• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

男が愛するとき 1・2話


コ・ス主演  男が愛するとき [DVD]コ・ス主演 男が愛するとき [DVD]
(2007/11/24)
コ・ス、パク・ジョンア 他

商品詳細を見る

アジドラ公式

【概要】
母の死で天涯孤独の身となった高校生のジフン(コ・ス)は、亡き父親の友人ソ・テチョンに引き取られ、彼の娘インへ(パク・チョンア)と三人で暮らしはじめる。チェロをこよなく愛し、聡明で努力家のインヘだったが、経済的な余裕がなく音楽の夢をあきらめるしかなかったた。ある日ジフンは自分の父親の死の理由がテチョンとのボクシングの試合にあると知り苦悩する。それぞれに悩みをかかえた二人は次第に惹かれ合っていく。しかし、別れの時は突然にやって来た。テチョンの突然の死によって二人は、別々の道を歩むことを余儀なくされてしまったのだ。
数年後、ソウルで再会したジフンとインへ。チェロ奏者への夢を捨てられないインへは、幼なじみでホテル経営者の跡取り息子であるソクヒョン(ペ・スビン)の求愛を受け入れようとしていた。そしてジフンもまた、彼を慰め励ましてくれる女性ジョンウ(パク・イェジン)と出会っていた。しかし、ジフンとインへはまだお互いのことを忘れられずにいたのだ。愛の迷路に迷い込んだ四人を翻弄する皮肉な運命。男が命をかけた愛の向かう先とは・・・
【キャスト】
★ジフン役(コ・ス
元ボクシング選手であった父はジフンが生まれる前に死亡。18歳で母とも死別する過酷な運命を背負った。父の友人であるテチョンの家に預けられ生きる事になる。父の血を受けた影響か運動神経は抜群だが、ある出来事が原因で大学進学を止めボディーガードとして働くようになる。
★ソ・インヘ役(パク・チョンア
ソ・テチョンの娘。父からは母親が自分の出産直後に死んだと聞かされている。小学生時代に聞いたチェロに魅了され、チェリストになる夢を抱いている。ある日突然家に来たジフンに嫌悪感を抱くが、それぞれの心の傷を知り始めてから惹かれるようになる。
★カン・ソクヒョン役(ペ・スビン
ソ・インヘの幼馴染で彼女に想いを寄せている。優等生だが、飲み屋をやっている母親との貧乏暮らしにコンプレックスを抱いている。やがてホテルチェーンを経営しているカン会長の非摘出子であると発覚し、人生が大きく転換する。


2004年の作品でちょっと古いけど、コ・ス君のちょい影のある役ははまってますね。
まず、インへは著名なチェリストで事業家とボクサーのあいだの双子。姉妹は別々に引き取られたみたいですね。母に引き取られた方はチェロが嫌で父に似て活動的。一方のインへはチェロに憧れているし、才能はあるのに、貧乏で苦しい思いをしてる。
そんなインへを見つめてきたソクヒョン。実は財閥の隠し子なんだけど、今は母が水商売し、体を売って生活してる。「自分のため」といわれる母の生活に苦しみながらも、同じような境遇のインへを愛し続けている。一方のインへは、みじめな自分を見ているようで愛することは出来ない。必死に胸をはって生きているインへ。
インへの父はボクシングの試合で親友を死なせてしまい、姿をくらました。しかしその友人の妻がなくなったとしって、その息子ジフンを引き取る。
一緒に暮らす中で、インへのチェロを聞いて初めて笑顔になれたジフン。ぶっきらぼうでも優しく、人に馬鹿にされても絶対に負けなインへに強く惹かれていきます。インへにチェロを買おうと魚市場で働いたり、小さな白い陶器を贈り物したり・・・。そして、コンクールを妨害されたインへに「孤独が一番辛い。俺がそばにいるのが少しでも慰めになれば」という。
ジフンが父とインヘ父の関係を知ったとき、インへは同じ言葉でジフンを慰める。
娘の才能を教師からきかされた父は、娘を母親に託そうと出かけていく。その帰りに交通事故で死亡。インへとジフンは二人取り残されることに・・・。



あらすじ(公式から)
1話 父がつないだ出会い
両親を亡くした高校生のジフンは、父の旧友でボクシングジムを営むテチョンとその娘インヘと暮らし始める。インヘはチェリストを夢見ているが、貧しさゆえに楽器も買えず、みじめな毎日を送っていた。ジフンはそんな彼女のために、アルバイトを始めた。また彼は、インヘに片想いをする同級生のソクヒョンと親友になる。
2話淡い想い
ジフンとインヘはお互いに淡い想いを抱くようになっていく。一方、テチョンはインヘの夢を叶えるため、元チェリストである実業家ファヨンの家を訪ね、一人娘ジョンウに手紙を託した。しかしその帰り、テチョンは車にひかれ命を落としてしまう。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 男が愛するとき | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

天使の誘惑1話汚れた結婚


天使の誘惑 DVD-BOX1天使の誘惑 DVD-BOX1
(2011/01/28)
ペ・スビンハン・サンジン

商品詳細を見る

BSーTBS公式
TBS公式
【概要】
美しい妻だった…仮面を外すまで。優しい夫だった…仮面をつけるまでは-。
驚異の韓国視聴率40%超えを記録した「妻の誘惑」脚本家キム・スノクが紡ぎだす、完全復讐劇の決定版!!

結婚式をあげる一組の夫婦。永遠の愛を誓う夫、そして因縁の報復を誓う妻-。表面的な幸福とは裏腹な内情から幕を開ける本作。夫の家庭に復讐する妻役には、イ・ソヨンが熱演。妻に復讐され、植物状態になる夫にハン・サンジンが、そしてそこから奇跡的に甦り、全身整形をして妻に復讐をする生まれ変わった夫役にぺ・スビンが挑む、2人1役という豪華キャスティング!!
妻と夫がお互いに騙しあい、仕掛けていく罠。散りばめられた複線に、息をのむ怒涛の展開。一度見たら、止められない完全復讐劇に中毒者続出間違いなしの、究極のサスペンス!!
【キャスト】
ハン・サンジン(シン・ヒョヌ役)「ソウル家具」の跡取り息子。優しく穏やかな性格のロマンティスト。親の反対を押し切ってアランと結婚するが裏切られ…
★ ぺ・スビン(アン・ジェソン役)ヒョヌがアランの裏切りを知り、整形手術をして別人に生まれ変わった姿。アランへの復讐を誓う。裏切りの念から、以前とは変わった2面性を持つようになり、冷静沈着に復讐の計画を進めていく。
イ・ソヨン(チュ・アラン役)ヒョヌの妻で「ソウル家具」のデザイナー。両親の死の復讐のために、ヒョヌと結婚し、シン家を破滅に陥れる罠を次々と仕掛けていく。
キム・テヒョン(ナム・ジュスン役)内科医であり、アランの愛人。父がシン社長の秘書だった縁でシン家の主治医を任せられているが、アランと共謀して
ホン・スヒョン(ユン・ジェヒ役)ジュスンの病院に勤める看護師。幼い頃に児童施設に入れられるが、純真でまっすぐに育つ。児童施設を支援するヒョヌを心から慕っている。


ハン・サンジンさんは、「どこか間抜け顔」なところに魅力のある俳優さんですよね。誠実そうで、ちょっと抜けてて、でも明るくて頼れそうな感じもある。いままで見てたドラマの影響も大きいかな。騙される役にはぴったりという感じがする。
結婚式当日から、妻が拉致されるわ「両親は病気で出席しない」だわ、疑わしいこといっぱい。どうやら、ヤクザの女で水商売のなかでスパイをしてるのかな?両親が事故でなくなった後、この男に引き取られて育てられたということみたい。養育費分は「大手電子メーカの情報を売る」ということで、手を打ちました。

両親の事故は、結婚相手の「ソウル家具」の木材置き場だった。社長の不正を暴くと言ってた父チュ・チョルミンの車がパンクしたのは、社長のせいだと思っている。だから、その息子ヒョヌと結婚を決意した。
そして、ジュスンという愛人がいる。ヒョヌの一家の主治医をしていて、彼がアランをヒョヌに紹介した。

新婚初夜から花嫁に浮気される男ヒョヌ・・・。ま、見つかったから疑うこともなく呑気に過ごしてますけど・・・。

シン社長は「テハン日報のミン記者」から、下請けを脅して至福を肥やしてるという追求を受ける。毎月、違う名義の講座に振込をしているということまでつかんでる。娘のヒョンジが密告したらしい。でも、彼女の携帯を使ってアランが密告したのか・・・。
新婚旅行から呼び戻されたヒョヌとアラン。アランは「親しい友人がいる」ということで、交渉すると言い出す。新事業を巻き込まないために、こちらはヒョヌの名義にすることになり、アランは「ソウル家具」の店舗を手に入れる。

しかし、ヒョヌはローズマリーという名で、情報を手に入れるためにチョン会長に接近してるホステス姿のアランを見かけてしまう・・・。目を疑うヒョヌだが、ジュンスがフォローしてあげて、なんとか現場は抑えられなかった。でも、「電話にもでない。家にも居ない」じゃ疑うよね。
アランは「ソウル家具」に行きました。そこで「家具をデザインして時間を忘れてた」と誤魔化すアラン。
さらに、姑に「男から送られた」と見せかけた服をプレゼントして、夫婦仲を壊しにかかる。細かい嫌がらせをチマチマとやって追い込みます。
しかし、留守中に浮気してるのをヒョヌに見られちゃったよ。

ヒョヌは父の代わりに養護施設の支援やボランティアにも通っている。そこで育ったジェヒは、ジェスンのところの看護師に就職。



あらすじ(公式から)
済州島の結婚式場-。韓国きっての家具メーカーの長男ヒョヌは、新郎として幸福の絶頂にいた。そんな中、新婦アランが何者かに拉致されてしまう。アランが連れて行かれた先には、ファン会長が…。手塩にかけたアランの結婚を妨害する為だった。しかし、アランは何としても、今日の結婚式を成立させなければならない理由が-!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 天使の誘惑 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

日韓共同テレシネマ 結婚式の後で 前篇

監督 : キム・ヨンチョル
脚本 : 横田理恵
出演 : シン・ソンウ イェ・ジウォン ペ・スビン コ・アソン ユン・ヒソク イ・ヘヨン
ごくせんや一リットルの涙の脚本家さん。ホテリアーの日本版も担当されてるし、割と韓国ドラマは知ってる人なんだろうと思わます。
ここでも子役のコ・アソンちゃんが頑張ってます。3作とも子役大活躍ですね。韓国のドラマは、3世代・4世代が出るのが当たり前なんですが、これは短編と言うこともあるので、青年・中年世代(脚本家の世代)とその子供という二世代に絞って構成されているのかな??でも韓国の脚本家だったら、「楽園」の給食調理員のわけあり女性をお婆さんにしたりするんじゃないかな~とか思ったりしますね。

ジョンヒと付き合ってたソンホは、今はアナウンサーと結婚。でも相手から離婚を切り出されてる。ミレからしたら父親の大本命。
ヒョンウは硬物って感じだけどロンドンで酔った勢いで・・・。
ユン・ヒソクさんはやっぱりちょいトボケた音楽プロデューサーのギョンホ役。こちらもコンサートのあと酔った勢いで・・・。堅気ではないし、空気は読めないんだけど、優しい感じもあります。交際相手ではなくて相談相手だったというけど、泣いてしまったミレにチョコレートをくれるの。それが母親とおんなじで、ミレからしたら父親????と判断付かない感じ。
その他のメンバーもそれぞれに問題を抱えてる。事業をしてるソンジュは若い彼が浮気してるのを知ってしまうし、主婦のミニにも生活の苦労や、好きだったソクホをジョンヒに取られたってのが傷として残っている感じです。
ジホンのペンションと周辺に限定されてるとは言え、自然の中での撮影によって、「非日常=休暇」での出来事だということを強調してます。頻繁に入ってくる仕事や家族からの電話=日常があることで、それが際立っている感じ。



あらすじ
大学時代にバンド仲間として一緒に過ごしたジホンとユリの結婚式の日。郊外の教会には彼らのバンド仲間だった大学時代の旧友たちが次々と集まってきた。そんな日に、新郎のジホンは突然前妻から幼い息子ジェウォンを預けられてしまう。式が終わり、ジホンとユリの経営するペンションに集まったかつての仲間たち。だが、バンドメンバーの一人ジョンヒだけが姿を現さなかった。その夜、彼らの元にミレと名乗る15歳の少女がやって来る。彼女はジョンヒがシングルマザーとして生み育てた娘だった。ミレからジョンヒが交通事故で亡くなったことを聞き、一同は愕然とする。だが、ミレが皆のもとを訪れた理由は、実は父親を探すためであった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| 韓流未分類 | 19:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なる遺産 1話

公式
フジテレビ公式
【監督】チン・ヒョク
【脚本】ソ・ヒョンギョン
【キャスト】
コ・ウンソン:ハン・ヒョジュ
ソヌ・ファン:イ・スンギ
パク・ジュンセ:ペ・スビン
ユ・スンミ:ムン・チェウォン
ペク・ソンヒ:キム・ミスク
チャン・スクチャ:パン・ヒョジョン
コ・ピョンジュン:チョン・インテク
コ・ウヌ:ヨン・ジュンソク
オ・ヨンナン:ユ・ジイン
ソヌ・ジョン:ハン・イェウォン
ピョ・ソンチョル:イ・スンヒョン
イ・ヘリ:ミン・ヨンウォン
パク・デス:チェ・ジョンウ



フジの昼放送をうっかり見損ねてそのままになってたんですよね。BSフジではじまったので、みてみます~。
ハン・ヒョジュちゃんはすごくかわいいし好きな顔。でも、役はあまり好きになれないってパターンが多いんですよね。すごく正義感が強くて、まっとうな女の子として位置づけられてはいるんだけど、視野が狭くて他人を傷つけることに鈍感なタイプって感じが多い。韓国ドラマのヒロインにありがちといえばありがちなんだけど・・・。今回も、カップをなげたのはわるいけど、他人の車を貸してもらっている身で、事故スレスレの運転するとかばかじゃね?って感じ・・・。
イ・スンギ君は久々に見るな~。気のいいバカ息子役ってイメージなので、あんまり違和感はありません。
お父さんの死亡(と間違われる)経緯が、単に偶然なのか、だれかが仕組んだのか?後妻さんではなさそうだけど・・・。




あらすじ(公式から)
ニューヨークに留学していたウンソンは、父に呼び出されて帰国。空港に出迎えてくれていたのは、先輩のヒョンジンと、彼の先輩ジュンセだった。
 同じ飛行機で帰国したのは、食品会社の創業者を祖母に持つファン。出迎えにきていたは、ファンとの結婚をもくろむスンミ(ウンソンの継母の連れ子)だった。飛行機を降りる際、ファンはウンソンのバッグを間違えて持っていってしまう。そうとは知らず、ウンソンはファンのバッグを持って帰る。
 ジュンセとヒョンジンをクルマに乗せ、自分で運転して帰るウンソン。途中で隣を走っていたファンが捨てたコーヒーのカップがフロントウインドウに激突、激怒してカーチェイスを繰り広げるが、逃げられてしまう。
 ウンソンの弟ウヌはピアノの才能のある自閉症児。ウンソンと同じく、ニューヨークの学校に留学することになっていたが、ウンソンの父ピョンジュンの会社は銀行からの援助を打ち切られ、不渡りを出す事態になっていた。ウヌを留学させるどころか、ウンソンが呼び戻されたのも、娘を留学させる経済状態ではないからだった。娘にそのことを言い出せないピョンジュンに、再婚相手のソンヒは「あなたの心臓を売ってでも何とかして」と言う。
 ウンソンは、翌日の父の誕生日に、実は専攻をフードコンサルタントに変えたことを打ち明けるつもりでいた。父の会社を継がなくても、自分の好きな仕事で成功すれば、弟のウヌの面倒を見られるからだ。しかし父へのプレゼントは自分のバッグの中。ウンソンは自分のバッグを取り戻すべく、ファンに電話を入れるが、実家に戻りたくないファンが携帯の電源を切っていたため、電話がつながらない。やっと電話がつながったのは、ファンの帰国祝いでの支払いが足りない状況。ウンソンは「バッグを返すから」と店に呼び出され、不足分を払わされるハメに。しかも酔ったファンの代わりに、クルマで彼をホテルに送り届けることになる。ホテルの部屋に強引に連れていこうとするファンを、ウンソンは殴ってしまう。
 翌朝、殴られたことを思い出したファンは、「バッグを渡す」という言葉をエサに、ウンソンに待ちぼうけをくわせる。
 ピョンジュンは金策のため、仁川(インチョン)のカン社長のもとを訪れる。夜まで待つが、不渡りを防ぐには至らない金しか用意してもらえなかった。屋台で飲み千鳥足で歩くピョンジュンのあとを、怪しい男がつけていた。ピョンジュンは路地裏で殴られ、カン社長にもらった金や財布、時計や結婚指輪を奪われてしまう。
 翌朝、目を覚ましたピョンジュンは近くの店に駆け込む。その店のテレビで、火事の犠牲者の中に自分の名前があることを知る。
 ソンヒは家で、やはり夫が火事の犠牲になったことを知る。警察に身元の確認に行くが、遺体は丸焦げで顔では確認できなかった。ただ、時計や結婚指輪が夫ピョンジュンのものだった。途方に暮れるソンヒだったが、夫が生命保険に入っていたことを思い出す。
 ソンヒに電話をかけ、父の悲報を知ったウンソンは、葬儀場に駆けつける。ところが父はすでに荼毘に伏されていた。義母を責めるウンソンに、ソンヒは「私が見た。私の言葉を信じないのか」と告げる…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なる遺産 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。