FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

ワークングママ 1話

kntv
(2208年 全16話 SBS)
【あらすじ】
優秀なキャリアウーマンだったガヨン(ヨム・ジョンア)は、新入社員のジェソン(ポン・テギュ)との一晩で子供ができ、結婚に踏み切った。その後復職を考えていた矢先に二人目の子供ができたため、専業主婦となったのだが、それから6年の月日が流れた。
子供の面倒を見てもらえる実家の母がいれば、また仕事に戻れると考えたガヨンは、独り身の父親を結婚させようと画策する・・・。

★パク・ジェソン = 俗物ジェソン 役(ポン・テギュ)1977年 巳年生まれ、JS商事外食事業部代理。共稼ぎでゆとりのある友達らがうらやましく、裕福な妻の実家のおかげで、退職して事業を興す同僚たちがうらやましい。
ガヨンだろうが、ウンジだろうが、俗物と非難されようが、裕福な義母さえいればいい。
★チェ・ガヨン = まぬけガヨン 役(ヨム・ジョンア)1975年 卯年 ソウル生まれ、ソウルの中上位圏 英文科卒。しっかり者で負けん気が強いが、空振りが多すぎる。友達に試験問題の山をかけてやって、自分は間違え、上がりそうな証券銘柄を教えてやって、自分はチャンスを逃してしまうマヌケな人生。
★チェ・ジョンマン = ジェントル・ジョンマン 役(ユン・ジュサン)建設会社に入社し、その誠実さで理事クラスまで昇進したが、通貨危機のリストラで退職する。知人の保証人になり、退職金をほとんど失い、娘夫婦と同居している。
★キム・ボクシル = 偽装ボクシル 役(キム・ジャオク)小学校を卒業するのがやっとだったが、対外的には秘密で、女子大卒だと偽装している。教養講座をいくつか受けて、他人には大学院を出たと言っている。ウンジが子どもだった頃、夫の浮気で離婚したが、対外的には夫と死別したことにしてある。
★コ・ウンジ = ゴールド・ウンジ 役(チャ・イェリョン)1977年 巳年生まれ、ボクシルの娘。ボクシルは苦労してきたが、娘のウンジは苦労知らずでお姫さまのように暮らしてきた。巷で話題の、いわゆるゴールドミス(=学力、美貌、経済力を完璧に備えているが、婚期を逃して独身のままで暮らしている、30代半ばから後半のキャリアウーマンを差す造語)。カードもゴールドカード、一番好きな色もゴールド。


1話
ポン・テギュ君は、表情豊かでカワイイと思うけど、このドラマではイマイチだな。

ダメダメな年下の新入社員ジェソンを部下としてもったガヨン。W杯中の盛り上がりで、ついつい意気投合して、一晩過ごしちゃって妊娠。NY支社への転勤が決まってたのに、「行かないで」なジェソン。中絶するというガヨンだけど「絶対ダメ~」とすがりつかれて、結婚することに・・・。ジェソンの母が面倒みると言うから、仕事は続けられるはずだったけど、小姑が離婚して出戻ってきて、面倒見れないと言われる。結局、復職できずに、子供たちに振り回される日々に・・・。ジェソンとも喧嘩ばかり。

ジェソンは、同期のウンジに頼まれて、お見合いの席に「彼氏役」でついていったりしてて、まったくダメな夫。法事だっていうのに、跡取りのジェソンが帰って来ない。
ガヨンは父と同居してるんだけど、そっちは寂しく一人で法事の準備。

小姑イネに子供の世話を頼まれて行ったプール。
小姑は「仕事」とか言って逃げて、彼氏と楽しんでる。
なんと、セミナーだと言って外出したジェソンが、ウンジと二人で来てて、姉とバッタリ・・・。「俺の嫁は子守か??」と姉に怒るジェソンだけど、人のことを言えません。ガヨンが新しく買った水着を持ち出して、ウンジにプレゼントしちゃってるしさあ・・・。
ガヨンは、息子ウォンジェがおぼれちゃって、慌てて飛び込んだ。助かったけど、無謀だって監視員に怒られちゃったよ。
ばれずに済んだと思ったジェソンだけど、ニュースにウジンと居るのが映ってしまって、バレバレ・・・。それも、水着をウンジが着てる。

ウンジの家に連れていけ~なガヨン。ウンジは「友達も一緒だったし・・・」です。ウンジは結婚したくないから、その言い訳にジェソンを利用しただけで、別に浮気する気はないんだもんね。ジェソンが情けないんだよなあ。
ウンジの母が様子を見に来たので、「不倫してますよ。ダメですよね」と告げ口のガヨン。でも、夫婦喧嘩は家でやれって言われちゃった。

ガヨンは、自分の貯金で買った家なのに、ジェソンに遠慮してる父がモドカシイ。つい愚痴ったら、「うちの娘を怒るとは・・・」とウジンの母に文句を言うという父。どうなる??
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ワークングママ | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

なつかしの庭

なつかしの庭 [DVD]制作年:2007年
原題:古い庭園 오래된 정원
原作:ファン・ソギョン(黄暎)「古い庭園」
監督/脚本:イム・サンス
出演:ヨム・ジョンア(ハン・ユニ 中学教師)/チ・ジニ(オ・ヒョヌ 活動家)/キム・ユリ(チェ・ミギョン 学生→工場女工活動家)/ユン・ヒソク(チュ・ヨンジャク 大学 活動家)/ウンソン(ウンギョル ヒョヌとユニの娘)/ユン・ヨジョン(ヒョヌの母)



【映画の背景】

この映画の背景となっている光州事件は1980年のこと。主演のチ・ジニさんは1971年生まれですから、彼が9歳の時のこと。そんなに遠い過去の話ではありません。
韓国が民主化宣言を出したのは1987年6月まだ22年前のことでソウルオリンピックの前年です。初の文民政権である金泳三大統領就任が1993年で15年前。
今、韓国で活躍中の俳優さんの多くが、民主化宣言前の軍事政権下で生まれた人たちなんですね。

光州事件の起きた1980年の日本は、ゲームウォッチ発売、山口百恵引退、竹の子族がはやり、めぞん一刻が連載開始され、松田聖子などのアイドルブームが起きた。
世界的にはイラン・イラク戦争勃発、モスクワオリンピック、そしてジョン・レノンが死んだ年。

光州事件は「ペパーミント・キャンディ」や「光州5・18」などの映画になっています。事件の概要を簡単に・・・。
朴正煕大統領の暗殺後、韓国はソウルの春と呼ばれる民主化ムード高まったが、1979年12月の粛軍クーデターを機に、全国に戒厳令が布告され、野党指導者の金泳三・金大中や、旧軍部を代弁する金鍾泌を逮捕・軟禁された。
1980年5月18日、光州市で大学を封鎖した陸軍空挺部隊と学生が自然発生的に衝突した。翌19日にはデモの主体も学生から激昂した市民に変わっていった。21日に群集に対する空挺部隊の一斉射撃が始まると、市民は地域の武器庫を奪取して武装し、これに対抗した。
最終的に、抗争指導部は一部闘争派を残して自主武装解除を行ったが。市民に占拠された全羅南道庁に対する鎮圧命令が下り、27日抗争指導部を率いていたユン・サンウォンを含む市民軍の多くが射殺され、鎮圧作戦は終了した。

【あらすじ】ネタバレ注意
主人公ヒョヌは光州事件で27日の虐殺の直前に逃げ出した。逃亡生活を余儀なくされて、ハン・ユニという美術教師と生活することになる。運動の失敗で精神的に疲弊し、社会主義に傾倒していくヒョヌ。仲間が次々に捕まって、いつまでも隠れていられないとソウルに出て行く。それが最後だった。無期懲役。
ハン・ユニは子供を産む。数年後、(民主化宣言の数年前)ユニは運動を行う学生たちを「人生の浪費だ」と思いながらも、若い学生たちに場所を提供し、運動家たちとの付き合いは続けていく。飄々としていながらも、人を引き付ける人柄で運動の中心人物となっていくヨンジャク。彼に惹かれるように組織に入り、「口先ばっかりだ」と言って一人で労働者デモに没入して行くミギョン。
「1人だけ幸せになれない」というヒョヌと同じように、リーダーとなれといわれて断れないでいるヨンジャク。ミギョンが不当解雇を訴えて焼身自殺するに至り、ヨンジャクは衝撃を受けます。「人生も革命もクソだ」とでも言うように、天に唾を何度も吐くヨンジャク。「人生は長い。歴史も長い。今しかないわけじゃないんだ。だれが何と言おうと自分の道を進め。幸せになれ。辛い姿を見たくない」というユニに癒されるヨンジャク。彼は、犠牲になった同士を思って運動に未練を見せる。それでも、自分にもミギョンにも、失われる人生を惜しんでくる人がいる。彼は、人権派弁護士として生きることを選ぶ。
17年後、服役が終わったヒョヌが出てくる。ヒョヌや、ヨンジャクやミギョンの運動によって、民主化された韓国。だが、その変化についていけないヒョヌ。ヒョヌが、ユニと暮らした田舎の家を訪れ、彼女の日記から空白の17年をたどっていく・・・。

【感想】ネタバレ注意
最近気になるユン・ヒソクさんを追っかけてて、この作品を見ました。ユン・ヒソクさんは物語後半で出てくる学生運動家ヨンジャクです。ユン・ヒソクさんは1975年生まれで撮影当時は31歳位なんですが、若く見えますね。若さというか純粋さのあるキャラクタはハマってる。
チ・ジニさんも、学生時代と中年期を演じてますが、童顔というか若く見られるタイプの顔だちしてて、どっちも割と自然に見せてくれてます。こちらも、ある種の純粋さがベースになっているキャラクタですが、思慮深さを感じる目が「夢や理想を追って、そして敗北し、人生を浪費した」人物を十分に表現していると思います。
主役となるヨム・ジョンアさんは、活動家たちの間で母や姉的立場になっていくのが分かるような女性を見事に演じてます。彼女自身は、活動家ではなく、現実と切り結ぶようにクールに生きている女性。活動の一歩外から、「活動」というものは決して美しいだけはなく、悲惨な人生がたくさん生まれることだという視線と、そう生きざるを得ない活動家たちへの慈愛の視線を送っている。

逃亡生活の中でのたった半年の田舎での静かで穏やかな生活と、その後の獄中生活で会えないまま死んでいった女性。基本的な構成は、その「会えなかった時間」を彼女の日記から再現して、男に見つめさせることで、獄中で止まっていた時間が再び動き始めるという形になってる。メロドラマの典型的パターンを、抒情的な演出で描いていきます。
過去を追う現代のヒョヌと、過去の映像がクロスするところで「失われた時の残酷さ」というものを感じます。世の中は変わったけど、死んでいった仲間、人生を狂わされた人々・・・。

前半は、ヒョヌとユニの幸せな時間。生き残ってしまったという苦しみを抱え、疲れきったヒョヌを、癒すように関係を持つ二人。
後半は「光州事件前のヒョヌ=ユニの知らないヒョヌ」ともいえる学生たちと付き合うユニ。若い学生との付き合いは、牢獄で若さを消費するヒョヌを惜しんでいるようでもあり、「逮捕されなかったヒョヌ」という夢を託しているようでもあり、とても切ないです。まだ民主化の途中にあっても、活動は若い彼らが主導するものになっていき、ヒョヌは過去の伝説になってしまう。ヒョヌが過去になっていく中で、ユニだけは彼を今を生きる人間としてとらえている。
若く傷つきやすく魅力的な登場人物たちの存在と、残酷すぎる戦いの風景との対比によって、活動と弾圧の残酷さが強調されます。残酷な現実が彼らを傷つけ、若く理想に燃えた彼らを変質させる。時と現実の残酷さが嫌というほど描かれる。
後半部で「生き残り」となるヨンジャクは、純粋さと残酷さと身勝手さを持っています。「生き残ってしまった」彼にユニが語るシーンは素晴らしいです。ミギョンの死に直面することによって、ヨンジャクは「光州事件後のヒョヌ=ユニが出会ったヒョヌ」と重なる存在になる。過去にヒョヌを救ったときのように、彼女はヨンジャクを癒す。それは、17年後に生き残って帰ってきたヒョヌを癒す言葉にもなる。
最後に、自由の象徴のような今どきの娘との出会いがあって、彼がやったことは決して無駄なだけではないということが示されて、救いとなってます。「アボジ」という語りかけが感動を呼びます。



この映画自体は、若さがもつ純粋さと愚かさの両面を描きながら、ユニ母子による許しと再生を示して終わっています。
しかし、ユン・ヒソクさんが演じたヨンジャクに注目すると、そんな甘いものではないという監督の意思も感じ取れます。
この映画の中でも、同世代の仲間たちの17年後の姿の描写で、彼らの追ったキズというものは、決して消えてなくならないということが序盤で示されています。後半部で登場するヨンジャクは、ショッキングな焼身自殺というエピソードによって、「傷を背負う人」として位置づけられています。
この映画後半でヨニに癒されるヨンジャクですが、イム・サンス監督の「浮気な家族」にも似た設定で同名のチュ・ヨンジャクというキャラクタがいます。「386世代(この民主化運動を主導した学生たちの世代)」の主人公の夫で、能弁で爽やかな人権派弁護士の表の顔と、浮気している裏の顔がある。「なつかしの庭」のヨンジャクも後に人権派弁護士→選挙出馬というのが語られており、同じ人物というか、非常に似た人物として書かれてるように思えます。
ちょっとだらしないというか、気分に流されがちな感じとか、セックスによって生を感じ救われようとする点。その結果大事な人を亡くしてしまう設定(亡くなり方も少しだけ似てる)なども共通してるような・・・。
浮気な家族では、ヨンジャクの父親は「北に家族を残して逃げてきた」ことに苦しみぬいた男性で、ヨンジャクはその父の苦しみから逃げるように生きてきたという設定になってます。「なつかしい庭」において、ヨンジャクが「一人だけ逃げる」ということに迷いを見せるキャラクタになってるあたりも重なる気がします。
同一人物じゃないにせよ、ある程度重なった人物像であるのは確かだと思う。この「なつかしの庭」のヨンジャクは、ミョンジャを死なせたという罪悪感をヨニに許されるような場面があって、未来が開けているように見える。しかし、「浮気な家族」で中年となったヨンジャクの幸せは破たんしていく。
イム・サンス監督はどこか突き放すような視線をもったひとで、現実をすべて解決なんかしないで、「もやもや」を残す書き方をすると思います。だから、ヨンジャクの未来での破たんというのも、そういう冷徹な視点の表れかなあとも思う。
浮気な家族、あんまりハッキリ覚えてないんで、どこまで類似してるかが、イマイチ判別不可能なんだけど、どうなのかなあ・・・。ちょっと気になるんで、機会があったら見直したくなった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 韓国映画&DVD | 19:05 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

| PAGE-SELECT |