FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

恋歌

KBSWORLD
FBSのサイト
原題:우리는 길잃은 작은새를 보았다「私たちは道に迷った小鳥を見た」
脚本 : チェ・ミンス
演出 : イ・ドッコン
★カン・ジンソプ役(イ・ジュヒョン):ユン家にひきとられた孤児。社会学部の学生。柔道をやっている。硬派で純情な青年。シネを心から愛するあまり、彼女の行動を過剰に心配してしまう。
(どっかで見た顔だと思ったら、ラブトレジャーの班長??韓国の正統派美男子って感じですね)
★カン・シネ(チェリム):同じくユン家に引き取られた孤児。ジンソプを実の兄と思っている。舞踊学部。明るく素直な性格。ダンスコンクールでは優勝するほどの実力者。ジンソブを心底慕っているが、ミンヒョンには複雑な感情を抱いている。
★ユン・ミンヒョン(パク・ヨンハ):ユン家の一人息子。シネと同い年。ダンスに情熱を燃やす青年。明るく憎めない性格だが、どこか孤独の影を漂わせている。
★キム・イチョル(ユ・ジュンサン):ジンソプたちと同じ孤児だった友人。スタントマン
★ソ・カヒ(キム・ソヨン):シネの同級生。お嬢様。シネの親友でありダンスではよきライバル。ジンソブに片想いしているが、いつもそっけない態度をとられてばかり。

【あらすじ】
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
ある日、チェンベが警察に逮捕されるところを目撃した二人は、その場から逃げだし、ついには行き場を失って道端に倒れこんでしまう。そこを車で通りかかった実業家のユン氏に助けられ、そのまま二人はユン氏に引き取られて、家族同様の生活を送ることに。
しかし、ユン家の一人息子であるミニョン(パク・ヨンハ)には、母親が自分以上にジンソプとシネを可愛がるのが耐えられず、何かと二人に辛く当るようになっていくのだった。やがて成長したジンソプとシネは共に大学性となり、充実した毎日を送っていた。
そこに、アメリカに留学していたミニョンが帰国し、家族は再び共に生活を始めることになるが・・・


1話
迷子や孤児を集めて金稼ぎの道具にしていたヤクザのチュンベ(チョ・ヒョンギ)のもとで育ったジンソプ(イ・ジュヒョン)とシネ(チェリム)。ジンソプは幼いシネを可愛がり、いつからかシネはジンソプを本当の兄だと思うようになっていた。
チュンベは、ガムを売った代金はとってもお釣りをあげるといわれても受け取らない。迷惑かけたくないという気持ちの強い子

水疱瘡?になったジンソプを捨ててしまうキム・チュンペ。だけど、ドラマ見て感激したのもあって、反省して病院に連れて行った。

親分のチュンベが逮捕される。逃げ出したジンソブとシネは、ユン家の前で衰弱しているところを発見され引き取られることに。
ジンソプは初めは嫌がってたけど、「憧れてた家」と気がついたし、シネにねだられて、受け入れた。

だが、ユン家の一人息子ミンヒョンは兄妹を歓迎できずにいた。ま、子供だから正直に「汚い。くさい」とかいうし、母親の愛情を取られる気がするよね。「やさしくしてあげて」と言われて「分かった」とは言ったけど、ミンヒョンの複雑な気持ちに配慮してあげて欲しいかなあ。

自分のせいでミンヒョンが傷ついてると思ったジンソプは、1人で出て行こうとするが、シネに泣いて止められて、ミンヒョン母にも「立派な大人になるには勉強しないと」と引き止められる。

で、年は流れて皆さん成長。
ジンソプは柔道をやる学生。超ブラコンのシネはダンスをしている。シネが組む腕をさりげなく外すジンソプ。意識してるって奴ですね。定番だ!!
友人イチョルの誕生日に会いに言った二人。ジンソプの気持ちにイチョルは気がついてるけど、「シネは妹だ」なジンソプ。いやいや、バレバレでんがな!!

シネは「こんなに幸せでいいのかな?」なんて言ってます。ママから心配して電話があったりして、愛されてるんだね~。

ミンヒョンは大学をやめてジャズダンスをすると言い出して帰国。「パパを手伝って欲しいのに」な母親だけど、シネは「ジャズダンスは良いよ。習ってる友人も多い」と庇う。
で、ミンヒョンのパク・ヨンハさんだが、でぶってるな~。

帰国便でたまたま一緒だったジャズダンサーのエリを見かけます。空港で「テレホンカードかりたいんだけど」とカヒに声をかけます。
お迎えのジンソプとシネは遅刻。ミンヒョンは私のせいで留学したから仕返しするかな~」とか心配してるシネだけど、ミンヒョンは明るく接して、気楽にシネに「マッチ売りの少女は元気にしてた?」とか額にキス。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 恋歌 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)
(2008/05/07)
イ・ジア; ユン・テヨン; チェ・ミンス; パク・サンウォンペ・ヨンジュン; ムン・ソリ

商品詳細を見る

私はずっとキハ&ホゲが好きだったので、最後までかっこよい二人でよかったです。タムドクは、親友と愛する人の言葉をまともに聴かないから、遠回りしまくって、戦争しまくって、結局は二人の言う「天の力や運命すら変えてみせる」という結論を受け入れた。
これ、タムドクを正義として書きすぎたのもあって、すげーお間抜けに見えるよ。


8年後。再開したスジニとタムドク。なんか、すっかり女になっちまったスジニ。(魅力半減)
「見なかったことに。そばに入られない。」というスジニに、「二度と手放さない。お前のいるところが宮殿だ。黒朱雀でも守ってみせる」というタムドク。

宮殿のタムドクは、自分の子ともしらないで、アジクを可愛がる。「姉の子供」としか言わないスジニ。スジニが酒を絶っていると知って、「それほどに逃げなければならなかったのか・・・」とスジニの苦労をしるタムドク。「お前が死んだということは信じなかった。俺は許可してない」と冗談を言うタムドクに、「時が来たら言うことがある」って、先延ばしにして傍にいるのかよ・・・。あんた、それは、結構キハに酷いことしてると思うぞ。「そのときが来たらためらわないで欲しい」というスジニに、「天のやり方ではなく、私のやり方でやる」というタムドク。

ホゲは捕虜の死体で道を作り、タムドクの来訪を待っている。「彼女は決着をつけるつもりだ。チュシンの王を殺して天の力を奪い、自分の役目は終わったと言うだろう。彼女はこの世に未練がない。平然と私に別れを告げる。分からないのか?私は、天の力など望まない。手に入れて、誰のために使う?」切ないね・・・。やっぱ、ホゲは良いキャラクタだな。

コムル村を襲い、白虎、玄武の神器を奪うファチョン会。神器が盗まれたことを知ったタムドク。ファチョン会は「神器をそろえ、王(タムドク)の到着をまつ。タムドクが自分の意思で天の封印を解くか、タムドクの心臓で封印を解くか・・・」と計画している。

アブルランサに向かうタムドクのところへ軍が集まってくる。しかし、ファチョン会は、陣営のタムドク部下を操り、子供アジクの存在を知って拉致する。ファチョン会がアジクを狙う理由は?と問うタムドクだが、スジニは真実を告げない。そこに、チュシン王・タムドクの子供を連れて行くと書かれた書簡が。「こうなると思って逃げていた。あの子は王様の息子で、姉・キハの子供だ」と言うスジン。「うそであってほしいと願ってきた」って、アンタ・・・。キハに失礼だろ・・・。タムドクも、スジニよりもキハにかけるべき言葉があるだろ!!

アブルランサへアジク救出に向かうタムドク。「あの子の心臓で、ファチョン会は天の力を開くつもりだ」と配下に言い放つ。

キハは、「長老より早くタムドク王の心臓を手に入れ、天の力を手に入れて」とホゲに命じる。「カウリ剣のときのように、あいつと一緒に死ぬつもりなのですね。どうすれば、あなたを救えるのか・・・」ってホゲ~。いい男だ・・・。「天の力を持つものは永遠に生きられる。待っていて。恨みを晴らし、生まれ変わったら、きっと会える・・・」これが、キハがホゲにあげられる精一杯なんだよね。キハは、ホゲを愛したかったと思う。手を重ねる二人は泣けましたよ・・・。ホントに切ない男女だな・・・。
ホゲ軍と対峙するタムドク王軍。「敵は我々より多い。俺達は必ず勝つ。負ける方法を知らないからだ。俺が先頭に行く。俺の軍隊、俺の兄弟達、俺が見えるか!」と兵士を煽るタムドク。しかし、タムドクを演じるヨン様は最後まで、演技の位が低い・・・。こういうシーンは辛いな・・・。笑いを取るようなシーンは割りと良いんだけど、
死闘が繰り広げられ、タムドク配下のものも次々と死んでいく。ホゲと対峙したタムドク。ホゲは殺されたいんだから、対して逃げもしないで槍の被害に。正直、この最悪の状況を作ったのはホゲであり、タムドク。それをチャンと理解していたホゲに対して、タムドクってどうも認識不足だよな。

アブルランサで4つの神器を並べ、封印が解けるときを待つキハ。神器が光り出す。
アブルランサにひとり突入するスジニ。長老がアジクを連れて現れる。キハの元へアジクは歩み寄るが、キハは「その子は誰?」と動揺。長老は、「ホゲはタムドクを討てない。その子も天孫の血を引く子。2000年待った。アジクの心臓を切り開け」と迫る。キハは「私の子・・・」と抱きしめる。しかし、長老は「天の力のためだ・・・」と迫る。長老に矢を放つスジン・・・。「アジクは姉さんの子供だ」とキハに叫ぶスジン。
キハの中に入り込み、キハを操りアジクをナイフで刺そうとする長老。キハは対抗するが、長老の力も強い。なんとか、心臓に刺そうとする刀をそらしたが、アジクの指を切ってしまった。神器にアジク(天孫)の血が流れていく。アジクの血によってキハの朱雀が目覚める。朱雀に変身し始めるキハ。アジクを抱きかかえて逃げるスジン。

そこへ、タムドク王が到着し、飛んできた火からスジニを守る。天弓を手に握り、長老と天弓で破壊したタムドク。
朱雀に変わったキハが綺麗なんだ・・・。「止めろ。お前を殺したくない」とキハに念じるタムドク。
キハに天弓を射ろうとした瞬間、「今、分かった。私のすべきことが。キハ、お前を信じられなかった。俺が間違っていた」と、弓を折る。
神器が消えていく。「人は誰でも間違える。天にそう言わなくては…。それが人間だ。天は我々に聞いている。自ら生きるのか、天の力で統治しないといけないのか。その問いに答えるのがチュシン王の勤め。(って、キハやホゲはかなーり前にそういう結論に至ってるんだけど・・・)私は人間を信じる。チュシン国は人間が建てる。天の力は天に返す。だから、もういい」と語りかける。タムドクに理解され、暴走を止めていくキハ。キハが消えた光の中に入っていくタムドク王。
タムドク=広開土王は、天帝の子で、天の力を解放し、国が栄えた・・・。タムドクの言葉「人が天を待つのでなく、天が人を待つのだ」という言葉でエンド。

「天の力など要らない」といいつづけた、ホゲやキハの結論に長々かけてたどり着いたって訳ね。愛する人たちの言葉をちゃんと聴かないから、時間がかかり、無駄な戦争が起こりまくったんじゃ??
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 太王四神記 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |