FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

薯童謠-ソドンヨ- 1話

薯童謠〔ソドンヨ〕 BOX-I
真興王:ジンフンワンに奪われた土地を太子が取り戻したと聞き、喜ぶ百済王だが、敵兵の馬方のクドラに捕らえられた。一兵に討たれる百済王は「この恥辱を晴らせ」と言い残した。
百済のクォンサン城の将軍の元に、首のない陛下の体が馬に縛り付けられて帰ってきた。百済王の首は、プクチョンの道に埋められ、新羅人に踏まれて時が過ぎる。
26年後。百済威徳王:ウィドクワン(チョン・ウク)27年(西暦580年)。百済と新羅の間には戦いが続いていました。ウィドク王の甥プヨソンは、埋められた百済王の首を奪還。

百済のサビ城の王宮では、首奪還は戦争の口実になると反対する佐平:ジャピョン(長官級の官職)がいる。ウィドク王と阿佐太子:アジャ太子(チョン・ジェギョン)の弱腰を、プソヨンの父で王の弟プヨゲは責めている。

宮廷の踊り子ヨンガモ(イ・イルファ)と大学士・モンナス(イ・チュンフン)は恋人同士。駄目なんだけど、こっそり会っている。モンナスは「アチャクへの一月ほどの出張を成功させたら博士になれそうだから、そしたら結婚しよう」とヨンガモにプロポーズ。OK貰って幸せそう~。でも、見つかって、厳しく折檻されちゃった。しかし、今日は祭礼の前日。 明日、ヨンガモは踊りを認められて独舞の予定と成っているので、折檻も程ほどに中断された。

モンナスは、道に埋められた杯?香炉?を回収(夢?それともコレが出張仕事?)杯の入った箱には「恥辱で生まれた王は悲しみを生み。悲しみは過誤を生む。過誤で生まれたもの 自ら香をたき 香をたいたものは王となり 百済を立てるであろう」と書かれてある。

≫ Read More

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薯童謠-ソドンヨ- | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

京城スキャンダル 15・16(最終)話

京城スキャンダル DVD-BOX1途中から衛星劇場に乗り換えて、一日2話だったので、後半は一気に見てしまいました。ちょっと勿体なかった。もっと長いこと楽しみたかった!!カン・ジファン君の明るいキャラクタ、カッコつけてもちょっと笑いを誘う感じが、上手くドラマにハマっていたんじゃないでしょうか?革命というイデオロギーの問題になってしまう部分を「愛のためなんだ」と置き換えるって部分で、彼の明るさはかなり貢献してたと思います。
ま、色々と???な部分がなかったわけではないですが・・・。

15話あなたは生きて きっと…

ワンをボコボコにするガング。イデオロギーとか関係なく、裕福な家庭に育ち、他人を国を食い物にするだけ遊蕩家のワンが許せないというガング。「ウリアボニ(お兄ちゃん)やめて、死んじゃう。目を覚まして、その人を痛めつけても恨みは晴れないでしょう?賢くて優しくて誠実な人だったのに・・・。」と思わず語ったヨギョン。

イ・ガングがヨギョンを連れ去ったとソンジュから通報を受けたスヒョン。山下は、「ガングとスヒョンが対立するのは何故か?同じ民族同士でいがみ合ってバカだな。ガングは利用する猟犬だ」と釘を刺された。ガングが聞いちゃってて、ビミョ~な気持ちに。

ワンは倒れたままで、ヨギョンが必死に「死んじゃ駄目」って呼びかけてる。スヒョンが救いにきた。「こんな姿見せたくない。痛いともいえない」とヨギョンを先に帰して病院へ行くワン。
ヨギョンは感情的になって銃を持ち出そうとする。スヒョンが「危険の中でも幸せになる方法を探すことが革命だ」と言って説得。これは、なかなか説得力のある言葉でした。
ワンを見舞いに行くヨギョン。まだ蒲団がどうとかいってるワンに、ヨギョンからキス。

美幸がワンがそっけなくなった・・・と不安になり連絡してきた。ワンは「いつも短期間で燃え上がり冷めてしまうダメ男なんです」と説明したけど、美幸は「一緒に勉強したい。あなたの留学生活を支えたいんです。私は植民地化に反対です。しかし、朝鮮が力を付ける必要があります」って、聞いてね~。
サチコも相変わらずだしな。

ワンの父がスヒョンを招いて食事。密かに応援する人もいるからと、運営資金も出してくれる。ヨギョンもソンジュに「オンニと呼んでよいですか?」などど、4人の結束は強くなっていく。

イノは完全に心を閉ざし、部屋の隅っこで膝を抱えるばかり。「辛いなら辞めても良い。頭が良いから勉強して別の道を探せ」と本を差し入れする付き人グンドウ。ヨギョンも訪問するが、会ってもくれない。そこに、妹から「お兄ちゃんの知り合いってひとから住所を教えてもらった。」って手紙が・・・。

暗殺が激化。後は最終任務を待つのみ・・・。次はボスが実行するという投げ文が。ワン達には別動隊が前日に合流すると伝えられた。スヒョンが来て、ちらし編集部の面々はオットケー。

スヒョンがやっとソンジュに愛を語りましたね。共寝して、そのまま任務へ。捜査を外されたから単独捜査するとアジトへ。ソンジュ・ガンドウとともに相談しているところに、ガングが・・・包囲されている。イノがとうとう口を割ったんだね。
ソンジュがスヒョンに銃を向けた。「あなたはバレてない。これからは私がボス。あなたが死ぬ時は皆の前で堂々と・・・」と言って、スヒョンを人質に出て行った。しかし、ガングはソンジュの足を撃って銃をそらせる。ガンドウが「愛論団の名で処罰する」と銃を向ける。スヒョンも銃を向けるしかない・・・。ガンドウが目で「撃て」と指示・・・。スヒョン、ガンドウを撃った。ソンジュがスヒョンの足を撃つ。「こんな失態を演じるなんて・・・。最後の標的はあなただったのに。昨日は楽しかった。簡単に落ちたわね」と言ってから立ち上がり、包囲した警察に銃殺される。
スヒョンがどんなに苦しむか分かってる。でも、あなたは生きて幸せになって・・・。泣けるぜ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 京城スキャンダル | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

母さんに角が生えた 1話

KBS WORLD公式
母親の愚痴が結構しつこいんだよね~。同じことを延々で、暗いんだよな・・・。ちょっと嫌な気持ちになっちゃうかな~。

★ナ・チュンボク役 -イ・スンジェ:ナ・イルソク兄弟の父。ずっと運転手をしてきた。苦労を耐えてくれた嫁ハンジャに感謝し、自分の子供たちよりも仲が良い。
★ナ・イルソク役 -ペク・イルソプ:チェンボクの息子。毎日・父と朝風呂に入りに行く習慣。
★キム・ハンジャ役 -キム・ヘジャ:イルソクの妻。読書家。
★ナ・ヨンス役 -シン・ウンギョン(不良カップルのダンジャ):イルソク夫婦の長女。検事から離婚専門弁護士になって4年。思い切りがつかず2度ほど結婚のチャンスを逃しそれなりに傷ついてきた。ジョンウォンと恋愛中で半同棲状態。相手は子供のいるバツ一男。
★ナ・ヨンイル役 -キム・ジョンヒョン(雲の階段のドボン):イルソク夫婦の長男。叔母イソクの息子が営んでいた洗濯屋を譲り受け今はそこの主人。
★チャン・ミヨン役 -キム・ナウン:ヨンイルの妻。ヨンイルの軍部隊近くの食堂で働きながら、姉弟のように付き合っていた。現在妊娠 8ヶ月。
★ナ・ヨンミ役 -イ・ユリ:イルソク夫婦の末っ子。大学卒業後とある企業の広報室で勤めている。彼氏ジョンヒョンが平凡な家の息子だと思っていたが、実は裕福な家庭。
★ナ・イソク役 -カン・ブジャ:イルソクの双子の妹でハンジャの義理の妹。洋服修繕店を営む。夫の浮気が原因で離婚し、息子も3年前に移民。
★イ・ジョンウォン役 -リュ・ジン:ヨンスの恋人。同じ法律事務所の弁護士。10歳になる娘は別れた前妻が育てていてオフィステルに一人で住むが、ヨンスとは半同棲状態。週末の一日は娘と過ごすことになっており、結婚生活を破綻させた前妻は復縁を望み絶えず干渉する。
★キム・ジンギュ役 -キム・ヨンゴン:ジョンヒョンの父でヨンミの舅。一人娘である妻が譲り受けた財産管理が彼の仕事だ。
★コ・ウナ役 -チャン・ミヒ:ジョンヒョンの母でヨンミの姑。一人娘で他人の意見を聞き入れない頑固な性格。
★キム・ジョンヒョン役 -キ・テヨン:ジンギュ夫婦の息子でヨンミの恋人。博士課程を歩む青年。母方は名家で財力も十分、父方は公務員家系で財力は人並みだ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 母さんに角が生えた | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

強敵たち 16話小さな幸せの法則

前回までの号泣が嘘のように、穏やかな最終回でした。このドラマ、韓国では視聴率が悪かったみたいですが、ホントに楽しんで見られました。チェリムイ・ジョンヒョクの芝居が安定してるんでしょうね。特に、無表情なのに手に取るように気持が伝わるイ・ジョンヒョクさんに感心してしまいました。

結局、どっちも選ばなかったヨンジン。そこがスッキリしなかったけど、ヨンジンらしいかな~と思いました。恋愛ではなく、友情のような、家族愛のような、そんな繋がりを大事に描いたドラマ。自分のことよりも、相手のことばかり思うヨンジンとグァンピル。この二人は、熱愛!って感じではないけど、「家族」っ感じで夫婦になったら良い夫婦になるだろうな~って気がしました。他にも、グァンピルとコンニム、ダメ男3人とヨンジンなど、家族が印象的なドラマでした。だからこそ、恋愛に突っ走るスホが、ドラマの中で浮いた存在になっちゃったんだろうな~。彼の家族だって問題あるけどスホを愛してる訳で、そこを修復しようとせずに、ヨンジンに逃げてるって感じがするんですよね。まともになれたとか言ってるけど、スホは全然まともになってない!!マシになっただけ!!
最後、グァンピルにはヨンジンそっくりの、ヨンジンにはグァンピルそっくりの警護官仲間ができちゃって、また恋愛したら大変な相手!!てのは可笑しかったです。(同じ作家カン・ウンギョンの京城スキャンダルから、ハン・ゴウンさんとリュジンさんが友情出演!!)

ヨンジン襲われる、警察にも出動頼んで助かった。逃げる犯人と接触事故を起こしそうになったグァンピル。怪我したヨンジンを気遣うグァンピルが、カッコイイ。
(えーっと、視聴者にはナム先輩ってバレバレなんだけど)二人とも気がついてないのか!警護室で使ってる武道をするものだと報告。課長はダンス大会は諦めさせようというけど、ヨンジンは犯人逮捕する時間があるし、待てないか?と進言。ヨンジンが手こずった相手な以上、相当の使い手で危ないという慎重派グァンピルと、警護の都合で被警護人の望みを制約したくないというヨンジン。ヨンジンは自分を責めてるってのもあるよね。時間があるから、犯人逮捕を前提に様子見することに。
グァンピルが過敏になってると指摘するヨンジン。「二度と襲撃されない。気を引き締める。スホを出場させてやりたい。最後まで守りたい。心配させるからスホには言うな」と訴えた。これ、ヨンジン的には仕事なんだろうけど、グァンピル的には微妙~なんだろうな。結局、スホには何も言わないで、隠してっていう、8年前と同じことをしてしまうわけだしな~。一方で、スホに自由に何でもさせてやりたいって気持ちも分かるんだろうし。
ヨンジンは、階段から落ちたなんていう下手な言い訳で、顔の傷を誤魔化した。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 強敵たち | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ストック 君に贈る花言葉 20(最終)話

ありがちな設定、優しすぎる人々の韓国ドラマでした。最終回「神は全てを奪うことも、与えることもない」というのは、キム・ジウ作家らしい言葉だなと思いました。


意匠権の弁護をスジョンが引き受けてくれた。久しぶりに「証人に」ってことで会いにきたスンジェ。君が盗用したと責められるかもしれないけどって心配するソンジュ。
「君が幸せになることが、皆の幸せになると忘れないで」って、スンジェは珍しくいいこというな。

ウヒョクは、会長に「デザイナーはヨンジュなんだ。他に頼る人が居なくて。ハヌルというキャラクターだ。」と経緯説明。「もしも、わしがあの子と逃げろと言ったら?お前が望むなら、そうしても良いよ」といいだす会長。遅いよね~。「父さんの傍にいる。それが、父さんもヨンジュも失わない唯一の方法だ」ってウヒョク切ない。

ソンジュはハナムをお迎えに。心を開かないハナムだけど、事故りそうな時に助けてくれて、ハナムの方から手をつないでくれた。

シニのお父さんが亡くなったと連絡がヨンジュのところへ。これで再会したシニとヨンジュ。シニが苦しみ続けた親の問題。「最後まで心配してた。謝ってた」って言われて、シニ号泣。「母さんが亡くなった時はミニョクさんを、ミニョクを失った時はハヌルを残してくれた。神は全てを奪うことも、与えることもない」と、自分の経験を語って励ますヨンジュ。
シニは戻ってきた。ハルモニに「託児所を開こうかと思ってるんだけど・・・」といわれて、「私には無理」とか言ってるけど、あんたは優しい子だから向いてるよ。
裁判の話をハルモニに聞いたシニ。ギョンチョルがやったと直感。「人生をやり直そうよ」って説得。訴えられないように頼むからって言っても、難しいよね。

裁判では、「義父を尊敬してたけど、沢山傷つけた。少しでも償いたかったので、キャラクタ―で助けたかった。だから、ハヌルの名前をつけた」と証言したヨンジュ。未婚の母というところを突いてくる相手側。
室長が、ヨンジュの味方になって、「ゼウスではハヌルをみたのは遅かった。」と証言してくれた。その上、ギョンチョルまで証言してくれた。

ミニョクの墓参り。それぞれに訪ねるスンジュとヨンジュだけど、互いの存在はそこに感じ取れる。
ソンジュ母に、ウヒョク父が話をしてくれた。「反対したから、息子を傷つけた」という反省の弁は、ソンジュ母の気持を少しは溶かしてくれたみたいだ。
そして、ヨンジュも家に迎え入れて、嫁と呼んでくれて、「すまなかった」と言ってくれた。
シニは「まだ友達だ。だから、申し訳ないと思わないで。一人でしっかり歩いてみる。その先に再会の場があったらいい」ってウヒョクに。
ソンジュは海外へ。でも、ヨンジュを待つ気持ちに変わりはない。「雨の時必要なのは傘だと思って、ヨンジュの傘になりたかった。でも、必要なのは傘じゃなくて、一緒に雨に打たれながら歩いてくれる人だ。俺は一緒にはあるけなかったよ。だから、傘はしまう」って、やっと長年の思いを捨てる気になったか。
ヨンジュはストックの花ことばのカードをまた見ています。ウヒョクも想い出の学校に。スンジェを待たせるなというウヒョクに、「ありがとう。いつも味方になってくれて、愛よりも家族がどんなに大切か気付かせてくれた」って、来世では家族でなくて・・・って約束を。

スンジュとヨンジュは、高校のミニョクの木の下で再会。ウヒョクは一人旅に出て、シニに会いに。
これでハッピーエンド!ではないけど、未来に希望を見れる終わりでした。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ストック~君に贈る花言葉 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

BS JAPANで放送がはじまりました。
京城スキャンダル BSJAPAN公式

カン・ジファン&ハン・ジミンによフュージョン時代劇。カン・ジファン君は、「俺ってイケてる!」とやった時に、「ハイハイ、分かった分かった」と微笑ましく見てしまうキャラっすよね。クムスンとかでも、なんか憎めない感じ。他人の目に関係なく、自分が好き!って感じの明るいナルシストぶりが、キャラクタにあってると思う。
ハン・ジミンちゃんは、いつ見てもカワイイ。カワイイからこそ、強い役が似合ってます。彼女に叱られたい!!萌え!!と女なのに思っちゃうよ。


で、お話の方は、京城の財閥おぼっちゃまソヌ・ワン(カン・ジファン)が「故郷のために」なんて嘘言って女と別れ、一か月ぶりに京城に帰ってくるところから始まります。
そこには、独立運動の新政府のための資金を受け渡す役目を担ったナ・ヨギョン(ハン・ジミン)が。朝鮮時代最後の女・チョマジャとあだ名される堅物の彼女は、亡き父の意思をついで、独立運動に密かに協力している本屋の娘。
取引相手と衣装がそっくりだったため、ワンを取引相手だと思ったヨギョン。向こうから声をかけてくると言われたように、ワンは彼女の肩を抱いて歩きだした。でも、実は集まってきた女性たちから姿を隠すのが目的だったのよ!!
ヨギョンはそうとも知らずに、彼のトランクを取って歩いて行っちゃった。ええ??なワンだけど、女に追いかけられて、彼女を見失っちゃった。

ヨギョンの本屋「講和堂」は見張られていて、彼女のトランクは警察にチェックされることに。「教科書が入ってる」といいつつも、トランクを開けられずに困るヨギョンです。
そのワンのトランクの中身は、彼が暇つぶしで働く3流ゴシップ紙月刊ちらしで扱う予定のポルノ!バレたら大変だと諦めかけたのに、執事が「おぼっちゃま警察に届けましたよ~」だと。仕方なく警察に行くと、ヨギョンの目の前にトランクが開けられて所だった!!
ワン父の尽力もあって、事なきを得たワンとヨギョン。声をかけたワンに「失せろ!」なヨギョン。ムッとして言い返したワンはヨギョンに殴られちゃった!

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 京城スキャンダル | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |