FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

ヤンキー君とメガネちゃん 10(最終)話

たのしかったな~。すごく良い青春ドラマでした
ヤンキーであることを良いことだとはせず、ただ「どうしていいかわかんない」「居場所がない」なかで作った居場所と捉えていた。普通にしてても居場所がある。そんなことに気がついた花は、普通になろうとするんだけど、大事なのはヤンキーかどうかじゃないんだな。「友達がいれば居場所がある」「友達のためにも喧嘩はしないほうがいいけど、友達の為に喧嘩師なキャナランと気もある」そんなバランスの取り方がうまかったと思います。
シャーペンの君=ハナと気がつかないままの告白も、ねーだろ!と思いつつも楽しくて良かったです。
あと、千葉くんの存在は大きかったですね。ヤンキーじゃない子が、いつも「ほのぼの」と元ヤンキー4人を「友達」として捉えてくれていた。ボケているようで、基本的には頭の良い子で「見るべきところは見ている」し、「言うべきことは言う」っていうのもヨカッタ。あんがい、頼りになる男でしたね・・・。



あらすじ(公式から)
大地 (成宮寛貴) は、花 (仲里依紗) に報復するため紋白高校にやってきたヤンキーの 長崎 (古川雄大) たちと、花を庇って乱闘。大地は退学処分を覚悟するが、担任の 堺 (皆川猿時) の指示で正式な処分が決まるまで自宅謹慎することになる。

一方、花は大地が退学処分にならないよう 千葉 (小柳友) や 凛風 (川口春奈) とクラスメイトたちに嘆願署名を募るが、反応は冷たく誰も署名に応じてくれない。自分がヤンキー時代に買った恨みのせいで大地がケンカに巻き込まれたとクラスメイトに話そうとする花を、和泉 (本郷奏多) は 「 大地の気持ちを無駄にするな 」 とたしなめる。大地の思いを組んで長崎の挑発に乗らない花。すると長崎は、和泉にケンカを仕掛け、和泉までも自宅謹慎となる。副会長の大地と和泉が暴力事件を起こしたことで、花、千葉、凛風の三人は堺から生徒会役員を改選することになるかもしれないと告げられる。そして花はある行動にでて…。

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヤンキー君とメガネちゃん | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |