FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

坂の上の雲 1話少年の国

公式ページ
面白かった~。
しかしお金がかかってますね。ロケは多いし、エキストラもふんだんに使ってるし・・・。そして、それが凄く良い効果をあげていると思います。
ドラマらしく、とても分かりやすいストーリーと、映画並みの金のかかった映像。分かりやすくて見易かった。
あの、ちっこい船で神戸に向かうのか~ってのがあったあとに、あのデッカイ船を見たら、そりゃテンションあがるよね~。海軍にはいりたい!って思う気持ちがすっごく分かった。
英国紳士もカッコ良かったし、武士!でありつつ現実家の兄さんはカッコいいし、あんなふうになりたい!という目標があるのもうらやましいな~。
どのキャストもばっちり役にハマっているし、面白い!!


あらすじ(公式から)
260年続いた幕藩体制が倒れ、日本に近代国家が誕生した1868(明治元)年。四国・伊予松山の秋山家に5人目の男児が誕生。名を秋山淳五郎真之と名付けられた。明治維新後、松山藩の財政は底をつき、藩士の生活は困窮を極めていた。とりわけ、大勢の子に養育費がかかる秋山家は悲惨だった。父・久敬(伊東四朗)は生まれた子を「寺へやるしかない」と言うが、兄・信三郎好古が猛反対。そのまま秋山家で養育されることになった。
 1874(明治7)年、16歳になった信三郎は日銭を稼ぐ生活に追われていた。秀才で名高い信三郎だが、貧しさゆえに中学に通うことができなかったのだ。淳五郎は6歳になり、近所でも評判のガキ大将となっていた。幼なじみで弱虫の正岡升(のぼる・後の子規)、その妹でめっぽう気の強い律たちと悪さをしては叱られてばかりだが、好古を慕いあこがれていた。
 やがて好古は、学費がかからない師範学校への進学を目指して大阪に旅立った。その後、師範学校を卒業して上京、陸軍士官学校へ入学した好古が松山へ帰省。好古は、自らの仕送りで真之を中学に進学させるよう両親に申し出る。
 数年後、松山中学に進んでいた真之(本木雅弘)と升(香川照之)。升は、当時流行りの自由民権運動にかぶれていたが、中学を中退して大学予備門を目指すために上京してしまう。取り残された思いの真之に、再び好古(阿部寛)が援助の手を差し伸べた。真之は旧旗本の佐久間家に下宿する好古を頼って上京。神田の共立(きょうりゅう)学校に入学する。
 ある日、ふたりは英語教師の高橋是清(西田敏行)に誘われ、横浜の外国人居留地に出かけた。そこでイギリスから来た最新鋭の巡洋艦「筑紫」を目の当たりにした真之は、遠い海の向こうの世界へ思いを馳せるのだった。

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

イ・サン(正祖大王) 1話

NHK
風の絵師でも舞台になっている、世祖の時代&図画署所属の女性がヒロインです。見比べるのも面白いですね。絵のトーンがかなり違います。風の絵師はちょっと古い感じで平面的。でも線が優美です。こちらは、もっと写実的な感じですね。
ちなみに、イサンの先代で祖父の英祖は、チャンヒビンでチェ淑嬪の産んだグム王子ですね。すごーく長生きした王ですが、母の身分が低いことで苦労もした人です。


1話三人の約束
1762年。イ・サンの父、思悼世子(サドセジャ)は、何者かの陰謀により謀反を企てた罪を着せられる。父である第21代王、英祖(ヨンジョ)は、世子の謀反に怯えている、王の命により、米びつに閉じ込められ、水も与えられぬまま6日目を迎えていた。

何とか水でも与えようとした内官が、こっそり小さな穴をあけるんだけど、そこから餓死寸前の世子が出す手が怖すぎるよ~。内官が兵士に見つかって殺されてしまい、思悼世子は餓死寸前・・・。
この米櫃事件は、いつみても暗い・怖い・悲惨。老論・小論(思悼世子側)の戦いが原因で、思悼世子は常軌を逸したという設定みたいですね。コレも、解釈は色々あるみたいですが・・・。

絵師であった父を亡くしたソンヨンは女官見習いとして宮中に。赤ん坊の弟?ウクはサンヨンの所に預けられることに。何も分からないウクの絵を書いて、「毎日見るからね。でも大きくなって顔が変わってたらどうしよう。内緒で会いに行くからね」って、健気だなあ。しかし、子役はめっちゃカワイイなあ。

内侍見習いのパク・テス。子供だけど、厳しい修業で鍛えられるんだね。逆さづりなんて怖いよなあ。嫌だ~ってなるのもわかるわ・・・。それに、テスはちゃんと宦官になる処置をされてなかったんだ。どういうこった???という事になる。テスの伯父タルホは「犬にかまれたといってたので、大丈夫だと思って・・・・」と言い訳するけど、すぐに去勢だ!といわれる。痛いの嫌だ~なテス君。アホすぎるけど、かわいいね。「怪我したときは小豆の煮汁!」とかソンヨンに教えてもらいます。でも、小豆の煮汁なんかじゃ耐えられないほど痛いだろうねえ。

父の無実を信じる幼いサンはなんとか食べものを届けようと、夜の闇のなか、内官見習いを装い米びつの置かれた場所へ向う。その途中、夜中に食料をとりに来ていた女官見習いのソン・ソンヨンと、内官見習いから逃げ出そうとしてたパク・テスに出会う。
サン、妙に偉そうで、二人の話を聞いて説教です。ソンヨンに「あんただって、見習いじゃん」とか言われてタジタジ。「内官のムドク」と名乗ります。
迷っちゃった・・・なソンヨンに、「使いのあとに送ってあげる」なサン。ちっこい3人組は、追手を撒きながら思悼世子の所へ。サンは対面を果たします。食料を渡すサンに「長居してはならん。私の絵を王に見せてくれ。聖君になるのだ。決して恨みを抱いてはならぬ。復讐の怒りで身を滅ぼすな」と諭す父。

そこに英祖が近づいてきて、三人は大ピンチ!ソンヨンとテスの助けのお陰で、何とか追っ手から逃げ切ることができました。「助けあう」って約束し合います。微笑ましいねえ。


サンは、父が言っていた絵も探してます。王に「東宮殿に入りたい」とお願いし、「父上は王を恨むなとおっしゃいました。父を許してください」と訴えます。しかし、王は宮中を出てしまいます。さらに、母の実家に行けと言われてしまうサン。

英祖は「思悼世子に会っていた者を必ず探し出し、処罰せよ!」と厳命。犯人探しを始めます。テスは靴についていた泥が証拠となって捕らえられてしまい、ソンヨンも先輩女官に疑われ、役所に突き出されそうになります。その時、「その子を放せ!」と言って現れたイ・サン。「サン=内官のムドク」だと思っていたソンヨンはビックリですね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イ・サン | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

風の絵師1話

風の絵師 DVD-BOX I風の絵師 DVD-BOX I
(2009/06/26)
ムン・グニョンパク・シニャン

商品詳細を見る

BS日テレ
AVEX公式

★キム・ホンド役(パク・シニャン
若くして王の肖像画を任された天才絵師。
10年前、ある事件をきっかけに図画署を追われるが、正祖の命で同署へ戻ることに。弟子ユンボクの天才的な絵のセンスを見抜き、自身をも凌ぐその才能を伸ばそうと努めるが、次第に師弟関係を越えた感情を持つようになる。豪快かつ型破りな性格だが、絵に向き合う姿勢は人一倍真摯な男。
★シン・ユンボク(ムン・グニョン
並外れた絵の才能を持つ図画署の画工。王室の絵師を目指し、男と偽って生きている。豊かな感性で自分の思うがままの絵を描くため、秩序を重んじる図画署では度々トラブルの火種に。絵師としての誇りにあふれ、どんなときでも信念を持って自分を導いてくれるホンドを強く慕うようになり、さらに腕を磨いていく。
★キム・ジョニョン(リュ・スンリョン)
朝廷の中心人物たちと密接な関わりを持つ大商人。元々は賤民出身だったが、持ち前の野心と才覚で両班と通じるようになり、国の需要品の販売を独占するまでに成長した。清との交易で養った確かな審美眼で、ユンボクの才能にもいち早く目を付ける。
★チョンヒャン(ムン・チェウォン)
匂い立つような美貌と伽椰琴の腕前で男を虜にする妓生。ユンボクの絵のモデルとなり、彼女が女だとは思いもよらず惹かれていくが、自身に片思いしていたジョニョンに売られることに。ジョニョンと婚姻後もユンボクのことを一途に思い続ける。

★世祖(ペ・スビン)
李氏朝鮮時代の第22代国王。幼い頃、父親の思悼世子が悲劇的な死を遂げたことから、心に深い傷を負っている。10年前に何者かの策略によって消された思悼世子の肖像画を探すため、絶対的な信頼を寄せるホンドとその弟子ユンボクに秘密任務を課す。


1話 外遊写生

冒頭は、キム・ホンド(パク・シニャン)が、ユンボクを思って泣き崩れるシーン。おそらく、これが結末なんだろうなあ。最後は悲劇的なのか~。事情は分からないのに、その悲しみが伝わってくるのは、流石にパク・シニャン。顔は松尾貴史のくせに!!

18世紀の李氏朝鮮時代(世祖の時代ですね)。王室の画事を担う図画署は、祭祀で使う絵などを書く部署。そこには、絵師を目指す生徒たちで活気にあふれている。いつも仲間たちから問題児扱いされているシン・ユンボク(ムン・軍ヨン)は、その中でもずば抜けた絵の才能を持っていた。兄のヨンボクは図画署に努める父に「ユンボクは才能のある子。大事にしろ」と言われて、弟を大事に守っている。
ある日、春の行事である写生へ出かけたユンボクは、山奥の家でひとりの女性を見つける。木陰に佇むその後ろ姿に魅了されたユンボクは、夢中で筆を走らせるが、彼女に気づかれ慌てて逃げ出す。この映像の輪郭をなぞって絵になっていく作りが、すごく楽しいんですよね。山並みをなぞるときとかも、自然の美しさが生きている。
街でチョンヒャンという美しいキーセンにも出会った。

ユンボクが書いた女性は、秘密裏に宮中を抜け出していた王大妃だった。彼女はその事実が正祖に知られることを恐れ、絵の描き手を見つけ出すよう家来たちに厳命する。

ユンボクの絵は、女性をメインでかいたもので「春画だ」なんていって役人たちに責められる。でも、父シン・ハンピョンは「学生はまだ署名を許されてないから、誰か分からない。それに外遊写生は息抜きのようなもの。」といって庇う。でも、犯人は見つけないとダメ。犯人探しのために、筆使いを見分けられる人間が必要。追放になった壇園ことキム・ホンドを呼び寄せては?なんていう意見が出る。

そのホンドは虎を写生するために近づきすぎて大変な目に会ったりして、ホント執念の芸術家って感じ。
街のギャラリーで絵を見てて、ユンボクとホンドは同じ絵を見ようとして取り合いになって、破いてしまう。「少し待ってくれ」と言って絵の写しを作ることで、代金代わりにするユンボク。筆使いは違うが、その集中力に感嘆するホンド。

図画署で絵を見せられたホンドは、「いい絵だな」と言うけど、「よく見ろ。コレは春画だろ?」と言われてしまう。犯人を見つけたら、手を石で潰すのか~。だめじゃん~。

王は、ホンドの絵がお気に入り。呼び戻すキッカケがあって嬉しいみたい。

図画署が再会したユンボクとホンド。ユンボクは「俺一人に絵を書かせて~」と文句言うけど、あの男がホンドと知ってビックリ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風の絵師 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)32(最終)話

華流ドラマっていくつか見ましたが、淡々と展開していく感じがします。起承転結がはっきりしないで、エピソードが羅列されるだけって印象がある。それでも、エピソードそのものや、シーンシーンは凄く劇的で面白いです。そんななか、現れては命を落としていく女性たちが印象的でした。


荊軻が戻るまで待てないか?と於期に願う丹。荊軻は刺客・蓋聶の同伴が必要だというが、もう待てない。丹が鍛えていた兵たちの中から選ぶことに・・・。そこに、キジャクとの戦いで死んだと思った舞陽が帰ってきた。

荊軻は暗殺を決し、於期に別れを告げに行った。於期は、理想と現実の違いに打ちのめされたような気持ちでいる。荊軻は「チャンスは来る」というけど、於期は「本当に世のためか?秦王に天下統一させるのが真の平和を呼ぶことでは?丹が本当に平和を呼ぶか?形勢が変わることは、多くの死を呼ぶことでは?」という於期の疑問は晴れぬ。晴れぬけど、荊軻のためには成功を願うしかない。
色々な状況を考慮して、「王の傍に寄るには、王の気がかりとなっている私の首を差し出すしかない」と言い出した於期。「それは出来ない」という丹王子。決断できぬまま時が過ぎ、王箋が侵攻してきた。玉砕覚悟の反攻を望む丹だが、「それでは民のためにならぬ。投降か、暗殺かしかない」と言い出す。

ガン蘭が「一緒に逃げて静かに暮らしたい」と言い出した。あんたらが煽って、戦争の渦に連れ帰ったんだよ~。もう、逃げるに逃げられない男が二人。

於期、自ら決断して荊軻の元へ。最後に酒を酌み交わし、自決・・・。こんな決断も引き受けられぬ丹王子じゃダメだよなあ。

荊軻はサントウを連れて斉へ旅立とうとする漸離と再会します。「なぜ、このようなことを?なぜキジャクを殺した。友達を信頼できないか?」と問いかける。「お前も彼女も責めないが、秦王が悪いのでもない。改革で暴力的な手段を使うのは同じだ。私の音楽も役に立たなかった。秦王が死ねば世はさらに混乱する。理性では秦王の統一を、燕国人の感情としては暗殺の成功を願っている。」漸離はキジャクに贈られた楽器で音楽を始めたんだね。それで、易水の別れという曲を作り、荊軻にささげる。

旅立つ荊軻と一晩を過ごしたガン蘭。一緒に死ぬと決めてしまってる。結果を聞いたら、自決する・・・。

暗殺計画の結果は、荊軻一人で挑んで返り討ち。丹王子の生首を差し出しても秦王の怒りは収まらず燕国滅亡・・・。

歴史的な結論がこうなだけに、やはり虚しさが残ります。作品全体として、「闘いの虚しさ」を悟った上で、それでも戦う道を選ばさるを得なった荊軻と於期を描いてきたこの作品。残されたのは一つの詩。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 1話

BS日テレ公式
とにかくロケがすげ~。雄大な西方の自然!それを堪能しつつの陰謀うずまく全20話。たのしみ

手にした者が覇権を握るといわれる伝説の刀、ブッダの血をあびたという「孔雀刀」が、後漢・和帝期、西域に流れ着いた。西域では30年前にこの地を治めた定遠候(テイエンコウ)が作った飛駝商隊(フェイトしょうたい)が勢力を誇っていた。定遠候の息子・班勇(バンヨン)が朝廷で戦術を問われ投獄される。戦功がありすぎて、王擁立を狙っていると思われて、南天星(ナンテンシン)を後ろ盾とする敦煌太守張朗(シャンラン)らの弾劾に大臣が追従してしまった。
謝司寇はパンヨンの冤罪を晴らそうとする。南天星の要求は孔雀刀だろうという。
これを機に飛駝商隊と朝廷の溝は深まる。同時に西域に勢力を広げる呪奴(じゅど)、匈奴(きょうど)などが不穏な動きを見せ始める。

5堂12旗を擁する飛駝商隊を率いるのは高格の士として知られる刀爺(ダオイェ)。商隊の飛彪旗(フェイピャオ・き)は生き倒れた謎の女を助け、同伴させる。しかし、水に仕込まれた毒で隊員は倒れ、呪奴の奇襲を受けて壊滅状態に。
朦朧とする旗主・池彪(チーピャオ)は、天琴(テンチン)という女性が「父親が刀爺に謀殺された」と天眼によって伝える夢を見る。
チービャオは、兄の敵を打とうとする玉門八玉らや、仲間のフェイト商隊・猛子堂のものを蹴散らしながら帰還。猛子堂は、周辺を調査して、クーチュエンで商隊が消えうせていることを知ります。
殺したのか?と詰め寄ったチービャオに「そうだ」と答えた刀爺。チービャオは取り押さえられてしまう。ダオイェは「義に反することはしていない」と説明したが、これで納得できるのか~?

都・洛陽に「超一流の刺客」を求めて怪しい老人が現れた。推挙されたのは燕逍遥(イェン・シャオヤオ)という侠客だった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| シルクロード英雄伝 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

英雄時代 3・4話

英雄時代 DVD-BOX 1
英雄時代:
1・2話みのがしちゃいました。韓国の立身出世もの。ヒュンダイとサムソンの2大メーカーの創業者の話らしい。毎日2話放送で付いていけるか不安です。レビューは簡単にしたいと思います。


子供時代。友人のインギュ(妊娠中の妻アリ)、チュンサムと出稼ぎに出たテサン(落ちぶれた両班の家)。長男だから、妹の治療費のためになんとしても稼ぎたい一心。チュンサムの伯父を頼ったんだけど、彼も遠くに移転する予定という。それでも、頼みこんで掘削現場での労働者に入れてもらった3人。
そこで、イさんという叔父さんに出会います。実は抗日戦士のソ・ドンミンという指名手配犯。怪我したときは助けてくれ、「金が稼ぎたいなら学ぶことだ。無知だったから、この国は滅んだのだ」と諭してくれる。
彼とともに山での伐採作業場に移動したテサンとチュンサム。(インギュは迎えに来た母と妻に連れられて帰還。妻は道端で出産)

テサン父も心配してテサンを探しまわっている。テサンも「移動する」というドンミンと別れて、帰ろうかと思っていた。しかし、ドンミンは警察に見つかり、包囲されてしまう。テサンの目の前で、国家を歌いながら銃弾に倒れたドンミン。

テサンが帰らないのを心配するソソノ。互いに思い合ってるけど、パンソリ歌手のもとで育ったソソノと、落ちぶれたとは言え両班の家のテサンでは身分が違う・・・。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 英雄時代 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

大望 1・2話

大望 DVD-BOX 11話
山の中で産気づいた女性ブンイを助けた猟師(チョ・インソン君)。無茶強い彼は、4・5年前の疫病で人が居なくなった村の家を修理して、生活の基盤を作ってあげた。
だけど、ブンイは赤ん坊をつれて居なくなった。下女として勤めていた商家の旦那様パク・フィチャンの子なのね。で、奥さまに「奥様に育ててほしい」と子供を差し出した。

10年後。兄シヨンの危機を聞いて、駆けだしたチェヨン(あの時の赤ん坊?)。貧乏の余り魚を盗んでシヨン父に捕らえられたソグ父を助けようと、シヨンを人質としようとする男たちに、追いかけまくられている。チェヨンは心配で助けたいけど、喧嘩は嫌・・・。「父さんには敵が多いから、これじゃ駄目。ソグを助けるのを協力するから」と言って解放して貰った。
で、夜に牛を放ち、ボヤをだして騒ぎに乗じて逃がそうとするシヨン。しかし、父に見つかった~。ボコボコに殴られる兄弟。それでも兄は「やるなら、牛や人の心配をせず、一気にやりきったら見つからなかった」って、強気の感想をもっている。
実は、肝心のソグ父は、昼間にやってきた坊さんが引き取っていた。それは、チェヨンを占って、「彼の人相と生年月日からくる運勢が違いすぎる」と痛いところをついた結果なのね。

さて、厳しく、そしてシヨンに期待をかける父は、「昨日の騒ぎの損害」を算出し、払えという。発案者のチェヨンが「僕が・・・」と引き受けたわ良いけど、困ってしまう。元手がいると開場の商人ソンチュに交渉をしてみた。あっけらかんと「何をすれば稼げる?」て聞く愛嬌ある子供に、あっさりと金をかしてくれたよ。
しかし、チェヨンは、脱臼した方を直してくれた医師の手伝いをする少女ヨジンに、完全にのぼせてしまってます。シヨンも剣舞の大道芸で稼ぐ父娘を見て、心奪われました。

シヨン、母が「実の子じゃないから・・・」というのを聞いてしまいました。

2話

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大望 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

朱蒙(チュモン)44話

朱蒙〔チュモン〕第二章 後編(1) <ノーカット完全版>流民の収容所を訪ねたチュモン。脱出を図ったマノおじさんが捕まり危篤状態に陥っていた。真意を語るチュモンに「タムル軍の栄光を」と言い残して逝ったマノ。
出立の準備は着々と進む。ユファは残って王を世話するのが、最後の恩返しだと決断。しかし、ユファ付きの女官ムドクまでが残ることを、恋人のムソン(モパルモの護衛してる人ね)は残念がっている。
ユファはイェソヤに別れの言葉として、コジュソンのための新しい国を建てるというチュモンの大業を語り、妻として新しい国の母として責務を果たしてほしいと告げた。
チュモンはソルランの護衛から見張られているのに気が付き、ソルランの前で糾弾した。

そのころ、王宮の巫女マウリョンが、プヨを覆う三足鴉の気を払おうと闘っていた。三足鴉がチュモンであれば、飛び立つ前に殺さなければテソの障害となると聞いた王妃。テソに話すが、今はチュモンを信じ切っている。
テソはチュモンと話をしてみた。あからさまに「王は引退すべき」なんて言うもんだから、疑いを感じたんだな。流民護送の任務からチュモンを外し、代わりにナロを任命した。チュモンは兵を伴って無理にでも敢行するという。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT