FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

CO~移植コーディネーター 1話

http://www.wowow.co.jp/dramaw/co/movie.html
一話から重いですね。腎臓の悪い妻のためにという想いで意思表示をしていた脳死の青年。でも、結婚式を上げただけで籍が入ってなくて、ルールのために移植できない。さんざん迷った上で奥さんは「私はまだ大丈夫。透析を受ければいい。もっと待ってる人がいる」と真実を告白。なくなった夫も「待ってる人の気持」を愛する妻を通して理解してただろうと家族も納得。
いい話です。重いテーマですし、この奥さんが凄く重症化したときに本当に提供者が現れるか?という思いもあるでも、それでいいという気持にもなったかな。


あらすじ(公式から)
移植COの大野(吉岡秀隆)のもとに、村田真司30歳が交通事故で脳死状態になったと連絡が入った。都道府県所属の移植COの倉本(ユースケ・サンタマリア)と共に家族と面会する大野。真司は臓器提供の意思があり、カードには「腎臓は妻にあげてください」と追記されていた。男性の妻、亜希(尾野真千子)は重い腎臓病を患っていた。夫の最後の願いを知り、動揺を隠せない亜希だが…。同じ病院には、拡張型心筋症の立花海斗(6)が入院していた。母の美樹(麻生祐未)は、15歳未満の心臓移植に希望を託していたが…
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ドラマW「同期」

面白かった~。こっちはモロに「警察ドラマ」って感じでしたね。公安という問題が関わっているなかで、潜入捜査官の公安とその協力者が殺された。だからこそ表立っては動けない。抗争事件と処理して裏で手打ちを狙っていた公安。だけど、沖縄の基地問題に関わる問題でアメリカの横槍があるからこそ、「殺人事件」として捜査一課で操作することが出来るようになってきた。そこに、アメリカからのスパイまでやってきて、話がでかい!!でも、平刑事の意地と情熱、そして「同期を助けたい」という気持への共感は警察上司も動かす。


あらすじ(公式から)
今野敏原作の本格派警察ドラマ。
 本庁捜査一課の刑事、宇田川(松田龍平)にはライバルがいる。同期の蘇我(新井浩文)だ。飄々とした上昇志向のない男だが、能力を買われて公安に引っ張られた。ところが、その蘇我が突然理由もなく懲戒免職となった。心配し、その行方を追う宇田川に、警察内部からの圧力がかかる。しかも、ある殺人事件の容疑者として蘇我の名前が…。初めて「警察組織」というものに疑いを抱いた宇田川の心の中で、かつてない熱い想いが湧き上がった。クビになってもいい。俺は、蘇我を助ける!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

幻夜 7・8(最終)話

7話で、1話の雅也がでてくるんだけど、その時は凄く幼いというか普通の顔してるんだよね。今のすさんだ顔のあとに挟まれると、この8話の間にどれほどの苦悩があったのかということをしみじみ感じさせられました。
あの震災の時、極限状態で魔がさした雅也は、美冬の「新しいパートナー」として選ばれた。子供の時から助けあっていた少年を失って、彼女は切実に「共犯者」を求めていた。
美冬は本当に雅也を愛していたか?ということと同じように、雅也は本当に美冬を愛してたのか?というのが、最後まで疑問符として付いてくる。「共犯者なんだから、一緒に死のう」となる雅也に「いいわよ」と言える。それが美冬の魅力だよね。深キョンやっぱ良かった。
刑事もまた、死に場所を求めていた。だから、美冬に魅入られた。最後は美冬一人が生き残る。地獄にひとり・・・って感じでゾクリとしましたね


あらすじ(公式から)
7話 知りすぎた男
被災地で、雅也は、美冬の意志に反し、独自にその過去を調べてしまう。探し当てた「新海美冬」の写真は、現在とはまったく別人のものであった。その頃、加藤と相棒の西崎も雅也を追って被災地へやってきていた。そして、ついに、雅也と遭遇。追い詰めるが、西崎が、乱闘中に頭を打って倒れてしまう。加藤はまたしても自分にとって大事な人間を守れなかったのだ。やがて東京へ戻ってきた雅也は美冬のオフィスに侵入し、あるものを発見。それは…
8話 最期の夜
ついに、決別した美冬と雅也。美冬は、粛々とスカイジュエリーのニューイヤーパーティーの準備を進めていく。一方、美冬のことを調べ続ける加藤は、美冬の過去を知ると思われるある人物に出会い、貴重な証言を得た。そして、加藤は、改造拳銃を手に入れたまま姿を消している雅也が必ず美冬の元へ現れると睨み、その身辺を監視し続ける。そして、ついに、ニューイヤーパーティー当日。東京湾に浮かぶきらびやかな客船上。溢れる光と歓声の中、輝くばかりに美しい美冬が現れた。そこに最後の銃声が響く…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

幻夜 5話操られた男

40過ぎで美冬と結婚をきめた秋村。姉役の根岸さんが怖い~。美冬とは別方向で怖い~。女には本性が見えちゃうのかな。
で、正也が本格的に壊れてしまい、美冬と会おうとして刑事の捜索範囲に入ってしまう。
美冬は「自分の代わりに汚れてくれる正也」を選び、美容院店長を捨て駒として使いました。もう、うまみなくなってたしね・・・。
でも、確かに「出来すぎてる」んだよなあ。
あと、正也は犯行を繰り返すことで慣れるどころか、より壊れて行く傾向にあって、やっぱり共犯者としては弱すぎるんだよなあ。美冬が図太すぎるだけかもしれないけどさ。でも、深キョンならだまされてもいいって気持ち、女でも分かるんで、正也の気持ちは分かる。



あらすじ(公式から)
美冬と秋村の結婚が発表された。美冬を信じていいのかどうか、苦悩する雅也に、美冬は、秋村は病気で長くない、この結婚も二人の幸せのためだと告げる。一方、青江も美冬との従属関係の難しさに悩んでいた。加藤は、美冬の結婚を知ったことで、いまだ姿の見えない美冬の共犯者が動き出すのではないかと考え、美冬の行動を監視する。やがて、加藤は美冬の家に侵入する怪しい男を発見。追跡するも姿を見失ったが、その時、重大な手がかりを掴む。そして、その頃、青江の行方がわからなくなっていた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

一応の推定

ドラマWの再放送。
榎本さんはやっぱり存在感がありすぎっすね。彼が地道に地道に、靴底を擦り減らすように粘り強く調査する。それでも「自殺だった」という結論に至る。それは、「自殺してでも助けたい」という老人の気持ちに対する共感が、どこかにあるから目が曇る。でも、馬鹿にしてた新人保険会社の社員が、小さな疑問点をもって、真実にたどり着く。その過程がとてもよかったです。


あらすじ(公式から)
山形県の田舎町、暑い太陽が照りつける7月7日七夕の日。ひとりの老人が長井駅のホームから転落、駅に到着した列車に轢かれて亡くなった。老人は 3000万円もの高額な傷害保険に3ヶ月前に加入したばかりである上、移植手術をするしか助かる道のない重度の心臓病を患う孫娘がいた。損害保険会社は、孫の手術費用を作るための計画的な自殺ではないかと老人の死を疑い、保険調査事務所の村越(柄本明)に調査を依頼する…。

【原作】広川 純「一応の推定」(文藝春秋刊) 第13回松本清張賞 受賞作品
【監督】堀川とんこう
【脚本】竹山 洋
【音楽】清水 靖晃
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

連続ドラマW パンドラ2 飢餓列島1~4話

WOWOW公式
【出演】
鈴木護:佐藤浩市
八木沢周子:鈴木京香
吉良英彦:勝村政信
太刀川春夫:山本耕史
滝口詩織:水川あさみ
平石徳子:余貴美子
武藤忠雄:宅麻伸
【スタッフ】
脚本 井上由美子
監督 小林義則



集中再放送されてたので見ました~。
パンドラ2となっているように、似た世界観ですね。突出した研究、誰にも見向きもされないような研究が、検証されることなく密かに行われており、その成功とともに、利権に群がる人々という構図。

作ったものに”ゴッド”と名づける博士の傲慢さ。繁殖制御によって生態系維持をするということを考えたんだろうけど、一世代のみしか生きられないということは、種子を握るものが全てを握るようなもの。

そして、「研究のために」資金を支える企業と繋がっていた助手。その研究を実用化して、飢餓を救うためを考えていた助手。しかし、「ゴッドを人に渡してならない」といかって殺してしまった。
じゃあ、「鈴木さんんがゴッドを手にしてるのは悪いことじゃないの??」という問題が残るわけですね。

今ある食料危機、世界にある飢餓というのは、結局は「農作物が育たない」ことよりも「食料の再分配」の問題にあるわけで、それを「日本で起こりうる」という前提にするために、この状況を作っているんですね。

刑事事件を絡めることで、ドラマとしての緊迫感をうまく産むあたりは、流石に井上脚本だと思います。

このコーン、どうやら記憶障害を生むみたいだね。元妻で医師が心配してます。さらに、ドラマに都合のよい「分からない」という状況が生まれるのは凄い。

死んだと思ってた大倉が生きていたってのはビックリした。殺しに来た中国人に脅されてるんだね。ぬっくんって、悪役やるとホント怖いよなあ~。

で、鈴木はかたくなに「誰かが独占する」ことを拒否してるし、特許化も拒否してるんだけどさあ・・・。だったらネットにでも無料公開しちゃえばいいじゃん。それを作るだけの能力は飢餓地帯にはないかもしれないけど、大量に生産されれば価格は下がる。(価格下がりすぎるとりえきでないから作る企業いなくなるかもしれないけど、ユニセフとかのボランティア団体が引き継ぐと思うんだよね)
まだコーンだけで、小麦とかで特許をとられたくないからとか言ってるけど、コーンが主食の地域って、思った以上に広いし、それだけでも救われる気がするんだけど・・・。
「安全性が確認できない」ってことに拘ってるんなら、実際にやばそうだから、まだ分かるんだけどなあ。



あらすじ(公式から)
1話
世界的な食糧危機が発生。主要穀物の大半を輸入に頼る日本は、輸入がストップした場合半年以内に深刻な飢餓状態に陥ることが判明。政府はその事実をひた隠しにし打開策を検討していた。その頃、農学者の鈴木護が通常の4倍のスピードで成長する遺伝子組換えトウモロコシの開発に成功。鈴木はこの奇跡のトウモロコシを“GOD CORN”と名づけた。一方、刑事の八木沢周子は河川敷の男性の焼死体に殺人の疑惑を抱き捜査を開始する。
2話
キラーズ社でのGOD CORNの開発・生産を発表した鈴木のもとを捜査一課の刑事・周子が訪れ、河川敷の謎の焼死体のそばに燃えかけた鈴木の万年筆が落ちていたことを告げる。助手の大倉に贈ったはずの万年筆が殺人現場に落ちていたことを知らされた鈴木は動揺、その様子を見た周子は行方不明の鈴木の助手・大倉が焼死体の人物ではないかと疑惑を抱き鈴木の身辺を調査し始める。一方、食糧危機に頭を悩ます政府は秘密裏に鈴木に接触を試みる。
3話
研究室の様子を見に行った鈴木は何者かに突然背後から襲われる。鈴木を尾行していた周子は鈴木と共に謎の侵入者を追うが見失ってしまう。研究室に戻った鈴木は周子に荒川で発見された焼死体は行方不明の鈴木の助手・大倉である可能性が高いことを告げられ動揺、東京に戻り吉良を問い詰めるが、吉良は大倉殺しを認め、真相を公表すれば”GOD CORN”は闇に葬られると逆に鈴木を追い詰める。一方、食糧危機のニュースが流れ、国内は大混乱をきたす。
4話
DNA判定から荒川の焼死体は大倉ではないことが判明。すべては”GOD CORN”の利権と開発を有利に進めようとする吉良の計略だったことを知った鈴木は吉良と決別する。一方、食糧危機打開の最後の切り札として”GOD CORN”を手中に収めたい政府は鈴木に接触し、協力を仰ぐ。飢餓列島の報道に国内が騒然となる中、派遣村を訪れた平石総理は突如暴漢に襲われる。同じ頃、鈴木の研究データを預かった元妻の咲子も謎の男につきまとわれ事故に巻き込まれる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

対岸の彼女 ドラマW

対岸の彼女 [DVD]対岸の彼女 [DVD]
(2006/08/23)
夏川結衣財前直見

商品詳細を見る


平成18年度芸術祭テレビ部門(ドラマの部)優秀賞
第32回放送文化基金賞番組部門テレビドラマ番組賞

出演: 夏川結衣, 財前直見, 多部未華子, 石田未来, 堺雅人
監督: 平山秀幸
<ストーリー>
主婦・小夜子(夏川結衣)、35歳は、人付き合いが苦手で、言いたいことがあっても飲み込んでしまう性格。そんな彼女が、再就職のために訪れた会社で、独身の社長・葵(財前直見)に出会う。葵も同じ35歳。人間関係に臆病になっていた小夜子は、開けっぴろげでおおざっぱな性格の葵との交流を通して、次第に心を開いていく。
だが葵には、高校生の頃、いじめに遭ったという暗い過去があった。転校によっていじめから逃れ、新しい学校に通うようになった葵(高校時代の葵=石田未来)には魚子(ななこ=多部未華子)という親友ができたが……。
葵の高校時代の友達との過去の経験を挟み、物語は進行していく。小夜子と葵は本当の友達になれるのか?


かなり古いドラマ作品です。偶然見たので、レビューします。

主人公の夏川さん=小夜子の不器用さは、まさに少女期のあおちん。今のあおいは、高校生の時に出会った少女「魚子」の傷つきながらも明るく切り抜けようとする必死さに似ている。まるでたすけてくれと叫んでいるようで痛々しくもある。しかし、「外に出たい、未来をみたい、どこか遠くに行けば、今いる場所を懐かしく愛せるかも知れない」という気持ちは時に切なく、そして希望を感じさせもする。
女の子同士に特有の親密感を、魚子を演じた多部チャンが瑞々しく演じてます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |