FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

≫ EDIT

ぼくの妹 11(最終)話

次々と脇キャラがいなくなる不思議なドラマ。ストーリーはなくて、瞬間瞬間の兄妹をスケッチして書きためて行くような、不思議なドラマでした。
盟と楓の関係は好きでした。めんどくさい・うざい・性格が違いすぎる。でも、唯一の家族・・・。去って行く人を書くことで、離れられない二人の家族の形が鮮明になった気がします。

九鬼が母親の食堂に戻るために捨てた花屋の夢を、楓はキラキラと楽しそうに前向きに取り組んでいる。そして、また何時みたいに「好きな人が出来た・結婚したい」と急な連絡。
最後まで面倒な妹で、でもそうやって頼ってくる所が可愛くて・・・。


あらすじ↓(公式)
 九鬼(千原ジュニア)が姿を消したことが兄のせいだと思い込んでいる颯(長澤まさみ)は、心配して花畑まで様子を見に来ている盟(オダギリジョー)とは口を利こうとしなかった。数日後、花畑から姿を消した颯が、独りで箱根の旅館に宿泊していることが分かった。自殺するのではないかと心配した旅館側が、盟の病院に連絡してきたのだ。

 盟が急いで駆けつけたその時。旅館では、高い木に登ってしまった颯を必死に降ろそうと騒ぎになっているところだった。だが、実は木から下りれなくておびえている子猫を助けに登っただけだったのだ。颯の落ち込んだ様子を見て、旅館の人たちが心配しているから帰ろうと即す盟に、颯は九鬼の手術成功と新しい門出をお祝いするため予約していたことを話し出した。結局、その日は兄妹2人で、おいしい料理を食べながらいろいろな話をし、颯は少しだけ元気を取り戻したようだった。

2日後、姿を消していた九鬼が退院後初めて診察に現れた。盟は、九鬼が来ていることを颯に連絡したが、会いたいと思ったら花畑に来るはずだから、病院には行かないと告げる。一方、診察を終えた九鬼は盟に、実母に再会したこと、母親の食堂を手伝うことにしたこと、そして颯は自分に必要な人だが幸せにする自信がないことを素直に語った。さらに、盟と颯のおかげで人生のリセットが出来たことを改めて感謝し、病院を去っていった。

 2ヶ月が経った。盟は土曜と日曜の週2回、川端医院に通うようになっていた。高齢者の患者相手に心が癒され、心地良い時間を過ごしている。その日も川端医院で診察を行っていたのだが、そこへ突然、颯から電話がかかってきた。結婚するから、相手にすぐ会って欲しいと言うのだが……。
スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ぼくの妹 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

スマイル 11(最終)話

突っ込む気も失せる、アリエナイ裁判関係のモロモロに脱力。まあ、しかたないかなあ。
ビドというキャラが、まったく魅力的じゃなかったしなあ・・・。
花ちゃんが可愛くて、一応ビドの過去の冤罪が晴れて、スマイルになれたから良かったとするべきなのか?ドラマの稚拙さを、「生きててよかった」という気持ちだけで乗り越えようとするのはどうなのよ?
差別問題も、裁判制度も、人が人を傷つけるということの根の深さも、支配・被支配の関係もまったく掘り下げられませんでしたね~。酷い脚本だった。
当然、「壮絶な生きざま」も「愛と正義」もまったく描かれず・・・。

あらすじ↓(公式から)
拘置所で林誠司(小栗旬)の夢にうなされる早川ビト(松本潤)は、自分の罪を受け入れることを決意。面会に訪れた伊東一馬(中井貴一)に、控訴を取り下げてほしいと依頼する。死刑を受け入れ、林の命を奪った罪を自分の命で償うと言うのだ。一馬は、死を選ぶことは償いにならないと諭すが、ビトの決意は変わらない。同じく面会に訪れた三島花(新垣結衣)にも、もう面会に来ないでほしいと告げる。
 
それから5年後の2015年、夏。ビトの決意に変わりはなく、ひたすら花の面会を拒み続けていた。それでも花は、ビトの帰りを信じ、ビトがレシピ本に書いた料理を作りながら毎日を送っていた。一馬は、ビトの死刑を覆そうと、町村しおり(小池栄子)らとともに調査を続けていた。
 
そしてついに、ビトに死刑執行が下されることになる。いち早くその情報を知った柏木 (勝村政信)は、一馬に情報を提供し、駆けつけた花にビトとの面会の機会を与える。5年ぶりに出会ったビトと花。そこで花は、ビトとの本当の出会いを語り始める。
 
その頃、一馬は、ビトの冤罪を証明できる唯一の人間、林の父親・誠一郎(竜雷太)がある場所にいるらしいという情報を入手し、その場所に向かっていた。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

BOSS 11(最終)話

絵里子は、最初から野立が犯人とは思ってないっぽいね。まあ、相島一之さんが上司としてきた時点で、「こいつが犯人だな」って分かってしまいましたね。
軽いノリでコメディで収めたのは、このドラマらしかったと思います。

武田鉄矢が登場して、爆発物の解除をやらせるんだけどさあ・・・。あんな絵じゃ、中身がどうつながってるか分からんだろ!!それで、右の導線とかなんとか言っても・・・。ワロタ。まあ、鉄矢との心理戦そのものは面白いけどさあ。
「最後に騙そうと思ったら、途中は不自然なほど真剣にふるまう。」という絵里子の発言が、事件そのものへの絵里子の対処にもなっているわけですね。

リコベンの間宮の名刺まで出てきて、笑ったよ。


総評;事件の展開そのものはええ??ってのが多かった。刑事ドラマやミステリとしては粗がありまくり。アメドラで事件もの沢山みてるから、パクってるな~と思うこともあった。けど、キャラが立ってて楽しかったし、キャラが成長して変化するのも楽しかった。
人情ドラマなんだけど、長々と説教せずに、絵里子の決め台詞でバッサリというのがドライで気持ち良かったな。
でも、カツゼツ悪い人が多くて、状況を示す大事なセリフが聞き取りにくかったりしたかなあ。字幕つけて見てしまいましたよ。それだけが難点かなあ。
きっとBOSSシーズン2はあると思うので、楽しみにしてます。


あらすじ↓(公式)
大澤絵里子(天海祐希)は、刑事たちに野立信次郎(竹野内豊)、警視総監・大山源蔵(津川雅彦)を乗せた車の追尾を指示すると、自身も木元真実(戸田恵梨香)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)とともに車を追いかける。
その頃、丹波博久(光石研)は警視庁の幹部たちに、誘拐の首謀者は、反政府組織「黒い月」のメンバーだと伝えた。

一方、絵里子は片桐琢磨(玉山鉄二)から小野田忠(塩見三省)が重体に陥っていると聞く。小野田は、警視庁の裏金汚職の証拠をつかんだために命を狙われたのだ。

そんな中、絵里子は司令部からの情報を入手するために、屋田健三(相島一之)の協力を得ることに。絵里子は屋田に、裏金汚職に関わっているのは野立で、その隠蔽のために総監を殺害することが「黒い月」の利害と一致しているのだと明かす。

やがて、司令部に「黒い月」の高倉龍平(反町隆史)から電話が入る。大山の命と引き換えに、高倉は服役中の3人の幹部を釈放することを要求。それを聞いた絵里子は、岩井善治(ケンドーコバヤシ)らに小野田の周辺を再度洗うように指示する。

そんな折、山村から「黒い月」が仕掛けたと思われる時限爆弾が見つかったと連絡が入る。現場に向かった処理班は、爆弾を見て言葉を失った。処理方法がわからないというのだ。奈良橋玲子(吉瀬美智子)によれば、それは日本ではまだ解除したものがいない燃料気化爆弾だと言う。絵里子は、解除できるのは、爆弾事件を起こして服役中の野垣泰造(武田鉄矢)だけだろうと言い…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| BOSS | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

白い春 11(最終)話

11話、本当に楽しみました。怖い顔のお父さん二人の奇妙な関係が、とても魅力的でした。

春男が死ぬんだろうってのは、初回から匂わせてたので、死亡自体は納得なんですが、ちょっと処理の仕方が雑だったかなあ。

800万問題が、またクローズアップされます。友達が守りたい誰かのために犯した罪。それは春男も同じで、真理子のために殺人をした。春男は、真理子の命を買う800万と自分の9年間を交換したつもりだったけど、春男のやったことは殺人で、真理子の命のために命を一つ奪った。自分と真理子しか見えてなくて、そのことを忘れていた春男。

サチに近づいて行くときも、「俺の子供」ってことしか考えられず、色々な配慮ができなかった春男。でも、村上や佳奈子にも目が向いていって、そこには家庭という小さな社会がある。その社会に受け入れられて、春男は変わっていった。

最終的に、「殺した男の息子」が出てきて、自分が殺した男にも家族があり、愛する人がいることを知る。
大事な人を守るためなら何でもできるという春男と、大事な人だからこそ「真っ当な方法で」守ってやらなければならないという村上。この対比はずっと描かれてきてたわけだけど、その意味は「息子の出現」によって明確になったと思います。でも、やっぱりチョット処理の仕方が荒いんだよなあ・・・「悪くないんだけど、ちょっと展開が強引」ってのは、このドラマはずーっとそうだったので、「らしい」といえばらしいけど。

春男が死亡したことは悲しいけれど、最後にサチに触れられて、お父さんと呼んでもらって良かった。
サチが異常になつくとか、運命のいたづらのようなタイミングの良さでサチと出会えるとか、神様が春男に味方しているようで、ずっと父親としてやってきた村上に酷すぎるってことが割と多かった。それも、死ぬ前だからこその、最後の恩恵みたいなものだったのかな~と思いました。死ぬまでに「お父さん」と呼んでもらえるチャンス作るための、物凄い幸運を与えられたんじゃないかと・・・。

しおりがもうチョットがっつり絡んでも良かったかなあ。しおり→サチには「本当のお父さんと暮らしてない女の子」ということで思い入れがあるんだけど、サチは村上という父親がいて満足してる訳で・・・。喧嘩したりすれ違ったりも、「お父さん」だからこその理想とは違うリアルな父娘関係が、村上との間にある。父親に幻想を持っているしおりとのズレの部分とか、しおりサイドの絡みも良かっただけに、もうちょっと見たかった気がします。

サチは凄く良い子だけど、少し我がままで子供らしくて。それが、村上がいかに素晴らしい父親かってことを表しているんだと思うんですよね。村上に対する絶対の安心感があるから、春男にも無邪気に駆け寄れる。
「オジサンだって、あの親父の子供に生まれたかったよ」ってのが、村上に教えられて色んな事を学んだ春男らしかったなあ。


あらすじ↓(公式)

パン屋を辞めるという佐倉春男(阿部寛)を引き留めようと、村上さち(大橋のぞみ)は追い駆ける。だが、春男は、さちを振り切り行ってしまう。
落ち込むさちを偶然見つけた西田栞(吉高由里子)は、その様子を見兼ねて「おじさんは、さっちゃんのお父さんなんだよ」と切り出してしまう。
しばらくして帰ってきたさちに、父・康史(遠藤憲一)は、「春男を引き留めるのはかえって迷惑なんだ」と、優しく諭す。意外にも素直にうなずくさちに驚きつつ、安心する康史と高村佳奈子(白石美帆)だった。
数日後、さちと康史は、海に来ていた。砂浜に座り、春男からもらった水彩画セットで絵を描き始めるさち。康史は、そんなさちを見ながら、親子の時間が過ごせたことを喜ぶ。

一方、いつかの定食屋で働き始めた春男は、安岡竜也(デビット伊東)のスナックの開店が9年前だと聞き、真実を確かめようとする。
その頃、部屋で海の絵の仕上げをしていたさちは、ふと新しい画用紙を取り出し、春男を描き始めた。
そんなある日、プレハブ小屋を訪ねたさちは、「春男に絵を渡したい」と言うが、栞は、「ここにはいない」とだけ告げる。がっかりするさちは、そこで春男の住所が書かれた宅配便の伝票を見つける。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 白い春 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

魔女裁判 1話

公式
徹を演じる生田君。髪型変えたし、イメージ変わったねえ。
元気よく、テンポよく、クリアな映像と音で、ハキハキと見せたいものを見せてたと思います。
ただ、裁判ものというよりはサスペンスなんですね。
キャラクタは、分かりやすいくらいに分かりやすく色づけされてます。こんなに都合よく色んなタイプが集まるか?ってのは、ま、突っ込んじゃダメなんだろうな。

しかし、美形揃いだなあ~。加藤あいが子持ちの役ってビックリしたよ~。石田ゆり子さんは相変わらず、お綺麗ですし、その娘・はるかもかわいい。恋人の比嘉さんまで美人。

裁判員を買収する組織に鏡子が関わってるみたいですよね。


あらすじ↓公式
裁判員候補者に選ばれた、フリーターの吉岡徹(生田斗真)は質問手続きを受けるため南関東地方裁判所に向かっていた。裁判所前はマスコミが騒いでいる事件の初公判が始まる日とあって大勢の報道陣でごった返していた。そんな騒ぎを横目に候補者待機室に向かう徹。  

50人ほどの候補者が集まる中、徹は渡部いずみ(加藤あい)の隣りに着席。やがて入ってきた裁判官の北村武彦(野元学二)から、担当するのが東条ホールディングス会長・東条総一郎(早川純一)の殺人事件であることが告げられた。容疑者である被害者の愛人、柏木鏡子(石田ゆり子)が10 年前にも夫を亡くして保険金を手にしたことから、世間では“魔女”と呼ばれ、またその公判は“魔女裁判”と呼ばれていた。そんな注目を集めている事件だけに驚く候補者たち。裁判長や裁判官、検事、弁護士により質問手続きが終わると、抽選により裁判員6名、補充裁判員2名が発表される。嬉しそうな人、困惑する人、様々な反応を示す裁判員のなか、日当が手に入るという理由で喜ぶ徹。とある場所では、得体の知れない男・黒川竜一(鈴木亮平)が隠しカメラから送られてくるその一部始終を見て不気味な笑顔を浮かべていた…。

評議室に移り、裁判の流れの説明を受けた8人はお互いの素性がわからないよう色で呼び合うことになり、徹はオレンジ、いずみはホワイトに決まった。昼食になり、自分が話題の魔女裁判の裁判員になったことを恋人で新聞記者の本宮香織(比嘉愛未)に電話しようとした徹だが、同じ裁判員でブルーと呼ばれる相馬卓(平方元基)に注意される。物知り顔の相馬にムッとしながらも、徹は裁判員になったことに戸惑いを隠せず沈んでいるいずみに明るく声をかける。黒川は、食堂で過ごす裁判員たちの様子をモニター越しに眺めながら、1人1人の性格を分析していた。

そして裁判が始まった。法廷に入ってきた鏡子を思わずじっと見つめる徹。鏡子は起訴事実を全面否定する。検事・大沢陽子(宍戸美和公)による冒頭陳述が行われていると、傍聴席に取材でやってきた香織が入ってきた。顔を見合わせ驚く徹と香織の様子を、鏡子と弁護士・進藤亮介(渡邉紘平)は意味ありげに窺っていた。

裁判が終わり、評議室に戻ってきた6人は裁判長・美濃部学(岸博之)の進行に従い意見を交わしていく。相馬が保留、いずみは答えが出せずにいる以外は4人が有罪だと判断した。すると、急に部屋の電気が消え火災報知機が鳴り響いた。パニックに陥るメンバーの様子を観察する黒川。

1日目が終わりそれぞれ家路につく裁判員たち。いずみが家に帰ると郵便受けに何も書かれていない封筒があり、中には娘・舞(磯野光沙)の通園路が記された地図が入っていた。同じ頃、徹の部屋にも10万円が入った封筒が届いていた。直後、自らデザインしたTシャツが大量の買い注文されたとの連絡が入り、追加発注の前金としてその10万円を使ってしまった。自宅前で気絶させられ連れ去られた田所秀雄(中村靖日)が目を覚ますと、周囲一面に自分が男性といかがわしい行為をしている写真が貼られていた。慌てて写真をかき集めている田所に一本の電話が入る…。さらに徹と食事をしていた香織の元には、鏡子の独占取材がOKになったとの知らせが入った。お互いの成功を喜び合う2人。そんな2人の笑い声をスピーカーで聞いていた黒川は、進藤に計画は順調だと報告していて…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP

≫ EDIT

婚カツ 1話

鈴木演出でしたね~。少し、いつもよりスピード遅い気がするなあ。
中居君は、「結婚メンドクサイ。一人が楽」なのは分かるけど、草食系男子ではないような・・・。
商店街のおさななじみのグダグダしゃべりのシーンとかは好きな感じです。あと、トンカツ食べたくなるなあ。
で、ヒロインは上戸彩ちゃんってことは、結局は上戸さんとくっつくの?ちょっと相手が若すぎるっていうか、イマイチ似合ってないよねえ。りょうさんとくっついたりしても、面白いと思うけど、どうするのかなあ。上戸さんとくっつくなら、「頼れるお兄ちゃん」っぽさとか、「大人だから憧れる」とかの要素が、もうちょっと欲しい。
橋爪さんが良い味出してて、なかなかポイントを締めてると思います。「結婚したい」という部分を上手くふくらませてくれてると思う。

【出演】
雨宮 邦之 …… 中居 正広
飛田 春乃 …… 上戸 彩
深澤 茂 …… 佐藤 隆太
村瀬 優子 …… 釈 由美子
二瓶 匠 …… 谷原 章介
雨宮 邦康 …… 上田 竜也
伊藤 勝 …… 北村 有起哉

雨宮 邦夫 …… 小日向 文世

高倉 真琴 …… りょう
溝口 静子 …… 風吹 ジュン
桜田周五郎 …… 橋爪 功
【スタッフ】
脚  本 …… 龍居 由佳里 森 ハヤシ
音  楽 …… 服部 隆之
主 題 歌 …… PUFFY「ウェディング・ベル」(Ki/oon Records)
演  出 …… 鈴木 雅之 葉山 浩樹遠藤 光貴
プロデュース …… 保原 賢一郎 菊地 裕幸
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 婚カツ | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ぼくの妹 1話

流石に池端俊作の脚本。結構、割と盛りだくさんな展開だけど、各キャラを見せつつ、一つの作品に上手くまとめあげてると思う。
しかし、いなくなった楓の汚部屋凄かったな。片付けして、「なんで会社辞めた?家賃払わない?」と怒る盟と、「妹おっかけるしかない30男なんてキモイ」な楓が面白い。
オダジョーが、お人よしキャラを自然にこなしてますねえ。まさみちゃんも、ちゃっかりキャラが良い感じ。妹とは言え、おっかさんタイプなのが似合ってる。「兄妹だから、甘えさせてほしかった」と泣くシーンとのギャップが良い。

脚本:池端俊策
演出:金子文紀
製作:高橋正尚

江上盟:オダギリジョー
江上颯:長澤まさみ
九鬼研次:千原ジュニア
桐原里子:ともさかりえ
大河原春菜:笹本玲奈
瀬川茂子:鈴木砂羽
瀬川欽也:田中哲司
大河原龍三:若林豪
櫻井忠治 :大滝秀治


あらすじ↓
カッコよくてエリートなのに、ちょっとトボけた外科医の兄・江上盟(オダギリジョー)。その妹・颯(長澤まさみ)はちゃっかりもので特技はお金儲けという超リアリストだが、宿命的な"だめんず"好き。正反対の二人は、会えばいつもケンカばかり。

ある日、颯が失踪したという連絡を受けた盟は、自宅へ、職場へと彼女の行方を追う。ようやく探し当てた妹は、なんとキャバ嬢として働いている。ちゃっかり同僚に高利で金貸したり、しっかり者?なのは変わらない。30までに一億ためて、昔住んでたような家を買うんだもん!な楓。

盟は担当してる患者の娘から、「教授じゃなくて、あなたからちゃんと説明してほしい」と詰め寄られる。盟、なぜか医局で嫌われていじめられている。
会いにきた楓に「勇気でも行動力でも負けてるから、一生かけてお前を守ろうとか思ってたけど、俺たちは対等なんだよな。俺、もう病院やめて田舎に帰ろうかなあ。お前を守るとか考えないで・・・」なんていう盟。でも、楓は「融資話があるのお金貸して??」です。
盟は、颯が結婚を前提として付き合っている弁護士の男・瀬川に会いに行ってみるが、そこには妻子がいた。瀬川を問い詰めたけど、「結婚する。妹さんは金もうけのために危ない橋を渡ってる。助けることができるのは私だけ」とか言われちゃう。盟は「俺は楓の父親なんです・・・」と怒るけど、そこに楓から瀬川に電話。トラぶってるみたいで、瀬川と駆け付けたら、ヤクザ組長が患者さんで、なんとか助かった~。
「瀬川さん妻子がいる」と言っても、「知ってる。好きなんだもん」な楓。そして、盟に「お父さんにまけないお医者さんいんなってもらうって決めたんだもん。辞めないで」な楓。

盟の唯一の趣味である自転車でのツーリング中、ケータリングで結婚式場を訪れていた里子(ともさかりえ)にぶつかってしまった。
ケータリングの料理を台無しにしてしまった彼は、彼女に同情して代金を弁償しようと再び会いに行く。
里子に頼まれて、お隣さんだという老人を診察する盟。ご近所の老人たちの楽しい空気。素朴な雰囲気を身にまとう里子に惹かれ、2人は一夜を共にする。子供のころの話や、実家の話をする二人。しかし、この里子うさんくさいなあと思ったら、「父が病気で、父の会社が倒産しそう。お金貸してくれませんか?三百万」。うーん。大丈夫か?
盟は妹に借りることにするが、楓はしっかり里子を調査。「病気の父が・・・」と言ってたのに、父親は他界しているらしい。この事実を里子につきつけた盟。でも、彼女の言い分を聞いてなかったなと引き換えしたら、聡子飛び降りた?なんで???

現場に楓いたのはなんで?あと、里子の部屋にいた千原ジュニアが超怖いっす。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ぼくの妹 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

名探偵の掟

名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
(1999/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る
厳しいなあ・・・。松田君はかっこいんだけどねえ。
このドラマで大事なのは、狂言回しポジションの刑事をやる木村祐一さんなんですよ。芸人さんにはステージなれしてて演技の上手い人とか、独特の個性があって魅力的な人とか、役者さんとして使える人は多いと思います。木村さんも、使い方によってはハマると思う。でも、こういう技量を求められる役では、実力不足を痛感してしまいます。
1話でリタイアします。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT