• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

リ・ジェネシス4バイオ犯罪捜査班 1-3話

Re:Genesis リ・ジェネシス DVD-BOXRe:Genesis リ・ジェネシス DVD-BOX
(2007/09/19)
クリスティナ・ジェニングス; ピーター・アウターブリッジ; マキシム・ロイ; コンラッド・プラ; メイコ・ニュイエン

商品詳細を見る
WOWOW公式icon_41_5.gif
豚インフルエンザの驚異・・・。このドラマみたいに、バシっと感染の広がりを止めていただきたいもんです。デビッドが居たら、すげー怒鳴りまくってるんだろうなあ・・・とか考えちゃった。

しかし、毎度ながら、ちょっと待て・・・と止めながら見ないと、レビューは書けないドラマですね。2回目の視聴で書いてます。


1話感染拡大
ボブは、マグネトバクテリアの黒幕オリビエ・ロスから逃げ回っている・・・。結局、「傷つけないで。頭が痛い。デビッドと話をさせて」と言って倒れて捕まった。発見されて行ってみると、医師の処置で昏睡状態にされてる。脳手術をしてたらしい。大丈夫かあ・・・。ボブ、和みキャラなのに~。
ロスの野郎が会いに来て、「幹細胞を採取したのか?」と興奮するデビッド。ロスは、マグネトバクテリアの駆除方法までのファイルを、国家安全保障省に3か月前届けてて、カール・リドルマイヤーはじめとする国家に守られてんのかいな・・・。
ロス、「彼女」とか言ってたね・・・。幹細胞を移植したのか??ボブとは離れるというロス。ボブは動物実験の過程で「脳の他の場所に影響が出てるのかも?」てことで、ちょっと混乱してパニックになったりしたのね。
ボブの保護を条件に、刑務所行きを免れたリドルマイヤーとは、相変わらず喧嘩三昧のデビッド。

あ、ウェスとレイチェルは付き合い始めちゃったのねえ。ウェスのエイズ問題はどうなるんだろうか?

「痛みを感じなくなった人々が、無自覚に怪我をしている」という情報により、メイコとレイチェルは現場のイリノイへと向かう。
神経伝達をつかさどる門の開閉が上手く行ってないのでは?ってことで、トウモロコシ畑から環境サンプルを採取するが…。この地区では有機農法が盛んで、虫を防ぐのに天然成分の植物性殺虫剤を使ってるらしい。

一方、デビッドとカルロスは、メキシコで発生している抗生物質耐性結核を食い止めに行く。そこはサパティスタ民族解放軍が支配するチアパス州。メキシコ政府軍が「国境なき医師団」さえも国外退去させている、非常に危険な地域。必死に止めるウェスと喧嘩しながら、デビッドは出発。
チアバスに入るのも大変で、デビッドの悪態も絶好調・・・。環境最悪だし、虐げられた民は土地を動こうとしない。攻撃があるから、ワクチン接種も難しい状態。
ここの革命の女性トップ。デビッドが手を出すかなあ~と思ったけど、相手にしてもらえなかったね~。
デビッド、メイコたちを呼び戻し、すべてに最優先して結核菌問題にとりかかる。寝てないっていうメイコに「死んだら眠れ」って相変わらずですねえ、デビッド。その地域で使ってない薬に耐性がある、南アフリカと同じ菌なのは何故なのか?

調査で移動するカルロスは、政府軍に見つかってしまう。巻き込まれて行方不明。


2話処刑の村
ボブは昏睡状態。メイコが見舞いに行く。花の香りで目覚めたボブ?と思ったら、妄想だった。

カルロスが二日も安否が分からず、デビッドはメキシコに飛んだ。ウェスが怒ってる。ご苦労様です・・・。
「政治は関係ない・・・。病気を止めたい」なデビッド。怪我はしてたけどカルロスは助かってた。とにかく、古い薬で耐性ができてないかもしれないということで、ストレプトマイシンを投与してみることに。
えーっと、今回の色恋はカルロスが担当なのね~。外部からチアバスを支援して、カルロスたちの案内役のニコ。でも革命軍には溶け込めないでいる。

チアパスに蔓延する抗生物質耐性結核菌に効く抗菌剤のカクテルは見つかるのか?ノーバックではメイコ達が培養実験を続ける。

メイコは、子供たちが傷ついてることに怒りまくり、デビッドに「こっちにも気を向けろ」とhドソンポイントの件で電話してくる。デビットはハドソン・ポイントで患者の鼻から見つかったという真菌を特定するようレイチェルに指示を出すが、マウスの実験により、ウィルスが痛覚受容体をブロックする化合物を作っていると判明。
鼻から見つかったってことは、空気中に真菌がいるので、その発生源を突き止める作業に・・・。スイートコーンの皮に真菌が原因。特定の人が発症するのはなぜ?メイコが発症。レイチェルも感染してたけど発症してない。二人の違いと、他の患者との共通点探しに・・・。歯磨きのミントに反応してるらしい・・・。

一方、患者ゼロを探していく過程で、サパティスタの兵士たちが皆、ほぼ同時期に感染していたことを突き止めた。兵士たちが同時に感染してる?意図的か?兵士たちが集まったのは、祭りのあったときなのでは?となるが、祭りには一般住民も参加してる・・・。兵士たちだけが感染してるのは?と調べて、売春婦が患者ゼロと判明。患者セロは死んでた・・・。なんで、南アフリカの結核菌が??
なんと、ニコが裏切ってたと疑われる。この地区出身の娼婦を連れて来たからかあ・・・。感染はしらなかったけど、政府軍にはめられたらしい。でも、射殺される・・・。カルロス可愛そう。彼に案内されてたカルロスたちも追い出される。

カルロスは母国メキシコの政府軍が関与してると言って、告発すべきだと言う。デビッドは「証拠はない。政治じゃなく科学をやる。発症してる人を助けるのが、俺たちの仕事だ」と説得する。「あいつらはおとがめなしか?」というカルロスのセリフ、ボブの件でデビッドも言ってたね。
政府軍の監視が厳しくなり、再度チアバスに行くのは難しい状況に。
結局、薬を探してるあいだに、メキシコ政府は革命軍の村を無差別爆撃して全滅させた・・・。最悪だ・・・。

ボブが目覚めた。3か月分の記憶がない??


3話失われた記憶
レイチェルのボランティア先で、4人が肝不全で死亡。付き合ってたウェスと一緒に調査を始める。
トロント市内の複数のホームレス施設で、何人もの静脈麻薬常習者たちが肝不全で死亡している。トロント保健局のコーブ博士は、建物を検疫下に置き、利用者全員の採血を始める。レイチェルはそれを手伝うが、元常習者が採血を拒んで暴れ、その針が間違ってウェストンに刺さってしまった。奇麗な針だったから、大丈夫??ホントに??

ボブが戻ってきた~。でも、かなり混乱してる。メイコにキスしちゃったり。感情はコントロールできるようになってるけど・・・。デビッドは「ロスを探せ。ボブに何をしたんだ。」とウェスに命令。
ボブ、子供を作らされてんじゃねーの?「彼女」に誘惑されて・・・。アチャー。

患者たちの血液から検出されたのはC型肝炎ウイルス。コーブ博士によると「これまで見たこともないウイルス株で、治療法がほとんどない」という…。複数のウィルスが混在してる。一人の人間がすべてのウィルスに感染して、体内で混ざったのでは?とデビッド。確率が低すぎないか??ってことに。研究者がマウスで実験して、そこから感染して行ったのでは??どこから、感染が広がっているのか?注射針配布プログラムを推進してる・・・。でも、注射針からは見つからない。

ウェスがHIVの検査で肝炎感染が判明。HIVの薬のせいで、発症が抑えられてる。レイチェルと寝てたよ・・・。レイチェルも??
原因は、採血の針ってことで、肝炎撲滅に情熱を燃やす、保険局職員が犯人か??

ウェス、余命宣告かよ~。何とか生きてくれ~。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 13(シーズン3最終)話

Re:Genesis リ・ジェネシス DVD-BOX
この力技で色んなエピを一気に一つに収斂させる技。毎度ながらすげーなーと思います。一話の中の情報量も、ムチャクチャ多くて楽しめるんですが、ノーバックの機能的に「原因究明して指針を出したら終わり」なんで、いろいろとアレの後はどうなった??って思う事も多いですよね。それを無茶苦茶に強引ながらも一気に回収~。それだけに、週1放送より一気に見ると面白さ倍増!のはず。また始めから見直します~。
愛されキャラのボブが大変なことに!!クリフハンガーにしても、ボブが心配だ~。

ボブ。共感力が強くなりすぎて、事故に遭った女性を見てパニックに。メイコがフォロー。ウィルスがヤコブソン器官を刺激して、フェロモンを感じ取るようになってる。
ウィルスを止めようというデビッドだけど、目の治療は上手く行ってるとボブは躊躇いつつも手術。でも、状態は変わらない・・・。ボブは「これを受け入れる」って言ってるけど、デビッドが苛立つのとかを過敏に受け止めちゃうボブ。
ウィルスは止まってると調査結果が出た・・・。ウィルスが脳の休眠遺伝子DNAを変えてしまったってこと??という仮説が立つ。

オークランダー・ドッグハイマー社(技術へ投資してる会社ね)がノーザンスカイに投資してた。関連会社のロビイストをリドルマイヤーがやってる・・・。
マイヤーブリッジと再度対決。ウェスが「最初だけは僕に話しさせて」って言ってるのに、挨拶しかさせないで、かっとばすデビッド。ウェス・・・ご苦労さまですっと思ったら、妄想だった。でも、やっぱり喧嘩腰~。マイヤーブリッジは天然痘のロビー・マッケインのことは知らなかったらしい。

スマイルマークのDNAの隣にあるDNAについて調べるレイチェル&デビッド。アミノ酸に略語のアルファベットを当てると、「はーい。デビット!!僕を殺して。CHIV=CH4=メタンガス」という文章が浮かんだ。駆除方法が判明。

マイヤーブリッジが、計器の故障で、飛行機事故死・・・。マイヤーブリッジの飛行機事故は、マグネトバクテリアが原因。そして、スマイルマークがないメタンガスでも死なない新しいもの・・・。

ボブをさらに調べるというタンブル博士に、マーヤーブリッジが死んだから資金が足りなくなるのでは?と問うたデビッド。創始者オリビエ・ロスが資金援助してるという・・・。タンブル博士、デビッドの動きを資金提供者に報告。

ボブ。謎の人物に「私と一緒に来てくれ」と言われた。恐怖を感じていたから、素直について行っちゃうボブ。
タングル博士とオークランダー・ドッグハイマーが怪しいが、会社は破産手続きに入ってる。メイコが、ロスはロビー・マッケインの妻の旧姓だと気がついた。彼女の父はオリビエ・ロスで五か月前に姿を消してる。

リドルマイヤーが接触してきた。「事故の飛行機に乗るはずだった。自分も狙われてる。天然痘もマグネトバクテリアも関与はしてない。情報を知って投資しただけだ。」と説明。ボブへ繋がる線が消えた・・・。

ボブを連れて行ったのは、レスリー・マッケイン(旧姓ロス)の父親オリビエ・ロスだった。科学が世界を変えると思って投資してきたのに、その研究所で娘を失った。それで、過激な思想に走ってしまったのか。ボブは、もともと利益優先の社会に疑問を持っているから、彼の主張を理解できる。そして、自分のDNAは共感力を高める・・・。同調してしまうのか~。
ボブはデビッドに電話。「僕は大丈夫。僕らを助けてくれる人を見つけた。世界は変わり始める。オリビエ・ロスはやってくれる。僕の脳の幹細胞からDNAを取るんだ・・・」という。デビッドはロスを説得しようとするが、相手は狂信者だもんな~。
「ボブに何かしたら、首の骨へし折ってやる!!」ってデビット。
でも、手術は始まっちゃったよ~。

シーズン4まで待てない~。ってことで、カナダの公式HPでも眺めて過ごします~。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 12話

ウェスとレイチェル。二人で何やってるんだよ~と思いきや、ジョニーという男にリドルマイヤーを調べさせてるのか。ノーバックのデータを研究所に流して、利益を得てる?箱いっぱいを調べてみたけど、すべてが証拠が残らないように処理されている。

カルロス、虫が出てきちゃって隔離。あの襲われたときに防護服が破れたか?出血熱の感染はなかった!!良かった~。
人皮膚バエの幼虫。ダニにくっついて移動し、皮膚の下で成長。
レイチェルが調べてる。

ボブは再手術。彼が語る、暗い移民生活初期の寂しさったら・・・。事故の前より見えてる!っていうボブ。良かった~。ボブの満面の笑みって珍しくて、嬉しかったよ。
でも、成長因子を強めたことで弊害?が。匂いに敏感になってしまった。しかし、50種類の香水って、女連れ込みまくりだもんな~デビット。
ボブは人の感情を読み取れるようになった。体調の変化を匂いから感じ取ってるのか?アスペルガーで他人を理解しにくかったボブにとっては、嬉しい変化らしい。
一応調べてみることにしたのに、「凄く気分悪い」って検査から逃げだしちゃった。

ノーバックのPCがクラッシュ。メイコが使うとドンドン落ちる。
回路基盤がバイオフィルムで汚染され、NY取引所のシステムが次々落ちるという事件があり、ノーバックに回されてきた。細菌が整列してる・・・。なんで?磁場に反応する細菌。嫌気性細菌のハズ・・・。だが、改善されて空気中でも生きられるように変わってる。ボブが細菌が集まってくるコンデンサを分析してTaをみつけた。これは、船で運ばれてた鉱石から取れる金属。繋がってる??
そのうち、ノーバック全体の電源が落ち始めた。NY取引所からサンプルが送られてくる前から、ノーバックでも異常があった。なぜ?

磁場に反応する細菌を研究している研究所ノーザンスカイが、リドルマイヤーに関わっているのでは?という予測をレイチェルが・・・。デビットに報告。
リドルマイヤーが航空管制センターの基盤を持ってやってきた。「Taコンデンサがダメになることで、Ta価格が高騰すると考えたのだろう。ワシントンでも調べてくれ。犯人は馬鹿野郎だな。」と嫌味言いまくり・・・。
レイチェルがジョニーから呼び出された。「グルなんでしょ?リドルマイヤーがあなたに電話してるわ・・・」とぶちまけるレイチェル。危ないってば~。「大勢の人が死ぬ」と脅して、ケイマン諸島の会社の情報を得た。

バイオフィルムは、死体が保護層となってしまう特徴がある。遺伝子操作してるせいだろうけど、どうやったの?
天然痘を盗んだロビーマッケインのスマイルマークが、最近にデザインされている・・・。デビットはマスコミにぶちまけてしまおう!というが、レイチェルは裏があるという。ロビー・マッケインや、ノーザンスカイを再調査。
スマイルマークは金でなく正義を謳う犯罪で、金目的のリドルマイヤーとつながらない。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 11話

モリーは流産した。会見に怒ってたウェスも彼女を気遣うが、「信じなかったから赤ちゃんは死んだ」といわれてしまう。その後、ウェスがガラスを割りまくって大暴れ!
クスリが原因じゃない。検査に時間のかかる幻覚剤か??ってことに。死んでないっていって連絡で、「残念だ」「聞こえてますよ~。ぶっとんでます~」って、ウェスとデビットのプチ対立構造が戻って安心した。この二人は喧嘩してる方が仲よさげでいい!!
試験室に入ったから、そこで使ってた「暴れた店主のサンプル」の影響では?ってことに。バッカクという麦につくカビで、これがLSDの前躯体。LSDだという血液結果。

ボブは手術。香りが好きなボブのために、花を用意してあげるデビット。これ、包帯を取るまでが辛いよな~。ソ連を離れてイスラエルについたとき、ジャガイモ以外の匂いがして、母親が「人生の匂いよ」と語った。(泣ける話だ)
ボブを自宅に連れ帰ったデビット。ボブはどうして、ここまでデビットを信じてるんだろう??面接がボロボロだったのに、次の日出勤してきたのか~。「落ちたといわれなかったもん」だって・・・。
ボブが包帯を取る日は、デビットが仕事でメイコが付き添い。治療した目は見えなかった。もう少し治療した側の目に包帯をして様子を見ることに。神経の再生が、途中で止まってしまっている・・・。
ボブ、怖がってるよ~。ボブが好きだから、凄くドキドキしたよ。デビットは、ユダヤ系ロシア人のボブは神経成長因子の受容体がないのでは?ボブのDNAをチェック。でも、適合する神経成長因子を探せるとは限らない。
デビットのアイデア。人間は大人になると、成長因子を止めるブレーキを踏む。今回は、成長因子を足してアクセルを吹かしたが、ブレーキはきいたまま。ブレーキを外す試みが必要なのでは??という。暴走するのでは?というカルロスに、ナノ格子が導くと思う・・・という。オーウェンのヘルペスベクターを使うという。ベクターそのものは上手く作用したから、それを利用するというアイデア。結局、ボブの判断に任せることに。彼のアイデアを足して、治療法を検討。

デビットとカルロスは緊急呼び出し。船の船員が全員死亡。生き残った船長も、記憶障害、脱水症状など・・・。凶暴化した船員に怯えて、船長室に隠れてたという。
死んだ人には、発疹が大量にある。全身を調べまくって、症例を探しまくる。
色んな状況から、赤潮の影響のある貝を食べてる船長は嘘をついてるのでは?ってことになる。
積み荷を追跡したら、同じ症状をトラック運転手が発症して死亡。レイチェルの検査からクリミア混合出血熱の変異体だと思われる。治療法はない。カルロスが赤潮をしらべて、その中に抗ウィルス薬と関連する化学物質を発見。船長が発症しなかったのも合致・・・。
その船長、積み荷を偽ってた・・・。だから、積み荷を追跡するのも困難・・・。
カルロス・・・背中にデキモノが・・・。なんと、虫が出てきたよ~。キモイ~。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 10話

今回は大きな事件ではなく、小さな研究があちこちにあるパターン。

レイチェルは、息子の他にも熊に襲われる例が増えていると知り、息子の願いで原因の調査に。ボブの治療に夢中で話も聞かないデビッドに「自分勝手!」と言ったのは、スッキリした。で、そういうとチャンと聞くデビットも、これだから文句いいつつ付いてくるんだなって思った。
しかし、クレーグ襲った熊の内臓調べて、クレーグの指が出てきたのはキツかったなあ・・・。
怪我した国立公園近くで、幻覚を見て暴れたり、自殺する事例が多発。これが始めの手がかりになりそう。
リドルマイヤーは息子がゲイだというのが認められない。それでも、彼に最高の医療を受けさせようとする親心はあるみたい。レイチェルが間にたって、とにかく一流の形成外科医のいる病院へ・・・。

ウェスは盗聴器の件で、久々にデビットと衝突。言い訳が下手すぎる!

ボブの目。新技術の後援者は、あの怪しげな投資会社(一話ででた爆発を起こした研究所の資本金をだしているところ)。たっぷり嫌味いわれながら、「失敗したら会社は感謝しない」ってことで、治験のOKとった。
しかし、前の手術の後に、6週間の失明状態を経験しているボブは、失明が怖い。デビットによると、自殺の危険が高くて拘束されるほどだったみたい。だからこそ、失明の恐怖から救いたいというデビット。でも、メイコは「お父さんに新治療をためさなかった後悔をボブで補ってる」とデビットにスバリ。うーん、流石鋭い!でも、結局はボブが決断しました。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 9話犯行声明

携帯はNYの駅からかかってきてた!とにかく避難して処理された。
ワザと見つけさせたんじゃ?という感触を得るデビッド。更に、リソ菌は素朴な兵器で対象は無差別、天然痘は最先端科学でNYミッドタウンの大物狙い。天然痘は、ウィルスは陽性だけど無害なものと判明。つまり、デモンストレーション。

リソ菌の方は、火事が広まり、嵐が原因で菌がばらまかれてバンクーバーに到着しちゃいそう。空中に抗生物質をまこうという計画をボブが。さらに、抗生物質は成長してる菌しか殺さないけど、空中では成長しないからこれはNG。
炭疽菌は731部隊が特定した菌株らしい・・・。なんで、北米にあるの??60年前の発生地は今回の20km離れたところで、今回と同じ菌株?
ウェスの調べで、60年前に日本から発射された風船爆弾で、火事で活性化したのでは?という予測に。で、タイミングを計って火災を発生→直後に嵐到着とさせて、細菌を海に吐き出す作戦。

メイコの見事な仮定によるフィルタリングで、DNA製造元を絞り込んでリスト化。米国内のテロの実行犯の多くはアメリカ国民だ!なんていうデビッド・・・。流石カナダ制作ドラマ。
犯人が接触してきて「ネット上の危険な科学情報を削除しろ」という要求。警告だけで、危害を加える気はないんじゃないか?というデビッドだけど、テロ対策の組織に対応が引き継がれちゃう。

グリーンウェイの爆発の被害者レスリーの夫ロビーが電話してきた。スマイルマークの封筒を見せる・・・。二人でデビッドの部屋で話し合い。「アチコチで、研究所が原因の事故が起こってる。科学は手に負えないんだ。国防高等事業局(ダーマ)に居た男が、天然痘を作った。警告したのに、マスコミは無視だ」という。
逮捕されて裁判で争うことで議論を起こしたいというが、彼はすでに天然痘の容疑者リストに上がってて、裁判なしで国家安全局に囚われる。「俺がNYタイムズに寄稿する。」というデビッドに、「任せるよ」と言って出て行ったロビーだが、ノーバックの目の前で逮捕、射撃される。怒りまくるデビッド。「抵抗されたからだ」と説明しつつ脅すリドルマイヤー。
ロビーは、ごく普通の動物学研究室の科学者で天然痘をつくる技術はなかっただろうと判明。リドルマイヤーにといつめたら、「彼は密かなダーマの職員で、ネット情報から天然痘を作れるかの実験をしてた。妻の死をきっかけにサンプルを持って逃げた。さっき、このプロジェクトを知った」って・・・。
この会話で、ロビーとの会話を盗聴されている!と気がついたデビッド。ウェスの野郎!!って、盗聴器探しまくり。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 8話生物兵器

Re:Genesis リ・ジェネシス DVD-BOX
山火事に対応する消防士たちが次々に倒れる。リソ菌という馬の感染病で空気感染する。北米では症例がほとんどないものと判明。古い生物兵器で免疫ができないために繰り返し使えて、症例がないからワクチンもない・・・。
このワクチン生成と始めたリドルマイヤーに対して、デビッドは「また、金儲けか」って反発を感じてる模様です。

更に、離れた所でも発生。遅れて炭疽菌も発生。テロなのか?どちらも休眠が長いから、突然に目覚めることはあるにしても、偶然二つはありえないだろう。そして、山火事で発生する気流で拡散してることから、火事も放火だろうという推理に。
そこへFBIから連絡が「スマイル・マークの件で・・・」???となるデビッド、郵便物の中にスマイルマークのついたもの+迷惑メールだと思ったメールを思い出した。
郵便の中身は天然痘。撲滅したが、米ソの研究所は研究用に持っている。これが漏れたのか?

ボブは天然痘はDNA変異が少ないから、シーケンスすれば出所が分かると言い出した。各研究所のシーケンスしたウイルスは登録されて公開されているので、それと将豪すればよいってことね。
で、やってみると、これは合成されたものだろうという結論に。初期のシーケンスで誤ってシーケンスされた誤情報のデータと、今回の天然痘が一致。つまり、データ上はあるけど、実在はしてなかったはずのウイルスを、誰かが新たに合成したってこと。
短いDNAなら簡単に作れる。200ヌクレオチドクラスのものは、ノーバックでも簡単に合成してる。それをつなぎ合わせて、18万ヌクレオチドの天然痘を作ったのではないか?ということに。
誰が??となったとき、「公表すると気が来た。科学者なら、成果を誇りたいだろう?」というメールがデビッドに。

その他の皆さんの動向↓
カルロスはメキシコでの一件で大荒れ。デビッドがセラピー役ってのは笑った。今度何な事があったら・・・殴ってやれっていいそうになって、俺がセラピー受けた方がいい?なデビッド。
山火事現場でも対応してる女医を口説いてるしさ。
カルロスは、レイチェル息子のクレーグとちと怪しい空気ですよ。兄弟そろってゲイなのか?レイチェル息子。

ボブの目は進行性と言われてショックを隠せない。「作業は出来るものにやらせろ。必要なのは頭脳なんだ」とデビッドが励ましてるけど、夜中の研究室で目隠しして動ける練習してるボブ。なんとか、助けて欲しいよ。

レイチェルとウェス。会議の席でもチラっとあったけど、この二人はアメリカ人。カナダは生物兵器を持ってないという意見に、レイチェルが「表向きは・・・」なんて言ってましたね。カナダ・アメリカ・メキシコの共同研究機関ならではの特色かなと思いました。で、二人がやってるのは、やはりアメリカのためって奴かもしれない。

レイチェルの息子クレーグ。彼は熊の凶暴性調べたりする動物行動学者を目指す学生。今度の山火事についても、フィールドワークで得た知識で何か言うかな?と思ったけど、それはありませんでした。
ノーバックで父親・リドルマイヤーと再会。かなり倹約で、「父さん、ワシントン、ミッシー」が原因だと言っていた。ミッシーというのはリドルマイヤのトレーナーで交際相手。妊娠したので、レイチェルとの離婚を急ぎたいというリドルマイヤー。レイチェルは「離婚はするけど、やり直してほしい(息子とのことかな?)」とお願い。
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

リ・ジェネシス 5・6・7話

5話
シナトラは免疫システムを抑え、他のウィルスの感染での発病に対応して生かすという対応を。
で、発病したけど病気は悪化せずに事故死したマーク・スミス。記録ではなく血液やDNAを調べて病気や治療の痕跡を探す。結果、腎臓のDNAが違って移植してると判明。ドナーあが幼少期に感染し潜伏してたのでは?移植の拒絶反応を抑えるために免疫反応を抑えていたため、スミスは軽い風邪程度の症状で周りに感染させた。そして多臓器ドナーなのであちこちで発生。
ウェスが臓器仲介市場を作ってる男を脅してとっちめた。

メイコは左足のひざから先を失って義足になっている。しかし、そこが痛む。PTSDを認めたくなく精神科医ともぶつかりあってる。仕事以外の生きがいを見つめようとしていて、自転車レースにトライ中で、自転車便のマイロに夢中。彼はイスラエル軍に従軍経験のある男でベジタリアン。

ボブは目が悪化中。

カール・リドルマイヤーは電子顕微鏡のお土産つきで謝ってきた。ウェス偉い。ワクチンを自分の知ってるところに優先的に開発させようとしてるけど、デビットは「競わせよう」とあっさり。

オーウェンの結果は最悪。活気を失くしボケたみたいになってる。素敵にひねくれた少年だったのに!っていうデビットは後悔してる。

カルロスの元妻ジョアンナが鳥インフルエンザをCDCで調査中。しかし鳥インフルエンザじゃなかった。しかし「病人が出てる。隠ぺい工作がある。環境だと思うけどストップがかけられた」と主張する。で、水銀が出た。現地の湖では魚が死んでいる・・・。

ジョアンナはなかなか攻撃的でデビットとそっくり。さっそく狙ってるデビットにカルロスはハラハラしてる。

デビット宅での毎度のポーカーパーティでの議論や、メイコの「戦争よりもウィルスで死ぬ方が多いの!」ってマイロとの議論なども面白かった。


6話
さっそくヤッチャッタのかよデビットとジョアンナ・・・。カルロスと結婚してたけど、他の男に恋したカルロスと離婚。「もう真剣な交際はせず。欲望のままに生きる」ってジョアンナ。

魚は水銀汚染。EPAがやった湖の毒性調査では問題なかったので、隠蔽か突然発生したか。
ギブソン知事が湖のある土地の売買に関わっていて、隠蔽しているのでは?という情報が。しかし、水銀の除去は費用面から却下される。

水銀の出所調査。色んな場所でチェックし、水銀の同位体をチェックしたけど一致しない。濃度分布をみると氷河??ジェット気流に乗っていた空気のせい?ってことで氷をチェックすることに。
で、濃度分布をみると、中国の急速な工業化によって、フィルターもない工場によって大気汚染が進んだという結論。で、氷河で貯められた水銀が、氷河の崩壊とともに湖に流れ込んだ。
リドルマイヤーや知事の態度、そして中国の環境保護対策なんて手を回せないこと。「未来なんてどうでもよい」って人間のいることに打ちのめされる。「議論してる場合か、世界は狭いんだぞ」ってデビット。

ジョアンナはこの件から外されて、他の件に移動することに。Cディシフィルの発生に対応。しかし、ジョアンナはCディシフィル関連下痢症CDADに感染して隔離された。抗生物質耐性があって、治療の方法がない。
まだ意識はあって「ここでミスしたんだと思う」とジョアンナ。
この機会にとカルロスは「俺らしくいることを許してくれた。ありがとう」とジョアンナに。

プラスミドが二つあり、一つは耐性があり一つが毒性がある。毒素を作る早さが異常に早い。感染源を突き止めたけど、ジョアンナは急速に悪化・・・。

メイコの痛みは続いていて、イライラが募る。切断した足につながった神経が信号を送っているから、幻視痛なんだけど、「頭は正常よ」と言い張る。で、自己催眠をかけて繋がってない信号を遮断するための、鏡を使った療法をためすことに。

ボブは目のこともあるのか、ちょっと神経質さが増している。

えーっと、ウェスとレイチェルが一緒の車にのってたよ~。


7話
ジョアンナ死亡。がっくりするカルロスとデビッドは感染源の鉢植えを売った農園に・・・。
農場主は「環境にやさしい農法をやってるんだ。わき水で綺麗な水だし」って戸惑ってる。しかし、カルロスは興奮気味。ジョアンナが死んだと聞かされて、始めて問題の意味を悟る農場主。

そこではメキシコからの違法移民が働いている。同様の症状の男フェリーペとその娘・エルビアと出会った。エルビアは「物事の良い面をみればよいことがある」と前向きで健気。
不法移民だから、病院へ行きたがらない。抗生物質耐性のある菌だと思われるんで、とにかく水分補給をエルビアに頼んで、カルロスは調査に戻る。
カルロスは自分もメキシコ人だから、劣悪環境で働く彼らに胸を痛めてる。で、酒場で移民たちに辛くあたる警察とも喧嘩して、リドルマイヤーに救ってもらうことに。

移民たちは汚い汲み取りトイレを使っててウィルス発生源と思われる。ここから地下水→川の水→農場の水と感染が進んだんだろうと予測。
しかし、トイレから出たのは抗生物質耐性のある菌だった。農場で変異したのか?という仮説が立つ。他の耐性を持ったウィルスとDNAを交換したのでは?
で、土から抗菌剤が検出。たい肥のウィルスを殺すために使って、そのために強い耐性を持つ細菌だけが生き残り、強い細菌がウヨウヨの農場の土。
でも、Cディシフィルとの結合は分からない。悩んでいると農場に雷が・・・。
で、「コレだ!」と思うつくデビッド。(やっぱ天才は違うのね。細菌ウヨウヨの農場に立ってるのを、ウィルス培養したペトリ皿にたってるイメージを持てる)細菌の結合を促す電気閃光法=雷と理解した。(これの説明を求めるウェスが面白い)
でも、原因は分かっても自然界の現象だから対処が難しいわな。「抗菌剤を普段は使わないこと」なんてことしか言えない。

農場は閉鎖するしかないだろうってことで農場主は「環境によかれと思ってこの農法でやってきたのに」とガックリ。デビットが「災害保証金がでるかも」って口添えすることに。

フェリーぺには抗生物質が使えるってことで、カルロスは治療に向かうも、すでに二人は居なかった。
で、ウェスに頼んで携帯追跡しておっかけるカルロス。しかし、すでにフェリーぺは亡くなっていた。カルロスは裕福な実家で働かないか?と誘うけど、エルビアは「家族のいるところに戻りたい」と。

ボブ、メイコと話しながら実験室に行ってミスして試験管落としちゃった。空気感染するようなものじゃないんだけど、助手がマニュアル順守で非常ボタン押したんで、しばらく缶詰&処理されても大量の書類にサインが・・・。
そして、作業中断で「患者が死んでるから急がないとならないのに」と自責の念のボブ。そして「目が見えない」とメイコには相談。
ウェスも「小さなミスが増えている。大丈夫か?」と問いかけたけど、ボブはデビットにまず相談したいと思ってるから隠してる。
デビットに聞かれても屁理屈こねるボブだけど、正直に「視界が狭まってる」と告白。仕事を失うのでは?と動揺してる。
メイコは結局マイロと別れちゃった。医者に「自分を取り戻すのに彼を利用した」と自分を責めている。

レイチェルとウェスは何をやってるんだ。デビッドには内緒って恋愛だけじゃなさそうだけど・・・。なんか妙に大人な性格な二人だけどさ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リ・ジェネシス | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。