FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

黄金のリンゴ1・2話

SHOWTIME
KBSWORLD
【脚本】 キム・ウンギョン
【概要】
りんご農園で育った4人兄弟の運命は?
1960~1970年代の韓国を舞台に、愛と運命の悲劇にも屈せずひたむきに家族の幸せを勝ち取ろうとする4人兄弟の波乱万丈な人生と恋愛を描く感動作!

ある田舎の静かな村。ギョンスク(パク・ソルミ)、キョング、キョンミンの家に一人の女(パン・ウンヒ)が娘グムシル(コ・ウナ)を連れて嫁に来る。
嫁に来た後、夫チョンドン (チェ・イルファ)とのたび重なるケンカで家出が多くなり、遂には村の大地主で国会委員出馬者パク社長(イ・ドクファ)と不倫関係になる。
ある日、友達と隠れん坊をしていたギョンミン(チ・ヒョヌ)は、新しい母とパク社長との不倫現場を目撃する。噂は瞬く間に村中に広がり、ギョンスクの家族に徐々に運命の影忍び寄るのだが・・・
【登場人物】
★ギョンスク役-パク・ソルミ
楽天的で明るく純粋な感性と一見弱く見えるが熱い内面を持つ。与えられた現実にたくましく向かっていき、運命に順応するというより自ら運命を切り開いていくスタイル。亡くなった母に代わり家事と弟の面倒をみながら辛うじて中学だけ卒業したが、いつかは夜間高校に進学する夢を持つ。村の人たちはそんなギョンスクに一目置く。 果樹園を飛び回り農作業、弟たちの面倒と猫の手を借りたいほどに忙しいが、遊びも欠かさないギョンスク。そんなある日、静かで平和だった村を揺さぶる1つの事件が起こり、ギョンスクは運命的な愛に悩みゆがんだ欲望に傷つきながら、人生の険しい荒波にもまれることになるのだが・・・
★ギョング役-キム・ジフン
ギョンスクの弟。自分勝手でプライドが高い現実的な人物で典型的エリートとして育つ。食の好みも難しくギョンスクを困らせる。大人しく善良な父チョンドンの人生の転落に深く傷を負い、強くなるために歯を食いしばって勉学に励む。だが「大人しくて善良」と言われるのが一番嫌いだ。何のためにもならない無能力な言葉。単にその言葉で飾られた父の人生を見るのはむしろ苦痛だったため、その反動で成功しようと野望に燃える。大変計算的で抜け目なく緻密だが、過敏なほどに神経質で小心者でもある。
★ギョンミン役-チ・ヒョヌ
ギョンスクの末弟。反抗的だが温かい心を持ち、偽りや飾り気がなく成功にも特に関心がない。正義感が強く誰よりもギョンスクの気持ちを理解する。鏡を見て襟を立て格好つけるのが趣味といえば趣味で、しかもかなりの映画マニア。地元で封切する映画なら何が何でも忍び込んで観る。幼くして観られないものも観て育ったせいか精神年齢が高いと自分で思っている。父チョンドンの波乱万丈の人生を見て深く誓ったことは「何があっても結婚は1回だけする!」だ。
★グムシル役-コ・ウナ
ギョンスクの家に継母が連れてきた娘。明るく無邪気で大人しくかわいい。継父であるチョンドンを実の父のように慕いギョンミンを除いて家族皆が彼女のことを好きだ。母に手を引かれ初めてチョンドンの家に来た日からグムシルはギョンミンに特別な感情を抱くが、家族で唯一グムシルを嫌うギョンミンにかなり傷つけられる。それでもグムシルはギョンミンが好きだ。いつも永遠にギョンミンと一緒にいようとするが成長しながら成し遂げられぬ運命の愛に直面する。
★チョンドン役-チェ・イルファ
貧しさを宿命のように受け止めてきた父。 パク社長の果樹園の管理人。小心者で卑屈なだけに順従的でもある。自分の土地は水辺の田んぼ5坪が全てなのでパク社長はチョンドンの恩人で命綱に変わりない。人々がチョンドンに向かって言う言葉は限りなく善良で法なしに生きる大人しい人だ。
★グムシルの母役-パン・ウンヒ
パク社長の誘惑に負け不倫する。考えが浅はかでおしゃべりで自由奔放かつ自己中心的だ。漲るセクシーさで男が多い。彼女のモットーは「不利なら言い張れ!」彼女の見境ない行動で多くの人が傷つく。グムシルを生んだものの先天的には母性欠乏で、グムシルが手に負えない。


1話
長女のギョンスクの若いころを演じてるのは、「黄金の新婦」のジンジュのイ・ヨンアちゃんですね。田舎娘が似合う子だね。
で、彼になるジョンギュを演じる男性チョン・チャンは、色んなドラマで「振られ二枚目」を演じてる人ですね。かっこいいか??と思ってたけど、このドラマでは普通にカッコよく見えます。このころは髪が豊富だし、若さがあるね。さらに、田舎では、都会派の学生運動してるような若者カッコよく見えるってのもあるかな~。今はソンヒに絵を教えてあげたりしてますが、キョンスクはあこがれているみたいだね。中学しか出てない自分に引け目をかんじている様子のキョンスク。でも、「喧嘩も勉強もイチバンだったんだろ?」って高校受験の参考書をくれて、「劣等感に負けないで、遠回りしたっていい。夜間高校でもいいし」って優しいジンギュ。
兄弟同士の仲の良さが、悲惨な状況でも温かい気もちになります。
2話
両親のけんかは激しくなり、ウンソクは母と暮らすことに。
キョンスクの先輩ミジャが帰郷。かなりの派手派手になって帰ってきました。ミジャ弟のポングも相変わらずのお調子者ぶりです。
父はパク社長の選挙活動のためにちんどん屋みたいな役割を引き受けて、キョンスクは胸を痛めます。成績もよく、負けず嫌いの長男ギョングにとっては、かなりの屈辱みたいだね。
母は、議員がスキャンダルを警戒してるのを利用して、家出したまま金をせびったり、商売の元手を得ようとしたりしてます。
キョンスクはミジャにもらったミニスカートを履いて、のど自慢大会に参加することにします。子供たちを相手に練習。明るい曲で踊るとやっぱりパンツが見えるって子供たちは言う。



あらすじ(公式から)
1話
ある静かな村に住むキョンスクの元に、ある女性が娘クムシルを連れて嫁いできた。しかしその再婚相手と父は折り合いが悪く……。
2話
キョンスクはミジャにもらったミニスカートを履いて、のど自慢大会に参加しようと決心するが…。一方、継母との不倫関係は……。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 黄金のリンゴ | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

セレブの誕生1話

KBSWORLD
【あらすじ】
財閥の息子チェ・ソクボン(チ・ヒョヌ)。韓国上位1%に入るロイヤルファミリーにソクボンの父がいる。問題は父が誰なのかを知らずその父すらソクボンが生まれたことを知らないということだ。そんな財閥の父を持ちながらも貧民街の屋根裏部屋に住むしかないソクボンの事情とは?彼は父に会った時に恥ずかしくないように独学で財閥後継者の勉強をして財閥の習慣を身に着けていた。ホテルベルマンの仕事をしているのもこれがロイヤルファミリーの習慣やノウハウを学ぶのに1番ふさわしい職業だから。韓国のセレブが集まる最高ホテルオソンホテル。そこはソクボンが父を探せる可能性が最も高い所だ。ところが、いつか父に会い貧しい生活から抜け出したいと望んでいた彼に生存率50%の癌にかかるという災難が降りかかる。お金さえあれば治療をできるのだがお金がなければ死んでしまう。このまま死ぬのはあまりに無念だ。財閥の息子がお金がなくて死ぬなんてありえるか?そんな彼の目の前にオソンホテルの相続娘でお金に関しては血も涙もない財閥女イ・シンミ(イ・ボヨン)が現れる。俺が生き残る方法はあの女だけ!ソクボンにとって財閥の父を探すことは生きなければいけない理由であり生き残る理由だった!
【登場人物】
★チェ・ソクボン役:チ・ヒョヌ
オソンホテルのベルマン。財閥の父に会える日に備えて独学で財閥後継者のための勉強をしている。血統は心の中にあるという信念でいくら疲れていても堂々と優雅な態度を忘れない。わずかな給料をかき集めてホームショッピングでドン・ペリニヨンワインを注文し、縁が欠けた安コップに最高級のダージリンを飲む。財閥の父を探すためならどんな困難も恐れずいつも温かい心を忘れない。
★イ・シンミ役:イ・ボヨン
ジーンズが似合おうが似合うまいが丈夫だから履き、ご飯を沢山食べればお金がかさむから試食コーナーを利用し、話がつまらなければすぐに出て行ってしまうこの女の正体はオソングループの相続娘。だがこの女、本当に財閥の娘なの? 割り勘は基本で化粧品はサンプル、コーヒーはもっぱら自動販売機だけ。お金に関しては血も涙もない彼女だが実はか弱い面ももつ。
★チュ・ウンソク役:ナムグン・ミン
フロンティアの後継者。シンデレラが結婚したがるプリンスの条件をすべて満たす男。だが家業後継者としての深い悩みを持つ。長い間100位圏外にとどまり財界の隅で蔑視と侮辱を受けた父。そんな父を見て育った後継者としての怒りと復讐が胸に刻み込まれている。
★ブ・テヒ役:イ・シヨン
ブホグループの相続女。生まれつきの美貌とセクシーな魅力は彼女の最大の武器。彼女に不可能はない。この世にお金で買えないものはないから・・・だがそんな彼女にとって愛を手にすることだけは簡単ではない。この私にも手に入れられないものがあるとは一体??



天下無敵イ・ピョンガンに続いて、チ・ヒョヌ君が「財閥だけど認められてない」という似たようなキャラクタで登場。こちらも明るいコメディですし、殆ど差を感じないですね。
相手役のシンミのキャラクタがなかなか好印象。イジワルではなく合理的で、下品ではない所が気に入ってます。イ・ボミンさんは正統派美人なので、崩しても奇麗なのがいいですよね。ちょっと弱い感じがあって、高飛車すぎないのも可愛い。
ナムグン・ミンさんも、こういう役は多いですよね。いかにも!って感じですが、声が相変わらずいいですね~。



ソクボンは財閥の息子。でも、財閥である父は、ソクボンの存在をしらない。どうしてかというと・・・。
母と父は空港で偶然に出会った。チョッとしたトラブルで父のチケットを紛失する原因を作った母。母は、その日元彼に別れを告げに来たところだったのね。泣きだしちゃった母と父は一緒に飲むことにし、勢いでやってしまった。しかし、父が乗り損ねた飛行機が事故て墜落。「乗っていたら死んでいた」と感謝する父。ネックレスと、本に連絡先を渡して、「一週間後に出張から帰るから連絡して」と言って去った。でも、お母さんは、連絡しようとした時に傍にいたハルモニが倒れたのを助けようとして、本をなくしてしまったの。そのまま、連絡できず・・・。

ソクボンは財閥である父を捜し出すのが目的。そして、財閥の御曹司らしさを学ぶために、財閥がよく利用するホテルのホテルマンとして就職。
パーティや会合に入り込んで一席ぶってネックレスを見せつけてみたりしてます。どうやら、祖父らしき人が反応して、素性を調べてましたね。

ソクボンの働くオソンホテルのスイートルームに、オソングループの令嬢であるシンミが泊まることに。財閥の娘なのに、超ケチで性格も悪くて有名で、皆、ルーム係を嫌がるんだけど、120%のボーナスを条件に、ソクボンが名乗り出ます。

でも、ソンミはポイントカードを使い、化粧品は試供品。服も金のかかってないもので、トランク一つ。
でも、企業買収を反対する会社に出向き「このままでは倒産する。しかし、私について3カ月頑張ってくれたらリストラはしない」と自分の髪を切って「この髪に誓う」とまで言ったり、なかなかやり手ではある。
スイートに泊まるのも贅沢というより「空いているから」だし、高額の部屋代だしているし、ボーナスもらってるんだからいいでしょと、チップは絶対に払わない。

ソクボンは、御曹司の名をかけて、必ずシンミからチップをもらうと宣言を。でも、「勿体ない」の一言で、完全無視。プールのガラスが汚れてるなんてチェックまでして、それをソクボンの仕事して割り当てる。
ソクボンが、シンミのチェックしてた株を見たということでトラブルに。「情報を盗むのも泥棒」というシンミの言い分は正しい。でも、ソクボンは自分もチェックしてたんだ~と、自分のロッカールームに連れて行って、チェック済みの新聞を見せて、「この企業は倒産するとチェックした」と言う。
シンミはちょっと興味を覚えたみたいね。

ホテルで財閥のパーティが。シンミは、パーティあがり症らしく、こっそり逃げようとしたんだけど、ソクボンに見つかっちゃいます。
フロンティア財閥の後継者ウンソクは、シンミに会いたくてパーティに。シンミにキスをして、シンミに嫌われたみたいだけど、諦める気はないみたい。そのウンソクに恋してる財閥令嬢って感じのプホグループ令嬢テヒ。ウンソクには妹のようにしか思えないけど、振り向かせる!!と頑張ってます。

シンミの部屋で、父が連絡先を書いた本と同じ本を見つけたソクボンは、シンミのいないうちにこっそり部屋を探して、あの本を見つけます。電話番号は書いてあったのかな??
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| セレブの誕生 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

天下無敵イ・ピョンガン1話

천하무적 이평강2009年 全16話
KBSWORLD

出演:チ・ヒョヌ ソ・ドヨン チェ・ミョンギル ナム・サンミ チャ・イェリョン
演出:イ・ジョンソプ
脚本:パク・ゲオク
【あらすじ】
ピョンガン(ナム・サンミ)は世界的ゴルフコース設計士だった父と幼い頃江原道に来たが、ゴルフ場オープンの日に父は他界してしまう。家計は苦しくなりピョンガンと母はゴルフ場近くのボロ屋での生活を余儀なくされる。8年後、ゴルフコース設計士になりたかったピョンガンの夢はどこへやら、毎日リゾートを訪れるお客の世話をしている。そんなピョンガンに試練が訪れたのはV.I.Pの世話をしろというチーム長の電話を受けてからだった。ゴルフ場に着いたピョンガンはそこで傲慢で横柄なオンダル(チ・ヒョヌ)と運命的に会う…1400年前、生まれた時から悪縁で結ばれた2人はお互い口に出せなかった愛の告白をできるのか?
【登場人物】
★ウ・オンダル役:チ・ヒョヌ
1400 年前、仇のようなピョンガン姫と会ってしまい運命にもない将軍になり戦で悲運な死を遂げたオンダルが生まれ変わった。2009年現在、表向きはリゾートシャインローズの後継者で傲慢で横柄な性格。9歳の時母が亡くなり堕落したオンダルは寂しかった幼いころを忘れようと人生の路線を変えた。だがやること成す事全てがこじれるのは自分を変態扱いした不届き者イ・ピョンガンのせいだ。そう確信したオンダルはピョンガンに食ってかかり彼女をいじめるのだが…
★イ・ピョンガン役:ナム・サンミ
1400 年前、高句麗王の一人娘としてチェ皇后の挑戦に前面から反旗を翻す眼下無人のピョンガン姫が生き返った。2009年現在、昼にはリゾートシャインローズ客室職員として夜はカン家の民宿で鳥の水炊きを作りながら生活している熱血少女家長。幼少時は裕福に育ったが父の死で傾いた家計と母の賭博癖のせいで借金まみれになり体も心もズタズタのピョンガン。亡き父のようにゴルフ場設計士になるのが夢だったが、ある日彼女の前に変態が現れた。街中を騒がせるこの男はリゾート会長の後継者。一体こいつとは前世でどんな悪縁があったのか…
★エドワード役:ソ・ドヨン
1400 年前、隣国トルクォル国の王子が生き返った。7歳の時スウェーデンの富裕層に養子に入ったエドワードは異国の地に慣れるために感情を隠して育った。エドワードはピョンガンがゴルフ場設計士を夢見ているということを知り助ける。自分も養子に入った息子として人に助けられて育ったためピョンガンを助けられることだけで幸せだ。リゾートチェーン事業の市場攻略のためにアジア総本部長として韓国に帰還する。
★チェ皇后役:チェ・ミョンギル
1400年前、ピョンガン姫を試練に追い詰めた新しい母で第2皇后が生き返った。2009年現在、リゾートシャインローズの理事。25年間ウ・ピョンウォンの秘書として働きいつも彼を守ってきた。
★クァン・ジャラク役:チャ・イェリン
1400年前、オンダルの心を揺さぶった高句麗妓生が生まれ変わった。2009年現在、芸能界のアイコンでリゾートシャインローズ広報モデル。


1話
おもいっきりコメディですね。チ・ヒョヌくんは、コメディで生きるタイプだと思うのでたのしみです。
おバカ留学生のオンダルは、幼馴染のジャラクから「父の再婚」をきかされて急遽帰国。相手は、長年の秘書をしていたチョ女子で、その息子はMBAをとった優秀な男ヨンリュ。ジャラクに思いを寄せていたが、いまはリゾート開発をまかされて、会社の後継者となることを目指してる。
結婚式をメチャクチャにしてやる!という勢いで帰ってきたオンダルだが、ヨンリュのはなった部下達に襲撃され、服ごと車のキーと財布をとられてしまう。迷い込んだ家はピョンガンのところ。干してあった洗濯をかりようとしたところをみつかって泥棒騒ぎ。ピョンガンはおさななじみの警官サンドルをよんで、ボコボコにしちゃう。
なんとか遅刻してかいじょうについたオンドル。じぶんのバカ息子ぶりがゲストになげかれてるのをきいて、暴れるのは中止。新事業発表をしようとしてるヨンリュのマイクをとりあげて、祝辞を延べ、歌を歌って場を盛り上げた。
会長は、オンダル帰国をきに、後継者を発表すると決める。が、危機を覚えたヨンリュが「警察に捕まったオンダル」の写真をネットにながし、それどころではなくなる。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 天下無敵イ・ピョンガン | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マイスウィートソウル 16(最終)話

マイ スウィート ソウル DVD-BOX IIマイ スウィート ソウル DVD-BOX II
(2009/01/28)
チェ・ガンヒイ・ソンギュン

商品詳細を見る
最終回です。すごく好きでした。
チェ・ガンヒさんのほんわかしてて芯の強そうなところが魅力的だった。そして、優しすぎる男性たち。特に超美声イ・ソンギュンさんのかたる言葉は、本当に「心のおくすり」というのにピッタリだった。そして、ジェイン・ユヒの友人たちもそれぞれに魅力的だった。女性陣でだらだら話してるときの会話とか、何気ないけど良かったです。カットされてたから、彼女たちのシーンがもうちょっと見たかったかな?DVDでたらレンタルして、カットなしを見たいです。
とにかく、細部が丁寧で、エピソードが魅力的に描かれてます。なんてことないことでも、文章の良さで読ませる小説みたいに感じました。
最終回は時に、おとぎ話みたいでした。凄い重いことが起こってるのに、穏やかに感情を丁寧に味わってる感じ。

過去の重すぎる罪を背負っていきる男がここにも出てきて、そうするとやっぱり魔王を思い出してしまいます。
「幸せにも不幸にもなるな。だが生きろ、あの草のように」という言葉を信じて、ただ生きる。何をしたって罪は償えない。それを分かっているから、「罪を償えるのか?」とは考えない。
復讐する側は「罪を償ってない。罪は許されてない。」と思うものだ。被害者は、許すことで前に進んでいきたいから、彼らが何らかの罰をうけることで区切りをつけようとする。でも、罪を背負って生きる側は「許すとか許さないとかの問題ではない。罪は一生消えずに残る。許されることはないと知っている。でも生きていくしかない。」という覚悟で生きている。そして、その覚悟とは別に「許されたい」という感情は絶え間なく湧いてくる。そんなことを思いました。


では、あらすじに沿ったレビューを

列車の中であった二人。ヨンスは「こっちを見ないで」っていって、事情だけを説明する。美声イ・ソンギュさんだから、こういうのは凄く効果がある。「自分には絶対に起きないと思ってたことが、ある日起こった気持ちが分かるかと聞きましたよね。ええ、分かります。僕はキム・ヨンスではない。ユ・テギョンです。あれは、夏でした。川辺で少し酔って行って、理由は覚えてないけど喧嘩をした。そして、僕はジョンファンを、僕の親友を殺した。20歳を少年院で過ごした。」あの本「人間の大地・夜間飛行」を貸してくれたのが本物のヨンスさん。命あるものはすべて危険の中で生きてるというのも、ヨンスさんが書いた言葉。「あいつに会いたかった。でも、何も変わらない。生きるべきか死ぬべきか分からなかった。その時に出会った。”俺をやる。幸せになりすぎるな。草のように、風のように、木のように、ただ生きろ・・・。”そう生きた。幸せか不幸せかでなく、そのことをまるで知らないかのように。でも、あなたに会った時から、時間が巻き戻せるなら、ジョンファンとの時間に戻りたかった。でも、今は、本当に一瞬だけでも巻き戻せるなら、雨の日のカフェに戻りたい。次は見ない。窓の外を見つめるウンスさんの姿を。あなたを見てしまった。諦めることは出来なかった。幸せだったから。本当は幸せになりたかった。ウンスさん。なぜ、僕は僕なんだ。
差し込まれる、ウンスとの幸せな瞬間の映像が、本当に幸せで泣けた。あの雨の日、ウンスと一緒に駅まで歩くと言ったヨンス(テギョン)の気持ちを思うと・・・。
そして、二人はそのまま別れた。なんていうか、この列車の中の出来事は夢みたいだよね。

ウンスは、スクーターを買いました。本当は、結婚するはずだった日。ユヒの初舞台を見に出かけます。ジェインやユジュンもいて、黒豆君もいて「何もの??」です。
こっそり、ニコチンも見に来てたよ~。ユヒ、輝いてたもんね~。がんばれユヒ。
ジェインはユジュンもバレバレなのに「付き合ってない」といいつつラブラブじゃん。可愛い女。

「ヨンス(テギョン)からは連絡はない。やるべきことや考えるべきことがあるはずだから・・・。でも、あの人のことをずっと考えてる・・・」そして、一人の時間を楽しんでるウンス。そして、方位磁針(仕事を辞めた日に買ったものだね)の写真をメールにして、手紙を。「元気だと信じてる。心配はしてない。元気かと気になる時は本を読みます。」”どこにいるか分からず、どこにでもいて、とても地味な存在だが、非常に・・・”というヨンスさんに貰った本。
ウンスは自分の会社を作って社長になった。菜っ葉ワールドも開店。世の中を味わい尽くし、楽しむつもり。
封印したテホとでた映画も見てみた。地球は丸いから、「危険で楽しい」スクーターでどこでも行ける。テホが働く撮影現場も見に行ってみた。ADだからひたすら忙しく働くばかりだけど、ウンスは知らない大人の顔。ウンスのあげたスニーかーが履き古されて、テホに馴染んだ、彼らしいものになってる。「監督のサインをもらってあげる」というけど、「あなたの監督作を見に行った時に。元気で」と・・・。言い残してウンスは去る。

両親は離婚。母は弁当屋で働いて、人生を楽しんでる。ユヒもジェインも幸せを感じてる。”時には自分が嫌になるけど、体の隅々まで生きていると感じる。私が私で良かった・・・。”ソウルの街には、幸せな思い出が沢山あって、それが私を作ってる。

手紙は届いてくれるかな?方位磁針を受け取ったヨンス(テギョン)さん。それを持って、大好きな動物園に。「神様がいたら、聞きたい。誰がここに連れてきたのか」と言ってたヨンスさん。
ウンスは、名前のつけられない感情を心から味わってる。「テギョンさん。あの人に会えたら、そう呼ぶ・・・。」
そして、動物園で再会。はじめましてから始める二人。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マイスウィートソウル | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

愛しの金枝玉葉 1話

KBSWORLD
2008年 韓国放送中 
※金枝(クンジ)玉葉(オギョプ)=大切な子の意味

【出演】キム・ソンス イ・テラン チ・ヒョヌ パク・イヌァン ナ・ムニ パク・ジュンギュ パク・ヘミ ユ・イニョン ホン・スア ホン・アルム
【演出】チョン・チャングン
【脚本】パク・ヒョンジュ

【あらすじ】朝から大忙しのイルナム(パク・イヌァン)の牛乳代理店。
今日は年に1度しかない長女イノ(イ・テラン)とイルナムだけの特別なデートの日だ。急いで放送を終えたイノは、イルナムと共に春川のお墓に行くのだが、お墓の近くで見慣れない人に出会う。
彼こそがチョン・ソル(キム・ソンス)!祖母の家に2人の子供を預けに来たチョン・ソルが、イノに強盗と間違えられたことから2人のおかしな出会いが始まった。
ソウルへ戻ったイノは、担当チーフに新番組のDJで往年のスター チョン・ソルをお連れするようにとの命令を受け、お墓で出会った人物がチョン・ソルであることも知らずに必死でチョン・ソルを探し回るのだが・・・
【登場人物】
チョン・ソル役(キム・ソンス:元シンガーソングライター。学生時代バンド部だった父の才能を受け継ぎ、孤独で寂しい時はいつも音楽で慰められ、音楽を愛し、また音楽性にも優れている。そのような才能を発掘したレコード会社副社長ペク・ジュンシクに抜擢され、歌手としてデビューしヒットを続けている時、同僚作曲家ヨンジュと電撃結婚し、二人の子供を授かり幸せに暮らしていたが、人気が落ちると共に、大衆の記憶から消えて行った。その後、スキャンダルに巻き込まれ、大衆に敬遠され詐欺にまで遭い人生のドン底まで落ちる。結局全てを捨てて韓国を去ろうとした時、放送局からDJのオファーを受け、そこでイノに出会う。
チャン・イノ役(イ・テラン:チャン家の長女で美貌と能力を併せ持つラジオ局のディレクター。幼い頃に離婚して家を出た母の代わりに、父とともに幼い二人の弟を育てたために、男を軽く見る傾向がある。弟たちの上に君臨して、普通の男には目もくれない強い彼女も、父の前では限りなくやさしい。幼いころから父の露骨な偏愛で、未だに一番親しい男性が父だというほどに仲の良い父娘で、かなりの孝行娘。すれ違えば振り返るほどの美貌と明るい性格で人気も高く、普通の恋愛も何度かしたが、今はこれと言った男もいなく現在シングル4年目。完全な独身主義者ではないが、だからと言ってむやみに結婚という幻想に飛び込み苦労するつもりは全く無い。何故?「他でもない。私が大切だから・・・!!!」 ところが、そんな彼女の目に留まる男がいたとは・・・
チャン・シノ役(チ・ヒョヌ:チャン家の長男。ハンサムでマナーが良く、頭も良い、人気の歯科医師。どこに行っても女たちに人気最高の浮気者。携帯電話の中には、彼の電話を待つ女たちが溢れ、付き合う女ごとにベビーと呼んで恋愛を楽しむ恋愛の達人。愛は責任を負うものではなく楽しむものだと考えているから、どんな女とも3ヶ月以上は付き合わない。そんな彼が島の保健所の公衆保険医として働きながら、1人のベビーに出会う。女性の平均年齢62才のこの島で唯一の20代の娘ポリ。たとえ田舎娘でも都会の娘たちとは違うポリの純粋な魅力に引かれ、退屈しのぎに交際するようになる。もちろん、除隊した瞬間に以前の生活に戻り、島での生活は皆忘れてしまったが・・・その上7年前、デブで不細工だったペク・セラが、美しく変身して積極的にシノを誘惑し、島の娘ポリなどは名前さえ思い出さないのが当然だ。
チャン・イルナム役(パク・イナン:チャン・イノ, シノ, ジノの父で牛乳代理店運営。男やもめの生活も20年が過ぎた。牛乳代理店をしながら黙々と3人の子供を立派に育てあげた情深い父。親になったその瞬間から人生の中心が全て子供になるくらい自らを犠牲にする、私たちが描く典型的な父親像を持つ。若い頃、自分の失敗で妻との溝が深まり離婚した後、心を入れ替えひたすら子供だけを考えて子供のためだけに自分の人生を捧げた。幼い頃から賢く自分の力になって2人の弟の面倒を見てきた長女イノへの愛情は格別だ。
★ペク・セラ役(ユ・イニョン 憎くても可愛くてものスア):ペク・ジュンシク、ナム・ジュリの長女で歯科医。両親の信頼を一身に受ける賢い娘でジェラの自慢の姉。頭がよく顔も可愛く、さらには完璧なSラインまで併せ持つセラだが、実は彼女にも隠したい過去がある。まさにデブだった高校時代、そして彼女をからかった張本人は他でもないチャン・シノ。7年前、妹ジェラとジノの家庭教師をしに自分の家に来ていた歯科大生チャン・シノに一目ぼれし告白しようとしたが, 結局笑い種になってしまい大ショックを受ける。それからというものありとあらゆるダイエットに挑戦した挙句、全ての女が夢見る美しいスタイルに生まれ変わった。そしてシノが働く病院に就職し、想像の中で数万回思い描いた理想の姿そのものでシノとの驚きの再会を果たすのだが・・・
★ペク・ジュンシク役(パク・ジュンギュ:音盤会社副社長。ナム・ジュリの夫で娘セラ、ジェラ の父、そしてチョン・ソルの恩人でもある。男らしく豪快で家では非常に権威的だ。だが妻ジュリだけは限りなく可愛がり彼女への愛情表現も惜しまない。もちろんそれが自分だけの愛の方式で相手が負担に思っているとは露知らずだが・・・女にとって最も重要なのは家庭生活だと考え、2人の娘にもしきりに早く結婚しろと言う。
★ナム・ジュリ役(パク・ヘミ:インテリアデザイナー。ペク・ジュンシクの妻でセラ、ジェラ姉妹の母、そしてチョン・ソルの前妻ヨンジュとは学校の先輩後輩で親しい。愛嬌があり華やかな容貌と抜群のファッション感覚で何処に行っても注目される美人。認められたデザイナーで鼻っ柱が強く特権意識も普通じゃない可愛い王妃病患者。タフなジュンシクに惚れて結婚したが、いざ生活してみると思い通りにいかないことが1つや2つではない。
★ペク・ジェラ(ホン・スア 空くらい地くらいのウナ):家政学科の大学生でペク・ジュンシク、ナム・ジュリの末娘。裕福な家で苦労を知らず育ったため分別がない。特技はおしゃれで趣味はショッピング。抜きん出た美貌で数多くの男と付き合ったが、手に負えないお姫様病のためいつもうまくいかない。幼いころから歌手になる夢を持つが、音盤市場の厳しさを知り尽くす父ジュンシクの反対で、結局自分とは全く合わない家政学科に進む。だが夢を諦められないジェラは、ジュンシクに内緒でオーディションを受け歌手になる夢にチャレンジする。そんなジェラに唯一の力になってくれる人・・・それは中学からの仲良しジノだった。
★キム・ポリ役(ホン・アルム):南海の小さい島、生涯船に乗る両親の元に生まれ、2人の弟の面倒を見る純粋で優しい島の娘。腰の悪い父に代わり、幼いころから度々船に乗っていたたくましさと根性がある。多くを学べなかったし口数も少ないので無愛想に見えるが、賢くて一度決めたことは何が何でも最後まで遣り通す。厳しい仕事に疲れ鏡もろくに見なかった彼女に初恋がやってきた。それは他でもない保険所に新しく赴任した美男チャン・シノ!生まれて初めて見た理知的な美男に一目ぼれし恋煩いをするが、結局「永遠に愛する」というシノの甘い言葉に引っかかり事故を起こす。時が過ぎシノに別れを告げられ涙で見送った後毎日シノの連絡を待つ。だが長い間消息が途絶え、遂に子供を連れてシノに会いにソウルへ向かうのだが・・・
★ソン・インスン役(ナ・ムニ:イルナムの前妻,で韓国食堂を営む。イルナムの甲斐性のなさで生活難を強いられ結局離婚する。元々は世間知らずだったが、離婚後世間の荒波にもまれながら情深くなり人間的に変わった。食堂の食器洗いから始めたが料理の腕前を上げ、今は人気の韓国食堂の主人だ。若い頃は数人の男がいたが、一人になってから長い。その間振り切れなかった子供に対する恋しさと罪悪感で、シノの病院近くに食堂を開き遠くから見守っている。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 愛しの金枝玉葉 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

マイ・スウィート・ソウル1・2話

スタートに気がつかなくて録画し忘れてて、ちょっと見る気を失ってましたが、1話は人物紹介だろう!ってことでアラスジ探して2話から見ます!チェ・ガンヒさんは本当にカワイイですよね~。神話のミソンみたいな心の強い古風な女性も良かったけど、
彼女の魅力でドラマは楽しく見れそうです。
Mnet公式
★オ・ウンス(チェ・ガンヒ):31才。編集代理店代理。身長普通、体重普通、顔普通、バストサイズ普通、ファッションセンス普通、学歴普通、職場普通、人間関係普通、恋愛経験普通、どこを見ても鳴かず飛ばずの、大韓民国50%のフィルモを持った「灰色に近い」女。だけど時には赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、鮮やかな原色になりたい女オ・ウンス。うんざりするような平凡が、私が持っている全てで、守らなければならない全てである。だから、どれ一つ簡単に捨てることなどできないということを…昔の恋人コ・リラの結婚式の日、久しぶりに世の中が苦々しく見える。何かがひどくウンスを衝動的にした数日後、3人の男に囲まれることになる。31才、冬の入り口に立つオ・ウンス。低い声で自身に尋ねてみる。「オ・ウンス、まだ死んでなかったの?」
★キム・ヨンス(イ・ソンギュン):36才。親環境有機農業者CEO。職場の上司アン理事が準備した「見合い」で、ウンスと出会う。ウンスは名前の通り全てが極度に「平凡」だ。ある瞬間から、裏側の「本当の魅力」を表わし始める。思慮深くて穏やかなことは知っていたが、この男それとなく変っていておもしろい。ミステリーな過去を全く公開しない男。いつもドアの隙間から覗き見しているような感じを与える男。愛を始めようとする瞬間に、消えてしまう蜃気楼のようなこの男、果たして誰なのか?
★ユン・テホ(チ・ヒョヌ):24才。映画監督志望の工大生。コ・リラの結婚式の日偶然にウンスと出会って、ワンナイトラブをする年下のイケメン。言葉と行動にいつも自信が溢れ出るテオは、いつのまにかウンスの生活の中につかつかと歩いて入ってきて「同居相手」になっている。爽やかで愉快だが、思慮が深い。人を愛することができる男。いつも夢を見て、夢のために前進する男。
けがれなく生まれ育ったこの男は、ときどき限りなくウンスを魅了するが、一度も「男」として認めることができない。
ウンスにとってテオは「男」ではなく、「魅力的な子」というだけだから。いつかは終わらせなければならない愛、ということをすでに知っているから。
★ナム・ユヒ(ムン・ジョンヒ。幸せな女のジスク姉さん。恋愛時代のドンジンの婚約者など)ウンス友人
★ハ・ジェイン(チン・ジェヨン):ウンス友人。ジュエリー・デザイナー
★ウンス母(キム・ヘオク)


1話
ジェイン (チン・ジェヨン)はウンス(チェ・カンヒ)とユヒ(ムン・ジョンヒ)に今まで付き合っていた男と別れて 20日前に会った男と結婚するという爆弾宣言をする。昔の恋人コ・リラが結婚することで憂鬱だったウンスは、呆れて言葉も出てこない。
業務関係の飲み会に参加したウンスは、偶然年下のテオ(チ・ヒョヌ)と出会う。ウンスはテオの笑顔とマナーに引かれて心を開く。酒に酔ったウンスは、テオの魔術のような‘指で覚える’九九段に笑う。甘い誘惑に、ウンスはテオと口づけをする。昔の恋人が結婚した日、ウンスは新しい思い出を作る。

【追記】再放送で初回が見れたので感想を。いやあ、イラストでの状況説明がかわいいよね。
元彼の結婚式の日、「やるべきは海外旅行だよな~」とか妄想するウンス。(チェ・ガンヒさんの表情がくるくる変わってとにかくカワイイ!!)

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| マイスウィートソウル | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

これも終わりました!チ・ヒョヌ君の可愛さに途中から見始めました。
ヒョヌ・ミジャのカップルが落ち着いてからは、ドラマとして勢いが落ちたかなあ?って気はしましたね。女3人の本音トークも、それぞれが苦労してるからこそって感じで、ミジャが順調だと、ジヨン・ユナだけって感じも増えたし。

で、最後ってことで色々と回想しながらの2話。
ヒョヌ・ミジャの局での想い出。特に出会いから片思い中(告白前)のヒョヌは、口が悪くて、ぶっきらぼうで、今と全然違う!

ジヨンは大学で講義を始めて、ドンジクと出会ったころを回想。無理やりな若作りに笑った。

ユナは士気に出られないからって高校で星を見ようって寝袋持ってやってきた。で、見つかって高校時代みたいに走りだしたり。
そして、イタリアへ。見送りは苦手っていう彼女をジョンミンさんが待ち伏せしてくれてました。3回目の偶然を予感させて、ユナにも幸せがやってきそうです。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オールドミス・ダイアリー | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

オールドミス・ダイアリー 207・208話

207話ファイト チェ部長
ヒョヌの母が韓国に帰国するという。急な会議で迎えに行けなくなったヒョヌの代わりに、ミジャが空港に迎えに。しかし、飛行機の到着が遅れまくり。やはり迎えに来た叔母さんと、長時間待つことに。初めはよそよそしかったけど、一緒にクロスワードやったり、お菓子食べたりと距離が近くなりました。
しかし、お母さんの方も急用で帰国できず・・・。叔母さんは「ミジャが可哀想でしょ」ってヒョヌ母に電話してたりと、なんか仲良くなったね~。
ユナ。ジョンミンさんのことが気になって仕事が手につかない。後輩として育てた女性社員が賞を取って転職すると言われても、ライバル心すら出てこない。こんなのは私らしくない!と気がついた。で、ジョンミンさんに「同棲しない?」と提案した。断られてスッキリ「終わりにしよう」と決断を。一言も責めずに明るい顔をするユナは良い女っすね。
ミジャ父の退職がハルモニ達にばれました。「おめでとう。ご苦労さま」と祝ってもらったけど、結婚が近いからミジャには内緒にすることに。

208話彼女は知らないⅠ

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オールドミス・ダイアリー | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT