FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

いいかげんな興信所 15・16(最終)話

いいかげんな興信所 [DVD]
初めは、どんな話か見えなくて、まったり雰囲気を楽しむ深夜ドラマみたいなノリだなと思ってt尚ですが、中盤からいろんな要素がからんできて、単なる宝探しドラマじゃなくなり、序盤の日常も伏線としてうまく使われて、とっても楽しかった。人生のトンネルの中で、苦しみをかかえつつもがく皆さんがかわいかった。


15話みんなのために鐘はなる
四人で宝さがしに・・・。なかなか見つからなくてへとへとになったとき、石組の壁の模様をみて、これを並び替えてみたら?ってことに、パズルが得意な貸本屋常連君に頼んで手伝ってもらって、見事に並び変えたら、壁に穴が開いたよ。
閉所恐怖症ウンジェをバックアップに残して、3人で穴の中に。「一番幸せだった時は?」なんて話をしながら歩いてたけど、何気なく開けたドアの上に壺があって、落ちた壺から何やらこぼれたせいで気を失ってしまった。カメラと無線で見てたウンジェは、一人で助けに入ります。勇敢ですね。酸素持って入って、ムヨルに吸わせたところでダウンのウンジェ。皆と過ごした時間を夢で見たウンジェ。気がついたら「俺を選んで酸素を吸わせるなんて」と盛り上がってるムヨルだけど、ウンジュは「いちばん体力があるから・・・」とあっさり。

スト解消して、工事再開は48時間後。また3人で探索を始めたけど、トラップが多いし、堀が掘ってあったりして簡単には進めない。ウンジュは「潜水服を用意させる」というけど、ヒギョンは時間がないからロープで渡るっていいだす。必死に止めて大騒ぎして、皆半泣きだったけど、単なる温泉だし、水も深くなかった。なーんだ。

黄金あった!!しかし、待機してるウンジュのところにミンチョルと骨董屋のおじさんが。案内しろって言われるウンジュ。閉所恐怖症の発作に耐えてるウンジュを見て、ミンチョルは気絶させて運んでやる。

ムヨル達は、のんきに「どうやって運ぼう~」なんて言ってましたが、ミンチョル登場でオットケー。特にウンジェが気絶してるのを見てムヨルは怒りまくり。
骨董屋の親父さんの講義が・・・。ここは火の気が強すぎるから、水の気を呼び込む建築になっている・・・。それは餌。まだあるぞ。3つの地図を見せろと迫るおじさん。
17年前に裏切られたから、お前達と組む気になれなかった・・・なおじさんは、地図に書かれた詩から読み取って、広場に埋められた印を発見。それを操作したら、井戸の水が引いて大量の黄金が。さらに、裏帳簿なども出てきた。おじさんは、黄金以上に、先祖の無実を証明する裏帳簿が欲しかったのかな?

≫ Read More

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いいかげんな興信所 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

いいかげんな興信所1話

いいかげんな興信所 [DVD]
KBSWORLD
出演:イ・ミンギ,イェ・ジウォン,リュ・スンス,パク・ヒスン,イ・ウンソン
演出:ハム・ヨンフン
脚本:パク・ヨンソン
★ムヨル役(イ・ミンギ):徳寿宮近く開発制限区域に建つ黄金ビルの中にある‘ホドリ テコンド道場’の先生。英語塾や数学塾などに押されて日々生徒の数が減っている。今後道場を続けていくかどうかを迷っているところだ。唯一の願いは、早く2008年のオリンピックがはじまり、‘ムン・テソンがまた金メダル’を取ってテコンド・ブームが起きることだ。子供たちに模範をみせながらも頭の中はいつも家計簿でいっぱいだ。貧しさと無知が彼のコンプレックスでもあるが、かなり単純でプラス思考なので何でもすぐに克服してしまう。試合ではない ‘ケンカ’で負けたことはない。つぶれた興信所でジャジャン麺を食べていた所を、興信所の職員と間違われた事がだんだん大事になり、‘高宗が残したという黄金’探しをすることになる。

1話 依頼No1始まりはネコである。
イ・ミンギ君のタルジャを見終わってからと思って溜めてたドラマ。簡単めのあらすじでレビューしていくつもりです。
コメディなんだけど、ちょっとテンポ遅めかなあ。空気を楽しむドラマではあるけどね。ちょいズレた変な人たちの面白さを強調しようとして、描写がしつこくなると全体の流れが悪くなるので、1話の人物紹介を過ぎたら、テンポアップしてほしいな。


徳寿宮近くに今にも倒れそうな5階建ての商業ビルがある
。そのビルの中には経営難に苦しむ‘ホドリ テコンド道場’の先生ムヨル(イ・ミンギ)、夢も希望も家族もなく、その日暮らしで生きている漫画屋の主人ヨンス(リュ・スンス)、神通力というよりは演技力で勝負するタロット占い師のヒギョン(イェ・ジウォン)が住んでいる。古びれた商業ビルだから、空き屋も多い。

ムヨルたちが洞窟の中に落ちてしまう・・・というシーンが冒頭にあって、4ヶ月前に飛びます。空き室になってる興信所で食事してたムヨルとヨンス。ネコ探しの依頼を受けてしまった。金欠だからね。

霊媒師のくせに怖がりのヒギョンは、ビルのオーナーのおじいさん(イ・チョング)が訪ねてきて「3日ほど前から”泣き声が聞こえる。幽霊だ”と自習室の学生たちが言ってる。」と聞かされた。除霊するからって、ヨンスとムヨルを伴って地下室へ。

地下室で発見されたのはペルシャ猫。崩れ落ちた壁の間にペルシャ猫とその子猫が3匹そして葉っぱの形をした金塊が3つ・・・
金を見つけて理性を失った3人は、必死になって壁をかき分けると、今度は指輪をした白骨死体が・・・

数週間後、ムヨルが黄金ビルの屋上で気を失って倒れている美女を発見するのだが・・・
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| いいかげんな興信所 | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |