FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

アンタッチャブル9(最終)話

やっぱり、犯人はお兄ちゃんでした。鷹藤の兄がお兄ちゃんに化けているって展開かな~と思ったんだけど、普通に遼子の兄だった。でも、母親が不倫して出来た子どもだっていうんで、お兄ちゃんはずっと父親に暴力を受けていた。一方で、溺愛される遼子・・・。
それが歪んだ心を生んでしまった。

しかし、小澤さんがとにかくかっこよかったです。こんなにカッコよかったっけ?って感じ。しかし、要や要次はもっと仕えただろうにな~。特に要次さんは鍋食ってるだけで終わるとは・・・って感じだった。



あらすじ
片山刑事(辻谷嘉真)から拳銃を奪ったまま鷹藤俊一(佐藤智仁)は逃走。さらに刺殺された江島あかり(荻野目慶子)の横で、ナイフを握りしめている鷹藤を片山が目撃、鷹藤は殺害容疑で全国に指名手配される。鳴海洸至(小澤征悦)は、名なしの権兵衛も鷹藤である可能性が高いとし、遼子(仲間由紀恵)をホテルへ避難させる。
一夜明け、週刊アンタッチャブルへのバッシング報道が一斉にスタート。編集部にはこのまま廃刊かとの絶望感が漂う。そこへ遼子が出社し、鷹藤は犯人ではないと信じ、真相追及のため自分にできることをやるという。だが、鷹藤の部屋で、予言報道や盗作騒動など事件関連の膨大な資料を洸至が発見。その容疑は一層深まる…。

ついに、名なしの権兵衛と対峙することになる遼子。その手に握り締められた銃口の先にいるのは一体…!?
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アンタッチャブル | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

アンタッチャブル 1話

公式
楽しかったです。トリック風味だけど、恨みノートをパチパチやる仲間さん、ゴミ箱に入ってグルグル回る仲間さん、「史郎ちゃん」な仲間さん、お兄ちゃんとチキンラーメン食べる仲間さん。どれもこれもカワイイ。

お話自体は、ま、アリガチっていうか2サス?なノリですが、男優陣も充実。元彼?な要、無駄に色っぽい編集長・田中哲司、こんなにカッコよかったっけ?なお兄ちゃん小澤征悦、そしてコンビを組むカメラマン佐藤智仁。やっぱ、仲間さんは「クドイ顔の男」と組むとハマるのかな~。阿部ちゃんもそうだったし・・・。


あらすじ
『週刊アンタッチャブル』編集部に鳴海遼子(仲間由紀恵)が駆け込んでくる。初出社日に遅刻ギリギリの遼子。にもかかわらず、遼子はいきなりテレビの電源を入れ、あいさつ抜きに画面に見入る。テレビには、双葉建設が施工した橋で発生した死傷事故の模様が映し出されていた。双葉建設は、カリスマジャーナリストの有栖川スミレ(浅野ゆう子)に、ずさんな体質を指摘されてきた企業。スミレの告発取材は的中率が高く、世間はスミレの“予言報道”を畏れ敬っていた。
「また、予言的中か…」。つぶやく遼子。スミレは遼子もあこがれる正義のジャーナリスト。そうと知った編集長の樫村(田中哲司)は、いきなり遼子をスミレの元に取材に行かせる。ただし、その内容はスミレの予言についてではなく、『週刊アンタッチャブル』に匿名で送られてきた、スミレの不倫密会写真の真相を探ること。「売れりゃいい」という三流雑誌の編集方針にさっそく楯突く遼子だが、ここでクビになっては生活苦は必至、お先真っ暗。しぶしぶカメラマンの鷹藤(佐藤智仁)とともにスミレの元へと向かう。
スミレには三流誌として相手にされないが、そこは不屈の精神の持ち主の遼子。密会写真を見せられたスミレの顔に浮かんだわずかな動揺を見逃さず、真実を探るまではあきらめないと、鷹藤を巻き添えにスミレを張り込むことに。必ず、疑惑の男が現れると待つ遼子。ところが、男が姿を見せたのは、スミレのマンションではなくテレビの中だった。双葉建設の欄干崩落事故を起こした犯人として、男が逮捕されたのだ!
スミレと男の怪しい関係が、予言報道につながっていると直感した遼子は、『事故予言報道は仕組まれていた!』とスクープ記事を掲載。『アンタッチャブル』は創刊以来の売り切れという快挙を成し遂げるが―。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アンタッチャブル | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ギラギラ 8(最終)話

無事家庭に戻ってラスト。ベタベタだけど、それが良い!佐々木蔵之介サイコーだぜ!


大成に向かって「『リンク』はオレが守る。俺はギラギラしているぜ!」と宣言した公平。カズマも、自分が大成の息子であることを明かし、母親を捨てた大成に必ず復讐すると言い放つ。

カズマは大成と堂島が絡む巨額脱税のデータを公平に託し、「必ず大成をつぶしてくれ」と頼む。
これを使えば、カズマと大成が和解する可能性をつぶすことになってしまう。公平は大成に忠告するが、大成は耳を貸そうとしない。
公平は神宮寺麗奈に相談することに。大成の葛藤を知った公平は、証拠データを大成に渡して「カズマを救ってくれ」と願う。大成はカズマにデータの代金として小切手を渡そうとするが、金で解決しようとする大成にカズマは激怒した。

一方、公平は、家を出て行った桃子も説得。だが、桃子は公平を信じることができない。桃子は、「リンク」を訪れてみた。ホストたちが公平を信頼し、公平のところへ戻ってほしいと懇願するのを聞いて、桃子は驚く。

データの持ち出しを知った堂島によって、カズマが捕らわれてしまう。公平は大成にカズマを助けるように迫るが、大成はかたくなに拒むばかり。結局、公平は単身、堂島のところに乗り込み、カズマを解放するよう訴えるが、逆に堂島の部下たちに締め上げられてしまう。

絶対絶命の瞬間、大成が、検察の人間たちを伴って現れた。自分も逮捕されるのを承知の上で、カズマを救うために証拠データを警察に持ち込んだ結果だった。カズマは大成と和解。

「リンク」に圧力を加える存在はなくなり、公平はホストを辞めて家族のところに。シャンパンコールで送り出される公平。
桃子の元へ行って、二度とウソをつかないことを約束して、あらためてプロポーズした。3人は再び幸せな家族に。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ギラギラ | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT |