FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

ラブ・シャッフル10(最終)話

寒いギャグには辟易したけど、仕掛けはとっても面白かったです。ただ、主役のウサとアイアイの人物像があんまり魅力的じゃなかったんだよね~。だから、このカップル成立もふーんとしか思わなかった。


オーちゃんにはさりげなく海里の生存が告白されました。やっぱ、怒るよねえ。でも、結局は愛が勝つって奴か?

メイの件で、何か動いてるらしい「タラちゃんず」。サプライズを用意してるっていうけど、ウサたんはメイを譲っちゃうつもりなのか?と思ったら、あのメイが涙するシーンで別れてたんだね。っていうか、メイが本心を打ち明けたのかな?
結婚式当日。メイちゃん奇麗だったね。なんと、新朗の位置で待ってたのは諭吉だった~。メイちゃんニッコリしてるってことは、メイは納得済みなのか~。ま、お似合いだもんね~。メイが奇麗だから、「惚れた相手と上手く言って良かったね~」としみじみ思った。

この決断の裏には、玲子さんの「政治家になってみたら?」と誘ったことが原因で立候補することに。しかし、あの演説の下手さじゃなあ・・・。
メイは、その政治家への決断を聞いて「キラキラしてほしい」と後押しをする形で、「一人じゃないと冒険はできない。結婚をしない」という決断を尊重することに、ウサのことを一番理解してるのはメイだよなあ。「普通に生きちゃ詰まんないよ」ってメイが教えてくれたっていうウサ。メイは洞察力のある女で、良い女だよね~。メイを捕まえた諭吉が一番、得したんじゃないかな~。
プリントミスとか言って誤魔化すの笑ったね。諭吉はなんと筆頭株主になって「結婚する」宣言。あほくさいけど、タラちゃんず笑ったぜ。メイは聞いて怒ってたけど、諭吉が好きではあるんだもんなあ。赦すよな。

オージローは結局は戦場に戻るという決断を。海里からの刺激があったみたいだね。海里は自分もくっついていくと・・・。「私は自殺でしかしなないから」という海里がお守りになって守ってくれると・・・。


菊りん問題は、割とあっさり処理されましたね。代理ではあるけどオーちゃんに「許す」と言ってというけど、「愛してたんだから赦すとかじゃない」とオーちゃんが言って重荷を下ろした感じ。玲子さんの子供が菊りんの子だったのもあって、彼女との関係を予感させる終わりに。

ウサたんの選挙活動は諭吉とメイが全面バックアップ。それを見つめてるアイアイです。結局、一番怖がりな女のアイアイが、カメちゃんに押し出されるようにウサのところに・・・。「欠点のある人が良い。自分が必要とされてると安心できる。迷ったり、ダメだったりする人が良い」とアイアイ。うーん。結局は「同情から恋愛」がアイアイなんだよね~。
ウサは結構支持を集めてるみたい。っていうか、玉木君は発声が悪いので、こういう役は合わないよなあ。あの語りでは絶対に人は集まらないと思う。顔はかっこいいけどね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラブシャッフル | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

RESUCUE~特別高度救助隊9(最終)話

とにかく、現場で事故が起こりすぎなドラマでしたね~。アリエンけど、「熱血具合」だけは凄かった。前半の、間抜け訓練生+ひたすらかっこいいSRってのは良かったね。

懲戒免職と言われた大地は、闘病中の教官に会いに行って「仲間の命を命をかけて救おうとするのは間違っているか?命をかけなければ、命は救えない。」と訴える。でも、自分を救ってくれた宮崎さんが、「未来の自分が人を助ける」という意識を持っていたけど、お前は今しか見えてないと言われた。自分一人の力で生きていると思っていないか?という問いかけは、大地を変える要素があったと思う。「お前の命も大事なんだ」ってのは上手く書かれてたと思う。

今回は、発電所での大規模火災。消火方法がなくて、火の中に飛び込んで要救助者をどんどんと救うしかない状況にいる。
救助者となる人員不足で、徳永班にも緊急招集。しかし、緊急事態なのに「隊長として徳永を認めるかどうか」とかダラダラやってる場合か~。ま、このドラマはいつもそうなんだけど・・・。大地は出動したいってくるけど、ダメじゃね?そりゃ無理と思ったけど、自分の非を理解した模様なので連れて行くことに。辞令前だから、まだokなのか。

まあ、かなりヤバそうな現場で消防隊などになった同期生のフォローもありながら、根本原因の阻止に向かう徳永班。徳永カッコ良いじゃんと思ったら、またしてもがれきの下に・・・。またっすかあ?
で、大地またしても暴走か?と思ったけど、隔離できる部屋を見つけていて、今度はちゃんと見込みがあっての対処ができた。しかし、無駄にしゃべるな~。

これもあって、徳永班復活。最後は、陳さんのみせでの懸垂勝負で幕。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| RESCUE~特別高度救助隊 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

トライアングル 11(最終)話

トライアングルっていう題名の意味も分からないし、ミステリとして反則。急に出てくる動機もそうだし、未回収のモロモロも沢山だし。最終話で新キャラとして議員を出す(それも語りだけ)ってのは、反則すぎ。なんだかなあな結果でしたねえ。
もう、とっちらかってしまったので、小日向さんの演技力頼みで、ブラックな狂人化で誤魔化したって感じでした。で、丸スケは精神分裂してて、自分が犯人である自覚がないっていうムチャ設定で、いろんな丸スケの行動が無理やりに説明された感じ。
サチ銃殺事件で、本部は真犯人に近づく。郷田は「俺が25年前の事件まで解明したい」といって、本部の捜査を妨害して停止させる。でもなあ・・・。動機を探る時点で、本部も25年前の事件を解明するんじゃないの?上層部の圧力が怖いって奴?で、一般人を囮に使って「また銃撃する機会を作る」ってアリエンだろう。それも、警備は所轄の黒スケのみ。アリエンだろ。

で、過失だから本部に出頭するってことで、サチエちゃん事件についての追及を逃れる方向に。まだ、痣の男を使ってもみ消しの可能性を考えてたってことか。
郷田の、「殺さない。時効が過ぎて罪が償えないことで苦しめ」って選択も、時効になった事件は別として、終身刑や死刑の可能性が高い時効になってない事件があるだけに、はああ???って感じでした。
あと、郷田が「誰も信じない」でコソコソと動いた結果、無関係な人が沢山死んだんですよね。丸スケが「かわいそうに」って言ってたけど、郷田は「罪悪感ゼロ」。サチはきっと自分の人生を生きる俺を望んでる!みたいなことで納得してるのかもしれないけどさあ・・・。
順当に、当時の怨恨から探っていけば、誰も死なずに済んだような気がするよ。サチのフランス行きを突き止められる調査力があるんだから、その位可能だろ~って感じだ。


アレコレと疑問点が出たので、メモしておきます。ちょっと真面目に考えたらクリアできるのもあるかな?途中、真面目に見る気力を失ったので見落としもあると思うけど。
・原のカードを中畑と言っただけで決め手?。丸山も認めるなよ~。まあ、銃で狙ったのはバレバレだから諦めた?
・丸スケは捜査資料を見られる立場にある人なので、原のカードってことも知ってるだろ?ウッカリ言ってしまったということ?
・丸スケは中畑のカードを回収したのかな?黒手袋で拾うシーンはあったけど、元に戻した可能性もなくはないよなあ。遺留品として残ってるという認識なら放置したってこと?カード返したくてRYOの鞄を盗もうとしたなら、回収してるんだよね。
・郷田は中畑のカードを落としてきたはずなのに、押収されていたのが実は原のカードだっていうことを全然、疑問に思ってなかったのはなぜ?
・丸スケが、銃で郷田を狙ったのは何故か?毒持ってるんだし、自殺に見せかけられる条件揃えて葛城父を殺したら、シマノ殺害をなすりつけることも可能では?
・被害者の怨恨関係をどうして25年前に真っ先に洗わないんだよ。新聞沙汰になってるし、自殺なら警察沙汰にもなってるだろ?妹が自殺なんて、丸さんの周囲の人間も知ってただろうに。それも現場近くで勤務してる丸さんだしさあ。
・丸スケは今さら郷田を殺そうとする理由は、動機は調べればすぐに分かることだから、捜査を止めさせるのに必死だったということ?しかし、チャンスはあるのに、足がつきやすい上海でやる理由は?
・郷田は、八ヶ岳の火災という身内の事件で、それも妹がおそらくトラウマになって記憶喪失になってるのに、それが事故じゃなったと聞いたなら、そっちもちゃんと捜査しろよ。
・火災現場に新藤が居たのは丸スケの指示?誰も居なかったけど、嘘情報を流して、今度ももみ消しになるのを期待したってこと?警視庁じゃなくて警察庁管轄だけど、圧力掛けられる?あと、「頬に痣のある男」って噂だけで新藤につながるもの?だって、郷田と25年前の事件のつながりは、警察は知らないわけでしょ?同級生だからってだけ?
・火事が丸スケの仕業という証拠は皆無なの?
・郷田殺しが目的の火災なら、失敗した時点で再トライしないのは?あ、「神様が辞めろと言ってると思ったから?
・新藤が爆弾で警告を発したのはなぜ?単に、面倒なことになる気がしたから?でも、時効が来てるよ?
・上層部の圧力はどんなものなのか?圧力掛けられるなら、違法捜査やりまくりの郷田をさっさと処分すれば良いのに。
・郷田は、なぜ25年たってから動いたのか。なんか心情的な説明してたけど、イマイチ納得いかない。
・丸スケがサチエの顔を知ってたのは調べてたから?
・富岡はほんとに新藤を殺したか微妙なまま
・シマノとサチの犬死にっぷりは凄い。
・富岡が郷田と同じタイミングで出版を考え始めたのはどうして?新藤と接触したのは、どこから情報が上がったんだっけ?
・偽造パスポート問題はどうなってるんだ?
・丸スケ妹の横領事件は放置?「時効が切れても苦しんでる人がいる。」ってことなら、ちゃんと調べてあげて。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| トライアングル | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

本日も晴れ。異状なし 1話

藤本有紀脚本。

ヌッツオの主題歌はあまりに似合ってなくて笑った。

今クール、日本ドラマで「面白い」ってハマれるのがないので、初回を見てみました。「オーソドックスな普通のほのぼのドラマ」って予想のまま。坂口君は、大根だけど、こういう役は似合ってるんですよね。でも、セリフは少なめにしてほしい。特に、怒鳴りは声が響かないので気を付けて。あと、島歌は本当に下手だった。あれは独特の節まわしだからなあ。
松下さんは、いわゆる「マドンナ」役なんだけど、一人になったときに隠してる「島は苦手~」ってのを爆発させるのが面白かった。ま、どっかで見た設定ではあるけれど。
登場人物いっぱい。各家族はそれぞれに味があり、景色がすごーく奇麗だった。できれば、ホドホドの方言を使ってほしかったかなあ。

初回は、親に死なれたばかりの姉弟の話。勤務先の人が面倒みてるんだけど、それは子供の側も辛いよね。中学生の姉は児童養護施設の資料を取り寄せちゃったりして。

手あかのついた脚本だし、展開だし、新鮮さはなかった。でも、こういうのは斬新さを狙っても仕方ないので、丁寧に書いてほしいかな。
初回は、「ペンキ」が凄く上手く使われてたと思う。「できることなら何でもしたい」という都会での思いを抱えてきたから、雑用のペンキ塗りを買って出る。それを気にしてペンキを持ってきてくれたボケ気味のお祖母ちゃん。そのペンキを使って、亡くなったお母さんに見えるように絵を描きたいという小さな子供。ただ、感動に持っていくには、もうひと工夫が必要な気がする。
感動した村のの人たちだけど、「責任取れるのか」ってことになる。それでも、「俺が引き取る!」な坂口君。ま、たしかに「確実に収入がある」人間だし、家庭もないし!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 本日も晴れ。異状なし | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

銭ゲバ 1話

銭ゲバ
【脚本】岡田恵和【原作】ジョージ秋山
【演出】大谷太郎【製作】河野英裕
【キャスト】松山ケンイチ ミムラ 宮川大輔 木南晴夏 石橋杏奈 鈴木裕樹 たくませいこ 志保 齋藤隆成 奥貫薫 光石研 りょう 椎名桔平

金のためなら何でもするズラ。かなり昔のマンガ原作で、それだけにハードと言うかテレビで出来るのか?って感じの暗い話らしいということだけが予備知識で見ました。
とにかく作り手が本気で作っているということと、「作りたいもの」が脚本、演出、プロデューサーで共有されているのは分かりました。これは、良いドラマの条件ですよね。原作つきのドラマが比較的外れなしなのは、イメージを共有するたたき台があるってのが大きかったりするんだろうし。
このところ、「魔王」「流星の絆」とサスペンス色のある復讐もので秀作が続いてます。(ちなみに、この3作共通の「子供の時の不幸→成長してからの再会→復讐へ」というパターンは、韓国ドラマのお決まりパターンの一つだったりする。
前2作は、「社会に対する憤怒」をぼやかすことで、「悪い事されたからし返す」という印象を強めてますよね。そうじゃないと、なかなか受け入れがたいんだろうけど、これはもう少し復讐の根っこに潜む衝動的怒りみたいなものに斬りこんでいきそうな気配があります。劇画的な見せ方をとりある程度のデフォルメをすることが、「エンタテイメント」として見せるための仕掛けなんでしょうが、人の醜さを描くということをテレビドラマというメディアでどこまでできるのか。見守りたいですね。


少年時代・・・。斎藤隆成くんは、相変わらず素朴な少年が似合う。病弱なお母さんの奥貫さんが優しいお母さんで、お薬を飲んだふりしながら頑張ってる。少年も優しく思いやってる。「お金じゃなくて心なの。貧乏でも下を向かないこと」と教えてくれたお母さん。でも、最低の父親が・・・。目を怪我して傷跡が残ってしまいます。
そして、三国造船のお嬢様・緑との出会いが。彼女の乗った車が水をはねて、風太郎は水浸しに。目のことを「まだ痛い?気にしないで」と心配してくれる優しい子供。だけど、お金持ちならでは発想で、「手術して奇麗にする」なんてありえないという風太郎とはギャップがある。出されたマカロンを持って帰ろうとしたのを「盗むのは間違ってる。軽蔑する」と正論なんだけど、心の狭いことを。
お母さん、治療をやめていたせいもあって亡くなってしまう。児童養護施設に預けられた風太郎は、そこを抜け出して酔っ払いの財布をすり取ろうとする。それを目撃したのは、いつも優しくしてくれた新聞配達店のお兄ちゃん。キャッチボールをしてくれたり、お母さんの心配をしてくれたり・・・。風太郎を心配するからこそ、必死で止めてくれたけど、「金があったらお母さんは死ななかった」とお兄ちゃんをバットで殴りまくって金を取り返そうとして死なせてしまう。

現代、金を盗もうとした同僚を、お兄ちゃんと同じように棒で撲殺した風太郎。松山ケンイチ君はこういう役がハマってますね。それ以上に、金を盗みに来る同僚の姿が醜くて凄かった。デフォルメされているとしても、誰の中にもある醜さではあると思う。
それを追う刑事の萩野。彼は、似たような事件を過去にも追っていたみたい。被害者の職場を訪ね、すでに離職した風太郎の存在に驚きていた。
風太郎の次の職場は、あのお嬢様の三国造船。あの時と似た状況を作って、緑と再会し、近づく風太郎。彼女の乗る車の前に飛び出した。緑には、頬に変色のある妹・茜が。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 銭ゲバ | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラブシャッフル 1話

TBS
うーん、頭2分でスッキリ主要4人をを説明したところまでは、手際よいなあ~と思った。しかし、エレベーターで閉じ込められたところでの自己紹介から厳しくなった。玉木君と香里奈ちゃんが、掛け合いの間がちょっと悪いんですよね。その間の悪さが、上手く味になると笑いになるんだけど、無理やりテンポアップしようとして、もっとギクシャクしちゃってる。谷原さんが、なんとかあわせてスムーズにしてる感じだった。

小島さん、カンジヤさん、DAIGO、吉高さんなど、相手役となるメンバーが個性的で、彼らが出てきて世界が広がったら、面白くなってきた。なんとか見続けられるか??でもDAIGOはやっぱ芝居が厳しいな。特に、香里奈ちゃんとの二人だと、苦しい。

宇佐たん(玉木君)は、「ホントはメイのおかげの仕事や生活に執着してる?」と思いつつも、割とストレートにメイが好きで、アイアイはそんな宇佐たんがちょっと羨ましいんだね。でも、メイに振られて切れた宇佐たんも、「ラブシャッフルで女を惚れさせてやる!」だって。このプールでのシーンは、アイアイ&宇佐たんが似合ってて良かった。

全体に、ちょっと古臭いバブルドラマ?って感じだし、笑い要素にはイマイチ乗れてないんだすが、野島なんで、この仕掛けがどんな作用をするか、もう少しは様子見します。

宇佐美 啓(玉木 宏)、逢沢愛瑠(香里奈)、世良旺次郎(松田翔太)、大石諭吉(DAIGO)、早川海里(吉高由里子)、上条玲子(小島 聖)、香川芽衣(貫地谷しほり)、菊田正人(谷原章介)
脚本:野島伸司 プロデューサー:伊藤一尋 演出:土井裕泰、山室大輔

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラブシャッフル | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ヴォイス~命なき者の声~ 1話

フジテレビ公式
やっぱり金子茂樹には荷が重かったか・・・。脚本がなあ・・・。裏付け全くなし。法医学関係ない妄想だけの推理・・・。論理性ゼロ。それで、いきなり遺族に会いに行っちゃうし。イマジネーションが求められるって、妄想で良いのかよ!!警察は捜査しないのか!とかさ・・・。っていうか、事件部分だけは、リサーチ隊を作ってでも、もう少し説得力のあるものにしてくれ。


青春群像+法医学もの。
生者の医学ではなく、死者の医学・法医学。チーム・バチスタは死後検索の必要性を訴えたくて原作者がミステリに挑戦したという異色作品だったし、AIをうまく使ってた。CX系では、法医学押しなんですか?

登場人物の一人である桐畑くんが影響受けたという海外ドラマ。海外ドラマの人気作は一話完結の推理物が多くて、そこでは当たり前に存在する検死官。一話完結で事件を解決しつつ、シーズンを通してキャラクタの抱えてる大きな事件を解決していくってのも、アメドラ定番ですよね。面白くできるフォーマットだと思うし、日本の2時間ドラマでも法医学ものって人気。日本の検死というのはホントに少なくて、その辺はかなり独自性を出せると思うし、日本で法医学を取り上げてみようという企画は悪くはないと思います。
それだけに、「ちゃんと法医学使ってくれ・・・」という初回


エイタの演じる加地が「死んだ人の人生をたったA43枚のデータで済ませられない」と普通に刑事をやっちまうんですよね。データはA43枚でも、そこには大きな意味があり、死んだ人の人生が反映されているんじゃないかなあ??成長して、そんな風に変わっていくのがみたいけど、普通に刑事して行く気がするなあ・・・。まったく法医学使ってないし・・・。
一応、後付けで教授がそれを補足する証拠を見つけるんだけどさあ・・・。

エイタには15年前の事故で時任演じる佐川と会っている。石原さとみ演じる久保秋には過労での心臓発作で亡くした母がいて、死因に疑いを持っている。この辺の秘密で、興味を引っ張るんですかね?

怖い顔の羽井と、海外ドラマの影響受けたという桐畑のコメディは、辛うじて笑えるかなあ。
あ、ひらめきシーンは笑った!!そんな演出しないで、他に方法はないのか?ガリレオか?ガリレオもトリックそのものはちょっと微妙なんだけど、それに付随する「理想環境ならこういう現象起こせる」という部分が面白くて許せたんですよね。その辺は、流石に東野原作って感じだった。
とにかく、それなりに力入れて作ったハズの初回でこれか・・・という印象。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ヴォイス~命なき者の声~ | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ありふれた奇跡 1話

雪と氷の旋律雪と氷の旋律
(2008/11/12)
エンヤ

商品詳細を見る
この空気感。まさに山田太一って感じで嫌いじゃない。何が起こるってわけじゃないけど、日常もただだらだらしてるわけじゃなくて、小さな緊張やスリルに彩られてると感じた。
加瀬亮は思ったとおり、この世界にはまってる。仲間ちゃんは相変わらずのセリフ回しだけど、奇麗だけど真面目なキャラクタには合ってると思う。ぐっと他人に近づいて行きながら、そのことで逆に壁の存在を感じさせるって感じが面白かった。

松重さんの寡黙ぶりには感動した。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ありふれた奇跡 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

PREV | PAGE-SELECT | NEXT