FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

夢をかなえるゾウ 13(最終)話

夢をかなえるゾウ OST夢をかなえるゾウ OST
(2008/12/17)
中塚武

商品詳細を見る

楽しかった。
ガネーシャとの別れをメインに書いたけど、明日香との掛け合いがホンとに面白かったので、別れるのが辛かったよ。
古田新太は当たり前だとは思うけど、氷川あさみはコメディセンスがあるなと思った。
明日香がほんとに成長して、恋人を得るのではなくて「人生を楽しむ」という風に変わったという形で決着。
ともすれば、説教になってしまう課題も、明日香がガネーシャの言うことを素直に聞きながらも、反発したり、文句言ったりできるキャラクタだったのが良かった。「人生を楽しんでや。心ゆくまで」という最後のメッセージも泣けた。

スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 夢をかなえるゾウ | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ちょっとお休み&今クール振り返って

年末も押し迫り、流石にドラマ見る時間がなくなってます。と、いうことでペース落とします。
真珠の首飾りは年末でも着々と週6話すすむみたいなので、脱落します。
では・・・!

あ、2008年秋のドラマも終わりましたね。
SCANDAL チーム・バチスタ 流星の絆とミステリを縦軸にとって人間ドラマを見せるという作品がそれぞれに個性を発揮していたと思います。
特にデスパのパクリ?なんて侮っていたSCANDALが原作なしでここまでやれたのは意外でした。

役者さんとしては、氷川あさみさん。凄く楽しんで演じてるってのが伝わってきました。もともとそれなりに安定して演じることのできる女優さんですが、今後、水10あたりで女性ターゲットに主演してもはまるのかあ・・・って気がしました。

ついでに、視聴中韓国ドラマの整理
視聴終了
  • ラブトレジャー 夜になればわかることMnet

  • テルン選手村Mnet

  • ダルジャの春衛星劇場

  • シングルパパは熱愛中Mnet

  • 屋根部屋のネコキム・レウォンのラブコメ TBSチャンネル

  • 神話Yahoo配信

  • どなたですか?ユン・ゲサン主演。

  • 姉さん衛星劇場


  • リタイア
  • 君に出会ってからBS日テレ

  • 1真実BS-i

  • ゲームの女王BS-i

  • 新入社員日テレプラス

  • クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | あいさつ・その他 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    SCANDAL 10(最終)話

    面白かった~。初回は、デスパかあ・・・って感じだったけど、主演4人のバランスが絶妙でしたね。それぞれキャラが立ちつつも、妙に前向きな性格という共通項があり、それが物語をトントンと回転させてくれたと思います。井上由美子の上手さが光った脚本でした。謎ときと並行して4つの家庭を書くという設定に対して、井上由美子のエピソードの出し入れの上手さが光った。同時に、単に夫婦が並んで立ってるだけも夫婦の形が伺えるような配役の妙もあった。続編が見たいなと思いました。

    理佐子とやっと会えた。「他の男と別れ話して揉めたの」という理沙子。悪女ぶるところがハマりすぎです。戸田さんGJ。「安定した暮らしだけじゃ勝ったと言えない。愛情があってこそ」とあくまでも奇麗ごと主義の貴子。

    ひとみは夫から事実を聞いて、教会に駆け込んできた。「ごめんなさい」と理沙子に土下座。理沙子は金沢にゆすられてたという。

    ひとみの夫・雄一は、たまきの夫・哲夫に弁護を相談。理佐子が結婚のお祝いで出したワインを賄賂だと思われて記者にゆすられた。それで、もう一度会いに行ったときに金沢が障害沙汰に。その示談金をフリーライターへ渡してことをおさめた。
    しかし、金沢は、理沙子が売春してたことを材料にゆすってきた。久木田の将来の邪魔になると言われると、理沙子は金沢を殺そうとした。4人はアリバイのために結婚式に呼んだ。

    捕まるわけにはいかないからと逃げようとするけど、教会の周りには警察が。「心配だったのはどうして?」という理沙子に、「友達だから」というたまき。「じゃあ、お願い。話したことを忘れて」という。「久木田にはふさわしくないからもう会わない。」という理沙子。傷害容疑で理佐子は逮捕。4人も犯人隠避で逮捕・・・。

    理沙子は完全黙秘。4人も「何も聞いてない」と言う。どうにかして、理沙子の気持ちを久木田さんに伝えるべきなのでは?と4人は相談。「理沙子と久木田を会わせたら話す」と交渉。「別れたら二度と会えない苦しみはわかるでしょ?」とたまきは刑事を説得。

    久木田さんも、貴子に言い寄ってたくせに、「理佐子に会いたい。愛してる」一点張り。そこで、刑事はさりげなく二人を会わせます。ひたすらに悪女ぶる理沙子だけど、「貴子たちのことを思い出したら、あの輪に戻りたくて殺せなかった」と。

    無事事件は解決。理沙子の久木田への愛情の深さに、「やっぱ負けた」と語り合う4人。結婚とは何かという会話で、「やっぱ愛情」とあくまでも奇麗ごとな貴子さん。

    ひとみの夫は厳重注意止まりで終えた。責任はとるって辞表を提出。離婚を言い出した夫に、ひとみは「別れない」とハッキリ。

    まゆチンは、「理佐子のことを忘れたくない。別れよう」と賢治に。賢治に守られるんじゃなくて、大人になりたいと言う。これは、たまきとかの影響が大きいんじゃないかな~。
    証券マンには、ひとりで頑張ってからと婉曲に断った。

    たまきの夫は「あいつの荷物捨てた。一緒にいるのは無理だ。離婚する」と。たまきは「話し合いたい」というけど、夫は「一緒に帰ったら出られない」という。面接行って仕事もするという。二人とも現実に向かい合おうとしてるんだね。すごい良い夫婦だっただけに、悲しかった。でも、別れるという選択も納得できるんだよね。二人でいると、また、同じことを始めちゃうだろうし。
    刑事さんとの会話は、なかなか良かったよね。恋愛にはならないかもだけど、良い友情になったんじゃないかな~。

    貴子のところは、秀典が迎えにきて「ごめん。ちゃんと見てなかった。やり直そう。」って。サキちゃんが家事をちゃんとやってくれてて良かった。この夫婦もお似合いだったもんね~。
    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | SCANDAL | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    流星の絆10(最終)話

    ORION二宮和也君の演技が彼らしくもなくイマイチだったので、クライマックスの屋上シーンが期待外れでした。表情はうまいと思うけど、彼は発声の基礎がないんですね。事件の説明をしつつ情感を載せるってのが、やはり技術的に荷が重かった。得意な表情演技も、強い風のせいで表情が自由にできなかったみたいだし・・・。
    一方で、三浦友和はさすがの上手さを発揮。柏原の行動ってのは、理屈には合わないけど、感情的には分からなくない。三浦友和の上手さのおかげで、「ただ、そばにいたかった」というのが、割とリアルに表現できていたと思います。
    落とし所として「生きて、遺族が笑ったり泣いたりするのを見ろ」というのを持ってきて、「遺族が笑っちゃ悪いのかよ?」というのに、一応の決着を見せたわけですが、ちょっと弱かったかなあ。そもそも、復讐動機となる「大人になったら犯人をぶっ殺してやる」という遺族の感情の書き込みが少ないので、ここでの反転そのものも、あまりドラマチックではなかった。

    ミステリ部分は原作そのものがチョット弱いので、これは仕方ないかなあ。信頼していた柏原を犯人と断定するにはかなり弱い謎解きなんで、そういう意味でも柏原と功一の対峙が盛り上がりに欠けた。

    クドカンらしい笑いの要素っていうのは、私は好きでした。だけど、それがドラマ全体に効果を出していたかと言うと、ちょっと半端だった気がします。


    あらすじに沿ったレビュー
    時効当日。功一 は、泰輔と共に戸神邸に潜入するが、犯人だと確信していた 戸神からレシピノートのコピーを見せられ混乱する。政行は14年前の事件の夜訪問した時に、すでに二人は息絶えていたと言う。泰輔は憤慨するが、何かを隠していた両親の様子を思い出した功一は、戸神の言い分を聞く。アリアケの味を金で買ったという戸神。これは、あの味を信奉していた功一にとっても、父を尊敬してきた行成にとっても辛いね。

    戸神は土下座し、「あの時、通報していらば」と自分の過ちを謝罪する。しかし、功一たちは簡単に信じることはできない。戸神は、「傘を間違えて持って帰った。犯人の傘を持っている」と言い出した。警察は「傘の指紋はぬぐい取られてた、忘れて行ったのなら、そんなことはしていないはず」と主張。その傘をみつめる功一が、ある事実に気がついた。

    ≫ Read More

    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | 流星の絆 | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    風のガーデン 11(最終)話

    風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc)風のガーデンに咲く花々~富良野から~ (Blu-ray Disc)
    (2008/11/28)
    趣味

    商品詳細を見る

    美しい自然の映像が目を楽しませてくれました。ドラマとしては食い足りないというか、奇麗ごとすぎる気もします。白鳥は、優しく迎えられ、愛されて、静かに旅立って行きました。まるで、ホントに天使だったかのような、存在の軽さでした。ふわふわした白鳥のありかたが、倉本聡の理想の死なのかな~。さりげなく、風のように去りたいってのは、確かに一つの理想的ではあるのかもしれない。
    あと、内山さんや氷室や元妻との関係は、なんだかホッタラカシに感じました。でも、その割に親子関係も書き込めてるかっていうと割とあっさり。節度ある距離感は構わないんだけど、関係性の緊張や弛緩をもう少し見たかったか?


    内山看護師への別れの手紙という形で、白鳥のモノローグで語られるルイの結婚式。奇麗だったね。そして、白鳥は実家に戻った。ガクが暮らし、母の遺した押し花に囲まれた部屋。
    内山看護師が会いにきたけど、父親が会って状態を説明。娘に介護されて幸せそうなんだと、やんわりと断った。

    誰とも会いたくないという白鳥は、すでに麻薬の量を増やしていて、たまに目覚めたら冗談をいう。「負ける方が難しい人間もいるんです。僕は誘惑に負け続けた人生です」とかいう。「家庭って良いですね。僕は何も知らなかった。何もしてやれなかった。」という白鳥。「自分の個室にテレビが来たとき、凄い寂しさが込み上げた。あれが家庭を捨てた日だった気がします。」というのは、倉本さんらしいかなあ。言いようのない寂しさっていうのを、切実に響かせることができるのは中井喜一のよいところだな。
    麻酔科医は病気を治すんじゃないと思ってた時期があったけど、苦しみを和らげるという治療だったんだと今ならわかる・・・。「ガブリエルさんにあったら、”あのよ~”って(話しかける)」・・・と、白鳥らしい冗談を言って、麻薬で眠る白鳥。「闘う姿を見せて勇気を教えてやるんだ」と父親。

    白鳥、永眠。冬になった。
    やっと、ルイが恋人の氷室茜に連絡取った。白鳥の託したカンパニュラの押し花を手渡した。

    春。ガクは白鳥の植えたルイの好きな花が、キャンピングカーの周囲に咲いているのを発見。キャンピングカーの形に空地になってるのが泣けた。
    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | 風のガーデン | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    Room of King 8(最終)話

    藤代さんが凄く面白い~。各キャラどれも好きになれるので、減って欲しくないのですが、やっぱり人数多すぎかな~。人数絞るか、もりじと関わってる所だけをクローズアップして面白くしていくかが必要だったような。
    普通に恋愛模様が展開されてしまって、これでいいのかな~って気もしちゃうんだよね。パーツとしては悪くないんだけど、もうちょっとひねって欲しいような・・・。

    もりじは「必要とされる。相手の必要なものがわかる」ことがアイデンティティ。皆が自分の道に向かって進んでいったら、寂しくてがっかりなのね。
    朝ちゃんは駄目駄目ながらも、マジマックスに偶然会ったら自然にアドバイス求めたりして頑張ってる。朝ちゃんが「つい構いたくなる」妹キャラでホントに年齢的に妹ポジなので、彼女を中心にほっとけない感じで人が集まってくるかな?と思ったら、「朝ちゃんの誕生日だから」と言って集まってきた。
    でも、朝ちゃんは歌のお仕事を地道に頑張っててやってこない。みんなに励まされて、かけだしたもりじ君。
    普通に恋愛モードになっちゃってラストでした。キングは途中出場の大倉くんがかっさらった。それでよいのか?って気がします。もうちょっとやりようがあったような。
    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | ルーム・オブ・キング | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    SCANDAL 1話

    SATCかと思ってたら、デスパに変わったのね~と、始まって2分で分かるっていう・・・。鈴木京香様って、声のスカスカなブリーの吹き替え=萬田様に声が似てるわ~とか、余計な事を思っちゃった。

    消えた理佐子(戸田菜穂)の「勝ったわ」というのは、それぞれの旦那が過去の男なんだろな~ってのは読めてしまったので、あとはキャラクタを如何に立てられるか。そういう意味では、やはり桃井かおりの圧勝という感じ。あと、自己主張+守銭奴キャラ+ブログでは少女キャラのハセキョーもなかなか美味しい設定。女優陣が、しゃべりに癖があるのは良いのですが、聞きづらい人が多いので、会話で引っ張って行くシーンがかなり辛い。


    スッチー→広告代理店の本命をガッチリ捕まえての完璧主義の貴子(鈴木京香)。モデル出身→20歳上の整形外科医と結婚の真由子(吹石一恵)25歳。8つも年下の弁護士と結婚した秘書のたまき(桃井かおり)52歳。中学時代に家庭教師をしてた銀行→財務官僚と結婚のひとみ(長谷川京子)。
    皆さん、見栄が強いタイプなのは確かなのですが、いきなり仲良くなりすぎかなあ~。見栄張りタイプだけに、もうちょっと上辺バリバリの会話でピリピリしたものがあれば面白かったかも。逆ナンゲームを理佐子が提案。

    理佐子が失踪して、4人が警察に協力。逆ナンゲームでたまきが連れてきた勝沼(小日向文世)が、後で理佐子の失踪を捜査する警察官と分かって1話終了。ブラックな小日向さんが面白い。
    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | SCANDAL | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    ≫ EDIT

    ギラギラ 1話

    テレ朝公式
    佐々木蔵乃介 連ドラ初主演作!ってことで、ワクワクしてみました~。ホストものです。真夜ミキさんが居るから締まってはいるけど、ホスト君たちのキャラクタが、まだまだ立ってないですね。一話は状況説明だと思うので、今後に期待。

    能力はあるのに、学歴も資格もなくて、責任取らされて会社を首になった七瀬。再就職が難しくて、「仕事ください!!」ってナレーションが妙に切実だったな。
    元ナンバーワンホスト。ホール係の旧友に会ったこともあって、ホストに復活!一週間で3本の指名をとったら、入店させてもらえることになったけど、10年のブランク&新人いじめで苦労しまくり。家族にも内緒だから、朝から家でないとならないし・・・。
    昔の先輩で今は銀座の将軍の葛城大成と再会。その腹心のホステス優菜。さらにナンバーワンのイーグルの客・小夜。家族のためだと思って、イーグルの屈辱的な扱いにも、耐えに耐える。そこに、ジャージ姿の朝岡さんが最後にやってきてくれて、成功~。なんと、化粧品会社社長!翔児という下っ端が、公平の仲間になってくれたしね。
    公平はなにげに癒し系ホスト。古臭いかもしれないけど、お客さんのためを思うからこそ客がつくってパターンなのね。
    「夜の現場監督の仕事を見つけた」と妻に説明した公平。浮気してるんじゃ?と心配してた妻。でも、夜遅い公平宛のメモをぜーんぶとってる公平(主婦だったら、タンスの上に置いてる箱なんて気づくんじゃ?とかいう突っ込みはなしで・・・)。
    クリックよろしくお願いします→ 拍手する

    | ギラギラ | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

    | PAGE-SELECT | NEXT