FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

≫ EDIT

遥かなる絆 1話はじまりの河

遥かなる絆 DVD-BOX遥かなる絆 DVD-BOX
(2009/10/21)
鈴木杏グレゴリー・ウォン

商品詳細を見る

公式
本放送の時、なんとなく見損ねたけど、評判が良いようで気になってました。再放送があったので見てみました。

玉福として「天から授かった子」だと愛情いっぱいに育ててくれる母。厳しいが、誉めるときは誉め、「うちの子だ」といって抱きしめてくれる父。
とにかく、このお母さんの愛情の深さに、泣けて仕方ない。玉福はいずれ日本に帰ってしまうとわかっているから、余計に・・・。



あらすじ(公式から)
 城戸久枝(鈴木杏)は留学先の中国で、父の中国の親戚にあたるシュンカ姉さんから国慶節に牡丹江に来るように誘われる。そして血のつながりのない親戚や父の親友から大歓迎を受ける。父・幹(加藤健一)は中国残留孤児だった。残留孤児などという言葉もまだない日中国交回復前に自力で肉親を探し帰国を果たしていた。久枝はかつて父が暮らした牡丹江で初めてその生い立ちを聞かされる。

 1945年8月、満州軍人・城戸弥三郎の長男幹は中国人使用人に託された引き揚げ列車の中で、ソ連軍の襲撃を受けたどり着いたのが頭道河子村だった。占い師の寧に連れられ河を渡ってきた幹を引き取ったのは付淑琴(岳秀清)という女性だった。淑琴は夫や周囲の戸惑いをよそに、言葉も分からない幹を育てると決心し、玉福と名づけた。そして貧しい農村の暮らしの中、懸命に育てる。玉福も懸命に勉強し、養父・孫舜昌も得意の習を玉福に教える。しかしある日突然、養父は亡くなってしまう。貧しさは増すばかりだが、淑琴は働きながら玉福を大切に育てる。成績の優秀な玉福は中学受験にも合格し、中学に進学させるため淑琴は村の書記に土下座して紹介状を書いてもらい、国から奨学金を得られるようになる。遠方にある中学へ通うため寮生活を始める頃、玉福は母への恩返しを心に誓う。

 小学校の卒業式で淑琴の手作りの服を着た誇らしげな玉福=幹の写真が、シュンカの家に飾ってある。淑琴はその家で久枝が訪ねる前年に亡くなった。淑琴の使っていたベッドで、久枝は父と中国のおばあちゃん(淑琴)を思った。


スポンサーサイト



クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

とうとう生放送ドラマですよ!!凄いですよね~。これまでの放送も、基本的にはお客さんの前でやってるのをそのまま流してるみたいだから、コツみたいなのは掴んでるんだろうけど、緊張するだろうなあ。

とにかく出演者が楽しんでやってるのが伝わってきました。脚本が面白いってのも大きいんでしょう。

今回は、あの夫婦がばれた日から一年後。夫婦だとばれても和気あいあいでやってきたんですね。ラブラブ夫婦も可愛いし、微笑ましい。

最終回は、「コーチの就職で引っ越し→退部」なことを打ち明けられない二人。新たな「言うに言えない」ネタで、またも誤解がもとの大騒ぎ!!



あらすじ(公式から)
キャプテン鈴子と光太郎コーチが夫婦だという秘密がメンバーに露見してしまったあの日。

今日はあの日から時間は流れ、丁度一年が過ぎたマミーズ四年目(・・・・)の結成記念日。

この日は恒例のパーティーに加え、部室の引越しをする事になっている。というのも最近の地区大会でマミーズは優勝するという快挙を成し遂げ、その事を喜んだ社長がご褒美として今までよりも広い部室をプレゼントしてくれたからだった・・・。

そんな中チームは、鈴子と光太郎が夫婦である事にも慣れてきていて何の問題もなくチームは動いていると思えたのだが・・・実は鈴子と光太郎には新たな隠し事が。

実はこの日、光太郎の仕事の関係で2人はマミーズを辞めて北海道への引っ越しが決まっていたのだった。鈴子はこれまで何度も引っ越しをメンバーに告げようとしたのだが、どうしても言いづらくダラダラと引っ越しの当日まで言えずに来てしまったのだ。

部室の引っ越しが始まる中、メンバーにマミーズを離れる事を伝えようと奮闘する鈴子と光太郎だが、その度にややこしい問題が発生し2人を困らせる事に・・・。

鈴子のドキドキはヒートアップしていく!!! 公式から)
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

外事警察 5話突入

住本、愛子の運営に横やりを入れて遅延させて、間違ったSAT突入を起こしてしまうという大失態。結局「自分が運営させてもらえないから」横やりを入れたとしか思えん。
このドラマ、お仕事ドラマとしてはダメですよね。住本の理屈ばかりが強調されて、物事を一面から書いている。
しかし、これはお仕事ドラマではなく、住本と言う人物を描くのが主眼のドラマなんでしょう。
住本という人物だけを重点的に掘り下げて、彼の闇とその闇に魅入られる愛子・陽菜を、ダークヒーローとしてカッコよく見せるというエンタメ性になってる。ホンキでダークなんじゃなくて、あくまでも「ダークヒーロー」としてココまで描かれている住本。ラストまでに、ダークに落とすのかどうかってのが気になります。


あらすじ(公式から)
 <フィッシュ>が立て篭もるアジトの団地を突き止め、有賀(石橋凌)はSATの突入準備に入る。だが、住本(渡部篤郎)は警察の目を引きつける陽動策だと考え、突入に待ったをかける。一日の時間の猶予を与えられ、最後の力を振り絞りテロリストの背景を探る住本。協力者の愛子(石田ゆり子)に迫る身の危険、警察内のモグラの存在、SAT突入の刻限が迫る中、遂に住本は危険を承知で愛子を使い、ジュリオを取り込む決断をする。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| NHKドラマ | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

シスター 前篇

公式
アンタッチャブルのお兄ちゃんに続いての小澤さん出演作。加藤ローサと恋愛するとは!と思ってたけど、以外に似合ってた。野性味があってカメラマンって感じもするし、「センセイ」という関係性があるからかな~。坂の上の雲でも夏目漱石やってるし、九州地方ではNHK福岡が作った「かあさん」という単発ドラマにも本日出演です。何気に売れっ子・・・。
話は、3人の視点を変えて展開されるもの。ローサがどう考えているのか?っていうのが、割と謎のままなので、後編が楽しみだな~。可愛いから、男二人がほだされるのはとっても良く分かる!


あらすじ(公式から)
 姉・小田桐祥子(紺野まひる)を不慮の事故で失った小田桐由比(加藤ローサ)と世界的名声を勝ち得た写真家・成瀬生馬(小澤征悦)とのはかない恋物語が展開される。しかし、彼女を愛し続けたもう一人の男・山田直太(田中圭)の目線から物語をたどると、由比と写真家の関係は、単なるはかない恋ではなく、由比が仕組んでいったものであることがわかる。そして物語が由比当人の視点で展開されるとき、それは、・・・・!!!

 語りの視線を換えていくことで、人間の真情が掘り起こされていく新しいかたちのラブサスペンスです。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ROMES~空港防御システム 9(最終)話離陸

とにかくROMESシステムのしょぼさと、その運営方法のアホさが気になって仕方がなかった。
まずは、ヒンデルの裏側を知り尽くした男が、ROMES06なんて日本の民間施設でせっちされてるわけねーじゃん??と思って調べてないのかよ!!って、犯人のアホさにガックリ・・・。
シルバーフォックスは、なんか「ちょっと面白そうなんでやってみた」というアホ丸出しの女だしな~。

そして、砂村!なんで自分でおっかけるんだよ!警備員やら関係者にまずは無線で連絡しろや!!

ROMESって本当にアホシステム。初回の時から、空港職員のデータ一つ引き出せず、わざわざカウンターに聞いて、「ちょっと事務所に問い合わせまーす!」ってノリだったしな~。ロンドンに帰る前に、このダメシステムを改良していけよ!!と思ってしまった。

あと、まったく天才に見えない成嶋なので、あのヒンデルの人が嫉妬する気持ちもわからん。こんなアホシステムしか作れない弟子を、きっと教授も嘆いてるだろうな~としか思わなかったよ・・・。


あらすじ(公式から)
 身代金を運んでいたROMESチームは、警察とも引き離され、人気のない山奥に足止めされてしまう。一方、成嶋優弥(大倉忠義)、砂村多駒(安田章大)、ヒンデル社の藤堂(近藤芳正)が預かるセキュリティセンター。最初のVIPが日本に降り立とうとする時、突如ROMES 03が起動した。空港内に現れたデイビス教授(ジャンフランコ・シモーネ)らしき人物をROMESが追跡しているのだ。ROMESルームに入ろうとする成嶋を砂村が止める。「どうしてデイビスが湾空に現れたのか、理由を聞くまでここを通しません!」にらみ合いを続ける二人の背後で、突如藤堂が銃を取り出した。「ROMESルームに行け!」

 藤堂の目的は、極秘のROMES 06=攻撃機能を使ってVIPを襲い、成嶋を破滅させROMESの信用を失墜させて、ライバル企業を利することだった。成嶋はそのことをあらかじめ推理してわざと藤堂を泳がせ、決定的な証拠を手に入れた。

 藤堂から、デイビスの遺言を伝えられた成嶋は、デイビスが自分を許していたことを知って、長年の後悔や自責の念から解放される。そして、後をROMESチームに託して、ロンドンに帰国する。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

坂の上の雲 1話少年の国

公式ページ
面白かった~。
しかしお金がかかってますね。ロケは多いし、エキストラもふんだんに使ってるし・・・。そして、それが凄く良い効果をあげていると思います。
ドラマらしく、とても分かりやすいストーリーと、映画並みの金のかかった映像。分かりやすくて見易かった。
あの、ちっこい船で神戸に向かうのか~ってのがあったあとに、あのデッカイ船を見たら、そりゃテンションあがるよね~。海軍にはいりたい!って思う気持ちがすっごく分かった。
英国紳士もカッコ良かったし、武士!でありつつ現実家の兄さんはカッコいいし、あんなふうになりたい!という目標があるのもうらやましいな~。
どのキャストもばっちり役にハマっているし、面白い!!


あらすじ(公式から)
260年続いた幕藩体制が倒れ、日本に近代国家が誕生した1868(明治元)年。四国・伊予松山の秋山家に5人目の男児が誕生。名を秋山淳五郎真之と名付けられた。明治維新後、松山藩の財政は底をつき、藩士の生活は困窮を極めていた。とりわけ、大勢の子に養育費がかかる秋山家は悲惨だった。父・久敬(伊東四朗)は生まれた子を「寺へやるしかない」と言うが、兄・信三郎好古が猛反対。そのまま秋山家で養育されることになった。
 1874(明治7)年、16歳になった信三郎は日銭を稼ぐ生活に追われていた。秀才で名高い信三郎だが、貧しさゆえに中学に通うことができなかったのだ。淳五郎は6歳になり、近所でも評判のガキ大将となっていた。幼なじみで弱虫の正岡升(のぼる・後の子規)、その妹でめっぽう気の強い律たちと悪さをしては叱られてばかりだが、好古を慕いあこがれていた。
 やがて好古は、学費がかからない師範学校への進学を目指して大阪に旅立った。その後、師範学校を卒業して上京、陸軍士官学校へ入学した好古が松山へ帰省。好古は、自らの仕送りで真之を中学に進学させるよう両親に申し出る。
 数年後、松山中学に進んでいた真之(本木雅弘)と升(香川照之)。升は、当時流行りの自由民権運動にかぶれていたが、中学を中退して大学予備門を目指すために上京してしまう。取り残された思いの真之に、再び好古(阿部寛)が援助の手を差し伸べた。真之は旧旗本の佐久間家に下宿する好古を頼って上京。神田の共立(きょうりゅう)学校に入学する。
 ある日、ふたりは英語教師の高橋是清(西田敏行)に誘われ、横浜の外国人居留地に出かけた。そこでイギリスから来た最新鋭の巡洋艦「筑紫」を目の当たりにした真之は、遠い海の向こうの世界へ思いを馳せるのだった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

楽しかった~。
ちゃんと全てが丸く収まって、ホウフクいいやつだったよね~。ホウフクがいい人すぎて錯綜したところもあるけど、ホウフクのおかげで駒子とさやかは救われた。
家族が大事で、ちょっとエッチで、超いい人のホウフク。彼に会えるなら、行列に並ぶのも悪くないって感じでしたね。

あらすじ(公式から)
 「隣で並びたい」と沙也加(平愛梨)に頼まれた宝福(國村隼)は、必死になって生方(金田明夫)に場所を交代してくれと頼む。その頃、駒子(かたせ梨乃)の2億円を目当てに古久根(長谷川初範)を探す永岡(半海一晃)一味も、生方が抱える身代金2億円を狙う藪田(木下ほうか)一派も、そして大河原刑事(渡辺いっけい)たち捜査陣も壁にぶつかっていた。突如、古久根からの電話を受けた宝福は、沙也加とともに駒子の元に走るが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する
*CommentList

| NHKドラマ | 15:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

外事警察 1話テロリスト潜入!

外事という仕事そのものに目新しさがあり、それを新人の目を通して見せるというオーソドックスな方法ながらも、楽しんで見られた。
正義感の強い新人にも、同級生の性犯罪被害者を「親友」として志望動機とするような小さな狡さも持っており、なかなか適性がありそうだというのも、キャラクタづけとしては上手いなと思う。

あと、やっぱ「汚い」ことをするんだな~ってのが、ファンドを仕込んだのは外事側ってことでも分かったしね・・・・。
外交官を味方に引き入れる手腕なんかも見ごたえありました。


あらすじ(公式)
 警視庁公安部外事4課へCIAから極秘情報が届く。<フィッシュ>と呼ばれる国際テロリストが日本に潜伏しているという。対テロのウラ作業を専門とする住本健司(渡部篤郎)は、所轄から来た松沢陽菜(尾野真千子)らとともに、怪しい外交官の追尾を開始。爆発物検知器を扱うメーカーの社長、谷村(田口トモロヲ)との接触現場を視認する。住本は外交官を追い込み、自らの協力者に仕立てることでテロの端緒を掴もうとする。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT