FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

初恋1~4話

SHOWTIMEサイト
【概要】
芸術的な才能に恵まれる兄チャンヒョクと、頭脳明晰な弟チャンウ。貧しい家庭に育った2人はやがて、資産家の娘ヒョギョンに淡い恋心を抱いていく…。韓国放映時、ドラマ史上最高の65.8%という視聴率を記録。ぺ・ヨンジュン、チェ・ジウらの出世作にもなりました。男女の“純愛の歩み”のみならず、家族や友情、韓国における社会問題を色濃く描いた人間ドラマ。トップスターたちの貴重な姿をノーカット全66話でお楽しみください!
放送年:1996-1997
監督/演出:イ・ウンジン
脚本:チョ・ソへ
出演者:ペ・ヨンジュン イ・スンヨン チェ・スジョン チェ・ジウ ソン・チェファン イ・ヘヨン パク・サンウォン チャ・テヒョン ソン・ヘギョ


gyaoで配信中ひなって、ぺ様に興味ないんだけど、チェ・スジョンさんが主役ときいて、見てみる気になってます。ちょっと古い時代のドラマですし、作った時点でもちょい前の80年代がテーマなんですよね~。みつづけられるかなあ。
子役時代があっさり一話で終わったのは意外でしたね。
2話からは、二人も大学行けないから勉強しても仕方ないって荒れるチャンウと、費用の高い美大進学の夢をあきらめるか迷うチャンヒョク。
チャンウが映画館でもめ事を起こし、事態収拾をヒョギョンの父(社長・やくざみたいな空気あり・議員の親戚持ち)に頼んだのがきっかけで、父は映画館を解雇。
お父さんのショック受けてる姿が「年取ったな~」って感じがすごく出てた。母さんに会いたくても我慢して、馬鹿にされないように勉強しろよっていう父。
チャンウはヒョギョンから「父親が土下座してあなたを警察から助けた」と聞かされます。ヒョギョンはチャンウから父が首になったときいてびっくり。大抗議して、なんとか撤回させますが・・・。
一方。チャンヒョクは長男として、美大に進んでも食べられる保証がないし、だったら二男を大学にやりたい。絵の道をあきらめて就職を決意しますが、反対するヒョギョンとも会わないとかいうから喧嘩に、慰めるチャンウだが、ヒョギョンの気持ちはまっすく兄に向いてるもんね。
チャンウは、自分でバイトをして、学費のために美大をあきらめようとする兄を説得しようとし、「兄さんがいかないならおれも行かない。俺はゴッホとテオの話を聞いて感動した。おれはテオになる」なんていってます。

ショックでバイクをぶっとばしてたチャンウがヒョギョンの従兄弟ソクジンとぶつかってましたね。そのソクジン父が倒れて、ヒョギョンの周囲も落ち着かなくなります。



あらすじ(公式から)
1話
1975年夏、ソン一家を乗せたトラックが春川に向っていた。新生活が始まり、次男2話
高校生になったチャンウは、兄弟に心配されながらも不良仲間たちと日々を過ごしていた。それは実らぬ恋心を晴らすための行動で…。
3話
兄同然のソクジンと再会したヒョギョンは、楽しい時間を過ごしていた。一方、父が解雇を言い渡され、チャンヒョクは夢を断念する。
4話
チャンヒョクが公務員試験を受けると知り、ショックで泣きじゃくるヒョギョン。隣で話を聞くチャンウだったが、彼の思いは届かない。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 初恋 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)133・134(最終)話

終わりました~。長かった!!週5放送だから見られたって感じかな~。とにかく、キャラぞろいで面白かったです。
チョリン絡みの「女ネタで暴走」するイヘゴはちょっと嫌だったかな~。もっと「民のため+父の恨み」方面を見たかった。


133話
突厥の可汗、ムクチョルは、唐のイムンと渤海のコムが、目の前で意見を闘わせるよう求めた。

イムンが、新興国の渤海が対等に同盟を求めるのは、突厥を侮辱していると口火を切るが、コムは、天門嶺での大勝を引いて、国力の弱まった唐こそ突厥の属国になるべきだと返して、論戦に勝利、同盟を手に入れた。
寝食を忘れ、古の法を調べるテ・ジョヨンのもとを、皇后スギョンが訪れ、後継者は高句麗王朝の血を引く者であるべきだと訴えた。

危篤に陥ったソ・リンギのもとを訪れたイムン、突厥との同盟に成功したと嘘をつくしかなかった。しかし、ソ・リンギは、イムンの心づかいに気づいていた。自分がテ・ジョヨンに敗れたことを悟りながら、ソ・リンギは息を引き取った。
ソリンギは、このドラマの主人公の一人って感じですね。ジュンサンとの敵同士だけど武将として気持ちが通じ合ってるところとか、初回からずーっと関係を書いてきて、本当に面白いキャラだった。
イムンにも、いがみ合ってたのが嘘のように信頼されました。戦場で死にたかったのではないかと思うけど、戦場では死ねないほど強かったともいえると思います。

突厥の脅威が除かれ、テ・ジョヨンは今後10年間を国力勃興の期間と定め、各自に役割を与えた。更に、テ・ジョヨンは統治の基本となる国法を定めるべく、密かに民の思いを調べることをコムに命じた。定められた国法は、民中心の差別のない平等な国を謳いあげていた…。
スギョンも、とりあへずはジョヨンを信じて、後継者問題を任せることにしたみたいだね。

しかし、ムクチョルが万里の長城を越えて唐に進撃してしまう。援軍を頼まれたけど、渤海を属国扱いしてる。どうするんだよ?ってことになる。「援軍を出せば属国となり、突っぱねれば同盟国を失う」
ジョヨンは「援軍は少し出して、遼東の唐軍を叩くことで、二次的に支援する」ということにしました。


134(最終)話
突厥の援軍にコムが自ら名乗り出た。
唐と突厥の戦が長引いてこそ、渤海が国力を蓄え、領土を回復する機会が増えると分かった上での申し出だった。遠征計画が実行に移され、部隊が北へ東へと送られた。

テ・ジョヨンは、部下に全ての戦勝品を分け与えたのみならず、戦勝地域の王の地位も与えた。

唐の長安では、突厥に押される唐を救うためにはテ・ジョヨンに和睦を求めるしかないと、イムンが則天皇帝に涙ながらに上奏した。遠征部隊は目覚ましい成果を上げたが、トルバルとテ・ジョヨンの息子、ダンの向かった遼東でのみ、堅城の連続に苦戦していた。イムン率いる唐の使節団が渤海を訪れた…。しかーし、やっぱり「下にみてる」気持ちがあるのを見抜かれて、ジョヨンに捕まってしまうイムン。平身低頭で売るしてもらいました。

そして、世次問題・・・。コルサビウが「親子だとちゃんと認め合えば??」とコムに提案するのですが、「親子になってはココにいられなくなう」なコム。
結局は、自分は国を出るべきだと決心しました。最後の最後に「息子よ」と呼びかけたジョヨン。コムもやっと「父上」と呼べました。
うーん、こうするしかないのかな~。コムは有能だし、国の基盤を作るのに大活躍してくれた。でも、有能だからこそ困るんだよね。スギョンが「私がもっと早く子どもとして受け入れていれば」と後悔してたけど、やっぱり「契丹の王子」であるコムがいることで、派閥が出来ちゃうって側面はあるしね~。

最後は、広開土王の墓に「今後を見守ってください」と拝礼して終わりでした。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大祚榮(テジョヨン)1話

BS日テレ公式
全134話
BS日テレで週5話放送だけど、それでも27週ってことは半年くらいかかるのかなあ。とにかく長いので、軽めのレビューでやっていこうかと思います。そうじゃないと、持たないと思うので。

1話から気合入った戦のシーンに、両陣営での派閥争いまであって、なかなか濃いです。特に、戦の中で兵をどのように動かして攻略していくのかってのは割とちゃんと描写されてますね。やっぱ兵役ある国だからだなあ。おやじ俳優たちが大活躍。

「ねーよ・・・」っていう美術(衣装や小物やセット)とメイクが満載ですが、そこらへんはイメージってことですかね?視覚的にどの陣営かとかキャラクタが分かるので、だらだら見てても分かりやすくはあります。でも唐人が韓国語話すのはなあ・・・。まあ、仕方ないか。字幕で進めるわけにもいかないしなあ。

【登場人物】
テジョヨン・・・チェ・スジョン
イ・ヘゴ・・・チョン・ボソク
ソ・リンギ・・・イ・ドクファ
チョリン・・・パク・イェジン
スギョン・・・ホン・スヒョン
スタッフ

脚本:チャン・ヨンチョル
演出:キム・ジョンソン
制作2006年・韓国


1話
西暦645年春、高句麗28代ポジャン王の治世。唐の皇帝イ・セミン(李世民=太宗)は100万を越す大軍を率いて、高句麗征服のため大々的な侵攻を開始した。

コ・サゲを城主とする高句麗の要塞・遼東城を死守しようと、高句麗の軍は遼東城に結集。のちのテ・ジョヨンの父テ・ジュンサンは総司令官として奮闘していた。人民を盾にする卑劣な唐軍に対し、高句麗側は決死の戦いを挑み勝利する。

だが、唐軍に食糧保管庫を攻撃され窮地に陥る。兵糧攻めに軍の士気も落ちるし、民は開門を要求するし、多くの民が捕虜となっている。
テ・ジュンサンは城門を出て唐の陣営にたった二人で出向き、相手を煽って将軍の一人と一騎打ち。強いテ・ジュンサンに、とらえられてる高句麗の民が期待の表情で見てる。唐の陣営も「名誉の戦いだ」と見守る潔さ。
しかし、皇帝が到着したと聞いて、一時退却することになる唐軍。食料をすべて焼却してから去ってしまう。
皇帝は、「内からではなく外から城門を開く。待たずに一斉攻撃だ」と指示。

唐の補給路を切断するという高句麗の計画は、唐が大軍を持ってあたったために失敗。遼東城は完全に孤立した形になり手だてがなくなった。城が落ちるのは時間の問題と見たテ・ジュンサンは、唐の皇帝を自ら暗殺するために命がけで唐の兵士になりすまし皇帝に接近、暗殺の機会を伺う。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大祚榮(テジョヨン) | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン)Disc25 50・51(最終)話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 2 いやあ、長かった。みんなみんな死んじゃって、寂しい結末でしたねえ。チョンファアガシとチャンボコ息子が唐で幸せになれたらよいのですが・・・。
大河ドラマって、見終わった達成感で、評価上がっちゃう。歴史ドラマっていうのは、どうしても主人公視点で、主人公に都合の良い書かれ方をするもので、そこが気にはなったかなあ?特に、敵役ヨンムンがカッコ良かったので、どうしてもチャンボコに意地悪な視点を持ってしまう傾向にありました。次は、ヨンムンが主役チュモンを演じるチュモンの続きを見ようかなあ・・・。
ヨムジャンは王宮に誰も入れるなと命令。首都に急行したチャンボコが、「急に亡くなるとはどういうことだ」とヨムジャンを責め立てる。ヨムジャン、「原因不明です」と言ったけど、あんただろう!え?チャン・ボコ、陛下の前で泣き崩れます。チョンファも驚愕。心臓病ってことだけど、チョンへで治ったはずだとチョンファは言う。国葬の延期命令を出して真相を究明するという。民も王の急逝を受け入れ難いだろうから、調査しないと国が安定しないと主張。(く、苦しいな。王の体調なんて、民は知ってるのか?)
キム・ヤンはヨムジャンに「弓は引かれたのだから、躊躇ったら我らは終わりだ。証拠を隠滅せよ」と司令。調査されるとヤバいって、動揺し過ぎで疑われてますよ、キム・ヤンさん。でも、調べても毒殺ではないっていう結果。痕跡は、少し遅れて出るものなのね・・・。チャンボコは疑念を解かずに、陛下の枕元にずっと付いている。キム・ヤンの所に、動揺した医師がやってきちゃったりして、バレそうな気配です。

≫ Read More

▲ Close

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン)Disc24 48・49話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3 ヨムジャン、「チョンファのために心が揺らいでいる。ヨンムンの縁は捨てたハズでは?」とキム・ヤンに指摘されます。ジャミ夫人は、チョンファを取引材料に、軍の撤収とウジンの引き渡しを、チャンボコに交渉する予定です。ジャミ夫人は、「お前が裏切ったからだ」とチョンファに言うが、「身寄りのない子を引き取る理由は、自分の利益のため。そのために悪行に手を染めた。償いとしてジャミ夫人を砕きたかった」とチョンファは言う。しかし、自分がチャンボコの足かせとなると知って、断食して餓死しようとします。
チャンボコは「ジャミ夫人とはいかなる取引もしない」と断言。でも、ムジンは「軍を撤収すれば、私が交渉する」と言い出す。ヨムジャンも、今にも暴れだしそうだ。
ジャミ夫人「チャンボコはお前を見捨てたぞ」ってチョンファに言うも、「ジャミ夫人は誰も愛したことがないから分からないのです。私は恨みはしません」ってチョンファ。本当に、性格が悪い女だなあ、チョンファちゃん。綺麗だから許されるけどさあ。そこは命乞いしてやりなよ~。そうすりゃ、ジャミ夫人の気も緩むし、道が開けて、チャンボコの辛い気持も薄らぐだろうが!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン)Disc23 46・47話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3 ヨンムンを連れて行くっていうのを、ヨン達は大反対です。でも、商売が出来る人材だからなあ・・・。キム・ヤンは、近すぎてチャンボコへ向けた刀を鈍らせるなといいながら、自分は残って都の情勢を探るといいます。ジャミ夫人は、キム・ミョンと一緒に唐に渡り、キム・ミョンが王座に座れるような下準備をするという。王室に送ったキューイを使って、王を自殺に見せかけて殺すという。
キム・ヤン、王の使いでチャンボコに会いにきた宦官を捕まえました。内容を確認して、その手紙を燃やして宦官の首をはねた。ミョンの間者だと思ったのだが陛下からの書信だったと、「チャンボコに助けをもとめる」書信(キム・ヤンが作成した偽のだろう)をウジンに。軍を動かせば、チョンヘ討伐の名分を与えてしまうと止めるチョンファ。
チャンボコ配下では、「今の王はミョンのいいなり。敵であるし、チャンボコに助けを求める理由は?」と悩んでますが、ウジンに従うことにしたようです。キム・ヤンは、しきりにウジンに進軍の決断を求めてます。露骨すぎて、ウジンは軍を出す気がない。で、キム・ヤンは、私に軍を預けてくれれば、陛下をお守りするって訴えた。ヨン達が、「チャンボコなら陛下のために軍を出すだろう」とウジンを説得。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン)Disc22 44・45話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 1 チャンボコ、都へ引き返す!そのころ、陛下の一行に浮いていたヨムチャンも、軍が移動していると聞いて調査に出た。移動してきた軍を足どめして戦闘開始。でも、キューイ率いる別動隊が陛下を襲った。陛下も切られ、ムジンも危機一髪のところにチャンボコが来た!ムジンはチャンボコが、連れて逃げだした。チェ大人の連絡で、チョンファはムジンの息子を伴って逃げ出し、チャンボコらと合流した。しかし、脱出経路は抑えられて、たびたび戦闘を余儀なくされます。なんとか、チョンへに逃げ、ウジンの一命は取り留めました。
その場を逃げ出した手傷を負ったキム・ヤンはヨムチャンに会って保護されたけど、「都に戻って玉璽を守らなければ」と言いながら意識を失った。混乱している今しかないと、ヨムチャンは少数で都に戻り、寝室に侵入したけど、キューイに読まれていた。で、ジャミ夫人に捕まった。しかし、殺してくれっていうヨムチャンに「無条件で逃がしてやる。しかし、助けたことを忘れるな」って、ジャミ夫人にまた取り込まれちゃうのかあ。ヨムチャンは、できれば早く死んで、この苦しい人生から逃げたいんだろうね。
キム・ミョンは軍を伴って王宮入り。玉璽を手にします。すぐ、戴冠式をするというキム・ミョンに、「会議で決めた陛下を売ったのだから、今は民の信頼を得られない。大義名分が必要。ウジンより高位のジェユンに即位させるべき」というジャミ夫人。やるねえ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

海神(ヘシン)Disc21 42・43話

海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 3 チャンボコ、武力で追い払えることはできるのだから、時間をくれと要求です。キム・ミョンは復讐をしたいのだろうと警戒するが、チョンファ兄は「命令に従わないと処罰のきっかけを与えることになる。私が都の政治部分をサポートする」と申し出て、召喚に応じることに。
ジャミ夫人(また蛇の髪飾りが復活。今度はクリスタルよ!)は、キム・ミョン昇進に溜飲を下げています。でも、ウジン父もサンデドゥンに昇進してて、ウジンの勢力も衰えてません。都の政争に参加するために、都督を辞して都に行くように、ヨムチャンは都督キム・ヤンに助言です。
ヨムチャンの姿を見たチュンダル、博打で借金作って困っているので、この情報をチャンボコに売ろうとしてます。でも、ムチンジュに居るなんていうあやふや情報なので、「嘘だろう」ってボコボコにされちゃった。借金のために使いこみしたのがキューイにばれちゃって、ヨンムンの居場所をジャミ夫人に提供。で、ヨンムンはジャミ夫人にあったけど、もうジャミ夫人には靡かない。
キム・ミョンは武芸にたけたチャン・ボコが気に入ったようで、私の下で働かないか?といいますが、「私は都の政治には関わらず、チョンへを豊かにして、国の資金を作る。これが民のためだ」と言って固辞

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海神(ヘシン) | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT