FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

ピアノを弾く大統領

ピアノを弾く大統領 [DVD]ピアノを弾く大統領 [DVD]
(2005/10/28)
アン・ソンギチェ・ジウ

商品詳細を見る


アン・ソンギさんは素晴らしい俳優さんですが、ジウさんが苦手なので見てなかった映画。無料ってことでギャオで見てみました~。
まあ、筋立てとしては平凡な話ですが90分とコンパクトに纏められていて良かったとおもいます。ジウさんは、「大統領にも堂々と意見する教師」みたいなベタ~な役すると、独善的で鼻に付く感じになるタイプの女優さん。今回も「生徒のため」というよりは、「馬鹿にされて気に食わない」から親の大統領に罰を与えるわけだよね。生徒にちゃんと反省させるだけの力も情熱もない先生なんだな~と序盤で感じてしまった。
でも、嫌味な部分が気になる前に映画が終わった。やっぱ、この人はドラマで長々見るより、軽いラブコメ映画で一瞬で観終えたほうがイヤミがなくていいかな~。
後は、何よりもアン・ソンギさんの存在感に救われました。アン・ソンギさんが暖かく受け止めてくれるからこそ、嫌味が軽減されてたと思います。暖かさがじんわり伝わってきて、ホント凄いひとですね。この人の子がグレるなんて有り得ん!とか思ってしまうほどの父性を感じる。



あらすじ(公式から)
問題児の父親を呼び出したら大統領だった!? チェ・ジウ主演、ラブ・コメディ。
「冬ソナ」でおなじみメロドラマの女王チェ・ジウと韓国の国民的俳優アン・ソンギが共演したロマンティック・ラブコメディ。監督には著名な喜劇作家チョン・マンベ。そして、大ヒット作「猟奇的な彼女」の監督クァク・ジェヨンが脚色を担当する“韓国版シンデレラ・ストーリー”と注目を集めた話題作。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

初恋1~4話

SHOWTIMEサイト
【概要】
芸術的な才能に恵まれる兄チャンヒョクと、頭脳明晰な弟チャンウ。貧しい家庭に育った2人はやがて、資産家の娘ヒョギョンに淡い恋心を抱いていく…。韓国放映時、ドラマ史上最高の65.8%という視聴率を記録。ぺ・ヨンジュン、チェ・ジウらの出世作にもなりました。男女の“純愛の歩み”のみならず、家族や友情、韓国における社会問題を色濃く描いた人間ドラマ。トップスターたちの貴重な姿をノーカット全66話でお楽しみください!
放送年:1996-1997
監督/演出:イ・ウンジン
脚本:チョ・ソへ
出演者:ペ・ヨンジュン イ・スンヨン チェ・スジョン チェ・ジウ ソン・チェファン イ・ヘヨン パク・サンウォン チャ・テヒョン ソン・ヘギョ


gyaoで配信中ひなって、ぺ様に興味ないんだけど、チェ・スジョンさんが主役ときいて、見てみる気になってます。ちょっと古い時代のドラマですし、作った時点でもちょい前の80年代がテーマなんですよね~。みつづけられるかなあ。
子役時代があっさり一話で終わったのは意外でしたね。
2話からは、二人も大学行けないから勉強しても仕方ないって荒れるチャンウと、費用の高い美大進学の夢をあきらめるか迷うチャンヒョク。
チャンウが映画館でもめ事を起こし、事態収拾をヒョギョンの父(社長・やくざみたいな空気あり・議員の親戚持ち)に頼んだのがきっかけで、父は映画館を解雇。
お父さんのショック受けてる姿が「年取ったな~」って感じがすごく出てた。母さんに会いたくても我慢して、馬鹿にされないように勉強しろよっていう父。
チャンウはヒョギョンから「父親が土下座してあなたを警察から助けた」と聞かされます。ヒョギョンはチャンウから父が首になったときいてびっくり。大抗議して、なんとか撤回させますが・・・。
一方。チャンヒョクは長男として、美大に進んでも食べられる保証がないし、だったら二男を大学にやりたい。絵の道をあきらめて就職を決意しますが、反対するヒョギョンとも会わないとかいうから喧嘩に、慰めるチャンウだが、ヒョギョンの気持ちはまっすく兄に向いてるもんね。
チャンウは、自分でバイトをして、学費のために美大をあきらめようとする兄を説得しようとし、「兄さんがいかないならおれも行かない。俺はゴッホとテオの話を聞いて感動した。おれはテオになる」なんていってます。

ショックでバイクをぶっとばしてたチャンウがヒョギョンの従兄弟ソクジンとぶつかってましたね。そのソクジン父が倒れて、ヒョギョンの周囲も落ち着かなくなります。



あらすじ(公式から)
1話
1975年夏、ソン一家を乗せたトラックが春川に向っていた。新生活が始まり、次男2話
高校生になったチャンウは、兄弟に心配されながらも不良仲間たちと日々を過ごしていた。それは実らぬ恋心を晴らすための行動で…。
3話
兄同然のソクジンと再会したヒョギョンは、楽しい時間を過ごしていた。一方、父が解雇を言い渡され、チャンヒョクは夢を断念する。
4話
チャンヒョクが公務員試験を受けると知り、ショックで泣きじゃくるヒョギョン。隣で話を聞くチャンウだったが、彼の思いは届かない。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 初恋 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スターの恋人 1話運命の矢

WOWOW公式icon_41_5.gif

2話づつ放送と気が付かなかった・・・。2話は再放送で見ます。

ラブコメじゃあないんですね。
ファンの方には申し訳ないのですが、私はチェ・ジウさんがあまり好きじゃありません。演技にまったく心ひかれない。冬のソナタのユジンが、すっごい苦手なキャラだからかもしれません。
しかし、ユ・ジテさんは好きなんですよ。韓国ドラマを見るようになる前から、映画俳優としての彼は「賢い俳優だなあ」という印象を持っています。このドラマでも、ナレーションがいい感じ。あ、イ・ギウ君も好きですねえ。


【出演】
チェ・ジウ;イ・マリ トップ女優
ユ・ジテ:キム・チョルス 大学院生、大学非常勤講師、小説家志望
イ・ギウ:チョン・ウジン Mグループ会長の甥
チャ・イェリョン:チェ・ウニョン チョルスの恋人、同期生
★チョン・ウンテク:チョン・ビョンジュン チョルスの友人、雑誌記者、マリのファン
★チェ・フィリップ:ソ・ウジン マリの初恋の相手、写真家
★キ・テヨン:ソン・ハヨン  射撃金メダリスト Mグループ後継者、チョン・ウジンの従弟
★ソン・ジル:ソ・テソク  芸能事務所社長
★シム・ウンジン:ソ・イェリン テソクの妹、マリのマネージャー
★キム・ジスク;イ・ボヨン チョルスの母
★シン・ミニ;キム・ユリ チョルスの妹、重病


1話
チョルスの幼年時代を演じるのはカン・イソク君。かわいいねえ。出て行ったバンドマンの父、ショーガールの母。ある日「この線を越えちゃダメ。ママは愛がないと生きていけないの。大人になったら分かる。愛してる。本を買いなさい」とお金をくれて、消えて行った。母を待ちながら、本を読んで育った。
同じ海辺に居た少女マリアの方は、愛に包まれて育っていたが、両親が海難事故に。母方の祖母の経営する孤児院に引き取られる。だれにも愛されず、メガネのいじめられっ子として成長する。でも、メガネをとったら美人・・・。「愛されれば楽に生きられる」と知った。女優 イ・マリとなった。

大学で時間講師をするキム・チョルスは、幼い頃に妹とともに両親に捨てられ、3人のショーガールの叔母たちに育てられた。貧しいながらも、小説家・教授になることを目指すチョルス。学生がラブレター持ってきても、添削して「権威に対する愛だよ」なんて説諭する硬い男。
でも、アルバイトしないと暮らしていけない・・・。博士課程の登録料を誰かが振り込んでくれていた・・・。友人のヒョンジュンを問い詰めて、元恋人ウニョンが払ってると分かった。妹の治療費も・・・。怒るチョルスに「怒ってくれてうれしいわ」なウニョン。
チョルスは、父の思い出の折りたたみピアノから、ウニョンとの過去を思い出す。「釣り合わない」と言って、母がやったように線を引いて「超えるな」と言ったチョルス。
ウニョンに金を返すために、代筆のアルバイトをすることにしたチョルス。「書くもので人を騙すことはしない」という信念を破ることに。あの相手は、イ・マリ。

韓国だけでなくアジアで絶大な人気を誇る女優のイ・マリ。イメージ戦略のために、飛鳥地方を舞台にした紀行文を出版することになっている。
イ・マリってのが「トップスター」ってだけで、キャラクタを固められてない気がします。何でもできる凄いっていう記号が、逆に女優としての実体も実績もないように感じる。それが狙いなのかなあ。チェ・ジウさんは素朴なお嬢さんっっぽさがあるのが、受けてる人だろうし・・・。パーティーのシーンとかではカリスマ性を感じませんでした。女優とは思えないほど、仕草が洗練されてない。歩くときに膝が開いてるのが、ムチャ気になった。

チョルスは、紀行文を書きに奈良に・・・。ユ・ジテさんは古い街並みがお似合いで・・・。
マリは、去ってしまった恋人フィリップの撮った写真が送られてきた?と思って、フィリップを探して日本へ。しかし、初回からイ・マリは泣き過ぎ。経緯がわからないと、どんな奇麗な涙も共感を呼ばないような・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スターの恋人 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

真実 1・2話

湿っぽい役のチェ・ジウさんは苦手だけど、パク・ソニョンさんは好きなんですよね。で、凄い悪役で話題になったという彼女が見たくて、見始めました。
やっぱりチェ・ジウさんの困り顔演技は苦手。「私は悪くない。嫌なんだけど・・・」といいつつ、冷静に見たら自分が決断してるんだし、自分が悪いのでは?って気がしてくるキャラクタ。
htb
BS-i

イ・ジャヨン…チェ・ジウ
イ・シニ…パク・ソニョン
チョン・ヒョヌ…リュ・シウォン
パク・スンジェ…ソン・ジチャン
チェ・ジュニョ…ソヌ・ジェドク
イ・ヨンチョル…アン・ジョンフン
イ・テッチュン…チョン・ウク
シニの母(キム・チャンスク)
ジャヨンの父(チャン・ヨン)
ジャヨンの母(キム・ヒョンジャ)
チョン・ウンシル(パク・キョンリム)
制作 2000年
©MBC 2000 All Rights Reserved


1話学歴コンプレックス
初雪が舞う夜、ジャヨン(チェ・ジウ)とシニ(パク・ソニョン)、ヒョヌ(リュ・シウォン)の三人でお酒を飲む。シニはジャヨンにこれまでのことを謝り、仲直りをする。三人は車に乗り、シニの運転で次のお店に向かう途中、交通事故を起こす。軽症で済んだシニは助手席でぐったりするジャヨンをとっさに運転席に移す…。病院で目を覚ましたシニは警察の事情聴取で運転者はジャヨンだと嘘をつく。ジャヨンは植物人間、ヒョヌは重態だった……。

そこから学生時代の回想へ。
同じ高校に通うジャヨンとシニ。ジャヨンは学校で成績トップの優等生。一方シニは勉強ができないことがコンプレックスだった。親のプレッシャーが重く圧し掛かるシニは、ジャヨンにテストの答案を見せもらって成績を上げる。娘の成績が上がったお礼にと、ジャヨンの家には上に住むシニの親からごちそうが贈られ、シニの父の運転手をするジャヨンの父にはボーナスが支給された。
カンニングは度々行われるようになり、その度にジャヨンの家の食卓にはごちそうが並んだ。悩んだ末にジャヨンはカンニングの事実を家族に打ち明ける。しかしジャヨンの母にとってはそんなことよりもごちそうやボーナスの方が重要だった。
クラスで集めたアルバム代をなくしたジャヨン。シニが貸してくれたりするけど、シニの策略か・・・。
ジャヨンは、シニに助けられたことにより、カンニングを止めにくくなる。止める止めると言いながら、結局はやるのよね。
大学入試が迫ってきたある日、学歴コンプレックスを持つシニの母は、シニを名門大学に行くように説得する。しかしシニは耐えきれずこれまでのカンニングの事実を打ち明ける。そしてシニの母は替え玉受験をジャヨンに依頼する。

ジャヨンは、チンピラに絡まれてお金を取られてしまう。おびえていると、警備会社勤務のスンジェという人が助けてくれて、家まで送ってくれた。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 真実 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ  19・20(最終)話

冬のソナタ DVD-BOX vol.2韓ドラみるなら見なきゃ!と思って、3度目のトライでやっと完走。頑張ったけどホント―に辛かった。ガラスの靴以来の「ウザいヒロイン」に、イライラしながら見てました。激しく無神経で自己中な女なのが凄く嫌だった。で、だれも、それを指摘しないという異常な世界。ユジンほどではなかったけど、ジュンサンの無神経ぶりもかなりだったしなあ。敵役・悪役のチェリンの方が、よほど細やかな神経持ってたなあって感じ。
あと、息抜きになってくれる笑い要素キャラが皆無だったのも、見るのが苦痛だった原因かも。


19話
兄妹であることを知ってしまったユジン。ジュンサンを訪問し、ミヒと会った。本当に父の子なのか?と問うユジンに「ジュンサンは諦めて」とミヒが語った。
会社に久しぶりにやってきたジュンサン。ユジンが駆けつけたが「サンヒョクに聞いただろ?別れたんだ。俺はアメリカに立つ。愛してない」とジュンサン。「嘘よ!ただ、愛しあっちゃダメなの?」と泣くユジン。いや、ダメ!だろ~。あと、落ち着いたら、サンヒョクにいかに辛い役回りをさせたか、思い出してあげてね~。
ユジンは母のところに、ジュンサンもミヒのところに・・・。別れるしかないもんな~。それはチェリンやサンヒョクにも波紋となって広がる。

ジュンサン、体調不良。彼を訪ねてきたサンヒョク父の前でぶっ倒れた~。事故の後遺症らしい。で、サンヒョク父、こっそりDNA検査をやっちまいやんの。プライバシーだぞ~。連絡受けたサンヒョクと、一緒にいたチェリンが駆けつけた。寝言でユジンを呼ぶジュンサンを看病するチェリンは良い子だねえ。チェリンの「逃げちゃいなよ」っていう訴えは泣けました。ユジンには全く泣かされないのにねえ。

ユジンは故郷で思い出と別れを告げ、ソウルに戻って来ました。で、サンヒョクに迎えに来てもらうとかどうなのよ~。まずは、あんたはサンヒョクに謝らないとダメなのに、「ジュンサンに会いたい」とか何なんだよ~。ホンっとに、無神経すぎない?「泣いたりしない。ジュンサンに話があるだけ」とか、はああああ???あんたは泣かなくても、サンヒョクは泣くっつーの!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 5話

冬のソナタ ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVDスキー場の担当者がミニョンだと知らされたサンヒョクはショック。チェリンとミニョンと一緒に食事するも、ユジンもサンヒョクも浮かない顔。一応、礼儀正しいサンヒョクはまだしも、ユジンは失礼すぎるだろ。
チェリンは、ユジンはいつも私の好きなものを真似すると不安を口にするも、ミンヨンは「気にし過ぎ」だって。
一方、ユジンは説明させて、怒ってるなら私に怒ってというけど、サンヒョクは「お前の心がジュンサンを思い出して揺れているから怒っている」と。「私にも分からない、あなたを傷つけるなら仕事辞めてもいい」というユジンに、サンヒョクは「じゃあ辞めろ」と思わず言ってしまった。でも、落ち着いたら、言いにくい気持ちも分かるって言ってくれて、優しい!
ユジンと同居のジンスクがチェリンも店に就職しました。ジンスクがミニョンと一緒に働くなんて、とんでもない!って怒ってるけど、サンヒョクは俺はいいよだって。ガードレールの上を歩いて見せて、心配だから手を貸したかった。手を差し出したら握ってねって、ラブラブじゃん。
会社でパーティが。ユジンのためにジンスクはチェリンの店で洋服を。しかし、チェリンはミンヨンに買ってもらった他店のドレスを「これをあげて」ってプレゼント。何を考えてるんだ。と思ったら、ミニョンの所に行って「あの服、似合わないってユジンに言われた」だと。つまり、自分のものを盗ったようにミンヨンに見せたいのね。
パーティに合わない靴とドレスでいったミニョン。チェリンと服がかぶってる!チェリンはショックを受けたフリをミニョンに見せて先に帰ると。さらに、初恋の人に似てるって言われるかもしれないけど、それはあの子の手だからと釘さしです。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 1話

冬のソナタ DVD-BOX vol.1◆出演 チョウ・ユジン…チェ・ジウ/カン・ジュンサン…ペ・ヨンジュン/イ・ミニョン…ペ・ヨンジュン/オ・チェリン…パク・ソルミ/キム・サンヒョク…パク・ヨンハ

話題になってた時にちょっと見て、詰まらんとスルーした作品。だから、韓流ブームもスルーしたわけで。ちょっと暇ができて韓国ドラマを見始めた時も、高校生時代(けっこう無理があって笑える)を見ただけで挫折したんですよね。
ま、一応、韓国ドラマを見ているものとして、見ておくべきか?と思って、Gyao配信をきっかけに見始めました。今度こそ完走できるか?
ってことで、全体に辛口になります。覚悟の上で読んでください。

そう言えば、チェ・ジウさんのドラマは美しき日々も途中挫折(これは臭いセリフをネタ的に楽しんで中盤までは見た)。天国の階段は、なかなか笑えたから、ポツポツみてました。とぼけた演技のぶりぶり加減といい、湿っぽくなってきたときといい、ベタベタした演技で、ジウ姫が苦手なんだと気がついた。美人だとは思うけど、乾いた感じがない。連利の枝の序盤のキャラは好きだったけどなあ。
私は、号泣必至と紹介されているガラスの靴とかも、ヒロインがウザすぎて嫌だった。いわゆる悲劇のヒロインものが苦手なのかも。

ユジンは幼馴染のサンヒョクやチェリンと放送部に所属する高校生。ジュンサンという転校生が科学高からやってきた。ちょと暗いかげのある男の子だけど、どうやらサンヒョクに興味がある。ユジンはガードレールの上を歩こうとしたり、おてんば娘。学級委員の優等生サンヒョクはユジンが好きだけど、ユジンは何とも思ってない。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |