FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

彼女は最高 1・2話

彼女は最高 DVD-BOX 1彼女は最高 DVD-BOX 1
(2005/08/05)
カン・ソンヨンリュ・シウォン

商品詳細を見る

KBSWORLD
出演アン・ジェモリュ・シウォンカン・ソンヨン
【あらすじ】
外国の名門大出身の美貌の女ハ・ヘギョン(カン・ソンヨン)。ヘギョンは江南を中心に活動する巨大な組職のボスの娘。知性と美貌を兼ね備えた彼女には組職の血が流れている。
ヘギョンが大学講師として初めて授業に出た日、不良の学生たちがヘギョンに手を出す。それ以来ヘギョンのボディーガードを引き受けることになるホテ(イ・ジュンムン)とドンギ(アン・ジェモ)。一方、ヘギョンが教える大学の近くの修道院の梨畑では、ミカエル(リュ・シウォン)が梨泥棒を捕まえる為に待ち伏せしていた。学生を探しに来たヘギョンを梨泥棒と勘違いしたミカエル。2人は運命的な出会いをするのだが…
【登場人物】
★ユ・ホミン=ミカエル役:リュ・シウォン
クリスチャンネームはミカエル。イエズ会所属修道院の修士として修道院図書館で働いている。静かで口数少ない純粋な青年。
★ハ・ヘギョン役:カン・ソンヨン
ボスの一人娘で大学の時間講師をしている。突拍子もない行動が巷の話題になるくらい恐れを知らないが最も恐れる父ハ・チュンシクの跡を継ぎ組織のボスになるとは…テッコンドー、柔道、クンフーもかなりの腕前で理不尽なことは許せない性格だ。その反面漫画や映画を見ては大泣きする分別のないおてんば娘。
★イ・ドンギ役:アン・ジェモ
組職のナンバー3で、頭を使わずにまずは手が出るタイプ。貫禄があるように見えるがそれは上辺だけ。正義感は強いが女に弱く、ボスの娘ヘギョンに手をつけたと誤解されて追われている。
★イム・ホテ役:イ・ジュンムン
イ・ドンギという兄貴が口で女をナンパするなら彼は体を使う。体つき、顔、筋肉は言うまでもないイケメン男で兄貴ドンギの子分役。いつももめごとを起こし事を複雑にするが決して憎めない奴。


リュ・シウォンはボケた役だと割と好きなんですよねえ~。で、ボケキャラっぽいので楽しく見られそう。
カン・ソンヨンさんも、お嬢様と気の強い「アニキ」っぷりとがギャップがあって楽しいし、テンポよく見られました~。
しかし、あらすじとなると、「書くことない」って感じがしちゃうんんだよな~。まあ、韓国ドラマの序盤は設定説明なので、そうなりがちっすね。簡単なあらすじと感想で、進めていこうかな~と思ってます。

ドンギとヘギョンの「どっちが強いか対決」が2つ。テコンドーとマラソンっすね。あとは、ナンバー2のベ室長がドンギを潰そうと色々と画策していること。さらに、ヘギョンを国会議員のダメ息子と結婚させようともしてる。そして、それは組織乗っ取り計画でもあり、孤独な父を哀れに思うヘギョン。いっそのこと、自分が後を継ぐか?なんて思うこともあるけれど、それよりは、組織から引退して欲しい。「お前が結婚したら」なんていう父に、「じゃあ、明日にでも結婚する」といって、相手に指名したのはドンギ!!「私を好きじゃないってところが気に入った」って!!

梨泥棒騒動で出会ったミカエル。表向きは大人しい宣教師ですが、一人でいるときは普通の青年ですね。ヤクザにあってもビビらないのは、鈍感なのかなんなのか?ヘギョンにキツイ言葉を使ったことを懺悔してたけど、「女には見えない」といいつつも、ドギドギしちゃっているみたいです。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼女は最高 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

真実 1・2話

湿っぽい役のチェ・ジウさんは苦手だけど、パク・ソニョンさんは好きなんですよね。で、凄い悪役で話題になったという彼女が見たくて、見始めました。
やっぱりチェ・ジウさんの困り顔演技は苦手。「私は悪くない。嫌なんだけど・・・」といいつつ、冷静に見たら自分が決断してるんだし、自分が悪いのでは?って気がしてくるキャラクタ。
htb
BS-i

イ・ジャヨン…チェ・ジウ
イ・シニ…パク・ソニョン
チョン・ヒョヌ…リュ・シウォン
パク・スンジェ…ソン・ジチャン
チェ・ジュニョ…ソヌ・ジェドク
イ・ヨンチョル…アン・ジョンフン
イ・テッチュン…チョン・ウク
シニの母(キム・チャンスク)
ジャヨンの父(チャン・ヨン)
ジャヨンの母(キム・ヒョンジャ)
チョン・ウンシル(パク・キョンリム)
制作 2000年
©MBC 2000 All Rights Reserved


1話学歴コンプレックス
初雪が舞う夜、ジャヨン(チェ・ジウ)とシニ(パク・ソニョン)、ヒョヌ(リュ・シウォン)の三人でお酒を飲む。シニはジャヨンにこれまでのことを謝り、仲直りをする。三人は車に乗り、シニの運転で次のお店に向かう途中、交通事故を起こす。軽症で済んだシニは助手席でぐったりするジャヨンをとっさに運転席に移す…。病院で目を覚ましたシニは警察の事情聴取で運転者はジャヨンだと嘘をつく。ジャヨンは植物人間、ヒョヌは重態だった……。

そこから学生時代の回想へ。
同じ高校に通うジャヨンとシニ。ジャヨンは学校で成績トップの優等生。一方シニは勉強ができないことがコンプレックスだった。親のプレッシャーが重く圧し掛かるシニは、ジャヨンにテストの答案を見せもらって成績を上げる。娘の成績が上がったお礼にと、ジャヨンの家には上に住むシニの親からごちそうが贈られ、シニの父の運転手をするジャヨンの父にはボーナスが支給された。
カンニングは度々行われるようになり、その度にジャヨンの家の食卓にはごちそうが並んだ。悩んだ末にジャヨンはカンニングの事実を家族に打ち明ける。しかしジャヨンの母にとってはそんなことよりもごちそうやボーナスの方が重要だった。
クラスで集めたアルバム代をなくしたジャヨン。シニが貸してくれたりするけど、シニの策略か・・・。
ジャヨンは、シニに助けられたことにより、カンニングを止めにくくなる。止める止めると言いながら、結局はやるのよね。
大学入試が迫ってきたある日、学歴コンプレックスを持つシニの母は、シニを名門大学に行くように説得する。しかしシニは耐えきれずこれまでのカンニングの事実を打ち明ける。そしてシニの母は替え玉受験をジャヨンに依頼する。

ジャヨンは、チンピラに絡まれてお金を取られてしまう。おびえていると、警備会社勤務のスンジェという人が助けてくれて、家まで送ってくれた。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 真実 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

君に出会ってから 1話

君に出会ってから BOX1序盤を見損なっちゃいましたが、初回なので、ほぼ人物紹介ですよね・・・。古い作品で、脇の方々も今は主演級になっている人が多く、見た顔!ってのが沢山です。
BS日テレ公式


チョ・ナムドゥク(母さんに角が生えたのキム・ヘジャ):ミジン・スジンの母。家は友人の借金の担保になってて余裕はない
キム・ミジン(頑張ってスネさんやストックのパク・ジニ):福祉を学ぶ学生。学生。いとこのへウォンとはライバル関係。ミンソクに片思いしていたが、へウォンと一緒にいるのを見てがっかり
キム・スジン(キム・テヒョン):ミジンの双子の兄。公益勤務中。ミジンの友人でモデルのボンスク(白雪姫のアナウンサー役などのオ・スンヒョン)と付き合っている。ボンスクの芸名はファン・ジナ。
チョ・ナモク(ハン・インス):へウォン・ギウォンの父。裕福な家庭に婿入りしている。妻はヨンスク(イ・ヒョチョン)。
へウォン(パク・イェジン四姉妹物語の末っ子):音楽家を目指す学生。実家の力で音楽会を開いたりしている。ミンソクと友人関係でアタック中
ギウォン(リュ・シウォン):へウォンの兄。ABCの記者。上海出張でかつ上げされたチンピラ・テホの姉オクファと出会う。女性を買おうとしてて絡まれたと誤解される。どこか頼りない男性。アナウンサーの彼女がいる?
カン・ミンソク(イ・ソジン):へウォンの友人で、ミジンの片想いの相手。母(キム・ヘオク)はアマチュアだが個展を開くほどの写真家で、彼もカメラが趣味。祖母(キム・ヨンオク)のためにと夜間は外出しない主義。
オクファ(チェ・ジンシル):上海の朝鮮属の女性。から韓国に出稼ぎに来た女性。ナムギの会社でガイドをする。弟テホ(ユン・ヨンジュン)と妹ソンファ(チェ・ジャヘ)の治療費のために、北京や韓国への出稼ぎをしている。チャンシンと言う恋人の家族に反対されて破談の過去がある。
チョ・ナギム(復活のドンちゃんことキム・ギチョル):ナムドゥクの弟。小さな旅行会社社長。独身。
チョ・ナムシク(キム・チャンワン):ナムドゥクの弟。医師。妻はエギョン(ヤン・ヒギョン)
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 君に出会ってから | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |