月もかけて24話見たけど、詰まらない話だったなあ~。アジドラさんは初回放送は週1放送が基本みたいだけど、絶対に週2にした方が良いと思うなあ。長い期間にわたって放送することで退会者を引き留める効果を期待してるのは分かるけど、ドラマの面白さが伝わらないんじゃなあ・・・。
結局、エバの件をほったらかしで、ロビイストしてる期間が多くて、そこが詰まらなかったんだな。ロビーとは言っても接待するきっかけをつかむだけで成功しちゃうんだもん。駆け引きみたいなのが全然なくてさあ・・・。これが韓国のロビー活動の実態なのか知れないけど、ドラマなんだから面白くしてほしいなあ。

ロケ風景も雄大だし、アクションシーンは気合はってたし、役者さんも悪くなかっただけに、脚本が題材をさばききれなかったのが残念でした。



ハリーはマイケルの罠にかかり、警察に逮捕されてしまう。
ハリーのマダム・チェ殺害容疑を晴らそうとしていたホシクらは、マイケルの車から凶器を発見する。おかげでハリーは釈放、マイケルは逮捕となった。

ハリーは逮捕されたままのマリアに面会し「ソヨンは善良だった。戻れるだろ?そこまでしなくても復讐は出来る。マダム・チェの貸金庫からチャン議員との取引帳簿を入手し、検察に渡したから」と語りかける。

チャン議員の事務所を訪れたテヒョクは、議員にエバの事件の真相を追及する。怒り心頭の議員は、「殺人の指示はテヒョクの父によるものであり、ジェイムスが実行した。お前を守るためだ」と声を荒げたのだった。テヒョク愕然・・・。

チャン議員には検察の捜査が入ることになる。ハンソンとチャン議員の潜水艦事業での不正賄賂も追及される。撤退しないと言い張る会長。しかし、テヒョクは自首してすべてを告白。
エバ事件には証拠がないもののチャン議員は収賄で逮捕。

ハリーはマリアに「ジェイムスを調べる」というけど、「危険だ」と心配するマリア。

マイケルは逮捕後、ジェイムスはCIAの秘密工作員であると供述をし、直後何者かに殺害される。ジェイムスは一時的に召喚されるも、嫌疑はすぐに晴れた。ハリーはジェイムスの罪を確信し、「CIAの手先なんですね。エバを殺し、マリアを血も涙もないロビイストに変えた」と非難するが、ジェイムスは無関係だと主張する。

ホシク達は、バーテンに化けたり、運転代行に化けたりして、イ提督を強引に連れて行って、原子力潜水艦開発の件についてプレゼン。こんなやり方で上手くいくわけないしょと思ったけど、久々の再会を果たしたキム会長の真摯な訴えに、イ提督は援助を決める。
しかし、アメリカの素早い手回しで、国を挙げての原子力潜水艦開発には踏み切ることができなかった。ハリーは会長に「今は退くが、必ず成し遂げる」と約束。しかし、ソンジェは「これが賢明な判断だったでしょう。我が国の力が足りない」と慰める。

ソンジュの計らいで出所し病院で休養していたマリア。ハリーが見舞ってくれる。やっと安心したマリアは「こんなに素敵な人に愛されて幸せだ」と。

マリアあてにテヒョクから1通の手紙が届く。そこにはエバの死の真相とジェイムスの実像が記されていた。信じてきたジェイムスに裏切られてショックのマリアは、ジェイムスが出席する船上パーティーへ、拳銃を持って車を走らせる。ハリーに電話して、最後の声を聞くマリア。「プレゼントはもらったわ。ハリー、キム・ジュホ。あなたが贈り物よ。もっと早く気がついたら、どんなに人生が豊だったか・・・。私の人生は乾いた砂のようだったけど、あなたが居たから幸せだった。サランヘ。会いたいわ」って泣いてしまう。

パーティ会場でジェイムスと二人になり「なぜ、平然としているの?死んだ人は見ているわよ」と銃を向ける。でも、話を聞くまで引き金は引かない。「なぜ、私にあんなことをさせた」なマリア。ジェイムスは「君も復讐のために私を利用しただろ?近距離で打つのは簡単じゃないぞ?」と不敵な笑みを浮かべる。
ハリーが駆けつけて「お願いだから、銃を下してくれ。人生を台無しにしないと約束した」と説得。ひるんだすきにジェイムスはマリアを倒して人質に取った。そのジェイムスに銃を向けるハリー。ハリーの父が死んだ時の、ジェイムスの立場に置かれたハリー。かれは発砲は出来なかった。しかし、マリアが解放される隙をついて銃を拾ってジェイムス射殺。ジェイムスも銃弾に倒れてしまう。マリアが必死に呼びける。ハリーは「お前を守れて幸せだった」とか言う。っていか、マリアは泣いてないで救急車呼べよ。

その後・・・。マリアは英語教師としてチルギスタン?で暮らしてます。ハリーも助かったんだね。会いにきたハリーと抱き合ってエンド。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロビイスト | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ロビイスト 1-3話



アジドラ公式
★ソン・イルグク(ハリー/キム・ジュホ(韓国名)役)マリアの幼なじみ。アメリカの叔母に引き取られた後、不遇な幼少時代から荒々しく生きてきた。マフィアボスの妻を偶然助け、彼女の秘書となる。マリアと運命的な再会をする。
★チャン・ジニョン(マリア/ユ・ソヨン(韓国名))10年前、家族でアメリカに移住するが、強盗により父を亡くす。その後、米海軍情報局で働いていた姉が謎の死を告げ、事件の真相を探りはじめる。ジェイムズよりロビイストの仕事を学ぶ。
★ハン・ジェソク(カン・テヒョク役)エバの恋人。防衛産業会社のハンソングループ会長の末っ子で、父親のバックアップで駐米大使館に務める。
★ホ・ジュノ(ジェイムス・リー役)ロビイストとして活躍。マリアの素質を見込み、ロビイストとして育てる。


1・2話の放送を逃してしまいました。3話から大人になった彼らのドラマなので、大体ついて行けそうです。映像がちょっと乾いた感じで、なかなか面白いです。

牧場で働いていたハリーと妹スージーは虐待に耐えていた。教師が、スージーの描いた絵を見て、ハリーに「正直に話せば、もっと良い所へ養子に行ける」といった。それで、教師と調査官が来たが、外面の良い叔父に騙される二人・・・。事態は悪化。
叔母のアメリカ人の夫ビリーは、遂に妹スージーへの性的虐待へ発展させる。この現場を犯行直前に目撃したハリーは、ビリーに敢然と立ち向かう。やがて叔母も駆けつけるがビリーに敵うはずもなかった。ハリーはビリーの持っていた護身用の拳銃を持ち出しビリーに突きつける。そして今までの思いを込めて引き金を引いた。叔母は2人の子供達を助けるために現場を離れるように言う。
銃は、マリアにとっては父を奪うもので、ハリーにとっては妹を守るもの・・・。

十数年が経過。
ハリー(ソン・イルグク)は20代になっており、観光客相手の人力タクシーの運転手をやって生計を立てていた。妹スージー(チャ・ジャヘ:強敵たちの広報室にいた幼馴染ユミンや君に出会ってからのオクファの妹ソンファ)も近くのバーで働き兄妹で細々と生活していたのだった。わずかな金をルーレットにつぎ込んで少しでも増やそうとするハリー。
ハリーは地元のチンピラ韓国人のマイケル(キム・ジェンソン)から多額の借金をしていて、法外な利子と厳しい取り立てが悩みの種だった。逃げまわるしかないハリー。友人ドンジン(ソン・チャンフン)が心配して、庇ってくれたり、逃がそうとしてくれたり・・・。

マリア(チャン・ジニョン)は父の仕事を受け継いで観光バスの運転手になっていた。持ち前の明るい性格から客足も伸びていた。薄い茶色のガラスのペンダントがお守り。
マリアは事業を拡大するために、観光バスのホテルとの独占営業権を獲得しようと様々な営業活動をしていた。韓国人のホテル副支配人が応援はしてくれるけど。しかし、営業権にはマフィアが絡んでる。カジノ行きの観光バスだからね。中国人観光客のために、中国語を練習するマリア。さらに、早起きしてバスの駐車場とり。良いポイントだと客の集まりが違う!ホント、前向きだね。
営業権を取るために、ホテルに客を集めるアイデアを出せと言われて、カジノの無料クーポンを付けて、客寄せをし始めるマリア。しかし、マイケルが絡んできたけどメゲません。

アメリカ東海岸一帯をシマにしているマフィアの妻マダム・チェ(キム・ミスク)と呼ばれる女性は、武器ロビイストという裏の顔を持っていた。彼女はジェイムス・リー(ホ・ジュノ)と共にアメリカのシェパード議員に取り込むため、議員のギャンブル好きを利用しようとする。また手下のマイケルに対して、地元カジノの権利取得を加速するように圧力をかける。

韓国海軍中尉で大使館勤務カン・テヒョク(ハン・ジェソク)は、ハンソングループ御曹司。あるパーティの席でエバ:韓国名ユ・ムニヨン(ユソン:大望のザヨン ハン・ジェソクさんとはまたコンビ)という女性に出会い惹かれて行く。エバはマリアの姉で国防総省(海軍・情報局)の職員で、高校時代に大統領賞も貰った秀才。ロビー活動に利用できるから近づけと、ジェイムスはテヒョクに指示。
テヒョクは、大統領賞の話題で声をかけて、デートに誘います。デートして仲良くなって、次は韓国料理を作ってあげるというテヒョク。
ワシントンに仕事できて姉の所に泊ったマリアは、朝のジョギングで一緒になったテヒョクを見て、この人が姉さんの良い人か~!って嬉しそう。来週は故郷で父の祭祀。

マイケルが、面倒だってスージーを捕らえた。喧嘩になって友人ドンジンはボコボコにされる。交換条件は、マリアに重傷を負わせる仕事。隠し持っていたあの時の銃を撮りだすハリー。しかし、使うのはチンピラの用意した一発だけ弾が入った銃か・・・。
マリアに近づいて銃を向けたハリー!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ロビイスト | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |