FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月
一度見たドラマのレビューって、やっぱり書き直すテンションが上がらんな~。
このまま放置するか?と思ってたけど、頑張って書きました!やっぱ、かわいい作品ですね~。


15話
消えたヘチャンを探しに行く回ですね。

妊娠を知ったヘチャン。一人でいなくなっちゃいます。ボンマンは追いかけてる途中でヌン発見。車が脱輪しちゃって、ヌンに手伝ってもらう羽目に。
泊ってる旅館だけど、ヘチャンの頼みで「来てないよ~」と嘘ついてくれる。ホンマンとヌンはしかたなく、二人で泊まることに。ヘチャンのことを話すうちに、二人は理解しあったみたいですね。

翌日、ボンマンは、新婚旅行で埋めた「ヘチャンの身分証と10円玉」と彫り返そうとします。そうやってるうちに、ヘチャンはボンマンに見つかった。ヌンは、ヘチャンをボンマンに任せて一人で帰って行った。

「帰らない」というヘチャンに、「ヘウォンの結婚を祝ってあげて」というボンマン。ヘチャンはヘウォンの家に帰ることにしました。
ヘウォンとの結婚式を決めた弟君ボンギュ。ハラボジがなかなか許してくれません。酔ってしまう。結局、ヘウォンのおうちに・・・。それを見たもんだから、ヘチャンは結局ボンマンの家に。家が荒れてて、家事をするヘチャンだけど、反省してるボンマンは手伝ってくれます。
それでも離婚の決意は変わりません。ヘウォンの結婚のあとに、離婚すると言ってる・・・。でも、ボンギュの母でもあるイム・ジオクさんに招待状を持っていこうとしたり、母親代わりとして出来ることをするヘチャン。母に会う準備をするボンギュが幸せそうで、良かったよ。しかし、ボンギュかっこいいな。
でも、ボンマンは母を拒絶する。ヘチャンにも「君には関係ない」と怒る。

体調が悪いヘチャンは病院に行って「流産の経験があるから気を付けて」と言われた。「私のせいなの?起こったことを知りたい。私の知らないことが沢山ある」というヘチャンのために、隠しておいたパソコンを手渡したボンマン。
日記には、ボンマンと話せなくて寂しかったり、愛されてるか不安だったり、子供を失った時の気持ちも書いてある。

お母さん、「ボンギュを引き取りたい」なんて言い出して、ますますボンマンの怒りを買うことに。
ヘチャンまで留学すると知って、ボンマンはまた孤独のからに閉じこもってしまう。家を出ていくボンマン。映画も降板。

ヘチャンの体調は悪化。彼女の妊娠を知ったボンマンが探し回る。でも、ヘチャンは家を出ちゃってる。置き忘れた日記帳には、ボンマンへの愛情と、そして掘り起こそうとしてた身分証と十円玉。

【回想】は、あの家を買ったときの思い出。


16(最終)話
事故にあちゃったヘチャン。ヘチャン、記憶喪失は治ったけど、最初の事故の日、つまり「離婚しようと家を出た日」からの記憶がない。大人なヘチャン、ちょっと怖いなあ~。尽くすボンマンを「気持ち悪いな・・・」とか言ってるし。

でも、家に帰って日記見たら、一気に思い出し始めた・・・。でも、素直に認められないヘチャン。でも、反対してたボンギュとヘウォンの交際にも何も言わないし、ちょっと怪しい・・・。バレバレっす。

ボンマンは、ヘチャンの流産のときの反省もあって、映画の仕事はしないでそばにいてほしいんだね。

ボンマンの母親が出国すると聞いて、二人で会うヘチャン。お母さんが結婚指輪をくれた。

家に帰ったら、ボンマンが赤ちゃんグッズを沢山準備しててくれた。コレで仲直り。

ポンギュはお母さんとも沢山話したみたいだね。ハラボジ説得のために「妊娠した」という嘘をつくことに。ヘチャン達も妊娠報告。こっちは本当!!

ボンギュは、「新婚旅行でアメリカのオンマに会いに行く。オンマを恨まないで」と話して、ハラボジが怒っちゃいます。でも、ヘチャンが「ポンギュのために」と説得。「母さんに会ったとき、いつも会ってるような気がしたよ。不思議だった。母さんに良い思い出を作ってあげたい」と語るポンギュ。ポンギュを思う事も怒りの原因の一つだったし、ボンマンも少しは素直になれるかな?
「会わない」といいつつ、ヘチャンを空港に送って行ったボンマン。お母さんを見送ることができました。

ポンギュ結婚式。ポンギュかっこええ。こっそり見にきたお母さんにハラボジが「見ていけ・・・」って言ってくれた。良かったね。

ヘチャンとボンマンは、学校近くの食堂のおばさんに会いに行った。そこでヌンにもあった。「29歳に戻ったヘチャン」とヌン。「友達ができた。夢も自信も失ってたけど、ヌンが取り戻してくれた。ありがとう」とヘチャン。

またまた仕事を頑張るヘチャンが心配なボンマン。ヘチャンは「愛してる」って言ってくれないのが寂しいのね。そんなヘチャンを連れ出して、身分証と十円を改めて埋めて、「一生そばにいる」約束を。
「あなたのために夢を捨てたと思ってたけど、それは口実だった。あなたがいないなんてあり得ない」なヘチャン、「11年がいかに大切なものだったか、見つけられたよ」なボンマン。口にしないけど、二人が仲良くしてるのが可愛くてさあ・・・。良かったねえ。

で、ヘチャンは、「これは全部ヘチャンの策略」という台本を執筆。映画化することに。「ボンマンを主役にしたい」なヘチャン。自分で推薦しておいて、相手役のジヨンとの芝居はちょっと嫉妬のヘチャンかわええ。

赤ちゃんが生まれて、ボンマンが完全な親ばかに。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 18・29 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

島の村の先生 1話

島の村の先生 DVD-BOX1
BS日テレ公式
SBS 島村の先生 (섬마을 선생님) (2004.06)
出演:キム・ミンジョン、ハン・ジヘ、パク・ウネ、イ・ドンウク、クォン・オジュン 、キム・ミスク
演出:キム・ヨンソプ
脚本:イ・ユジン
★ホン・ウンス役(ハン・ジヘ):26歳、栄養士。殺人事件の目撃者。母と2人暮らし。美術の先生であり、友達でもあった母が、志半ばで病に倒れ他界し、叔父に引き取られる。叔母のいびりに耐えながら、画家になるために貯金。パリに留学しようとした矢先、事件に巻き込まれ、チュ・ホテと出会う。
★チョ・ホテ役(キム・ミンジョン):31歳、刑事。単細胞で熱血漢。正義感のかたまりで曲がったことが大嫌い。ペ社長の証言でヤン・ナクチョルの暴力組織(表向きグッポ建設)の空中分解を狙うが、パク・クァンキの計略で、証人と同僚を失う。
★ユン・ジヨン役(パク・ウネ):26歳。ウンスの高校の同級生、恋のライバル。出世欲が異常なほど強い。理想の男ジェドゥを知り、ジェドゥの母親が所有する病院に就職までするが、ジェドゥはまったく関心を示さず・・・。
★チャン・ジェドゥ役(イ・ドンウク):29歳。ずば抜けた腕を持つ医師。代々医師の家庭に育ったジェドゥ。国軍病院の軍医官を提議されるが、無医村であるハルドの保険医を志願。
★パク・クァンギ役(クォン・オジュン):32歳。暴力団のナンバー2。ヤン・ナクチョルに忠誠を誓った後、組織のナンバー2となる。

今、「憎くても可愛くても」「雲の階段」と見てて、さらにハン・ジヘちゃんか~。でも、イ・ドンウクさん出てるので、楽しみです~

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 島の村の先生 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |