• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

幸せになろうよ1話

香取くんのキャラクタや黒木さんのキャラクタは本人に合わせてあって、無理がない感じですね。流石に井上由美子という感じで、テンポよくシーンが消化されていったと思います。しかし、その割に話の入口としてもうちょっとサクサク背景を書きこんでいっても良かったんじゃないかな~。
仕事に対する気持とかもアリキタリすぎて、少しひねりが欲しいかな~
あと、香取くんに叫び・怒鳴り系の演説はNGだと思うんですよね。彼を生かすなら、こういうシーンは避けて欲しいなあ。


あらすじ(公式から)
高倉純平(香取慎吾)は結婚情報センター『B-ring』のアドバイザー。“結婚相談所で出会うとしても二人の間には本物の恋愛関係が生まれなければいけない”という信念のもと仲をとりもち、離婚率ゼロを誇る。そんな彼のもとに、全くすきのない美貌で、一流会社に勤める女性、柳沢春菜(黒木メイサ)がやってきた。純平の後輩、桜木まりか(仲里依紗)はそんな美しい女性が結婚相談所に来るなんておかしいと、はなから疑ってかかる。
純平が応対に出ると、一生困らない生活をさせてくれれば誰でもいいという適当な条件を述べる春菜。すると純平は即座にお引き取りを願う。二人の出会いはそんな形で始まる。それは、純平がかつてつきあっていた彼女と友人が結婚するという痛手を負ったばかりの時だった。

春菜は翌日、純平が貸したペンを返すため『B-ring』を訪れた。それをきっかけに春菜は『B-ring』に正式登録する。

一流企業勤務、社長を父に持ち美貌を兼ね備えているという輝かしい経歴の持ち主、春菜に似合う人を、と、純平は会員の小松原進(大倉孝二)を紹介。だが、春菜のあまりの美しさに、小松原が怖じ気づいて逃げ出してしまう。春菜を気遣う純平は、仕方なく自分が相手となったシミュレーションデート、いわば正しいデートのための予行練習に誘った。気持ちのいい汗を流すスポーツデートを楽しむ内に、いつしか純平は、ひとときを心から楽しんでしまっている自分に気づく。
久しぶりに歯の痛みを訴えて訪ねてきた純平に、親友の歯科医、上野隆雄(綾部祐二)は、歯が痛くなるのは恋が始まる証拠では、とからかう。

まりかは、偶然出会った春菜を尾行。すると、プロフィールとはかけ離れた生活をしていることが判明。まりかの報告で、今度は純平が春菜を調べる。結果は、住居だけでなく仕事も嘘を書いていた事が分かった。純平は、春菜を呼び出す。

その頃、矢代英彦(藤木直人)と名乗る男性が結婚相談所を訪れていた。彼は結婚式を終えたばかりで、おなかの大きい妻を持つ男。そんなことを知らないまりかは、弁護士だと言う矢代に好印象。だが、相手の女性に求めるのはルックスだけだと聞いて…。

純平は、なぜプロフィールに嘘を書いたのかと春菜に聞く。本当のことを知りたいと言う純平に、春菜は自分を安く見積もったら、安い相手としか出会えないと切り返す。さらに、恋愛なんて一時の錯覚だとまで言い切る春菜。春菜は結婚を約束した相手に二股をかけられ、手切れ金を渡されて捨てられたのだと吐き捨てた。自分を捨てた男を見返すために『B-ring』に登録したと告げる。純平は、春菜の考えを否定。去って行く春菜に“君がときめくような男を僕が見つけてやる”と必死に声をかけるのだが…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

JIN2 1話

http://www.tbs.co.jp/jin-final/
大沢さんなので、ナレーションで直接的に「俺は何のためにココに送られたのか?」というテーマが提示されても押し付けがましくないですね。
前回の連ドラでは消化不良に感じた部分もあったのですが、やっぱり咲ちゃんの可愛い健気さと先生の真面目さに再開できて嬉しいです。
初回2時間SPは長いかな~と思ったけど、まあ普通に楽しめました。
この時代から一瞬だけ未来にいったことのある少年が蘭方医。ずっと「医療で歴史を変えていいのか?」と悩んできた仁ですが、「救っても神が運命として命を奪うものもある。医療は命を万全に救うものではない」ということが提示されます
仁は過去にタイムワープしてますが、この江戸末期の中で自由にタイムワープ出来るわけでもない。江戸時代で刻まれている時は前にしか進まないんですよね。だから後悔したり悩んだりする。そこにこの設定の面白さがあります。
久坂が「お前は間違うな」と龍馬に託すのも、「時間の不可逆性」がテーマ。人は前にしか進めない。今のこの時にぴったりなテーマなのではなきかと思います。必死に生きる幕末らしい熱気が良かったです。
時を超え、南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸時代に迷い込んでから、2年ほど経ったある日のこと―。
落ち込む橘咲(綾瀬はるか)の様子が気になり、咲の実家を訪ねた仁は、咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)から、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。恭太郎によると、数日前、栄の身を心配する咲が橘家を訪れ、医師に診てもらうよう進言したのだが、縁談を破談にしてしまった咲をいまだ許していない栄は、咲が橘家の敷居を跨ぐことさえ認めず追い返してしまったというのだ。何とかして栄を助けたいと考えた仁は、甘いものが好物だという栄のため、とあるお菓子をこしらえて脚気治療を行おうとするのだが・・・。



あらすじ(公式から)
そんなある日、仁に助けを求め、京から坂本龍馬(内野聖陽)がやって来る。聞けば、勝海舟(小日向文世)の師である佐久間象山(市村正親)という人物が何者かに襲われ、ケガをして瀕死の状態に陥っているというのだ。時代に影響を与えている重要な人物を助けることで、「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、龍馬と共に京都入りする仁。そこには、生きているのが奇跡といえる程の重症を負った象山の姿があった。
仁の必死の治療の甲斐もあって、なんとか一命を取り止めた象山。その時、意識を取り戻した象山の口から、驚きの言葉が…!
その後、京都に留まり、長州と薩摩の戦いによって怪我をした人々の治療に専念する仁は、突然現れた新撰組によってどこかへ連れ去られてしまう。仁が連れて来られたのは、薩摩藩邸にいる西郷隆盛(藤本隆宏)のもとだった。西郷は、今すぐ腹を切って手術をしなければ、命の危険にかかわるほどの虫垂炎を患っており…!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| JIN~仁 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

glee1・2話

いやあ楽しい!!歌声と吹き替えの声が違いすぎるだろうとか思うけど、やっぱり歌とパフォーマンスを見てると楽しくなりますね~。アメドラ青春もの定番のカースト制度や教師同士の恋愛なども絡めて、ドラマとしても見ごたえはあるのですが、やっぱり歌!!聞いてるだけで楽しくなる。


あらすじ(公式から)
1話新生グリー誕生 Pilot
マッキンリー高校グリー部は優勝経験もある強豪チームだったが、今やすっかり落ちぶれている。かつての優勝メンバーで今は母校の教師であるウィルが、新しい顧問としてグリー部立て直しに乗り出す。だが部員募集に応じて集まったのは、クセのある生徒ばかり!果たしてこんな彼らと全国大会を目指していけるのだろうか?
おまけに、妻テリの妊娠がわかって、ウィルは安月給の教師生活を続けることに不安を感じ始める…。
2話
ディスコミュージックはお好き? Showmance
州大会出場が部の存続条件のグリー部だが、出場には最低12人のメンバーが必要だった。
そこで部員を募るため、全校集会でウィルが選んだディスコソングを歌うことになったグリー部。だがみんなはその曲を時代遅れでダサイと嫌がる。
レイチェルは、みんなが喜ぶことをしようと提案し、ウィルに内緒で勝手に発表曲をセクシーな曲に変えてしまう。
一方、家を買うことになったウィルは資金不足を補うため学校で掃除係の仕事を始める。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 海外ドラマ未分類 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

遺留捜査1話

http://www.tv-asahi.co.jp/iryu/
べったべたな話なんだけど上川さんのキャラがちょっと面白いので、観やすかったです。ミステリ要素はもう少しひねって欲しいというか「なんとなく」「おもいつき」みたいな部分を補強して欲しい気がしますが・・・。


あらすじ(公式から)
人気作曲家の財津陽一(橋本さとし)が殺害された。捜査一課の曽根武雄(佐野史郎)とともに捜査を開始した織田みゆき(貫地谷しほり)は、リュックを背負った不審な男に目を留める。
先輩の宮下晴彦(螢雪次朗)によると、科学捜査係の糸村聡(上川隆也)で関わりあうとロクなことがないという。が、当の糸村はどこ吹く風で、現場に残された壊れた玩具のピアノの鍵盤を叩いたりしている…。
ICレコーダー、楽譜などが遺留品としてリストアップされるが、糸村は財津が幼い頃から大事にしていた玩具のピアノも遺留品の一つに加えたいという。被害者のことを一番よく知っている遺留品のようだから、というのがその理由だが、曽根はそんな糸村が気に入らない。
ICレコーダーに残された曲を聴き、楽譜に見入る糸村。さらに壊れた玩具のピアノを直そうとして…。それらの遺留品から糸村があぶり出す被害者・財津の素顔とは?そして、財津殺害の真相と、そこに秘められた“想い”とは…?
ゲスト:近藤芳正 橋本さとし 中山忍
脚本:尾西兼一
監督:猪崎宣昭
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

BOSS2 1話

玉鉄にツブヤイターだとどうしても「素直になれなくて」おもいだしちゃうね。ちょっとコメディ色が強くなったかな??既に関係性が出来上がっているので、そこをやり直すことはしないんだろうけど、木本が責任をとらされた形で解散したという設定で、木本とBOSSの関係性の構築というのはシーズン1と同じような感じで進んでいくみたいですね。
気軽に楽しめるドラマなので見ていきたいと思います。


あらすじ(公式から)
2年前――。 警視庁捜査一課「特別犯罪対策室」の室長・大澤絵里子(天海祐希)は、参事官補佐・野立信次郎(竹野内豊)から、反政府組織「黒い月」が、国家公安委員長・黒原健蔵(西田敏行)を狙撃するとの犯行声明を出したと聞く。絵里子と対策室のメンバーは、イベント会場にいる黒原を保護するため急行し警戒するが、黒原は狙撃され重傷を負う。この責任を取り、対策室は再び解散、絵里子は渡米し、木元真実(戸田恵梨香)は左遷されてしまう。
それから2年、出世し参事官となった野立は、ある重要事件を引き受けた。そして、絵里子をアメリカから呼び戻し、対策室を復活させた。対策室には、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)が集まった。そこへ、野立が寿退社をするという奈良橋玲子(吉瀬美智子)を連れてくる。そして、玲子の後任に沼田良美(釈由美子)が、真実のポジションには田所幸子(長谷川京子)が着くと発表された。
絵里子らが担当することとなったのは、鬼塚という男の殺人事件だった。鬼塚は、過去に殺人事件を起こしたが、心神喪失を理由に無罪となっていた。殺害現場を捜査した絵里子は、鬼塚のマンションに萎れた花束が置かれていることに注目。防犯カメラの映像から、花束は犯行時刻より前に置かれていたことがわかった。
そんななか、"ツブヤイター"というコミュニケーション・ツールに「大澤絵里子」という人物から、殺人を報告するつぶやきがあり、実際、その通りの殺人が起こっていた。殺されたのは、鬼塚同様、殺人事件後に神喪失で無罪となった田中という男だった。当時、鬼塚と田中の事件を担当したのは、絵里子、野立の同期で、現在は国会議員秘書を務める森岡博(大森南朋)だった。しかし、森岡にはアリバイがあった。
その後、さらに「大澤絵里子」からつぶやきがあり、再び心神喪失で無罪となった男が殺されていた。
そんな折、絵里子は1本の電話を受けると、ある公園に行くよう、対策室の全員に指示。さらに、次に狙われる可能性のある人物を表記したリストを片桐らに渡す。そして、公園でリストと合致するひとりの男を見つけ保護しようとすると、その前に真実がいた。絵里子以外が驚くなか、真実は、男に近づこうとするパーカーを被った人影を指した。それに気づいたパーカーは逃げるが、やがて絵里子らが追いついた。パーカーは、黒原健蔵の娘・理香(成海璃子)だった。
対策室に戻った絵里子は、"ツブヤイター"の発信場所のデータを、真実に解析させていたと明かした。一方、理香は、アメリカの名門大学で応用数学を学ぶコンピュータの天才で、父親の事件以来、絵里子を恨んでいた。今回、対策室のコンピュータに侵入し事件のことを知り、絵里子が犯人が逮捕できるかどうか、現場に確かめに来たのだという。
結局、犯人は現場に現れなかったため、捜査は進展しない。
そんな折、真実が良美のいる科捜研別室にやってくる。決定的な物証がないと知った真実は、殺害現場へ行ってくると告げた。すると、良美も同行すると言う。
依然、犯人像が絞り込めないなか、絵里子は、片桐らに聞き込みを指示。手分けをして訪ねた数軒の店で、絵里子にそっくりな格好をした女性が目撃されていたとの証言を得る。このことから絵里子は、犯人は本気で絵里子になりすまし、絵里子がやりたいこと、やりそうなことを模倣しようとしている、いわばストーカーだと断定。心神喪失で無罪となった殺人犯が狙われたのは、絵里子が犯罪者に対して厳しく対応すべきだ、と書いた論文を読んだからだ。
そこへ、鬼塚のマンションに残された花束を分析していた幸子が、花束から火災実験などで使われる特殊なゲルが検出されたと報告。それを聞いた絵里子は、すべてを理解した。
同じ頃、殺害現場にいた真実が気配を感じ見ると、絵里子と同じ格好をした良美がやってくる。良美は手にした拳銃を、真実に向け…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

新選組血風録 1話快刀虎徹

普通におもしろい。まあ原作がいいってのもあるんだろうけど、これをどうして大河でやれないのか。しみじみと考えてしまう。
役者さんにはポロポロと合わないな~と感じることもあるけど熱意で脚本に答えてると思います。人を切るとはどういうことか?ということが今回のテーマ。


あらすじ(公式から)
函館で最期の時を迎えようとしていた土方歳三(永井大)の脳裏には近藤勇(宅間孝行)の姿が浮かんでいた。近藤が二十両で手に入れた虎徹は偽物だったが、近藤はその刀を本物と信じて愛用し、修羅場ではまさに名刀の切れ味を見せつけた。初めて人を斬(き)った土方は剣を振るうことをためらうが、隊内で芹沢鴨(豊原功補)一派との対立が激しくなるなか、土方は近藤のためには鬼になって戦うと決意する・・・
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

CO~移植コーディネーター 1話

http://www.wowow.co.jp/dramaw/co/movie.html
一話から重いですね。腎臓の悪い妻のためにという想いで意思表示をしていた脳死の青年。でも、結婚式を上げただけで籍が入ってなくて、ルールのために移植できない。さんざん迷った上で奥さんは「私はまだ大丈夫。透析を受ければいい。もっと待ってる人がいる」と真実を告白。なくなった夫も「待ってる人の気持」を愛する妻を通して理解してただろうと家族も納得。
いい話です。重いテーマですし、この奥さんが凄く重症化したときに本当に提供者が現れるか?という思いもあるでも、それでいいという気持にもなったかな。


あらすじ(公式から)
移植COの大野(吉岡秀隆)のもとに、村田真司30歳が交通事故で脳死状態になったと連絡が入った。都道府県所属の移植COの倉本(ユースケ・サンタマリア)と共に家族と面会する大野。真司は臓器提供の意思があり、カードには「腎臓は妻にあげてください」と追記されていた。男性の妻、亜希(尾野真千子)は重い腎臓病を患っていた。夫の最後の願いを知り、動揺を隠せない亜希だが…。同じ病院には、拡張型心筋症の立花海斗(6)が入院していた。母の美樹(麻生祐未)は、15歳未満の心臓移植に希望を託していたが…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

威風堂々な彼女1話

FBS公式
MBCjapan公式
【概要】
ある夫婦の元に、子供を身ごもった女性が現れる。その女性は、女の子供を産むと同時にこの世を去ってしまった。夫婦は仕方なく、その子供を同時に生まれた子供と双子として育てることにする。
たくましくて元気が良いウニ(ペ・ドゥナ)と、勉強が出来て大人しいクミ(キム・ユミ)、ふたりは自分達が双子であることを疑わず成長する。 ウニがはじめて好きになった男の子がジフン(カン・ドンウォン)。二人の思いは通じかけるが、自分もジフンを好きになってしまったクミに邪魔されてすれ違ってしまう。
そんなある日、テソン食品の会長が現れ、ウニかクミのどちらかが自分の息子の子供であると言う。母ギルリョは、クミが会長の孫娘だと言って手放すが、本当の娘はウニであった。ウニは、事実を知らずに貧しいながらもたくましく成長する。
ウニはひょんなことから、つぶれそうな会社カイン食品に就職することになる。しかし、カイン食品の後継者インウ(シン・ソンウ)は、つぶれかけた会社を自分に押し付けた父を憎み、会社を再建させようという努力を見せない。みかねたウニは、あの手この手で営業作戦を開始。インウは、そんなウニの姿を見て心を動かされる。
ウニこそが本当の孫娘だと知ったクミは、自分の座を奪われまいと、ウニを妨害する。シングルマザーとしての子育て、母の病気、借金、クミの妨害にも負けず明るく逞しく生きるウニだが、しかし、とうとう自分の出生の秘密を知ることに…。
【キャスト】
ペ・ドゥナ(ウニ)
キム・ユミ(クミ)
カン・ドンウォン(ジフン)
シン・ソンウ(インウ)


ペ・ドゥナちゃんは大好きなんですが、作品選びは謎なんですよね。当たり外れがでかいというか・・・。カン・ドンウォンさんも、マジック挫折したことあるし、ちょっとキャスト的には不安。ふたり、ドゥナちゃんの方が目が可愛いけど、顔立ち似てるよね。だから、割合「お似合い」にはなるかなと思ってます。

ただ、ドゥナちゃんは本当はシンデレラって構図なのが不安なんだよな~。主人公持ち上げドラマって好きじゃない。
色々と不安がありながらも「無料なんだし・・・」と見始めました。
1話は血のつながりのない二人が双子として生きていく経緯って感じ。亡くなった母が沢山のお金を持ってたから、それで引き取る気持にもなったという感じ。実はお嬢様だったのね。

ペ・ドゥナちゃんはやっぱり可愛いっすよね~。元気いっぱいで明るくて、問題児ではあるけれど・・・。クミの方は体が弱いのと、ウニのフォローしてるうちに、優しい優等生になっちゃったという感じなのかな。お母さんにしてみたら、クミにやるべき乳を分けたせいでクミの体が弱くなったと感じちゃうのかもね。愛情がないわけじゃないけど、へこたれないから気軽にポンポン言ってしまうって暗示かな。お父さんは「見た目は汚くても肥料になるフンや大地のような人に」と暖かく包んでくれる。

高校生になると、それぞれが「双子の片割れ」と友達になるんだよね。「子猫にお願い」でも共演してた双児ちゃんです。いじめっこで出てくるのは個性派脇女優のチョ・ウンジちゃんですね。
お父さんが事故にあって、二人は学校にやれなくなる。商業科に移って就職するが退学するか・・・。成績がクミまで大学を諦めさせたくない。農作業が好きなウニなら、一緒に農業やるというのも悪くないと思うお母さんの現実的な判断。



あらすじ(公式から)
1979年冬のある日、一人の男が、雪が積もった田舎の道で陣痛に苦しむ女性を見つけ家に連れて帰る。彼の妻もまた陣痛が始まり、二人は並んで一緒に出産を終えた。彼女は子供を生んですぐに亡くなり、遺族からの連絡もないため、男は一緒に育てる決意する。高校生になったグムヒとウンヒ。グムヒは優等生、ウンヒは問題児として全く似てない双子として成長していくが…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 威風堂々な彼女 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。