• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

幸せになろうよ1話

香取くんのキャラクタや黒木さんのキャラクタは本人に合わせてあって、無理がない感じですね。流石に井上由美子という感じで、テンポよくシーンが消化されていったと思います。しかし、その割に話の入口としてもうちょっとサクサク背景を書きこんでいっても良かったんじゃないかな~。
仕事に対する気持とかもアリキタリすぎて、少しひねりが欲しいかな~
あと、香取くんに叫び・怒鳴り系の演説はNGだと思うんですよね。彼を生かすなら、こういうシーンは避けて欲しいなあ。


あらすじ(公式から)
高倉純平(香取慎吾)は結婚情報センター『B-ring』のアドバイザー。“結婚相談所で出会うとしても二人の間には本物の恋愛関係が生まれなければいけない”という信念のもと仲をとりもち、離婚率ゼロを誇る。そんな彼のもとに、全くすきのない美貌で、一流会社に勤める女性、柳沢春菜(黒木メイサ)がやってきた。純平の後輩、桜木まりか(仲里依紗)はそんな美しい女性が結婚相談所に来るなんておかしいと、はなから疑ってかかる。
純平が応対に出ると、一生困らない生活をさせてくれれば誰でもいいという適当な条件を述べる春菜。すると純平は即座にお引き取りを願う。二人の出会いはそんな形で始まる。それは、純平がかつてつきあっていた彼女と友人が結婚するという痛手を負ったばかりの時だった。

春菜は翌日、純平が貸したペンを返すため『B-ring』を訪れた。それをきっかけに春菜は『B-ring』に正式登録する。

一流企業勤務、社長を父に持ち美貌を兼ね備えているという輝かしい経歴の持ち主、春菜に似合う人を、と、純平は会員の小松原進(大倉孝二)を紹介。だが、春菜のあまりの美しさに、小松原が怖じ気づいて逃げ出してしまう。春菜を気遣う純平は、仕方なく自分が相手となったシミュレーションデート、いわば正しいデートのための予行練習に誘った。気持ちのいい汗を流すスポーツデートを楽しむ内に、いつしか純平は、ひとときを心から楽しんでしまっている自分に気づく。
久しぶりに歯の痛みを訴えて訪ねてきた純平に、親友の歯科医、上野隆雄(綾部祐二)は、歯が痛くなるのは恋が始まる証拠では、とからかう。

まりかは、偶然出会った春菜を尾行。すると、プロフィールとはかけ離れた生活をしていることが判明。まりかの報告で、今度は純平が春菜を調べる。結果は、住居だけでなく仕事も嘘を書いていた事が分かった。純平は、春菜を呼び出す。

その頃、矢代英彦(藤木直人)と名乗る男性が結婚相談所を訪れていた。彼は結婚式を終えたばかりで、おなかの大きい妻を持つ男。そんなことを知らないまりかは、弁護士だと言う矢代に好印象。だが、相手の女性に求めるのはルックスだけだと聞いて…。

純平は、なぜプロフィールに嘘を書いたのかと春菜に聞く。本当のことを知りたいと言う純平に、春菜は自分を安く見積もったら、安い相手としか出会えないと切り返す。さらに、恋愛なんて一時の錯覚だとまで言い切る春菜。春菜は結婚を約束した相手に二股をかけられ、手切れ金を渡されて捨てられたのだと吐き捨てた。自分を捨てた男を見返すために『B-ring』に登録したと告げる。純平は、春菜の考えを否定。去って行く春菜に“君がときめくような男を僕が見つけてやる”と必死に声をかけるのだが…。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

遺留捜査2話

つまらなくはないんだけど、面白くもないんだよなあ。キャラにも2話で飽きちゃったし、捜査部分も人情部分も中途半端なんだよな~
ドラマたまってるし、ここでリタイアします


あらすじ(公式から)
西野実花(山入端佳美)という女性が、生後8カ月の奈々を残して殺害された。現場からはめがねの鼻パッドが発見されるが、糸村聡(上川隆也)はゴミ箱に捨ててあったガムと、財布にあった下半分しかないおみくじに引っかかる。ガムの商品名は?おみくじはどこで引いたのか?しかし、曽根武雄(佐野史郎)は、そんな糸村のこだわりが気に入らない。
実花の足取りを追う織田みゆき(貫地谷しほり)は、糸村の「被害者の思いが詰まっている」という言葉に誘われるように、奈々のもとへ。糸村とともに奈々の服にある「NANA」という手縫いの刺繍文字を確認。元気な奈々に胸を撫で下ろす。
糸村とみゆきは実花の妹・西野紗絵(黒川智花)を訪ねるが、紗絵は5年前に家を出たまま戻らなかった姉を許せない。実花の遺体と奈々の引取りを拒否する紗絵を説得するみゆきだったが…。
実花の同棲相手・柏木裕也(斉藤悠)が拘束されたが、ガムの包み紙の指紋が一致せず、容疑者リストから外される。そのころ糸村は実花の携帯に残された写真の中から、おみくじを引いた神社を特定するヒントを発見。はじけるように糸村が向かった先は…。
ゲスト:黒川智花
脚本:伊藤洋子
監督:猪崎宣昭
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

遺留捜査1話

http://www.tv-asahi.co.jp/iryu/
べったべたな話なんだけど上川さんのキャラがちょっと面白いので、観やすかったです。ミステリ要素はもう少しひねって欲しいというか「なんとなく」「おもいつき」みたいな部分を補強して欲しい気がしますが・・・。


あらすじ(公式から)
人気作曲家の財津陽一(橋本さとし)が殺害された。捜査一課の曽根武雄(佐野史郎)とともに捜査を開始した織田みゆき(貫地谷しほり)は、リュックを背負った不審な男に目を留める。
先輩の宮下晴彦(螢雪次朗)によると、科学捜査係の糸村聡(上川隆也)で関わりあうとロクなことがないという。が、当の糸村はどこ吹く風で、現場に残された壊れた玩具のピアノの鍵盤を叩いたりしている…。
ICレコーダー、楽譜などが遺留品としてリストアップされるが、糸村は財津が幼い頃から大事にしていた玩具のピアノも遺留品の一つに加えたいという。被害者のことを一番よく知っている遺留品のようだから、というのがその理由だが、曽根はそんな糸村が気に入らない。
ICレコーダーに残された曲を聴き、楽譜に見入る糸村。さらに壊れた玩具のピアノを直そうとして…。それらの遺留品から糸村があぶり出す被害者・財津の素顔とは?そして、財津殺害の真相と、そこに秘められた“想い”とは…?
ゲスト:近藤芳正 橋本さとし 中山忍
脚本:尾西兼一
監督:猪崎宣昭
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

BOSS2 1話

玉鉄にツブヤイターだとどうしても「素直になれなくて」おもいだしちゃうね。ちょっとコメディ色が強くなったかな??既に関係性が出来上がっているので、そこをやり直すことはしないんだろうけど、木本が責任をとらされた形で解散したという設定で、木本とBOSSの関係性の構築というのはシーズン1と同じような感じで進んでいくみたいですね。
気軽に楽しめるドラマなので見ていきたいと思います。


あらすじ(公式から)
2年前――。 警視庁捜査一課「特別犯罪対策室」の室長・大澤絵里子(天海祐希)は、参事官補佐・野立信次郎(竹野内豊)から、反政府組織「黒い月」が、国家公安委員長・黒原健蔵(西田敏行)を狙撃するとの犯行声明を出したと聞く。絵里子と対策室のメンバーは、イベント会場にいる黒原を保護するため急行し警戒するが、黒原は狙撃され重傷を負う。この責任を取り、対策室は再び解散、絵里子は渡米し、木元真実(戸田恵梨香)は左遷されてしまう。
それから2年、出世し参事官となった野立は、ある重要事件を引き受けた。そして、絵里子をアメリカから呼び戻し、対策室を復活させた。対策室には、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)が集まった。そこへ、野立が寿退社をするという奈良橋玲子(吉瀬美智子)を連れてくる。そして、玲子の後任に沼田良美(釈由美子)が、真実のポジションには田所幸子(長谷川京子)が着くと発表された。
絵里子らが担当することとなったのは、鬼塚という男の殺人事件だった。鬼塚は、過去に殺人事件を起こしたが、心神喪失を理由に無罪となっていた。殺害現場を捜査した絵里子は、鬼塚のマンションに萎れた花束が置かれていることに注目。防犯カメラの映像から、花束は犯行時刻より前に置かれていたことがわかった。
そんななか、"ツブヤイター"というコミュニケーション・ツールに「大澤絵里子」という人物から、殺人を報告するつぶやきがあり、実際、その通りの殺人が起こっていた。殺されたのは、鬼塚同様、殺人事件後に神喪失で無罪となった田中という男だった。当時、鬼塚と田中の事件を担当したのは、絵里子、野立の同期で、現在は国会議員秘書を務める森岡博(大森南朋)だった。しかし、森岡にはアリバイがあった。
その後、さらに「大澤絵里子」からつぶやきがあり、再び心神喪失で無罪となった男が殺されていた。
そんな折、絵里子は1本の電話を受けると、ある公園に行くよう、対策室の全員に指示。さらに、次に狙われる可能性のある人物を表記したリストを片桐らに渡す。そして、公園でリストと合致するひとりの男を見つけ保護しようとすると、その前に真実がいた。絵里子以外が驚くなか、真実は、男に近づこうとするパーカーを被った人影を指した。それに気づいたパーカーは逃げるが、やがて絵里子らが追いついた。パーカーは、黒原健蔵の娘・理香(成海璃子)だった。
対策室に戻った絵里子は、"ツブヤイター"の発信場所のデータを、真実に解析させていたと明かした。一方、理香は、アメリカの名門大学で応用数学を学ぶコンピュータの天才で、父親の事件以来、絵里子を恨んでいた。今回、対策室のコンピュータに侵入し事件のことを知り、絵里子が犯人が逮捕できるかどうか、現場に確かめに来たのだという。
結局、犯人は現場に現れなかったため、捜査は進展しない。
そんな折、真実が良美のいる科捜研別室にやってくる。決定的な物証がないと知った真実は、殺害現場へ行ってくると告げた。すると、良美も同行すると言う。
依然、犯人像が絞り込めないなか、絵里子は、片桐らに聞き込みを指示。手分けをして訪ねた数軒の店で、絵里子にそっくりな格好をした女性が目撃されていたとの証言を得る。このことから絵里子は、犯人は本気で絵里子になりすまし、絵里子がやりたいこと、やりそうなことを模倣しようとしている、いわばストーカーだと断定。心神喪失で無罪となった殺人犯が狙われたのは、絵里子が犯罪者に対して厳しく対応すべきだ、と書いた論文を読んだからだ。
そこへ、鬼塚のマンションに残された花束を分析していた幸子が、花束から火災実験などで使われる特殊なゲルが検出されたと報告。それを聞いた絵里子は、すべてを理解した。
同じ頃、殺害現場にいた真実が気配を感じ見ると、絵里子と同じ格好をした良美がやってくる。良美は手にした拳銃を、真実に向け…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ドラマW横山秀夫サスペンス1話深追い

おもしろかった。明子への思慕。しかし、相手は「うたがわれる」と警戒していた。不倫で出来た息子を自分の子といった夫(被害者)は息子をDV。その背景をしって守り抜こうとするが、警察にばれたとおもった朗子は自殺未遂。
おわりかたもとてもよかった。変にウェットにならず、すぱっとおわる。2話は同じ警察を舞台にした別の話ですが楽しみ。


あらすじ(公式から)
 三ツ鐘署交通課・事故捜査係の秋葉(谷原章介)は左遷された過去を持つ。交通機動隊に在籍していた当時、白バイで追跡車両を深追いし、事故を起こしたことが左遷の理由だった。ある交通事故現場で、秋葉は遺留品から初恋相手・明子(鶴田真由)の写真を見つける。事故で亡くなった男は明子の夫だった。昔と変わらず美しい明子に惹かれた秋葉は、職務を逸脱して明子の家に通い始める。署長の山根(伊武雅刀)や同僚の裕美(佐藤めぐみ)からの警告もかえりみず、秋葉は明子を深追いしていく。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

すべて丸く収まりました。ひかりがかき回すだけかき回して、でも修二にとっては夏美が大事だと確認する作業だった。
ひかりにとって大事なのは誰でもいいから認めてもらうことで、本質的には親が認めてあげなきゃならなくて、教師は親代わりだったんだよね。それを恋愛と混同した。
守りたいものが何か?何を優先するか?どこかで誰かが元気で頑張ってることを思うことで、傷つくことを恐れないで前に進もうとというのがテーマだったんですね。だから学園ドラマだったんだろうけど、やっぱりそこらは杜夫さんや西村さんが教えてくれたような気がします。


あらすじ(公式から)
 2学期の終業式が終わった後、夏実(戸田恵梨香)と修二(三浦春馬)は翌日会うことを約束した。だが、修二は街で、旅に出ようとするひかり(武井咲)と偶然会い、ひかりの寝台特急での旅に途中まで同行することになる。行先は札幌だ。

 ひかりは修二に「先生、どこまで行くの」と聞くが、「戻れるところで戻るよ」と夏実との約束は守るようだ。

 夏実もそんな修二を信頼しており、修二を批判するひかりの母・由梨(宮本裕子)に対して「柏木先生はお母さんの代わりに行ったのかもしれません」と修二を擁護する。

 寝台特急の中で、修二とひかりは本音で話し合う。修二は早朝、ひかりからお願いされ、函館駅で降りることにする。そして、函館駅で修二は・・・。

 夏実と修二の「試される愛」の行方は?そして、旅を終えたひかりは・・・?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

CO~移植コーディネーター 1話

http://www.wowow.co.jp/dramaw/co/movie.html
一話から重いですね。腎臓の悪い妻のためにという想いで意思表示をしていた脳死の青年。でも、結婚式を上げただけで籍が入ってなくて、ルールのために移植できない。さんざん迷った上で奥さんは「私はまだ大丈夫。透析を受ければいい。もっと待ってる人がいる」と真実を告白。なくなった夫も「待ってる人の気持」を愛する妻を通して理解してただろうと家族も納得。
いい話です。重いテーマですし、この奥さんが凄く重症化したときに本当に提供者が現れるか?という思いもあるでも、それでいいという気持にもなったかな。


あらすじ(公式から)
移植COの大野(吉岡秀隆)のもとに、村田真司30歳が交通事故で脳死状態になったと連絡が入った。都道府県所属の移植COの倉本(ユースケ・サンタマリア)と共に家族と面会する大野。真司は臓器提供の意思があり、カードには「腎臓は妻にあげてください」と追記されていた。男性の妻、亜希(尾野真千子)は重い腎臓病を患っていた。夫の最後の願いを知り、動揺を隠せない亜希だが…。同じ病院には、拡張型心筋症の立花海斗(6)が入院していた。母の美樹(麻生祐未)は、15歳未満の心臓移植に希望を託していたが…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

悪党~重犯罪捜査班 (最終)話

前島ラスボスかと思いきや、前島は真っ直ぐすぎる理想論だけに突き進む人間だった。守るべきものがある。その躊躇が一番ある山下が家族に非難されても「俺は刑事だ恥じることなどしてない。正義の為にやってきたんだ」と言い切る。DV受けてた彼女もアッサリ逆襲。富樫は家族を隠す。そして、国外逃亡したはずの柴田まで「俺は嫌われやすいから、仲良くしてくれる人いなかったんだよね~」と参加してくる。
前島を止めようとする富樫たちに、二課がちゃんとフォローしてくれるんだよ。かっこいい!!警察かっこいいって思ってしまったよ。
富樫たちの一つ一つの小さな幸せを守ってやりたいという気持ちが、ホントに最終回にはバンバンでててかっこよかった。



あらすじ(公式から)
 里中啓一郎(小泉孝太郎)の留守中に自宅に上がり込んだ県警警務部長・前島隆造(村上弘明)は、駆けつけた富樫正義(高橋克典)と里中に「今回の事件から手を引け」と脅すと、富樫に「俺に牙をむくようなら、大切なものを失うことになるぞ」とすごんで出て行く。

 その夜、富樫が帰宅すると、富樫と血が繋がっていないことを知った娘ののぞみ(宮武美桜)が、全寮制の学校に行くと言い出した。姑の佐知代(大森暁美)は、富樫が引き止めるものと思っていたのだが、二人に危険が及ぶことを案じた富樫は、わざとのぞみを突き放す。

 翌日、富樫たち“横浜港町警察署刑事課第四係”の不正を告発する怪文書がマスコミに送りつけられ、署内は騒然となる。インターネットでは、顔写真と実名まで公開されていた。第四係は謹慎を命じられ、県会議員の藤堂秀司(春田純一)殺害事件は、猪原勇作(デビット伊東)ら第一係が引き継ぐことに。そして、森川明日香(滝沢沙織)殺害未遂事件は単なる事故と片付けられようとしていた…。すべては、前島の仕業なのか!? 憤る飯沼玲子(内山理名)や山下学(平山浩行)に、富樫は「これ以上、傷が深くなったら刑事ではいられなくなる。手を引くぞ」と告げる。

 その後、富樫は明日香の入院先へと向かう。自分たちを潰しにかかるなど、前島らしくないやり口だ。そう直感した富樫は、別の何者かが口止めのために明日香を再び襲うのではないかと危惧していたのだ。そこへ、資料課へと左遷された石黒孝雄(梅沢富美男)がやってくる。見張りを申し出る石黒に後を頼み、病院を出た富樫は、街中でサラリーマンを装った連中に突然、襲われる。そのとき、海外に逃亡したはずの柴田安春(鈴木浩介)が現れ、富樫に加勢。二人でどうにか相手を追いやると、驚く富樫に柴田はある情報を伝える。

 それは、明日香が転落する前に藤堂の秘書・岩村正則(滝藤賢一)らしき男と一緒にいたのを、ホームレスの老人が見ていたという目撃情報だった。藤堂を殺したのも岩村だったのか…? 二人が岩村を探していると、里中から明日香が意識を取り戻したとの連絡が入る。駆けつけた富樫に、前島の命令で岩村が藤堂を殺害したこと、しかし、岩村の背後には警察庁の幹部や与党の大物政治家がおり、彼らを敵に回した前島にはもう後がないと語る明日香。前島の周辺を探っていた明日香は、岩村とその手下に命を狙われ、橋の上から落とされてしまったのだ。

 明日香が意識を取り戻したことが分かったら、岩村たちは再び彼女を襲いに来るかもしれない。そう考えた富樫は、里中をはじめ、玲子や山下、そして柴田の協力を得て、明日香を別の安全な場所へと移す。すると案の定、岩村の手下と思われる男たちが、明日香の入院する病院に現れる。5人は力を合わせ、男たちを確保。そして、岩村を藤堂殺害および明日香殺害未遂で逮捕すると、富樫と里中は前島のもとへと向かう。

 前島は中華街で警察庁長官官房長の黒沢達矢(石丸謙二郎)、与党元幹事長の白川泰作(山田明郷)、国交省幹部の土田慎吾(坂西良太)らとテーブルを囲んでいた。藤堂の殺害を命じた理由を聞かれた前島は、藤堂が汚い真似をしたからだと答える。欲に目がくらんだやつは許せないという前島に、黒沢らは「君は我々とは違う人間だ」と言うと「永遠に沈黙を守ってもらうしかなさそうだ」と続ける。それを聞いた前島は、テーブルの下に隠していた日本刀を取り出すと、黒沢に無理やり料理を食べさせようとして…。

 そこに富樫と里中が到着した。「自分は正しいことをしてきた。美しい街を作ろうとして何が悪い?」と尋ねる前島に、里中は「どんなに見かけが美しくても犯罪が亡くなるなんてことはない」と答え、富樫も「俺たちは自分の手を汚してでも弱い人間を守らなきゃいけねぇんだ」と続ける。それを聞き、「なぜそこまでやる必要がある?」と問う前島に、富樫は「刑事なんだよ、俺たち」と力強く言い放つ。

 そのとき、猪原が部下を引き連れてやってくる。銃刀法違反で前島に手錠をかける猪原。前島が連行された後、安心した表情を見せる黒沢らに、富樫は「終わったと思うな。てめえらの悪事は必ず暴いてやる」と拳銃を向けて…。一方、前島を乗せた車は横浜のとある場所で停められる。猪原は前島の手錠を外し車から降ろすと、一緒にいた津上譲司(八神蓮)の肩を撃ち抜く。逃亡しようとした前島が津上の銃を奪って彼を撃ち、銃を取り返した津上が前島を射殺する ―― 上層部から命じられた筋書きを実行するため、今度は前島に銃を向ける猪原。しかし、そこに富樫が現れ、猪原から銃を奪うと、前島に向かって発砲する。


 翌日のニュースは、逃亡した前島が警察官の発砲を受け、海に転落。その後、行方不明になっていると伝えていた。そして、前島が持っていた警察庁幹部や政治家らの不正の証拠品はマスコミに匿名で送られ、検察も動き出すことに。「すべてはあなたの筋書き通りですか?」と問う里中に、富樫は何も答えず…。しかしその頃、ホームレスが集まる橋の下で、前島によく似た男があの歌を口ずさんでいた。「おいらはチャンピオン…」と。

 笑顔で中華街を歩く第四係の面々。山下は息子のためのおもちゃを買いに行き、玲子は家の掃除をすると言って家に帰る。そして里中は、自分はこれからも変わらない。富樫の行き過ぎた行動には目を光らせると宣言して帰って行く。一人になった富樫に、のぞみから電話が入った。「私のお父さんはお父さんしかいないから」という娘の温かい言葉に富樫が胸を熱くしたそのとき、前方から歩いてきた男が富樫を刺す! 男は、玲子の元彼・西村和也(敦士)だった。玲子に自分が捨てられたのは、富樫のせいだと勘違いしての犯行だった。和也はそのまま逃げ去り、富樫は倒れながらも、「すぐに帰るよ」とのぞみの言葉に答える。電話を切った富樫の傷口からは大量の血が流れるが、それでも富樫は立ち上がると、家に向かって歩き出す…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。