FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

≫ EDIT

風の国 36(最終)話

風の国 最終章<ノーカット完全版> [DVD]風の国 最終章<ノーカット完全版> [DVD]
(2009/11/04)
ソン・イルグクチョン・ジニョン

商品詳細を見る

終わりました~。なんだかな~な話でした。私は、海神のイルグクさんは好きだったけど、チュモンもムヒュルも好きになれなかったな~。なんというか、どっちも「主人公だから、伝説の人物だから持ちあげられる」って感じで、この人につき従って生きたい!という気持ちになれなかったんですよね~。
あと、ヨンの馬鹿さ加減に・・・・。ムヒュルもたいがい馬鹿だったけど、ヨンにはハアア???の連続だった。



プヨ城を攻めるムヒュル王。ヨンを使えばムヒュルを降伏させられるというペグクだが、それはプヨ国王テソもトジンも考えないこと。彼らは「国の民を守る」って意味で一貫してるし、ヨンがプヨの民である以上はそういうことはしない。将軍が見捨てられるのは職務のうちだけど、民は違うからね。

プヨ城陥落。え???って感じでしたね。こんなに簡単なのかよ!!って感じ。
トジンは、傷を負って宮殿に。ヨンが助けようと必死で、場所に乗せて脱出&治療します。しかし、一緒に落ちた兵の中に、ヨンに「お前のせいだ」といって斬りかかるものがでました。当たり前だよね。王族のくせに、国を高句麗に売りまくりだったわけだから・・・。しかし、トジンにとってはヨンこそが「プヨ」の象徴。彼は兵を殺してヨンを守ろうとしました。ヨンを、マファンの商団に密かに送って治療を受けられる環境にしてやるトジン。やっぱ、この人が王だったら良かったのにな~。そして、手紙を託します。風のように去って行ったトジン。かっこええ~。

テソ王の前にたったムヒュル。「俺はお前の祖父や父と戦ったが、お前もたいしたヤツだ。お前の勝利を祝ってやる。一杯受け取れ」と酒を注ぐテソ王。いやあ、テソ王はホントにかっこええ・・・。
「高句麗とプヨは兄弟国です。降伏するなら、王の命を守る」なムヒュル。でも「みじめにさせるな。民を守れなかったのに。俺の夢は、古朝鮮の地を取り戻すことだ。チュモン神剣で俺を殺し、お前は千年続く大帝国を成せ」とテソ王。そして、首を斬られます。うーん、やっぱ、ムヒュルよりテソがかっこいいわ。

ヨンが見つからないまま、高句麗の宮殿に戻ったムヒュル王。「今回の勝利は終わりではなく、始まりだ。俺と高句麗の進軍はけっして止まらない」と宣言。

「長い戦争がやっと終わった」というムヒュルに、「チュモン大王とユリ王の恨みを晴らしたのです。お二人は喜んでいるはず」とヘアブ。これもな~。正直、チュモンがプヨ国を裏切ったわけで、恨みがあるのはプヨの国の方が深いと思うんだよね~。ヘアブが「高句麗の立場」でしかものを言わないのは分かるけど、ムヒュルは「高句麗を恨む」といってプヨに助けてもらった男だから、別の視点を持つべきなんだよね・・・・。
でも、「その為に、とても多くの者を失いました。」としか言わないんだよね・・・。ま、ヘアブに理解できるのは、そういう感情的な話なのかもしれないが・・・。

ムヒュルは、トジンからの書簡をチュバルソから受け取ります。「父母が死んだときから強くなりたかった。俺が弱くて、愛する者を守れなかったからだ。強くなり失くした物全てを取り戻し、俺が愛する者達を守りたかった。敵だったが一時は俺の全部だった友、お前は俺にとってそういう存在だった。お前の為に全て失ったが、お前を恨みはしない。ムヒュル、お前にとっても、俺にとってもひとりの女性、ヨンを守ってくれ」と書いてある。トジンはかっこいい男だったな~。国のために、民のために、ひたすらに尽くした男。プヨの象徴「ヨン」を頼むといったということは、この後の民を頼むっていうことだと思うんだよね。

ヨンのもとに駆けつけるムヒュル。「申し訳ありません。全てを失くしたトジン兄さんを置いて行くことはできなかった。生まれ変われたら、同じ天の下で生まれたい。ホドンに会いたい」とムヒュルの側でヨンは息を引き取ります。

5年後。「母親に会いたいか」と聞くムヒュルに、はいと答えるホドン。「私も会いたい。お前の母は、全ての民の為になる大王になれといった。」とムヒュル。「どうしたら素晴らしい大王になれますか?」と聞くホドン王子に、「風のような大王になればいい。見えないがどこでも見ることができ、いつも民の側にいる風だ。疲れている民の汗を拭い、適を蹴散らす突風になる。そういう風のような者が素晴らしい大王だ。ホドン、素晴らしい大王になれるか」と問うムヒュル。「必ず、素晴らしい大王になります」と答えるホドン。
私は、トジンこそ「風のような人」だったと思うんですよね。目に見えない「黒影」として、陰になり日向になり、国に尽くした。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風の国 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風の国 9話

面白くなってきたなあ。テソ王とトジンのシーンは凄く良かった。っていうか、トジン切ない役だねえ。


 高句麗の城内に忍び込んだムヒュルたち。清国の使者暗殺が目的だったが、ムヒュルは城内でユリを見かけ、任務を忘れて殺そうとし、トジンに止められる。(どうでもよいけど、トジン演じるパク・コニョンさんとイルグク氏、ちょっと顔が似てませんか?扮装が似てるからってのもあるのかな?でも、パク・コニョンさんのちょっと影のある顔が好みです

トジンは作戦からムヒュルを外すと言うが、ムヒュルが私怨を2度と持ち込まないと誓い作戦は続行。宴で飲む酒と使者の杯に一緒になると反応する毒を塗る。

「宴会を中止すべき。プヨのフギョン(黒影)が宮殿内に忍び込んでいる。宮殿の警備兵が毒針で気絶した事件が起きた。毒はプヨの黒影達が使う毒だ」と進言するヘアブだが、「中止することはできない」と言い放つユリ王。ヘアブはチュパルソ達を使って王直属の情報員となってるんだよね。

宴の日、ヨンが使者にこの杯を出すが、ヨジン王子が自分で作った杯を贈りたいと言い出す。これにより使者が使用する杯が変わってしまう。
祝杯をあげ、口から血を吐く清国使者。外にいた仲間の仕掛けた煙幕で宴会から脱出するムヒュルとトジン。逃げようとする所を切られるヨンだが、ムヒュル達が助けにやってきた。ムヒュルが戦っている間に、トジンがヨンを連れて逃げる。
道中、にムヒュルの治療をするヨンを見つめるトジンの切ない表情が・・・。つい厳しくしてしまうムヒュルだけど、ヨンの肩の傷に素早く気が付いて手当てするトジン。「人のことより自分の傷を気にしろ。私には隠すな」ってカッコイイ~。それを見たムヒョルも切ないねえ。

「杯が変わったのになんで、清国使者が死んだのか?」と聞くマロに、「とっさに酒ビンに薬を塗った」と答えるヨン。

テソ王から直接、褒美の酒を受ける黒影。「お前達は高句麗人だな。高句麗では何をしていた」と聞くテソ王に、「壁画工でした」と答えるムヒュル。しかし、トジンだけはテソ王から酒を貰えない。謀反者の息子だからという理由。うーん、トジン切ない役柄だねえ。ヨンがトジンのことを心配している。
のちに、トジンは改めて王に呼び出された。「人生で二つ、チュモンを生かしたことと、お前の父を殺したことを後悔している。しかし、あの時に戻っても同じことをしただろう。逆らうものは殺すしかない。お前の父にかけた期待、お前にかけた期待のすべてに答えた時に、お前の盃を満たす。それまでは、私の盃の酒を分けてやる」って、自分の盃をトジンに渡す。トジン感動するよなあ。「死ぬまでこの日を忘れない」とトジンは忠誠を誓う。ますます、黒影として部隊を鍛え上げるトジン。タクロクは、「お前が王に認められるときがきたら、お前にはヨンと結婚してもらいたい・・・」とトジンに。

権力争いをしているサグに、「テソ王に刺客を送った」という濡れ衣を着せられる外使者タクロク。刺客が黒影の毒針を持っていたってのが根拠になってる。
王は、トジンなどの黒影達を集め、「お前達が殺すべき謀反人がいる」と言い放つテソ王。タクロクか・・・。トジン、王かタクロクか選ばなきゃならないのか・・・。切ない~。

高句麗では、ヨジン王子の盃に問題はなく、酒の瓶が問題だと判明。口の部分をうまく使い分けて、ヨンは酒を注いで、使者だけを殺したんだね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風の国 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風の国1話

風の国公式
【キャスト】
★ムヒュル(戦争の神と言われた王) :ソン・イルグク
★ユリ(高句麗2代目の王) :チョン・ジニョン
★ヨン(ムヒュルが生涯愛した女性) :チェ・ジョンウォン
★ヘミョン(悲しい運命の犠牲者) :イ・ジョンウォン
★トジン(テソ王の右腕) :パク・コニョン
★ヘアプ(報われぬ愛) :オ・ユナ
★テソ(朱蒙の異母兄弟、扶余の王)ハン・ジニ
【監督】カン・イルス「海神 ヘシン」
【原作者】キム・ジン
【脚本】チョン・ジノク「朱蒙〔チュモン〕」「海神」 パク・ジヌ「漢城別曲」
吹き替えなんですよね~。切り替えても韓国語の音声なしのパターンなのはBSフジの悪い所だ。NHKとかだと、切り替えで音声・韓国語、字幕・吹き替えの字幕とかできるのになあ。チュモンの孫の話ですが、チュモンとは制作した放送局が違うんですよね。
チュモンのラストで、内戦の芽を憂えて、ソソノは南下して自分たちの国をつくることにしたんですが、最大派閥のヨンタバルが抜けてもチュルボンがすべて抜けたわけじゃないのかな?ピリュの部族や、そのほかの制圧した部族が集合体という形になってるから、安定しない国での話です。

第1話
チュモンの建国した高句麗では、初代王のチュモンが死に、その息子ユリが王位を継いでいた。
ユリは連戦で一年もクンネ城に戻っていない。キサン族を服従させたユリの部隊の駐屯地に、チェガ会議の代表(カンナ、ハンナ、ヨンナ)が祝の品を持ってご機嫌伺いにやってくる。
ユリ王は強力な王権を持たず、沸流部の長サンガを中心とする貴族会議体である諸加会議(各部族長=テガの集合体)の意向をうかがいながら国政を行っていた。
ユリは「私を大王と認めてもらう。私利私欲を貪るテガを・・・」と主張しているが、刺されてしまう。
「ユリ王は死んだ。協力してクンネ城を攻めよう」と言われて驚愕のサンガ。

奴隷商もマファンに命じ、チェガの陰謀を知るヘミョン王子。だけど、このマファンはサンガにもプヨの情勢を報告したりしてたよね。
謀反の情報を得たへミョン。留守を守る護衛兵は少数すぎて守れない・・・。城門を閉じてユリ王の帰還をまつことになる。

しかし、カンナ、ハンナ、ヨンナのピリュの軍から「開城しろ。ユリ王は死んだ」と伝令がきて、へミョンは戸惑う。
しかし、待ち伏せしてテガ達と抗戦。ユリ王は戻って来てたのね。かっこイイ~。あっさりと降伏する謀反の軍。
テガの代表であるサンガに「どう処理すべきか?」と問うユリ王。「高句麗建国からまだ年も浅い。先王チュモンがオクチョを受け入れたように、厳罰でなく大きな心で・・・」とサンガ。ユリは、テサンジャを部族に送り見張らせ、長子を人質として引き取ることを条件に、赦すことにした。

ユリ王の王妃が、王子ムヒョルを生んだ。王子へミョン、王妃セリャに続く第3子。

しかし、巫女がムヒョルを連れ出す。へミョンが探しに出て、神殿にいることが判明。王は神殿に向かう。「天が私に頼まれましたが、自分の手で殺す事はできませんでした。王子は、高句麗を滅亡させる運命を持って生まれました。兄弟を殺し、母と父を殺し、息子まで殺す運命です。天の意思を伝えているだけです。高句麗の為に王子の命を取らないといけません。子への思いで、高句麗が滅亡するのを見ているだけなのですか」と言う巫女。巫女はは「天の意思を拒否しないでください」と言い残して自害。
そのムヒョルを殺そうとするユリ王子。

一方、扶余は老齢のテソが王として君臨し続け、高句麗とは敵対関係にある。周辺部族がどんどんとプヨの傘下に入っており、国は順調に運営されている。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風の国 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

パックンの明るいキャラが楽しくて、面白く見ました。
14話
雷で電波状況が悪かった!後半が録画できなかった。
ウギョンが関わっていたことを知ったウンジュ。すっとぼけながら、「パク君に被害が及んでもいいの?」なウギョン。見返すためにウンジュを調べて、作戦を練るウンジュ。ポンギュが相談に乗ってくれて、得意なことを生かしたら?ってことで、デザインコンペに出そう!ウギョンが諦めたヨンフンの新技術を!と思いついた。
ヨンフンは「コンペに勝ったらやり直せるか?何が変わる?」という。ウンジュは、「私の不運の背後にウギョンが居た」と告げた。信じられないヨンフン。
しかし、ウギョンの電話にチョ・ミノ(ちびっこチンピラさん)から電話が・・・。それを見て、ウギョンを信じられなく。さらに、チョ・ミノに更なる妨害を頼る所を盗み聞き・・・。
ヨンフンは出て行ってしまいます。「ウンジュを苦しめる必要はなかったでしょう?」確かにな~。(ところで、ウンジュが、ヨンフン前よりカッコ良くなってた~とか、落ち込んでたけど、確かに、衣装が良くなったのもあって、終盤のヨンフンはカッコイイんだ。眼鏡男子の魅力炸裂しとる)
答えを聞きにきたウンジュに、「ウギョンへの当てつけみたいだ」というヨンフン。「体裁を考えるような人じゃないでしょ?新技術開発したいかしたくないかだけ考えて。」ってウンジュは、ヨンフンの動かし方心得てるな~。食事作って、お風呂入ってっていって、すっかり元通りみたいな・・・。パク君どうなるの~。

資金を融資してくれる人が必要で、金を持ってる知人ってことでチョ・ミノさんから融資を受けた。事務所を借りて作業開始!ヨンフンが来ると急に乙女になるウンジュ。でも、ジャージャー麺で口のまわり汚れてるよ~。
建築関係は門外漢で、何にも手伝えないパックンは詰まんない。ヨンフンは結婚辞めたとかいうしさ~。

ウギョンの方は、優れたウンジュの案を捨てなきゃならなくて、ダメだししまくり。しかし、ウンジュの暴露を聞いてた同僚たちはウギョンに反発しまくり。先輩なんて、「やんてやる!」って辞めちゃったよ。ウンジュの事務所へ~。これで、作業もだいぶ楽になりました。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ミスキムの10億作る方法 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

波乱万丈Missキムの10億作り 1-3話

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2004年の作品
結婚式当日に花婿に逃げられたダメ女・ウンジェ(キム・ヒョンジュ)と、金持ちボンボンから一夜にして貧乏人に急転落のダメ男・ムヨル(チ・ジニ)。
人生の負け犬2人が一念発起、目指すは恋とお金のダブル成就!?
観る者みんなに勇気と希望を与える、波乱万丈ラブコメディ!!

★主要キャスト
キム・ウンジェ/キム・ヒョンジュ
パク・ムヨル/チ・ジニ
ユ・ヨンフン/パク・コニョン
ウギョン/キム・ソンリョン
★スタッフ
演出: チャン・ギホン「明朗少女成功記」
脚本: パク・ヨンソン「彼女を信じないでください」

yahooか何かで見て楽しかった作品、ちゃんとレビューしてないので、BS日テレで放送されるのを機に、簡単だけどレビューします。
ガラスの靴では役が嫌いだったキム・ヒョンジュさんが、明るいキャラクタで元気です。子供顔チ・ジニの「パックン」ぶりも、自由な理系男を演じるパク・コニョンさんも好きでした。
何気にポン・テギュ君が演じる家主の息子もいい味出してます!!彼は、いつみても安定してますよね~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ミスキムの10億作る方法 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 15・16(最終)話

凄い面白いというわけでもなく、かといって詰まらないわけでもない作品でした。キム・カプスさんの詐欺師っぷり、暗いのが好きなのにポジティブキャラのコンヨンさん、拗ねた顔が可愛いイ・ハナさんと、割と好きな人たちだったので、楽しめたかな?ライバルのジュンギが「違うけれど正義の人」だったのも、楽しめた所だと思います。
チェリが!と思ったらジョンドに助けられた。でも、建物を壊そうとされてハルモニが怪我しちゃった。チェリは番組出演に遅刻しそうになるもドクスが「ファンが待っている。約束は守らないと。君の歌に町の人は励まされるんだ」と説得して、なんとか駆けつけて唄いました。しかし、チェリは舞台度胸あるね。
ハルモニは手術成功で入院に。返ってきたチェリが「家族みたいな町の人が苦しんでる時に、笑顔は作れない。やっと町の良さが分かったのに」って残念がる。ジョンドの一番好きな場所を当ててあげる!とか、チェリはジョンドを励ましてくれます。ジョンド、自分に託された思いを噛みしめます。
ハラボジも怒ってる。「町の心配の種だったわが一家が、町に恩返しする時だ」と、理髪店地下の秘密部屋に連れてった。なんと、偽造のための道具が!法的手段だけじゃ無理だって。ジョンドは躊躇いながらも、ハラボジには抵抗できない。「自白を引き出す」のが目的と聞いて、覚悟を決めた。資金は、ハルモニが貯めた貯金を出してくれた。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 13・14話

辞表を提出したジョンド。寂しく悔しいけれど、必死に一人で耐えてます。「父さんを恨んだこともあるけど、父さんがいると嬉しかった。父さんが居たから検事になった。父さんを置いては行けない。今は父さんを助けるのが息子の役目だ。必ず連れ帰るよ」ってハラボジに説明。ムン刑事やヨンジュも、心配しながらも調査を手伝ってくれました。プソンが事前に教えた方が良いと思って、「ジョンドが辞めた」とドクスに伝えに行った。流石にドクスはショックを受けた。
チェリは、ジョンドに抱きしめられたことが気になって、歌に集中できずに怒られちゃった。で、夜になって、検事辞めたっていうジョンドに会いに。「夢を諦めちゃうの?」っていうチェリに、「諦めたんじゃない。父さんは逮捕を覚悟で卒業式に来てくれた事があった。父さんは無実だと信じている。何かを失っても守りたいものがある。何かを得れば何かを失うものだから、恨んじゃ駄目だ。」って話して聞かせます。叱られて元気ないチェリにしっかり気が付いてくれるジョンドが「自分を信じろ」って励ましてくれた。「君のおかげで元気が出てくる。俺は本当に幸せな奴だ」って言ってくれたジョンド。チェリ、ちょっと素直になったかなあ。「今日は私が見送りたい」とかカワイイこと言っちゃって!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

花咲く春には 11・12話

全16話。3/4が終わったところです。詐欺事件は、初期からずっと見え隠れしては居たのですが、メインになることはずっとなく、この2話でぐっと話の中心になってきました。
ジュンギに、「証拠もなく父を疑うのか?」って言われたジョンド。「確証もなく疑うなんて、お前らしくない」っていうのは、正論だな。ジュンギは父に質問&内部調査を提案して、「経営していると思わぬことがあるもんだ」って言われちゃった。ちょうど、ヨンジュも、ジュンギ父のことや、ドクスがテハン建設に関係しているソウルホテルに勤め始めたことが気になっているけど、気のせいだって思いたいみたい。
チェリのコンサートには間に合わなかったけど、花束持って帰りを待ち構えていてくれたジョンド。チェリと歌った歌を口笛吹いてくれたりして、久しぶりに会えて、チェリ嬉しそうだし、感動して泣きそうになってるよ。ジョンドも、ご飯って言われて、ニコニコだし。「私のどこが好き?」っていうチェリに、「小さい頃、石あて遊びしたことない?大事なのは石選びなんだけど、俺が選ぶのはでこぼこなのなんだ。俺にとっては最高の石だったし、それで石あて名人になったよ。とにかく、俺にとっては最高なんだ」って、説明になってねー。チェリにストーカーはやめてねって言われても、嫌!って子供じゃないんだからさ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT