FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

あの青い草原の上で 52(最終)話

終わりました。テウンさんがとっても凄く良い人で、苦労を学びの場として捕えている。イイヒトすぎて困ったことになったり、迷惑かけたりするけど、チャンと見ててくれる人もいる。
そして、テウンさんが凄く良い人なのは、彼自身が過去に人を傷つけたという悔恨があるからなんですね。テウンさん本人の語りでしかなかったけど、若い時は悪くて、父親にとても迷惑かけたっていう後悔がある。
そして、彼の生きざまが、テウンさんの母オッキや、ハラボジの大きな罪の問題にかかってきます。罪を犯した人間の苦しみ、恨み続けて生きることの苦しみ、赦すことで再発見される美しい思い出。オッキさんが、テウンさんから赦されても自分で自分が許せず、だからこそハラボジも許せないという気持ちを持っている。でも、テウンの赦しをとおして、ハラボジを赦そうという気持ちになる経緯はとても良かったです。
復活」「魔王」のキム・ジウ脚本×パク・チャンホン監督作品。ホームドラマなんですが、根底に流れる「赦し」の過程を描く姿勢は共通したものを感じました。

テマン×スノのパートは、ちょっと詰まらなかったかなあ。献身的な愛が恨みを溶かすというパートなんですが、スノがちょっとしつこすぎた。


ハラボジ死去。娘二人は、父親を苦しめたと大泣き。エランさんなんて、事情を聴いた後にじっくり話す時間もなくて。謝罪する機会を与えれば良かったという悔恨が残ります。
オッキさんがジョンナンに「一緒に荷を下ろそう。あなたも重荷だった。私も恨んでいるのは辛い。楽になりたい。もっと前に許すべきだった。」と語ります。ジョンナンは何も言えなくて、ただ謝罪するばかり。オッキは「ヨノをテウンにくれた。ヨノはお金には変えられない子。それだけでありがたい」と語る。

テウンさん、「一緒に生きる」という意味でヨノの子供にハンギョルという名前をつけました。生きようとしてくれるようになって本当に良かった。

テウンさん手術。本当は入院前に皆で食事でもって思ってたけど、倒れちゃって緊急入院。手術の前に、自分の鼓動を聞かせて「心配しないで」って言うテウンと、「心配なんかしてない」と言いながらポロっとなくヨノ。

しかし、手術前日まで新人社員のためのスピーチを行ったりして、「約束だから」とか言ってる場合かあ~。でも、いい話なんだ。「働くことの意味を教えてくれた市場の人(って、一話で見せてたな)などとの触れ合いを通して、豊かな人生のあり方を知った。辛いこともあるとおもうけど、人に対する希望を失わないでほしい。自分に対する希望を失わなければ、奇跡は起きる。この世に理由なく生まれたものはない。辛いことに出会っても堂々と歩いてほしい。皆さんを待つ人がどこかに必ずいる。私も希望を持って歩む」と・・・。がんばれテウンさん。

その場で倒れちゃったりして、どうなる事かと思ったよ~。ヨノが、プレゼントした夢の家のジオラマを持って行って励まそうとするんだけど、ジオラマにはテウンさんの手紙が。「君に出会ってから、僕の人生は喜びに満ちていた。こんな奇跡があるなんて。ありがとう」と。
手術室に向かうテウンに、ヨノが「愛してる」の手話をやって、それは流石に泣けたね~。

スンミンとエラン。「大丈夫。父が亡くなっても何も変わらない。」と言ってるエランだけど、泣いてしまう。後悔しないように素直に生きるって言って、エランからスンミンにプロポーズ。可愛いねえ。

テマンは仕事も決めて、「大丈夫だから留学しろ」ってスノを送り出します。

で、後日談。ヨノは病院から帰宅。息子のハンギョルは大きくなって、スノは留学から帰国。家族も仲良くやってる様子。エランとスンミンは結婚してエランは出産です。お似合いだね~。
で、テウンさんはどうなったんだ~と気を持たせたところで、最後に「あの青い草原の上」の家でテウンさんとヨノ。絵にかいたような幸せで、ホント良かったよ~。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| あの青い草原の上で | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

日本版「魔王」を見る前に

日本版を見る前に、韓国版「魔王」をどのように読み取ったか?ということについて、私なりにまとめておきたいと思います。


韓国版「魔王」は「復活」というドラマを作ったスタッフ(パク・チャンホン監督 キム・ジウ脚本家)と主演(オム・テウン)が組んで作ったものです。
「復活」では、「弟を殺して得たものを元に戻してもらう」という復讐を行う男の話です。それを書ききった人たちが、今度は「復讐される側」の視点も加えて、その先を描いてみようとした作品。
両作品とも、「復讐」はあくまでもモチーフであって、「罪とは何か」を問うことで「生まれながらに罪を背負った人間の本質」に迫ろうとした作品です。特に「魔王」は非常に宗教色が濃く、古典悲劇のフォーマットが取り入れられています。

私が「復活」を見た時に残った疑問が、「真犯人」の問題でした。
ガンヒョクの復讐計画は、真実の犯人ではなく、表層で踊らされている犯人に発動しました。表層で踊った人物たちが陰謀によって得たのが、「財産」「名誉」であるために、復讐には周到な計画が必要で、その計画は見事すぎるほどに見事に結果を弾きだしました。
彼は殺人の代償として、命は求めなかった。失われた命が「金」や「名誉」になったことが許せなかったのだと思います。命は、そんなものに代えられるものではない。だから、命と引き換えにしたものは奪う。しかし、命は奪わない。全てを元に戻すという儀式を通して、亡くなった命の再生を願った。それは叶わないことではあるけれど、彼にはその儀式が必要だった。
陰謀で「愛」を得た真犯人から「愛を奪う」には、周到な犯罪を犯す必要はなかった。「醜い真実の姿」を突きつけるだけで、自ら破滅の道へ進んで行った。
しかし、真実は真犯人だけでなく、多くの関係者を傷つけました。「復讐は何も生まない。」ということは簡単だけど、それは「真実は何も生まない」ということにつながってしまう。「真実は残酷だが、真実は悪なのか?」という命題が残ります。

もうひとつ、復讐する側のガンヒョクと真犯人に共通することがあります。それは「他人の人生を生きた」こと。
真犯人が、光り輝くゴナに対して抱いた「憧れ、妬み、僻み、愛」は、非常に複雑で醜く、だからこそドラマチックなものです。この他人を羨む気持ちが、真犯人を「自分を捨て、他人の人生を生きる」道へ進ませます。そして、皮肉なことに、復讐者ガンヒョクも、「自分を捨て他人の人生を生きる」ことを選択します。つまり、始めから、復讐者ガンヒョクは、犯人のたどった道を進んでいた・・・。

「復活」の次に作られたのが「魔王」です。魔王では罪を抱えて生きる刑事が主役で、復讐が殺人という形で現れる点が大きく違います。
刑事は、過去の悪行で、「正しく強く眩しい」輝ける人間を見て、自分の闇を暴力という形で爆発させ、信頼を失い、自らを暗闇に落とした。
刑事は罰を望んでいたでしょう。罰の先には許しがあるから・・・。しかし、大きな壁に屈してしまった。彼は成長して刑事となり、「あの時、自分を罰してくれなかった法」に挑むようになります。
刑事は、「奪った命のように生きる=他人の人生を生きる」ことを自らに課して生きているように見えます。「正しく生きたい」という願いが真実かどうかは、他人には分からない。そして、失われたものは元に戻らない。
そのことを突き付けるために、「自分を捨てた」もう一人の人物=弁護士が復讐者となって戻ってきます。「お前は残虐な人間の筈だ。お前は自分を捨てたのではない。お前は他人の人生を奪ったのだ」という告発とともに・・・。

刑事を極限状態に導き、残虐な本性を暴くための設定として、過激すぎる復讐という悲劇が用意されています。今度は、生贄としての「命の代償」を求める弁護士。復讐者である弁護士は「刑事を神の審判に招待する役」であり、「神の与える罰・試練のメッセジャー」として機能しています。
「光は失われている。お前は光にはなりえない。また誰かを傷つける」という残酷なメッセージがもたらされる。とことんまで希望を奪われ、追い詰められたときに、彼が何を叫ぶのか?彼の真実の叫びとは何か?これが、作品のテーマです。
それほど斬新な視点や結論がある訳ではないですが、キチッとした悲劇に仕上がっている作品だと思います。

で、日本版に期待すること↓

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 魔王(日本版) | 20:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ストック 君に送る花言葉 1・2話

ストック -君に贈る花言葉-DVD-BOXBS日テレ公式
復活」「魔王」のパク・チャンホン監督とキム・ジウ脚本家コンビの初期作品です。まずは過去話から始める韓国ドラマ定番パターンです。


1話
母に代って牛乳配達をsるう少女。手芸が得意で優しく明るいイ・ヨンジュ。母に再婚を申し込んだ男性がいて、少し不安になるけれど、「母のため」なら再婚しても良いと言い出す少女。しかし、母は「お父さんのような人はいない。あなたがいるだけで幸せよ」と言ってくれる。仲良く助け合って暮らしてる。
ヨンジュの友人シニ。水商売の母と、暴力を振るう父に悩まされる彼女。夜はチキン屋で働いているために、「水商売してる」と噂されたりと、厳しい毎日。
転校生カン・ウヒョクがやってきた。喧嘩で留年しているという。

シニに絡むチンピラのワン・ギョンチョル。彼女のかげ口をいうのを聞いて、カッとなってケンカを売ったヨンジュ。危ない所で、ウヒョクが助けてくれた。友達になろう!というヨンジュ。

シニと文房具やに行ったとき、気持ちが沈んでたシニが万引きを。何も知らないヨンジュまで引っ張られて逃げる羽目に。追いかけてきたのは店主の知人の男性でウヒョクの兄・ミヒョク。通りかかったウヒョクに助けられて、逃げきったヨンジュです。
翌日、「返して謝ろう」とシニに言うヨンジュですが、シニもすでに返してきてました。

友人に誕生花のカードを送るのが趣味のヨンジュ。ウヒョクの誕生日を聞いたら、なんと自分と一緒!誕生花はストック。「私たちは逆境に強い人なんだよ」って、カードを贈りました。

ウヒョクは衝突しがちな父の誕生日に、プラモデルを組み立ててプレゼント。手作りのものを・・・っていうヨンジュのアイデアだったんだけど、「受験生なのに余計な時間を使うな」な父と喧嘩になって、「大学は行かないよ!」というウヒョク。

レンタル屋でミヒョクと再会したヨンジュ。万引きの誤解もとけました。


2話
怒ってバイクで登校するウヒョク。乱暴運転してみせて、無理やりヨンジュを後ろに乗せて行ったは良いけど、二人して叱られて、掃除の罰を受けることに。背中合わせに座って、背中を貸しあって休んだりと、なかなか仲良しです。
そんな学校に、教育実習生としてミヒョクが赴任してきます。ウヒョクの恋心も知らずに、ミヒョクの話ばかりするヨンジュ。

下校時、ウヒョクに喧嘩売りにきた他校生。無視しようとしたウヒョクだけど、ヨンジュが危ないとなってケンカを買ってしまった。またも激しく叱責されるウヒョク。過去が過去だけに、「向こうが喧嘩売った」というのも信じてもらえない。そんな事に非常に立腹し、そして嘆くヨンジュ。彼女の悲しみをミヒョクが静かに受け止めてくれます。

ウヒョクと父の間の溝。10年前に亡くなった母。その母の呼吸マスクを父が取るのを見てしまい、父が殺したと思ってるのね。でも、それは「話がしたかった」とかの誤解じゃないかなあ・・・。
ミヒョクが「お前に反発されてお父さんは傷ついているけど、お前を愛しているんだよ」と説得しても、なかなかウヒョクは聞き入れられません。

登校してこなかったウヒョクを心配して訪ねたヨンジュ。そこでミヒョクと会って、兄弟だと知りました。少しづつ近づくミヒョクとヨンジュ。「この木の周りを回りながら願ったら、願い事が叶うよ」なんていう嘘をおしえてくれたりするミヒョクにヨンジュは完全に心奪われたな。

登校したウヒョクを心配してくっ付いて回るヨンジュ。「友達でしょ!」っていう彼女に本心を言おうとしたウヒョクだけど、ヨンジュの目はミヒョクに釘つけになってる。言えなかった。

ヨンジュは美術家受験を決めた。塾代にと思って、友達にプレゼントしてた手作りマスコットを友人に売ってみることに。でも、先生にばれて叱られちゃった。一人で泣いてる彼女を先に見つけたのはミヒョク。ヨンジュは「大学生になったら、私を弟の友人以上に見てください。先生が好きです」と告白。でも、ミヒョクは「一時的に教育実習生に憧れているだけだよ」なんてかわしてしまいました。

ところで、ヨンジュ母。病気で倒れるわ、友人の保証人になるわ、投資を進められるわ。あぶなかしくして仕方ない。

ギョンチョルはシニが好きなんか!子供やねえ。大人なシニにからかわれて、告白しちまいやんの。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ストック~君に贈る花言葉 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

復活 24話(最終話)

復活 DVD-BOX 2復活 DVD-BOX 2
(2007/01/17)
パク・チャンホン; チョン・チャングン

商品詳細を見る
繰り返しみたドラマなのに、やっと全部のあらすじレビューをしました。書きながら見ることで、あらためてセリフの連動しているところに気がついたりと、なかなか楽しかったです。
このドラマを見たら、ぜひ同じオム・テウン主演、パク・チャンホンPD、キム・ジウ作家のトリオが作った「魔王」も見てください。


会長と直接対決をするシンヒョク。会長室に呼び出して「ゴナの息子・ガンヒョクです。イム・デシクの遺言状です。父を招き寄せたのはあなただ。建設省課長を自殺に見せかけたデシクを見た。しかし、それを伏せた。あなたも関連してたから。」
「お前はゴナによく似てる。私自身が自分を許せないのだから、許してはもらえないだろう。私がお前の母さんを本当に愛してたのを知っていて、ゴナはプロポーズした。本当に憎かった。汚職の調査をすると言ったとき、チャンスだと思った。その手紙は証拠にはならない。」とまだまだ余裕ありげなふりをする会長。
「シニョクを殺したと命じたのはあんただ」と、シニョクが持ってたはずのゴナの調査記録ノートを示したガンヒョクに「母さんや妹のことを考えたか?死ぬより辛い苦しみのなかで生きることになる。その復讐の刃はお前の母の心臓を刺す。それは確かに俺にも苦痛になる。俺とお前は敵同士だが、同じ目的を持っているだろう?すべて忘れてウナと去れ」と、彼の弱点を突いてくる。

「真実」は家族を傷つけるのか?(えーっと、これは魔王のモチーフとなるオイディプス王のテーマでもあります。真実を知りたいという人間の知への欲求が、人間の醜さを暴き、そして破滅へと至る)

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |