FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

彼らが生きる世界 16(最終)話

彼らが生きる世界 DVD BOX I彼らが生きる世界 DVD BOX I
(2009/09/18)
ヒョンビンソン・ヘギョ

商品詳細を見る

終わりました。独特の空気があって、嫌いじゃなかった。でも何かが足りない感じ。コショウみたいなものが利けば良かった。

ギュホや、女優さんたちは魅力的でした。
ジオとジュニョンの絡みをもっと「ドラマを撮る」という監督の仕事と絡ませて見れれば良かったかな~。仕事をもっと具体的に描けば良かったんじゃないかな。美男美女で、恋愛ドラマとしては悪くなかったと思います。


「甘くないと分かっていた。相反する多くのことがもつれあうのが人生だ。分かっているつもりだった。でも違った」というジオの言葉で始まる。

港町でドラマの撮影を行っていたチョン・ジオは、撮影中に漁師の商売道具を壊してしまう。怒った漁師と助監督のヤン・スギョンはケンカになり、止めに入ったジオはスギョンと共に留置所に入れられる。そこで、スギョンとジオはなし崩し的に和解。
示談金を払うことで釈放されたジオたちだが、迎えに来たソン・ギュホにさんざんイヤミを言われる。
ギュホ、思わずヘジンに会いに行ってしまうけど無視された直後なんだよね。それをチャンと言って、自分の傷を見せるところが、この人の慰め方なんだろうね。怒ってるだけかもしれないけどさ。私はギュホ好きだ~。

スギョンはチュ・ジュニョンを呼び出し、フラれた腹いせにジュニョンを殴って号泣する。ようやく落ち着きを取り戻したスギョンはジュニョンと和解するのだった。
だからって、スジン先生のところに愚痴りに行くなよスギョン!!

ジオは再びジュニョンの家に出入りするようになり、痴話ゲンカしたりラブラブモードになったりと恋人らしい間柄に戻る。

株価操作の件で世間に騒がれている女優ユニョンは脚本家イ・ソウの家に身を寄せるが、アルコール依存症の症状が悪化する。そんなユニョンに局長キム・ミンチョルは献身的に尽くし、酒を断つよう説得する。

ギュホはヘジンに呼び出されて、車の中にこっそり会う。そして「俺に干渉するなと父にいいにいく」とキスして去ってしまう。ヘジンも「もう別れない」という。可愛いなあ。

ある日、ドラマ「愛について」の撮影中にジオは目がかすみ、俳優が運転する自動車の距離感がつかめなくなる。結局、自動車は撮影監督のギョンネに衝突し、ギョンネは入院するはめになる。激怒したミンチョルはジオを監督から降ろすのだった。
「ドラマのように生きることは可能だ。実際の人生でも大逆転がおきることがある」とジュニョンが思った直後の不幸。

実家に戻って農業の手伝いをしていたジオのところへ、ジュニョンが会いに来る。ジュニョンは目の症状を隠していたジオを責めるが、家に戻ったジオに母親が「ジュニョンの車がまだある」と言い、ジオは再びジュニョンの車へ。結局2人は仲直りするのだった。

ジオは無理をしない程度に監督の仕事を続けることになり、ジュニョンとの共同演出ドラマは高視聴率を獲得。ギュホは女優チャン・ヘジンとよりが戻り、ミンチョルは「ユニョンとは別れない」と娘のヌリに宣言するなど、それぞれの運は上向きになりつつあった。

ジュニョンが「ジオ先輩は”現実は苦痛に満ちているだからドラマでは希望だけを描けば良い”と言った」とナレーションをしてました。これを聞いてると、この「彼らが生きる世界」というのも、現実をかいたんじゃなくて「ドラマを作る人たちのドラマ」だから上手くいったラストになってるだけってことを意識しちゃって、ハッピー描写もちょっと冷静に見ちゃいました。

1年後、ユニョンはパク・ヒョンソプが演出するドラマで新たな役柄に挑戦。一方、ギュホはヘジンと結婚を発表。ジオはジュニョンの母親とすっかり意気投合していた。結婚を前提に交際中のジオとジュニョンは相変わらず何かあるとすぐに痴話ゲンカを始める。2人のドラマや美しい世界に対する思いがナレーションで語られドラマは幕を閉じる。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 彼らが生きる世界 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

総合病院17(最終)話

終わりました~。
ちょっと散漫な印象だったかな~。群像劇としては、先生クラスとレジテンドの絡みも薄かったように思います。
私はとにかくジンサンやハユンが苦手だった。ジンサンが共感力があるって設定だったけど、ムチャクチャ鈍感で無神経じゃないですか??共感力があるのであれば、ハン先生がどれほど努力してるかとか分かるだろ!!って感じ。自分に近い人間なら共感できる普通の人として書けば、もっと見れたのにな~。
ハユンの「心で・・・」とかいうのも、お題目ばっかりって印象をうけてしまった。心ある人は、そういうことを口にしない!!とか思っちゃう。


あらすじ(公式から)
キム医師とソン医師は病院の廊下で仲間に見守られ、手術着姿で感動的な結婚式をあげる。3ヵ月後、手術に成功し現場復帰するキム医師。

一方ハユンは医師としてこの病院に残ることを決意した。「医療事故に対する医師の意識を変え、法ではなく心で患者と医師との間の不信感を取り除きたいんです」。

そして予備研修医の教育を任されたジンサンは、ふてぶてしい新入りに手を焼きながら初の手術に成功。少しずつ本物の外科医になっていくのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 総合病院 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |