FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

≫ EDIT

総合病院 1~3話

BS日テレ公式
【ストーリー】
ある“復讐のために”医療訴訟弁護士を目指し、そのステップとして医者になった無鉄砲な女性チョン・ハユン、患者を思う心は誰よりも熱いが成績は万年最下位、トラブル連発のドジなチェ・ジンサン、優等生のペク・ヒョヌは外科レジデント1年。
ともに日々激務に励んでいる。そんな彼らを厳しく指導するのは先輩ベテラン医師たち。
中でも患者第一の温情派医師キム・ドフンと常に冷静沈着なスター医師のハン・ギテは対照的で、彼らのよき目標であり指針となっていた。
医療の現場では様々な患者や問題が彼らを待ち受ける。救えなかった命にとめどなく涙を流し、患者の心に寄り添い、時に患者に支えられ、現実の壁にぶち当たっては悩み、ひとつひとつ乗り越えていく若き医師たち。
「なぜ数ある職業の中で医者だけが完璧を求められるのか。人間味、実力、良心…どれも欠いてはならないという。医者もただの人間なのに…」彼らの真の医者を目指す日々が続く。
©MBC



1話
ハユンというキャラクタがあまり好きになれない。キム・ジョンウンさんのコロコロ変わる表情は好きなんだけど、常に自分のペースで動く元気な女の子という彼女のいつものキャラが、優秀な女性と言うキャラ付けで、「私は正しい!」と行動すると嫌味が出てしまう感じがします。救急車止めるとか、アリエナサすぎだしな~。

(あらすじ)
司法試験をパスし医療専門弁護士を目指しているハユン。
インターン課程を修了し、ソンイ大学病院へ外科レジデント試験を受けに行く途中、急いでいたため救急車を止め、乗る。

大関嶺牧場地域出身のチェ・ジンサンはいつもトラブルが絶えないレジデント1年次。
実験用豚を逃がし、先輩に散々叱られた後、再び豚を持ってくるために救急車に乗って行く際、チョン・ハユンと出会う。
結局、虎から一目散に逃げ、崖にまで追い詰められてしまうが…。


2話
ハユンはなんでジンサンにあんなに構うの?惚れたの?いつの間に??
ありえね~の連続でしたね。犯人のヒントあるなら、警察にまず言おうよ!!って感じ。
学生でもないのに、犯人だからと患者としてみないハユン。あんた弁護士じゃなかったのかよ??加害者を庇う立場にもなる人間だろうが!!
心臓マッサージも酷かったね~。汗ぽたぽたとか分かりやすすぎる演出にはちょっと笑った。でも、レジテンドだし、一人ひとりの患者相手にビービー涙してる場合じゃないだろう!!とか思ってしまう。
(あらすじ)
外科レジデントに合格したジンサンとハユン。
合格の喜びも束の間、鬼のようなチーフヨンハンにどやしつけられ、皆怯えてしまう。
初関門のタイテストで、ジンサンは言うまでもなくビリ、優劣を争うヒョヌとハユンの対決では、結局ハユンの勝ちに…。
この時、病院には銃傷を負った誘拐犯患者が運び込まれ、緊迫感が高まる。


3話

勝ちたい!勝ちたい!とそればかりのハユン。先生に「あなたの基準で患者を選別するなら、法廷に帰ったら?そこでは法がルールだ」と言われてたけど、この他人への共感のなさじゃ弁護士としても大丈夫なのかな~。強引なことをして、かえって依頼者を傷つけたりとかしそうな感じ。
ジンサンの方は、重症の担当患者さんのおもちゃにされている。こっちも「治らない」という前提で「もうすぐ死ぬ人に冷たく出来ない」というセリフが合ったけど、「治す!」という気持ちがないのか~って感じ。
(あらすじ)
ジンサンは誘拐犯患者から誘拐された子供の居場所を聞き出し、その功を立てて警視庁から感謝の牌を送られ、鼻を高くする。
医局申告式の宴会に参加したジンサン、ヨンハン、ハユン達。2次会でジンサンは酔っ払ってチーフヨンハンに突っ掛かり、その様子を見たレジデントたちは唖然とするが…。
翌日、ジンサンはまたもやトラブルを起こしたと、事態の収拾を図ろうとするが、急にお腹に痛みを感じて倒れてしまう。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 総合病院 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

救命病棟24時 1話

シーズン4は、医師不足の問題をとりあげるんですね。
お医者さんって大変ですよね~。ホント、使命感がないとやっていけないと思う。過去のシリーズで、救命の大変さや、進藤先生の信念や凄さをみせられてるから、素直に感情移入できた。
今回は、医師が全て辞めてしまった救急センターに、進藤先生が赴任してくるという話。アメリカ帰りのユースケさんが、「合理的な」救命を目指す医局長としてやってくる。手術の技も凄くて、口だけじゃないらしい。
でも、ERみてると、アメリカのERの方が、もっと過酷に見えるけどなあ。感動シーンも常に手が動きながら!って感じじゃないですか。一応、処置止めて説教食らわせる余裕がある分、救命の方が余裕あるような・・・。どっちもドラマでしか知らない世界なんで、実情がどうなのかは分からないけど。

似たようなテーマだった「トゥモロー」っが、ちょっとテーマに切り込めなかった印象なので、救命には頑張ってほしいですね。回数削減が残念だけど、短い話数で、切れ味鋭く迫ってほしいものです。


あらすじ↓公式から
国際人道支援医師団の任務を終えアフリカから帰国した進藤一生(江口洋介)は、横浜にある医大の救命救急センターに勤務することになる。そこはまさに今、救命医たちが総辞職してしまった病院だった。医師不足、病床不足、救急車のたらい回し、コンビニ化する深夜の外来救命、モンスターペイシェント、医療ミス、医療裁判……。これまでも救命救急医たちの仕事は過酷で、問題は常に山積みだった。しかし、ここへきて一気にその山が崩れ出したことを知る進藤。そんな中、小島楓(松嶋菜々子)は救命医療の現場から離れていた。実は楓は医療ミスで訴えられ、病院を追われて退職していたのだ。

 進藤は、救命センター再建のために転属させられた優秀な外科医・澤井悦司(ユースケ・サンタマリア)とことごとく意見が対立して…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 救命病棟24時 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コード・ブルー 11(最終)話

フジ医療ドラマの流れを組んだ作品。群像劇、音楽での煽りなど、安定感はあった。
最終回は、トンネル事故でフェローが全員出動。その中で再び白石が危険を顧みずに治療を続けようとするタームがあった。同じ失敗になるのではないか?と白石にウンザリしたが、ドラマとしては「助けたい」という思いを重視した形。この場合、現場を仕切ってるのはレスキューだったりするのでは?と思うので、そこあたりとのやり取りなどを入れるだけでも、違ってくるのではないかと思う。
成長物としては、毎回、前回の成長がリセットされてしまうつくりなのが、最終回でも発動された。せっかく若い役者を使って、数年はシリーズ化できる陣容で挑んでいるので、少しづつでも成長させていって、ドラマ全体としての流れを作って欲しかった。
レスキューの描写が欲しいと書いたが、ほかにも「ドクターヘリ」がどういうものなのか?という部分が弱かった印象。どのくらい飛べるのか?カバーする範囲や距離。搭載している施設や特徴。ドクターカーとの違いなどが、イマイチ伝わってこなかった。今回のような場合は、近場でヘリの発着が出来る施設が近くにある病院などの協力は得られないのか?とか、どうしても疑問になっちゃうんですよね。せっかくだから、その辺も上手く取り込んで欲しいかな。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コードブルー | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

Tommorow~陽はまたのぼる 1話

美しい自然と、分かりやすく魅力的なキャラで、なかなか楽しませてくれました。演出で、ちょっとどうなのよ?っていうところは会ったけど、この枠のTBSはコメディよりはこういうヒューマン・ストーリーが宜しいかと・・・。


潰れそうな市民病院。「金があれば、次の患者を救える。医者にばかり負担掛ける医療は正しくない。」遠藤先生の言うことは、正しいんだよね。反論しにくい。でも、「正しいけど、それを医者が言っちゃ~。」っていう森山(8年前までは医者・今は市民課で働く)も分かる。そして田中看護師の想いも分かる。
いきなり核心つくような話をする田中看護師。かなり違和感のある会話ですが、菅野美穂はこういうのが上手い。明るく、ちょっと強引なキャラはハマってます。

「分娩を受け入れてもらえる病院がない」という問題を初回にとりあげましたが、それにどう対応するかって問題は、あまり突っ込まれませんでした。
さらに、夏祭りで爆発事故発生。市民病院には長蛇の列。でも、外科ドクターは一人しかいない・・・。それも、長時間勤務のあと・・・。5人同時とか、6人同時とか凄いな。
妊婦の彼女が巻き込まれます。医師が足りなくて、ホントにどうすれば?って状況で、田中は看護師なのに気道確保の処置しちゃった。
なんとか、息は吹き返したけど、遠藤先生が駆けつけて「すぐ出ていけ!」です。しかし、森山が「俺が処置した。俺は医者だ」って、カッコイー!

一通りの処置が落ち着いたあと、遠藤は森山を非難し、田中は「ありがとう」と言ってくる。緊張がとけて、ガクブル状態のた仲を森山がなだめた。彼女は、妊婦を探してた森山を「患者さんの顔を見てた」と評価するけど、「目の前で死ぬのを見たくなかった。俺には医者の資格はない」という森山。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| Tomorrow陽はまたのぼる | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

コードブルー 1話

手堅い群像医療ものとして作られてたと思います。新人医師たちのキャラ分け、医師ではないヘリ操縦者のキャラクタ、上司の医師たちのキャラなど、オーソドックスに作ってあるなあという印象。フジは音楽の使い方がうまくて、テンポよく見せてますよね~。

韓国ドラマでリアルすぎるっていうか、それ見せる必要あるのか?っていう血みどろ手術シーンを見てるので、その点は慣れてきた。

主役の山ピーの台詞のひどさは驚いた。思わず、字幕つけちゃったよ~。地上波デジタルって素敵!ってそういう問題じゃないか?ボソボソでも聞き取れる発声ってある筈なんで。がんばってほしいわあ。特に、医療ドラマは説明が多いんで・・・(今回は、セリフは殆どなかったけど・・・)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| コードブルー | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ニューハート 12話

ウンソク出しゃばって殴られて鼻血だよ。人工心肺に切り替えて、カングクもすぐに手術室に駆けつけた。ミン先生も動揺から復帰してカニューレをつないだ。バイバスして人工心肺にしたけど、様子がおかしい?大動脈解離では?と助手が言うも、もう時間が立ち過ぎてる。ミン先生は「そんなミスするハズない」と思ってて気がつかなかったみたい。駆け付けたカングクは何としても助けろと言うけど、助手たちは冷静な判断を求めた。一同、がっくりです。
遺族に頭を下げるカングク。一見元気そうなまま手術に入っての死亡だけに、残された遺族も辛いなあ。「寝てる間に死にたいって母さんは言ってた。手を尽くしてくれたなら仕方ない」と言ってくれるけど、カングクは俺が手術をしていればと、二人して大泣きです。
そのまま通夜に行ったカングク。ライブでなんて無理だったのに、知人はダメだと言われて、俺がやらせた。俺のミスだと自分を責めるカングク。

カングクは結局、義母の古希祝いには行けなかった。妻は理解しているつもりでも思わず涙が出てしまう。
カングクが帰宅すると、訴えた息子が家庭にまで電話してきて、子どもの学校のことまで聞いてくる。何も説明しないカングクに、妻は怯えて「家を出てアメリカに行く」と言い出した。家族に無関心なあなたの代わりに子供たちを守るという妻。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ニューハート | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

外科医ポン・ダルヒ 1話


全18話  (韓国SBS 2007年)
今日からアジドラで始まりました~。医療ものです。
イ・ヨウォンちゃんって、チト苦手なんだよな。ファッション70'sも途中挫折した。妙に厚かましい役だった。で、今度もそういう要素があるみたいで、チト不安。例えば、やるぞ!って時に、唇をかむ仕草とか、あまりにもワザとらしいんだよなあ。その割に重い演技だし。もうチョイ跳ねる感じがあると、見てて楽しいんだけど。それでも、医療ものは興味深いので、楽しくなってくれることを期待してます。苦手だったのは役のせいってことが多いので、これで好きになりたいな。



登場人物
イ・ヨウォン(ポン・ダルヒ役):胸部外科研修医1年生。地方医大出身。幼いころから病弱で、それゆえに故郷で小児心臓専門医として子供を救うことをめざす。純粋で情熱的な性格で努力家。ジュングンに厳しくされながら医療を学ぶ。
キム・ミンジュン(イ・ゴヌク役):外科専門医。患者に人気の優れた医師。自分の息子が実子ではないという事実を知って妻と離婚。その後アメリカで一年間暮らしていたが癌センター建立のため、病院の実力者イ博士に呼ばれて帰国。
イ・ボムス(アン・ジュングン役):胸部外科専門医。小児心臓を専攻するが、肺、食道、胃、胆嚢など GS(外科)の様々な分野まで完璧に手術をやりこなす天才的外科医。ゴヌクと親しいダルヒに厳しくしながらも気になる。
オ・ユナ(チョ・ムンギョン役):小児科専門医師。イ・ゴヌクの前妻。息子が夫の子供ではないことを隠していたことで離婚。病院で帰国したゴヌクと再会し心が揺らぐ。息子が病に倒れ混乱しゴヌクを頼りにする。
【監督】 キム・ヒョンシク(華麗なる時代)
【脚本】 イ・ジョンソン(頑張れ!クムスン、純粋の時代)

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 外科医ポン・ダルヒ | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ニューハート 1話

初回です。概要はこんな感じ↓
三流大学出身の落ちこぼれ新人インターンウンソク(チソン)と成績優秀のへソク(キム・ミンジョン)は同クァンヒ大学病院胸部外科のチェ・ガングク教授(チョ・ジェヒョン)のチーム。医療事故も多く困難をきたす胸部外科で、懸命に医療に専念するウンソンとヘソク。そしてガングクもまた陰謀を企む医院長からの圧力に抵抗していた。
そんなある日、へソクの幼い頃の友人で今は俳優をしているドングォン(イ・ジフン)がドラマ撮影中に倒れ、クォンヒ大学の胸部外科に入院してくる。へソクに再会したドングォンは、へソクに好意を抱く。
他にキム・テジュン役でチャン・ヒョンソン(この人は医者役でよく見る)ミン・ヨンギュ役でチョン・ホグン。
大学病院ものだし、胸部外科だし、大学の利益の問題もあって、オヤジ俳優がいっぱい。ちょっと白い巨塔をちょっと彷彿とさせますが、それよりもエンタメとしての要素が強そうか?しかし、相変わらず韓国の外科ものは、血みどろ場面が多くて、心の準備がないと困るぜ。
チソン君は除隊後の復帰作で、すごくシンプルな熱血君を演じてます。基本的に鬱屈とか一切ない爽やか君タイプなので、シンプルな役がらには似合ってます。イ・ジフン君はこの間まで見てたビリー・ジーンと同様芸能人役。キム・ミンジョンちゃんはチョット苦手意識があるんですが、アイルランドでは良かったし、彼女のいかにも子役出身らしい演技はこういうドラマにはハマりそう。テーマ曲が、また盛り上がる!
では、1話レビュー↓

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ニューハート | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT