FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

警視庁失踪人捜査課 1話

公式
普通のミステリ風刑事ドラマになってしまっていて、失踪人捜査課としての特色がだせてない感じがしました。キャストはそろっていて、キャラクタの個性がでてくればもっと面白くなると思いますが、「失踪人捜査」という特色をだしえていかないと、刑事ドラマが多すぎる現状では厳しいかな。
原作ありとはいえ、ねらいはアメドラのWithout a traceだと思うんだけど、あれのシリーズ初回の1話ってどんな感じだったか思い出せないですね・・・。もっといきなりバリバリ仕事するって感じだった気がするけど・・・。



あらすじ
CASE1 失踪人 物理学者 45歳 男性

「もしもあなたの愛するひとが突然姿を消したら…」年間8万人を超える失踪者。彼らの無事を祈る家族、友人、恋人。失踪者のウラに隠された真実のドラマを刑事たちが追う!
人気超能力者のエドガー大友(白井晃)による超能力ショーの最中に、対立関係にあった物理学者の今岡勝(近藤芳正)が失踪した。たまたま大友が行なう“瞬間移動”の被験者となった今岡は、ほんの数秒間の間に姿を消してしまう…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 警視庁失踪人捜査課 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

誰も守れない

映画と連動しての刑事ドラマ。土曜プレミアム。
なんだか、WOWOWのドラマWみたいだなと思ったのは、映画っぽい画面のトーンのせいでしょうね。実際は、画面の小さいテレビサイズの演出なんだけどね。

「話さなきゃ。話を聞いてあげなきゃ」というカウンセラーの彼女の言葉が、君塚さんらしい言葉なんでしょう。でも、事件との絡め方があんまりうまくなかった気がします。彼女自身が「(カウンセラーとしての処置として)会話をしなかった」ことが事件の発端であったという部分を、もう少し鋭く指摘しても良かったのでは?

被害者家族が当然のように疑われ、捜査され、詮索されるという描写そのものはそれなりにドラマがあるが、そこは突っ込み不足で流されてしまった。
被害者家族の警護を描く映画とのセットなのであれば、もうちょっと突っ込んでも良かったかも。

刑事のバディものとしては、佐藤浩市と松田龍平のコンビは魅力的だった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 1話密室の謎

特殊捜査日誌 -1号館事件- DVD BOX
BS-i公式ページ
太王四神記でホゲを演じてるユン・テヨンと、声がかわいくて好きなソ・イヒョンちゃんのドラマです。光の使い方が独特でロケっぽさが強調されてます。韓国刑事ものは一話完結ってのは殆どないですね。これも連続もの。
★スタッフ
監督:クォン・ゲホン
脚本:ユ・スンヨル
★あらすじ
南北平和協定首脳会談に全てが集中しているところに、大統領官邸で連続殺人事件が起こる。犯人はいったい誰なのか?軍と警察の配備の中で、どうやって犯行を行ったのか?そしてその目的は?夢は食堂の経営という元刑事課所属の敏腕刑事ハンス。ワケあって交通課に飛ばされた彼が事件の核心に迫っていく。
★登場人物
【キム・ハンス】ユン・テヨン:交通課・指導係の警官。元は暴力団対策の警官。
【パク・ヒヨン】ソ・イヒョン:市警の係長。
【チェ・ジュン】アン・ソクファン:首席秘書官
【チュ・ヒョヌク】クォン・ビョンギル:副主治医
【ムン・インス課長】パク・クァンジョン
【大統領(チャン・ヒョンソク)】パク・グンヒョン
【キム・ホイル編集長】オ・ヨン
【ハ・ドギィル】イ・ソンミン

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

NUMB3RS シーズン1

FOXJapan公式
FOXの無印で放送が開始しました。見たいな~と思ってたので、わくわくしながら見ました。FBI捜査官の兄ドンと、数学教授の弟チャーリー。完璧主義者な所が似てる兄弟。この設定だけで、ワクワクしてきませんか?期待にたがわぬ面白さで、一挙放送を楽しめそうです~。犯罪もののレビューは難しいのでレビューは書かないと思うけど、FOXが見られる人はゼヒゼヒお勧め。

数学なんかで分かるの?っていう上司とか、、二人のお父さん、チャーリーが数学者としてのピークを無駄にしてるように感じて心配する同僚物理学者、と脇のキャラクタも充実。

結果から拠点を類推するっていう考え方そのものは、犯罪捜査にありがちですよね。あと、プロファイリングなんかから、FBIでも色々とやってはいる。チャーリーは、居住区特定に絞って、そこに数学を盛り込もうって感じの一話だったと思います。拠点は一つと思って失敗して、人の拠点は家だけじゃないと気がつくという、とても分かりやすく、かつ数学だって間違えば完璧じゃないという展開は面白かった。あと、結果から拠点を探るってあとに、拠点から結果を逆に検算して、例外となる犯罪の証言に嘘があるのでは?と導き出すのも、数学の考え方の使い方として分かりやすかったと思います。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海外ドラマ未分類 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |