FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

揺れないで80・81(最終)話

終わりました。スヒョンがやっとガンピルを手放しボククの愛を受け入れたので安心しました。懲役五年。きっと待っていてくれるでしょう。スヒョンにであって、スヒョンを中心に物事を考えるようになったから、人生が簡単になったというボククだからね。
スヒョン実母は逃げ出しました。継母との間の複雑な感情は「憐れむような目で見られて辛かった」というスヒョンの素直な気持ちによって変わって来ました。愛情よりも同情で接していた。その上、家が継母の家族で埋め尽くされるんだから、父を奪われると怯えるのは当たり前なんだよね・・・。そこら辺は、ご両親にも反省して欲しい。
最後、まだミンジョンを追うガンピルには呆れた。ガンピル母のいうように、スヒョンの人生をメチャクチャにした原因の半分はガンピルにあるっていうのに・・・・。せめて、スヒョンが出所してきてボククと結婚するまで待て!!
キム・ナムジン君本人をうっかり嫌いになりそうなほどでしたよ。


あらすじ(公式から)
80話:海辺の安宿
ヨンアを拉致した容疑で逮捕されたドゥファンを確認するため、刑事に会いに行ったガンピル。しかし、ドゥファンは病院にいて、今は意識不明であると刑事に言われる。
そのころ、記憶が戻ったヨンアはミンジョンを呼び出し、刑事に思い出した事実を話したら、スヒョンは逮捕されると告げた。ミンジョンはスヒョンに会い、ヨンアが思い出した全てを警察に話す、と伝える。するとスヒョンは、ヨンアの口を封じろ、と言って立ち去ってしまう。
一方、ガンピルは母ヒジョンに、ヨンアを拉致した犯人と家に侵入した強盗は同一犯ではないかと話した。追い詰められたスヒョンは、慌てて荷造りをし、家から車で逃走した。 
そんな中、ドゥファンが医師の携帯電話を盗み、スヒョンと連絡を取り合っていた、と刑事に告げられたガンピルとスヒョンの実母ジョンヒは、激しく動揺し…。
81話:落ちるところまで
ヨンアが警察に全てを話すと聞かされたスヒョンは、何としてでもヨンアの口をふさぐようミンジョンに言い放った。ガンピルと母ヒジョンは、家に来た刑事から捜索令状を差し出され、スヒョンが拉致教唆の疑いで指名手配されたと告げられる。ドンヒョクとヨンアから、ヨンアの拉致にスヒョンが関係している、と聞かされたヨンデと家族たちも、困惑するのだった。
そのころ、ガンピルと待ち合わせしていたスヒョンは、その場に尾行してきた刑事がいることに気が付き、車で逃げ去る。
そんな中、刑事は押収したドゥファンのバッグに入っていた録音機器を再生し、ドゥファン本人に聞かせた。そこには、スヒョンを脅迫するドゥファンの声が録音されており、ドゥファンはスヒョンの命令に従っただけだと自白し…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 揺れないで | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

グッドワイフ 23(最終)話決断のとき Running

カリンダやっぱり凄いねえ~。汚職警官の告発をしようとする人間の弁護をしようとしたが、その男性が殺された。その「汚職警官」とされた人間のなかに自分に情報を流している元同僚もいた。カリンダは疑惑を持ちつつも事件に当たっていく。

結局、事務所の考えたストーリーは弾道解析で主張が崩される。相手は検事局に就職したもとライバルくんのケイリー。
リークしたのは妻で、不正がバレそうになった依頼人が告発という手段をとっただけだだと判明。しかし、すでに面倒を嫌がった検事局から50万ドルで手を打とうという話が来ており、弁護士としては依頼人の希望を叶えなければならない・・・。
そんななか、カリンダは真犯人を「情報リークしてくれていた元同僚」にリーク

ピーターは「権力の誘惑に負けそうだから4年後まで選挙を伸ばしたい」と言い出す。牧師さんの言葉に誘導されている。妻の協力が必要だとゴールドは言うけど、「牧師と話すべき」というのがアリシアの意見。結局、おばあちゃんが話をつけた・・・。
ウィルが「やっぱり僕達」と言い出すが、アリシアは「正しい世の中を作りたい」という夫を支援することに。


あらすじ(公式から)
アリシアが、今後の人生に関わる大きな決断を迫られるシリーズ最終回
アリシアの事務所では、極秘に、FBIのラナと麻薬特別捜査官のジャックとその妻を引き合わせる。ほかの捜査官たちの違法行為を知ったジャックがFBIに協力する代わりに、証人保護プログラムの適用を求める交渉だ。

一方、晴れて自由の身になったピーターは家族で楽しく外食。その後アリシアはイーライからピーターが出馬を迷っていると聞かされる
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| グッドワイフ | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

四月のキス23・24(最終)話

やっと幸せになりかけたのに、病気。ジェソプは「自分が悪いことをしたから、ジョンウとチェオンを邪魔したからではないか??」と想いなやむ。「なんかの間違いだ」なんて気軽にいうジョンウ。アホ丸出し・・・。
で、ジナのこと気にしてるくせに「ジェソプのために」みたいな言い訳つくらないと動けないんだよね。やっぱジョンウ嫌い。ジュンウ父もジナに説教する前に息子に説教しろよ。

ジェソプは出張を理由に結婚式を延期。スンヨンとジェドンだけで結婚式をすることに。
チェオンは私の愛やジョンウの友情を踏みにじらないでといって説得。二人で闘病生活をすることに。ジナの兄から治療の可能性があると言われて、アメリカにいくことに。スンヨンが「ジェドンのために生きないとと思った」というのがきいたね。

結局、ジョンウは「自分だけを愛してくれた」ジナを運命だと感じて丸く収まった感じ。

しかし、治療に旅たとうとする瞬間、道路に飛び出した子どもを助けようとして、交通事故死するジェソプ。もう力技で収めたって感じですね。最後までひたすら献身するジェソプ。もっと笑顔が観たかったよ。
2年後、チェオンは小さな子と故郷へ。ジェソプの目を貰った子供たちなのね。ジェソプとの思い出がたくさんある場所。チェオンは、ジェソプがそばにいると感じながら幸せに生きている。



あらすじ(公式から)
23話
余命わずかと宣告されたジェソプは、チェウォンを死ぬ間際まで側におくべきか、チョンウに託すべきかと悩んだ末に、海外出張を理由に結婚式を延期する。
ジェソプの病状を知ったチョンウは、ジナを訪ねてプロポーズするとともに、ジェソプのために手を貸してくれと頼む。チョンウから真実を聞いたチェウォンは、人知れず旅立ったジェソプの後を追い、治療を受けようと説得するが…。
24話
チェウォンのためにも生きようと決心したジェソプのもとに、アメリカにいるジナの兄から治療に希望があるとの連絡が入る。チョンウとジナとともに海に旅行に出かけたジェソプとチェウォンはつかの間の幸せな時間を過ごし、チョンウも改めてジナに愛を告白する。
ジェソプの側にいたいと願うチェウォンは、2人だけの結婚式をあげようとするが、チェウォンを残すのがつらいジェソプは拒否する。数日後、ジェソプは治療のためにチェウォンと一緒に空港に向かうが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 四月のキス | 19:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

黄金のリンゴ30(最終)話

ホンヨンはヒヨンに会いに行って「彼に幸せになってほしい」と願う。プライドの高いギョングの昔話をして、そんな彼を理解して傷を癒してあげて欲しいと頭を下げる。でもこんな深い愛情を見せられたら、ヒヨンは「負けた」って思うよね。ホンヨンがすっかり諦めてるからこそ、「家族を捨てられない」というギョングを理解できなかった自分に劣等感を持ってしまいそう。
ギョングの辞表が受理され、ヒヨンは会社に残ることに。

死んだホンの腐乱死体が確認される。キョンスクは陳述に協力してくれた元刑事さんの毒蛇を心配。スンシクは「情状酌量の余地がある」というけどね・・・。阻止しようとする元同僚もいるがが「罪は償うものだ」という毒蛇さん

会長はイ専務に「俺という悪い例から学んだのが悪かった。俺が悪い。君を恨んでいたが、身から出た錆だ」と語りかけて説得する。
もみ合ってるうちでの事故だったけど選挙前だったし、口止めするための費用もあったので、隠蔽してしまったということだった。
なんか呆気無いというか、こんなことでキョンスクたちが苦しみ続けたと思うと切ないっす。

会長とクムシルとお父さんのお墓参り行って、キョンスクは会長からりんご園をちょっと購入して、お父さんの大事な林檎の木を育てることに・・・。
キョンミンとクムシルのシーンも凄く良かったね。仲良し兄妹らしい感じが出てた。

ヒヨンが無実の証明を祝福しに来て、キョングに「ホンヨンにあった。自分の人生を捨ててまで愛してる。私の愛は本物じゃないと想った」と語る。ギョングもやっとホンヨンの愛を受け入れる心境になった。キョンスクもジョンギュと結婚。ポングはカーセンターを開く。
悲しいけれど、皆が希望を持って追われる最終回だったと想います。



あらすじ(公式から)
ついにキョング、キョンスクたちを苦しめていた事件の真相が明らかになる! 波乱に満ちたドラマ『黄金のリンゴ』、感動のフィナーレ!!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 黄金のリンゴ | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

海外ドラマ最終回はスッキリしないのが定番なんですよね~
ジェシーを助けるカイル。トムはカイルの家族を助ける。

ニコールとスティーブンはカイルについて話し合い、カイルとはなにか??と考える。カイルへの不信をつよめる家族に「こんなの欠席裁判だろ?いつも説明しろと言うじゃないか。家族だろ?」というジョシュとってもいい子。大好き。

指輪ですべてが分かるというトムの言葉から、ジェシーとカイルはふたリで真実を探し求める。しかし、ジェシーはプログラミングされためいれいに抵抗で帰す。カイルから情報を引き出して消えてしまう。



あらすじ(公式から)
ジェシーと共に森をさまようカイルは、マダコープ社から脱出したトムから、「安全な場所に行け、すべてはそろっている」と告げられる。
その後カイルは、アダムの指輪に光を通すことによって、地図が示されることに気づく。

一方、ニコールとスティーブンは、自分が知っているカイルの秘密をお互いに打ち明け、今までに起こった数々の不思議な出来事を整理してみる。そして、改めて「カイルは一体、何者なのか?」との疑問を抱く。

[ゲスト出演]
アダム・ベイリン役/J.エディ・ペック (映画「ランバダ/青春に燃えて」ドラマ「ダイナスティ」)

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| カイルXY | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

隠密八百八町 9(最終)話敵うち

これで地上波時代劇NHKは大河を残すのみ。最後となる作品ですが、ベタなものをしっかりベタに作ったと思います。舘さんもいい大根(ほめてます)らしい素直な演技ぶりでした。楽翁とのシーンなんか良かったと思います。脇を固めてるひとが良かったのもあるんでしょうけど。
気持ちの良いラストだったし、サクラが綺麗でしたね。
東北がサクラを迎えるころには少しでも復興が順調に進んでいるといいなと想いました。


あらすじ(公式から)
 ついに喜八郎(津川雅彦)は、35年前、庄左衛門から託された備忘録を又十郎(舘ひろし)に手渡した。両親と兄の死の真相を知った又十郎は、今も生きている敵(かたき)はいるのかと喜八郎に問いただす。一方、老中・水野忠成(前田吟)と奥右筆・遠藤(益岡徹)は隠密組の実態をつかみ、隠密組の壊滅を剣客の犬飼(田中要次)に命令する。おとき(釈由美子)、春之丞(宝海大空)、源兵衛(池田努)、そして喜八郎も犬飼たちの急襲にあうが、危機一髪脱出に成功する。しかし、魔の手は又十郎の養女・千代(足立梨花)にまで伸びていた。千代を人質に取られた又十郎は単身、犬飼の待つ寺に向かおうとするが、喜八郎たち隠密組の仲間たちが作戦を考え犬飼たちに対抗することになる・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

外交官・黒田康作10(最終)話

やっぱり、これは2時間ドラマでよかったね。黒田はかっこいいけど、周囲の人を巻き込むようなエネルギーがあるタイプじゃないよね。瑠衣ちゃんに触発される大垣とか、公安糞食らえの田中哲司さんとかが協力するのは分かるんだけど・・・。
まあ、PVドラマとしては最高でした。イ・ビョンホンはちょとだけ出てきて美味しいところ取っていったね。英語のセリフも一番多いわ、工作員!!って感じの行動を毎回しっかりみせてたし。


あらすじ(公式から)
黒田康作(織田裕二)の調査は、霜村毅(香川照之)と悠木圭一(萩原聖人)の死、佐々木藍子(片瀬那奈)の逮捕をもって決着しようとしていた。安藤庸介(鹿賀丈史)も黒田を邦人テロ対策室本来の業務に戻そうとする。だが、黒田はまだ納得することが出来ずにいた。黒田は、アトロン訴訟の裏で動いていた黒幕の正体を掴んだのだ。そんな黒田に鴨下祐司(大倉孝二)から連絡が入る。鴨下は黒田に11年前の大使館立てこもり事件の犠牲となった霜村の妻、倫世(紺野まひる)の検死調書を極秘扱いにしたのは自分だと打ち明ける。そして、鴨下は西園寺守(田中圭)とともに黒田の調査への協力を申し出た。

黒田は、大垣利香子(柴咲コウ)に、近く行われる国連子供フォーラムの警備体制を調べるよう依頼。さらに、ジョン(イ・ビョンホン)との情報交換から、大使館立てこもり事件の真実を知る事となる。黒田は、全てを公にするため観上祥子(草刈民代)にも協力を頼んで、ある行動を起こす事を決意した。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 外交官・黒田康作 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ガラスの城49~51(最終)話

結局は、ジョンソンもミンジュも自分の生き方を捨てることは出来なかった。相手のために我慢する=不幸にすると想ったジョンソンはミンジュを手放すことにした。
一方、ユランの子がヒョンソクの子であることも含めてギュソンは彼女を受け入れた。同じような親を背負い、同じように苦しんできた二人だから分かり合えるものがある。
自分は、これで良かったと思います。ミンジュがユランのように合わせられる人ならいいけど、それは無理だ。ジュンソンも生き方を変える気はないわけだし・・・。
無意識に相手を支配しようとすることを、3人の兄弟があきらめただけでも、父親世代からは進歩したと思う。
ミンジュは苦労の末にキャスターに。先輩はホント、いい先輩だったね~。ちゃんと厳しくしてくれるソクジン代わりになる人だった。
ソクジンが他社に行ってしまったのでなかなか会えない。でも、いい感じ??を予感させて終わりました。二人はお似合いだと思
うので、こんどこそ「自分の幸せ」を掴んで欲しいですね。
あと、ずーっと和みパートだったヘヨンと彼の恋もうまくいってほしいな~。


あらすじ(公式から)
49話:ユランの妊娠
ジュンヒは気持ちを整理し、ソクジンに別れを告げてパリに旅立つことを決めた。そんな中、ギュソンの妻ユランの妊娠が発覚した。家族は大喜びだが、お腹の子供がギュソンの子かヒョンソクの子かわからないユランの気持ちは、重くなるばかりだった。
いよいよギュソンの出馬が決まり、世間体を気にするインギョンは、出て行った嫁ミンジュを家に戻そうと躍起になるが…。
50話:愛する人よ
世間体を気にした義父ドゥヒョンはミンジュに、家に戻るか海外研修に行くか、どちらかを選べと命令した。それを知ったジュンソンは、ミンジュを守るため、勝手に離婚会見を開く。その会見を見てショックを受けたミンジュは、ジュンソンのもとに駆け付け、理由を問いただすが、ジュンソンはわざとミンジュを傷つけることばかり言って悪役を演じるのだった。二人の破局を見かねたユランは、ミンジュに真実を打ち明けた。ジュンソンの本心を知ったミンジュは、私を引き留めて欲しいと言うのだが…。
51話:チャンスをこの手に(最終話)
会社の大株主ユソン・グループの息子と離婚した“けじめ”として、会社を辞めようと辞表を用意したミンジュ。決心がつかないミンジュを見かねて、先輩でありお互いライバルとして意識し合っていたジュヒが、辞めるべきではないと激励した。
一方、ソクジンと酒を飲んだジュンソンは、ミンジュと結ばれるチャンスを自分が奪ったのではないかと問い、次にチャンスが来たら逃すなと忠告する。
最後にジュンソンと会ったミンジュは、結婚したことを後悔したくないと告げた。それから1年の月日が流れ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ガラスの城 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT