FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

≫ EDIT

6年目も恋愛中

6年目も恋愛中 プレミアム・エディション [DVD]6年目も恋愛中 プレミアム・エディション [DVD]
(2009/05/22)
ユン・ゲサンキム・ハヌル

商品詳細を見る

6年目も恋愛中
ユン・ゲサン君って、不思議にカッコよく見えるのは、スタイルのせいか、表情のせいか。
長く付き合った恋人同士の感じは良く出てると思います。二人の関係に絞ったことで、その間のすれ違う瞬間なんかを、丁寧に拾えてると思います。
あて馬があて馬でしかない取り上げられ方なのが、ちょっと勿体ないかな。若くて冒険好きな女の子とか、大人で素敵な男性とかにふらふらとするだけの説得力はあったけど、定番すぎるキャラだったかな~。友人とかも、出てくる割にキャラが面白くない感じ。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

愛に狂う 21・22(最終)話

終わりました~。個人的には、ちょっとしつこすぎるけどヒョンチョルとミニに感情移入しながら見ました。っていうか、やっぱこの恋愛は周囲を傷つけすぎだよなあ。そのことに対する心構えが甘いって印象があってさあ。二人には幸せになってもらいたいですね。


21話
ヒョンチョル、諦め悪いなあ。噂する同僚に「交通事故なんて誰にでも起こりうる。悪いのは女の方」と悪い言い方をして、「事実を話せば?否定すれば?」というミニ。周りを傷つけても幸せをつかむって選択したんだから、選択した以上は、堂々と自分のしたことを主張して、非難は真っ向から受け止めろっていうのはミニらしいなあと思う。チェジョンと別れた時も、あまりにも正直な子だったよね。この子は、自分のことを悪い人間だと思ってるけど、そこから逃げないから好き。自己犠牲を払おうとするチェジョンに、いつも「なんでそんなことするの?」っていつも怒ってる気がする。それで別れたし、ジニョンとのことも怒ってるし・・・。

チェジョンはジェフンの父にあって「ジニョンだけ赦してやって欲しい。心を痛めている。許してと言えない気持ちを察してほしい」という。でも、ご両親だって心を痛めてるだろう。なんていうか、我儘過ぎるじゃん?そっとしておいてあげて欲しいよ~。

チョンホはチェジョンに会いに来て「俺たちの悪縁を終わらせよう」と語る。男として戦ってケリをつけるとかいうけど、チェジョンは「メンドくせ~」って感じ。この対応じゃ、煽って殴られても仕方ない気がするね。でも、パンチドランカーのチェジョンは数発殴られただけで倒れちゃったよ。ビックリのチョンホ。
脳出血の恐れがあって早急な手術をしろって言われるけど、「考えさせてくれ」とチェジョン。チョンホに口止めして「数日欲しい」というチェジョン。
チェジョンは教会に行って「ジニョンを与えてくれて感謝してる。だから奪わないでほしい」と願う。

チョンホが黙ってるわけもなく、病気のことは一気にマスタ→ヒョンチョル→ミニと伝わって、またまたジニョンだけが知らないって展開に。チェジョンに会うというミニを止める。「ジニョンは知るべきだ」っていうのは正解だと思うんだよなあ~。ポロポロなくミニが可愛かった。
チェジョンは、記憶が混乱してミニを恋人と思って朝から会いに行ってしまったりする。そこで記憶が戻ったけど具合が悪くなる。ジニョンに隠してるチェジョンを心配するミニ。これだけ迷惑かけておいて、「何でもない」とかチェジョンはアホすぎる。ミニはどうしても「彼女のせいで殴られたのに」って言うけど、チェジョンは「そうじゃない」って怒る。
ジニョンに尋ねられたから、ミニは話したね。ま、黙っておくのは良くないと思うよ~。

チェジョンは「手術したら治るのか?」っていうけど、記憶が混乱する可能性もあるって言われて、「じゃあ現実と変わらないジャン」って気になる。でも、放置したら死ぬんだけど・・・。
露骨に言動がおかしいし倒れそうになったりするから、ドンドンと周りにもばれてしまいます。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 愛に狂う | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

愛に狂う1話

Mnet
ユン・ゲサン (キム・チェジュン役)
イ・ミヨン (ソ・ジニョン役)
イ・ジョンヒョク (イ・ヒョンチョル役)
ゴ・ジュニ (チョ・ミニ役)

ユン・ゲサン君の除隊後復帰作。すごく評判がよいですよね。一話45分×22話という形での放送。元は全16話作品なので、各話の最後の部分をずらす方式?でも、シーンのつなぎ目がちょっと唐突なんで、カットも入ってるのかな?
すげー暗い話ってことなんで、ちょっと不安だけど、出演陣が好き。イ・ミヨンさん、透明感がありますよね。ユン・ゲサン君は繊細な演技が素晴らしい。いつも、キモイキモイ言いながらも、目がくぎつけなってしまうイ・ジョンヒョクさんは、痩せた?制服マジックもあって、ちょっとかっこよくなってる??アナゴさんな唇が薄くなってきたような・・・。


1話
冒頭は、チェジュンが事故を起こしてしまうシーン。そこから一週間前に・・・。

2002年冬。クリスマスシーズンの夜間撮影で、奇麗に撮影されてます。
露天商のチェジュン(ユン・ゲサン)は孤児院育ち。恋人のミニ(ゴ・ジュニ)は友人の前ではチェジュンを見かけても知らん顔。でも、引き返してきて、取締から逃げるチェジュンを手伝ってくれる。
世話になってるミニの父が抱える借金で、家財道具が差し押さえに。「父さんだけが悪いんじゃない」とかいうダメおやじの典型だな。ミニは大学の航空学科に入ったけど、学費が続かない。遊び人で昔言い寄ってきてた孤児院育ちのチョンホを呼び出して、借金の申し込み。このミニがすごく寂しげで・・・。
お人よしのチェジュンは、返済のため、昼間は露天、夜は孤児院時代の友人チョンホの働く店で運転代行をはじめます。行ってみたら、ミニがチョンホの店でホステスをやっていた。チェジュンはミニを平手打ちして、店から引っ張りだした。一番人気よ!というミニに「俺が稼ぐから、辞めてくれ」というチェジュン。「これは家の問題。オッパが苦労することない。利口に生きて」というミニ。ミニは優しすぎるチェジョンを見ると、申し訳なくて悲しくなっちゃうのね。チェジョンが「お前には幸せになってほしい。笑っててほしいんだ」って。ミニが涙をポロっとこぼしながら、笑って見せるの良かったよ。チェジョンに送ってもらって、ミニは家に帰りました。この二人、微笑ましいなあ。

ヒョンチョル(イ・ジョンヒョク)、パイロット姿が似合ってる。周りに比べて背も高いし、顔も小さくて、キモイながらもイケメン空気が出てますよ~制服マジック炸裂。。でも、恋人がいないから「ゲイ?」とか言われちゃってる。誕生日なのに、一人で寂しくバーで飲むなんて。恋人作りなよ~。
ヒョンチョルは、友人でパイロットのジェフン、その婚約者のジニョン(イ・ミヨン)のために、結婚祝の準備中。ジニョンは家族がなくて、祖母の友人のハルモニが育ててくれた。ハルモニの食堂で、ジェフン家族と顔合わせ。
ヒョンチョルが忘れていった携帯を見たジニョン。自分のメールが大事に取ってあって、自分の写真が沢山撮られてて、一番はジニョンの電話番号で。ヒョンチョルの気持ちに気がついてしまいます。(っていうか、ストーカー気味ですなヒョンチョル。)
ジェフンと一緒に家までお祝いに行った。ヒョンチョルは結婚式で流す予定の、家族や友人からのメッセージビデオを見せてくれる。ジニョンが笑顔でいると嬉しいってやつか?キモイ!けど、見るのが楽しい!!
ヒョンチョルは「見られた」と気がついて、ジニョンに質問した。気まずい・・・。ヒョンチョル、ジニョンに会いにきた。二人でドライブするんだけど、ヒョンチョルの嬉しそうな顔が、妙に微笑ましい。ジェフンに幼馴染で彼女のジニョンを紹介された店に行って、初めて会ったときの思い出を。ここで回想なんだけど、ジョンヒョクさんは学生風の若づくりが似合わない!!
「ここで始まった。必死で隠したけどばれちゃった」と笑い、「一度だけ告白して諦めろという神様がくれたチャンスだ」とヒョンチョル。隠してるのが辛かったから、少しホッとしたみたいだね。ジニョンに「友人のあなたを失いたくない」と言われて、「ここで終えるよ。今まで大好きだったよ。でも、また友人として始めよう。ジニョンを失いたくないから」とヒョンチョル。照れ笑いするヒョンチョルが、妙に幼い顔してるのが印象に残った。
って、別れたのに、ジニョンは後ろから抱きついて「ありがとう」とか、それはヒョンチョルに残酷じゃないのか~!!ヒョンチョルの表情がすげー良かったね。で、それをジェフンが見ちゃってるんだけど!!

ジニョンのハルモニの店の10年来の常連チェジュン。始めからチェジョンとジニョンは、縁がある二人なのか・・・。チェジョンは優しくて、人が良くて、ハルモニとも仲が良い。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 愛に狂う | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか?17(最終)話

最終回。17話は長すぎたという印象もあるけど、イルゴン・スンヒョ・ヨンインの関係は本当に良かった。イルゴンによって次第に変わっていくスンヒョを演じたユン・ゲサン君は、本当に良い役者さんですね。ヨンインも本当に可愛くて健気。終盤は泣いてばかりだったけど、かなり彼女に泣かされました。


アメリカに戻る準備を進めていらスンヒョだが、アメリカには戻れないと辞表を提出。イルゴンは迷惑をかけすぎたと感じ、「今すぐ去るから」と死神に交渉。しかし、死神は「ほんとは死ぬはずだったが、君との縁で生命力を取り戻した。彼の運命は死神の手を離れた」と言いだした。

ホジュンは父に「本当にお前がやったのか?」と問い詰められた。逃げろという父だけど、「おれはやってない」なホジュン。

ジェハは「君に償いたい。」と言いに来たけど、それは無理・・・。会いたくないとハッキリのヨンイン。

イルゴンは「娘のためにホジュンのことは忘れる。お前の手と心から弟を自由にしてやれ。お前の父親はずっと苦しんでお前を待ってきた。そんな父に弟を捕まえるお前を見せたくない」とスンヒョに。スンヒョは父に会いに行って「弁護士を用意するから自首させてくれ。アメリカに戻る。このあとはときどき思い出す。思ったより体が小さくて驚いた。元気で長生きしてください。時間をくれるのなら、息子になります」と告げて別れた。いつか、受け入れて再会する約束をしたスンヒョ。スンヒョが成長したよねえ。良かったよかった。

しかし、スンヒョ倒れちゃったよ。連絡受けたヨンインが駆け付けた。不安で泣いてばかりのヨンインに、聞こえないけど子守唄を歌ってあげるイルゴンです。ヨンインにイルゴンの姿が見えた・・・。泣けたよ~。でも、見えるってことはお別れなんだよね・・・。

ヨンウンは意識不明のままのスンヒョを献身的に看病してる。イルゴンは「ありがとう。お前が好きになった。最後にそれだけいわせてくれ。ヨンインを守ってやってくれ。お前にやるから、目を開けろ」と語る。そしたら、スンヒョが目覚めた。良かった。

スンヒョはヨンインとイルゴンと幼稚園に。イルゴンは「ヨンインを大事に元気にしてやて」と細々と注意事項を・・・。そして、イルゴンが埋めたタイムカプセルを掘り起こす。そこには、ヨンインとイルゴンの夢が。ヨンインのは「パパみたいな王子様と結婚する。」パパのは「ヨンインが優しく明るい子に育つこと」スンヒョが「夢がかないましたね」って・・・。で、ヨンインと二人にしてあげるんだね。「ここが故郷だから」って、ここを別れの場所に選んだんだね。ヨンインが「ありがとう。生まれ変わってもアッパの娘になる」って何度も言う。ここでお別れと去っていくイルゴン。ヨンインをそっと支えるスンヒョ。いやあ、泣けた~。

ジェハは自首したんだね。ヨンインはヨンエにもお礼と報告に行って、イルゴンが渡せなかった指輪を・・・。ヨンインはスンヒョにたくさん愛されて、ホントに幸せになりそう。スンヒョが凄く変わったよね。良かった~。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

どなたですか? 1話

Mnet公式
楽しいです~。スンヒョの潔癖症振りも笑えるし、かわいいヨンインとお間抜けパパも笑わせてくれます。

【登場人物】
★チャ・スンヒョ役(ユン・ゲサン)冷血で超潔癖症の「企業ハンター」チャ・スンヒョ。米国系投資相談会社「ブルーストーン」の韓国支社長。様々な投資を包括しているが、主にM&Aを専門としている。両親に捨てられ孤児院で育ち、7才のとき今の両親に養子縁組された。150を越える彼のIQ!彼らが彼を選択した理由であった。
アメリカでの移民生活で法的にも思考方法もアメリカンの彼は、仕事のために韓国に戻り突然交通事故に遭う… 事故の後、意識が戻ったり薄れたりする?!
★ソン・ヨンイン役(Ara)無愛想で突飛な「漫画家志望生」ソン・ヨンイン。高校を卒業したばかり。世宗大漫画アニメーション学科に合格したが、突然の父の死で進学をあきらめ、昼は肉屋、夜はコンビニでアルバイトをしながら生活費を稼いでいる。
ブログに日記を書くように、日常を描いた漫画を毎日連載している。突飛で、無愛想で、把握できない。母が亡くなって10年を父と過ごした。そんな母のような父が事故で亡くなった後、会ったことも無い男が度々訪ねてきて、父のような振舞いをする?!
★ソン・イルゴン役(カン・ナムギル)間抜けな「幽霊」ソン・イルゴン。「すぐさまクィックサービス」の誠実な配達員だったが、突然な事故で非業の死を遂げて現在は「幽霊」だ。三途の川を渡って、彼に与えられた時間は49日!からだは消えてしまってもまだ記憶は消えていない!49日の間で一人残された娘に、どうしても知らせなければならない事がある!と、イルゴンは天国行もあきらめたまま天を飛び交い、時をわきまえず娘との交信を試みる。
★シン・ジェハ役(チン・イハン)ヌリ美術館代表。31才。留学から帰って、昨年父の代わりに「ヌリ美術館」の代表になった。決断力があり一度決めたことはどんな手段を使ってでも成し遂げる意志の持ち主。故ソン・イルゴン画伯の絵の在り処を求め、娘のヨンインに近付く。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| どなたですか? | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |