FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

まっすぐな男 10(最終)話

これほど、主人公に共感できないドラマもめずらしい。
深キョンが可愛いってだけのドラマだったな~。一緒に暮らすほどになってるのに、愛情がまったく感じられないコンビだったしなあ。


あらすじ(公式から)
鳴海(深田恭子)が病院に運ばれたとの知らせを受け、プレゼンの直前に会場を飛び出した健一郎(佐藤隆太)だったが、熊沢(田中圭)が急遽代役を務めたおかげでプレゼンは成功。次の最終プレゼンでグローバル中央建設と一騎打ちすることになり、健一郎は絶対に勝ってみせると意気込む。


そんな折、社長(石坂浩二)が最終プレゼンに勝つため、有力者の元議員に賄賂を渡そうとしていることを知らされる。汚いやり方に納得できない健一郎は社長に抗議。社長はそんな健一郎を一蹴すると、元議員のもとに金を運ぶ役を命じる。健一郎は抵抗するが、プレゼンを放りだした失敗を取り戻すためには引き受けるしかないと山崎(宇梶剛士)に釘を刺され、思い悩む。

その夜、社長にまで直談判する健一郎には勝てないと漏らす熊沢を、佳乃(貫地谷しほり)は、やさしく励ます。

一方、鳴海は社宅の主婦仲間に認められようと奮闘するも、無理がたたって再び病院へ。健一郎や子どもに肩身の狭い思いをさせまいとがんばる鳴海の健気な思いを知った健一郎は、何かを振り切るようにこみ上げる涙をぬぐう。


家族を守るためには信念を曲げて不本意な仕事も受けるべきなのかと迷う健一郎。そしてとうとう、元議員に金を渡す約束の日。健一郎は意を決した様子で社長室に向かい…。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| まっすぐな男 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

華麗なるスパイ 1話

うーん、このバカバカしさは嫌いじゃない。長瀬君も、かわいい深キョンのコスプレも楽しみだった。でも、二時間が長く感じてしまいました。たぶん、役者と演出のリズムがあってないんだと思います。あと、長瀬君も深キョンも重鎮の渡さんや脇を固める寺島さんも、「自分のリズム」を持った個性のある役者さんなので、それらがかみ合ってない気がします。ゆっくりのリズムならリズムで、皆がそろってると意外に「テンポ悪い」と感じないものなんですが・・・。
でも、靴が携帯とか、ロッカーがエレベータとかは好きなんですよね。もっとチープに作りこんで、マニア受けを狙って開き直ればよかったのに・・・。
あと、周波数が起爆スイッチといいつつ音量が大きくなると・・・ってのはミスじゃないかなあ??いくらバカバカしいにしても、そういうことはチャンと作っておかないと、ギャクを楽しめないっす。あんだけアメリカから情報とか得てるのに、女子高生が見ただけで分かる爆弾構造について何も分からない諜報部。大丈夫か!!
あと、カメレオン詐欺師と言いつつ、あんまり変わってないよねえ。何度も「変身」するシーンを入れたことで、却って「変わってないじゃん」というのが浮き彫りになってしまった気がします。あと、京介がやる気なしなのもなあ・・・。やるからには完ぺきな詐欺を!みたいな感じで、作りこんでいくとかの方が「変身」の面白さは出るかも?
深キョン好きなので頑張ってみますけど、来週の通常枠54分で面白くなってないと辛いなあ。


あらすじ↓(公式から)
 日本政府のスパイ組織、内閣情報室秘密諜報部部長の霧山誠一(寺島進)がひとりの囚人と面会する。囚人の名は鎧井京介(長瀬智也)。13件の詐欺事件で逮捕され、被害総額は一億円を超えるこの男は懲役30年の判決を受けたばかり。特技は瞬時にしてどんな人物にもなりきれること。相手の情に忍び込み、カネを奪い取るカメレオンのようにいくつもの顔を持つ。霧山は京介に取引を持ちかけ、吉澤総一郎内閣総理大臣(渡哲也)と面会させる。京介は吉澤総理から、罪状の数と同じ13のテロ計画をスパイとなって阻止すれば本当の自由を与えると言われる。

 住処としてホテルのスイートを用意したと言われ、行ってみるとそこは東京・深川の古びた定食屋。その一室で平原源一(高田純次)・泉(伊藤かずえ)の店主夫妻と娘で三流夕刊紙の記者、三九(杏)と同居することに。
ボロ家なのに完全な監視下に置かれた京介は、家に着いて間も無く、ミッションだと呼び出された。

 指定された霞ヶ関の雑居ビルの中に行ってみると、ある一室の中のロッカーに入るように言われる。実はそのロッカーは地下へと続く秘密のエレベーター。到着した先は内閣情報室直属秘密諜報部の作戦センター。最新のコンピュータと優れた知性を持つスタッフの集合体。京介が到着すると、ボスの霧山、美女のドロシー(深田恭子)、元自衛隊員の来栖健一(世界のナベアツ)、ハッカーのオサム(藤原一裕)、秘書のジョセフィーヌ(KIKI)が集まっていた。霧山はテロリストのドン、ミスター匠(柄本明)が動き出したと話す。
そのころ、ミスター匠はアジトにテロリストのボマーK(手塚とおる)を呼び、吉澤内閣総理大臣がターゲットだと言い渡す。

 一方秘密諜報部も総理が狙われていることに気づいている。武器開発室で担当のエリス(友近)から毒矢と水が出る携帯電話型の武器を渡され、諜報部員たちはテロリストのねらいを調査するため散っていくのであった。

 京介はドロシーと組むことになった。ドロシーは優秀なスパイで、男勝りの勝ち気な女。変装の名人で、新聞記者に扮し、京介と議員会館に赴く。まずドロシーが吉澤総理と懇意の議員に近づくが相手にされない。それを見ていた京介は、首にしていたアクセサリーを握ると詐欺師のスイッチを入れた。記者を演じて、相手の弱点をつき、総理の近況を聞きだす。

そのあまりの変貌ぶりに驚き、恐れすら感じるドロシー。京介は議員から、吉澤総理の孫娘が修学旅行で東京に来ることを聞き出すことに成功した。到着は明日で、2泊3日だ。

 その夜、収集した情報から、ミスター匠の狙いは吉澤総理の孫娘、亜美(井上真央)に違いないことが分かる。世界的に有名な爆弾魔のテロリスト、ボマーKが入国したとの情報も入った。修学旅行のコースには国会見学があり、孫娘もろとも首相も狙われるかもしれない。

 京介とドロシーは添乗員とバスガイドに扮して修学旅行に潜入、テロを阻止すべく戦いを挑むが、亜美はテロ以外にも問題を抱えていた…  

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 華麗なるスパイ | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |