FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

済衆院(チェジュンウォン)1話

済衆院 / チェジュンウォン コレクターズ・ボックス1 [DVD]済衆院 / チェジュンウォン コレクターズ・ボックス1 [DVD]
(2010/09/08)
パク・ヨンウハン・ヘジン

商品詳細を見る

kntv公式
アジドラ公式
【あらすじ】
1885年西洋式国立病院として現ソウル・斎洞に設立。アメリカ人医師アレンを招いて患者の診療を行い、多くの命を救い近代医療の普及に貢献した史実を描いた迫真のドラマ。
時代は身分制度が崩壊に向かう朝鮮時代末期(19世紀末)。賎民階級のソグンゲ(パク・ヨンウ)は牛の解体を生業としていたが、病床の母の治療費を工面するため、死刑に問われる覚悟で密屠畜に手を染める。一方、上流階級の学生ドヤン(ヨン・ジョンフン)は、儒教社会ではタブーの西洋医学に興味を抱いている。人体解剖を見るため、密屠畜で捕まえたソグンゲに、死刑囚の遺体の解剖を命じる。しかし、遺体を解剖したソグンゲは、証拠隠滅のため追われ、銃で撃たれる。瀕死のソグンゲを偶然にも通訳官のソンナン(ハン・ヘジン)が発見し、宣教師アレンの外科手術を受けさせる。西洋医学の真髄を知ったソグンゲは、公平な治療を受けられる世界をめざし、身分を隠し医学助手に志願する。朝鮮初の西洋医師たちに待ち受けていた試練と希望とは・・・。
全36話  (韓国SBS 2010年)  
【キャスト】
★ファン・ジョン役/パク・ヨンウ:出演作:「愛情の条件(KBS)」「武人時代(KBS)」
朝鮮時代の最下層の身分のために、彼の母は非業の死を遂げ、彼自身も無力さを嘆き続けた。身分制度への憎悪から、「身分を金で買って両班(貴族)として生きたい」と望むようになる。読み書きを習って知力をつけた彼はやがて医師の世界を目指し始める。
★ユ・ソンナン役/ハン・ヘジン:出演作:「テルア(SBS)」「朱蒙(チュモン)(MBC)」
官僚であった父を通じて西洋の文化に接する機会を得る。開花期の躍動的な新世代女性。銃弾に倒れたファン・ジョンを偶然救い、宣教師医師のアレンの手術を受けさせることに。これを機会に女性医師の必要性を感じ、婦人科の医師となる。
★ペク・ドヤン役/ヨン・ジョンフン:出演作:「エデンの東(MBC)」「悲しき恋歌(MBC)」
官吏の家に生まれ、不自由なく育つ。欲しいものは手段を問わずすべて手に入れ、それがペク・ドヤンという人物を形成した。科挙合格後、成均館の儒者となり西学に傾倒する。
★アレン役/ショーン・リチャード:
朝鮮に赴任してきたアメリカ人宣教師。高い医療技術を持ち、公明正大な人物。高宗から信任を受け、済衆院の初代院長となる。ファン・ジョンの才能を見抜き、弟子にする。


白丁ではあるが、文字を習い、牛の解体で解剖の素養のあるソグング。通訳官の娘で外国語が分かるソンナン。官吏の家に生まれながら禁忌である西洋の学問に傾倒しているドヤン。
それぞれの立場の違いはありながら、西洋医学へ燃える気持ちが一話では丁寧に書かれました。



あらすじ(公式から)
1884年(高宗20年)。
賎民階級である白丁として生まれたソグンゲ(ファン・ジョン)は、牛の解体を生業としている。
だが、神聖な牛刀を落としてしまい、長老から1ヶ月の謹慎を言い渡される。
病床の母の薬代を工面するため、必死になるソグンゲ。

ある日、西洋医なら母の病が治せると知り、治療費を手に入れるため密屠畜に手を染めたが、それは死刑を意味していた。
かたや、上流階級の学生ドヤンは、儒教社会ではタブーとされる西洋医学に興味を寄せている。
日本人医師から、人体解剖の必要性を説かれたドヤン。
密屠畜で捕えたソグンゲに対し、命を救う代わりに死刑囚の遺体を解体するよう命じる。
その遺体は、ソグンゲの幼なじみ、ユクソンのものだった。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 済衆院(チェジュンウォン) | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン) 81(最終)話

朱蒙〔チュモン〕最終章 前編 <ノーカット完全版> [DVD]朱蒙〔チュモン〕最終章 前編 <ノーカット完全版> [DVD]
(2008/08/20)
ソン・イルグクハン・ヘジン

商品詳細を見る
終わりました~。長かったなあ~。一話をフジ地上波で見たのが2007年8月って、一年半前だもんなあ。地上波が途中で放送されなくなったので、放置してた時期もあったので、やっとって感じです。

おバカだったチュモンはすっかり大将・国王となり、迷惑だったクムワ王の執着も死で消え失せ、テソも現実的な問題もあって漢をやぶるためにチュモンと和解。ヨンポちゃんは相変わらずだけど、ヨンポちゃんはそれでよいのよ。ソソノは最後まで美しく、イエソヤはたおやかだった。あ、プヨのテサジャがいつの間にか老けこんでたのは寂しかったわあ。


プヨとの同盟が成立して、遼東郡との戦いが始まる。チュモンは巧みな情報操作によりファン太守を油断させ、その隙に敵の要地であるコヒョン城を攻め落とす。先陣はテソの軍。
ファン太守は急きょ遼東平原に全軍を前進配置し、前面戦争の火ぶたは切って落とされた。途中、ムゴルが無念の死を遂げるものの、長安より援軍を得た遼東軍相手に高句麗とプヨの連合軍は終始優勢を保ち圧勝し、ついに遼東郡一掃の悲願が果たされる。

しかし、チュモンは疲労の色が濃くなっていた。

ソソノはいずれ起こるであろう王位を巡る内紛を憂慮し、ピリュとオンジョとともにチョルボン勢力を率いて南方へ下る決断をする。「深い縁がある。すれ違ったこともあるが、心にとめていただけるだけで良い。チュモンのためではなく、母として子供のために生きたい。彼らに建国をさせてやりたい。」というソソノ。賢い女性ですね。
周囲は引き止めます。特にイエソヤは「私が去る」と言うけれど、高句麗の統一のために姿を消し苦労をしたイエソヤを思い「陛下のお世話をお願いします。私は欲張りで、夢を実現するために去るのです」とソソノ。

チュモンも、ソソノの決断を変えられないと分かった。そこで、自分を信じてくれたモパルモの心を重んじ、彼らの建国を手伝うようにと願う。モパルモの技術が、新しい国には必要だと思ってのこと。王と別れたくないというモパルモだが、王の気持ちをくんで決断する。

惜別の時。とてもモパルモを連れていはいけないというソソノに、「武器ではなく農具を作りたがっていた。きっと役に立つ」というチュモン。その心使いに、溢れる感謝を胸に旅立つソソノ。チュモンはそれを見送る。

漢との戦いはまだまだ道半ば。馬上の勇ましき姿とともに、高句麗建国王チュモンの一代記は幕を閉じる。 (で、次はチュモンの孫ムヒョルをイルグク氏が演じる風の国ですよ~。日本での放送は同じくフジテレビ系列のBSフジですが、韓国での制作局は別なので、繋がってはないけどね)
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 11・12話

テホは土地買い占めを「農業を捨てる民の気持を考えたか?それは事業ではなく投機だ」と叱られちゃった。
直ぐに日中戦争がはじまり、テホは融資停止、元金も返せということに。精米所も整理して、借金は全部返した代わりに、丸裸に。でも、お坊ちゃんは太っ腹です。
そのまま、国内や中国をめぐって見聞を広め、商売を見つけてきました。満州にいる社会主義者の旧友トンホを引き連れて帰国。
さらに、小麦粉は米みたいに統制されてないからと、麺類の製造販売に乗り出します。「味の良いものを」と試行錯誤して発売。市場を独占する勢いに。

ソソノとテサン。結婚を約束した人がいるとかお父さん嘘つき~。テサンは諦めないって頑張ってるけど、侮辱されたソソンの心は折れてしまった。
テサンも落ち込んで、米は国が管理するから店閉めろって言われているのに、何もやる気が起きない。何度もソソンに会わせてくれと願うが、「父親の説得も出来ない男には会わせられないし、家出してしまった」と言われた。
ソソンは、テグへ移ることに。でも、妊娠してるのよ~。産んだは良いけど、養母は「子供はテサンに・・・」とか言い出すし・・・。
実家の結婚式は何度も断ったけど、「勘当だ」とまで言われるし、ソソンの行方は分からない。諦めるしかないと思ったテサンは結婚をしてしまいます。

テサンは米屋のお客さんカンさんの勧めで自動車工場を始めます。何も知らないから、技術者に馬鹿にされていたけど、業界の慣習を破って「出来るだけ早く修理して、高い修理費をとる」方針を打ち出します。
妹たちも上京してます。テヒ(ハン・ヘジンちゃん)が可愛すぎて、お客さんで自動車に詳しいパク君は工場に日参してきます。たしかに、ヘジンちゃんが画面に映ると、パッと明るくなる気がするよ。カワイイ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン) 47話

朱蒙〔チュモン〕第二章 後編(1) <ノーカット完全版>テソの斥候が本拠地の近くまで来たが、チュモンは見守った。安全を確認して再攻撃をかけてくるであろうテソを襲う構え。鋼鉄で作った矢、最後尾が通過した後の後方からの攻撃、さらに火を使う正面からの攻撃を準備。テソは鉄騎隊に明朝の攻撃を打診されたが、そのまま夜間に攻撃を開始する。テソ、伏兵に攻撃されて、矢を受けながら撤退していった。
ナロはヒョント城へ戻って態勢を立て直すことを進言するが、テソはあくまでも引かぬ構え。そんなテソの兵営にチュモンが攻撃を仕掛けてきた。テソ敗走。ヤンジュンに叱責され、復讐の決意を燃やします

チュモンの方も、食料不足に悩まされている。漢の商団を襲って強奪し、配下に加えよというヨミウル。コサン国に協力をもとめたら?という案は、コサン国への配慮で却下。

ヤンソルランはイエソヤに怒りをぶつけ、ハフチョンに命じて侍女として使おうなどとし始める。ユファが怒って止めたけど、「イエソヤの宿しているのは敵の子」とハッキリいうヤンソルラン。
しかし、ユファも気が強いから負けてない。どっちもどっちだけどね。プヨ国を乗っ取ろうとする女だもんねえ。ユファは「私がチュモンを抱いて宮に入った時も王妃にいじめられた。」とか言っちゃってるけど、それは仕方なくないか?

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン) 39・40話

朱蒙〔チュモン〕第二章 前編 <ノーカット完全版>全81話なので、ちょうど折り返しに入ったところ。ソソノがプヨを離れ、テソが権力を手中にし、イエソヤという新たなヒロイン登場!
39話
チュモン、王宮に忍び込んでユファの元に。良かったねえ。しかし、二人のシーンって親子というより恋人に見えるなあ。
護衛を一人倒しちゃったので、王宮で探索が始まります。オイが救出に。護衛兵に囲まれたけど、彼らはチュモンの元部下。「お前たちは切れない!いつか王宮に帰る」とかチュモンが言ったもんだから、彼らも膝をついてしまったよ。
ムソンがヨミウルの「プヨを離れよ」という伝言を持ってやってきた。でも、チュモンは「今は離れられない」だってさ。
ユファは、クムワ王にチュモン生存&テソに狙われていると進言。クムワは重臣会議を招集し、チュモンを呼び出してテソや家臣ら全員の前で温かく迎え入れる。クムワは、「今は頭を下げて時を待て」と忠告。ヨンポに「兄上の専制を止めるべきだ。協力しよう」と持ちかけられても、「国王のお体のために無理はさせられない。テソを助けるべきだ」と服従する様子を見せる。
チュモンはユファにイェソヤを預けます。ユファはチュモンにソソノと結ばれてほしかったが諦めるべきだと告げる。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン)37・38話

朱蒙 公式ノベライズ(下)37話
テソ、執政に就任。テソは、郊外で野営する3人組やテジャングンに、投降すれば罪は黙認するというが、私が仕えるのは王だけだ!という思いのテジャングン。家族まで人質に取られ、今は頭を下げるしかないということに。そんな彼らに、チュモンが生きているのでは?という予言がケルから伝えられる。モパルモたちとチュモンを探しに出た一行、でも、なかなか見つかりません。
テソはチェガの子息を宮中に呼び寄せて人質とし、彼らを重用すると同時にけん制する策をとります。ヨンポは父に同情するが、「テソと反目するな」と諭された。
王妃はチュモン生存の可能性をマウリョンに聞かされ動揺。テソも死体を確認すべしと命令を出した。
ヤンソルランはテソに相手にされていません。連れてきた部下が、ソソノへの執心を耳打ちしたため、ヤンソルランは対応を始めます。正直に認めたテソに、ヤンジュンから連絡&指示が。ソンヤンは、ヤンジョンの信書とともにテソに頭を下げてきた。奪った補給物資の件も水に流してもらった。そして、チュルボンの掌握。ヨンタバルがテソの命令で投獄された。理由は、戦争中に高値で商品を売り、暴利をむさぼったというもの。で、トチの野郎が虚偽の証言をした。仕方なく、ソソノはテソに膝をついて、私を殺してくれと願った。しかし、受け入れられず。最後の別れを涙ながらにし、復讐を誓ったソソノ。そこに、テソがやってきて、「プヨを永遠にされ」と指示し、ヨンタバルは命は取り留めました。


≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン)35・36話

朱蒙 公式ノベライズ (上)えーっと、34話を見てなかったのに、レンタルしたDVDをうっかり返してしまったことに、今さら気が付きました。ま、いっか!
34話のあらすじは、こんな感じ。
テソは行方知れずのチュモンと意識不明のクムワに代わって国政を担うことになり、宮中の実権を掌握し、王妃やプドゥクプルの助言に従って権力の地固めを進める。まずはナロを新しい護衛総官に任命し、サチュルトをけん制してきたクムワの忠臣たちを次々に粛正。民心を得るために神殿も味方に付け、さらには漢との戦争回避という名目のもと、ヤンジョンの娘ヤンソルランと婚礼を挙げる決意をし、家臣一同にこれを認めさせる。そしてモパルモに漢の水準に勝る鋼鉄剣を開発したのは本当かと詰め寄り、これを否定するモパルモを鎖に縛り付けて拷問。それでも頑として口を割らないモパルモに、テソは5日以内に鋼鉄剣を作らなければ首をはねると言い放つ。
一方、クムワの部屋ではユファが付ききりで看病をしていたが、依然としてクムワの意識は戻らないままだった。そこへクムワ危篤の報せを受けたヨミウルが現れ、過去の確執にもかかわらず命の危険を冒してまで治療を行う。ヨミウルが気を送ったことによりクムワの意識は一瞬戻るが、完全に目覚めるまでには至らなかった。
ヨミウルが治療中にテソは面会を求めてクムワの部屋に近づき、ユファや近臣一同は息をのむが、太医の診療中と称してユファが毅然とした態度でテソを部屋に入れることなく追い返す。しかし、その後再び戻ってきたテソは、正室である母を差し置いてクムワの看護を続けるユファの態度が許せず、ユファを部屋から引きずり出して自室に軟禁するよう護衛兵たちに指示する。

35話
モパルモは、漢を上回る鋼鉄剣を作らなければ殺されそう。3人組はソソノの助けを借りて救出作戦を実行。ケルへと逃がしました。
クムワの看病をしていたユファは自室に軟禁され、他人との接触を禁止されてしまう。王妃は家臣の目を気にしてテソを心配しているが、「母の苦しみを理解しない人間は許さない」とテソは強気。3人組は見ているしかないことに苛立ちます。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン) 33話

朱蒙〔チュモン〕第二章 前編 <ノーカット完全版> 火薬作戦は大成功!混乱するヤンジュンの陣営を攻撃。間抜けヨンポも頑張ってます。少年兵チョンドン、仇を取ってくれとチュモンに言い残して死亡。ぶち切れチュモンは大暴れです。しかし、王が自ら戦うという無謀を。矢が当たってしまった。兵に知られてはならぬと部下に支えさせて退却。止血して戦おうとするも立ちあがれなかった。危篤状態に。
チンボン群の太守が撃たれ、ヤンジュン達は一時退却。チュモンは追撃準備を。しかし、イムデュンの太守の逃げた方向が分かり、チュモンは少数のタマル軍を連れて追撃を始めた。それを聞いたナロに「ヤンジュンに知らせろ」と命令したテソ。
ケルではヒョリパが「三足鴉がきえた。凶兆だ」と言い出した。プヨのマウリョンもテソの吉兆を見る。なんと、タマル軍の一人マノが戻ってきて、イムドゥンの太守を殺して戻る間に鉄騎軍に襲われ、チュモンの安否が分からないと言う。ソソノ、半狂乱でチュモンを探し求めるもダウン。3人組も完全に意気消沈です。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT